ダンス熱

玉三郎さんが「バラーレ」を演出されることになって
ダズルのステージを観るようになりました。
長谷川達也さんが振付をされた「アスタリスク」という舞台を観た時、
その一幕にご出演だった當間里美さんのタップダンスがめちゃくちゃカッコよくて!
心の底から感動して、タップダンスへの好奇心が爆発。

昨夜は、今、NYを拠点に活躍されているタップダンサー
熊谷和徳さんのステージをミッドタウンに観に行ってきました。
セネガルの方のパーカッションや歌に合わせて、
リズムを刻んで、奏でて、30分間、踊りっぱなし。
ダンスが音楽になるって、これまたスゴイなぁって。
原始的でシンプルで研ぎ澄まされた身体の音楽が、
魂にダイレクトに伝わってきました。
熊谷さんは、帰国される折々に、中目黒のスタジオで
ライブやワークショップを開催されるのですが
小学生から80代の方まで参加者の年齢が幅広くて
昨年、ついに私も、タップを初体験してしまいました(笑)。
最初は憶していたのに、やり出したら、楽しいのなんの。
太鼓もそうですけど、自分で音を出すって快感!
自分が音になるっていうことにドキドキしました。
こんな気持ちを味わえたのも、
もっともっと、いろんなダンスを観たいなぁ、と思えたのも
「バラーレ」のおかげです。
今年は、ダンス熱が炎上しそうです。

ミッドタウンの桜はライトアップされて幻想的。
2015033118360001_convert_20150402003834.jpg

帰り道、毛利庭園の桜を見に行ってみました。
まだ六本木ヒルズがない頃、ひっそりとした庭園の桜が満開になると
池の周りに屋台が出て近隣の住民に開放されるお花見は美しくて素朴な行事でした。
今では昔の庭園の面影はどこにもありませんでした。

毛利庭園の桜とお月さま。
2015033119090001_convert_20150401084732.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

タップダンスといえば

ビートたけしのタップダンスを思い出します。
ピアノとか、いろんなお稽古をするビートたけしですが、タップダンスも上手で、びっくりしました。

タップダンス、カッコイイです。
ちょっと古風な感じがするところが、なんとも魅力的。
いくら玉三郎さんファンであっても、羽生結弦ファンであっても、日本舞踊とか、バレエ、和太鼓、三味線、長唄、スケートなどは、自分でもやってみたいなどとはちっとも思わないのですが、タップダンスはちょっとやってみたい。基礎ステップの一つや二つ、習得したい気持ちは、わたしもあるのです。実際はしませんけど。
桔梗さん、初体験ですか。うらやましいです。

古風な感じ

京にんじんさん

たけしさんは「座頭市」でタップでしたね。
私は、「雨に唄えば」が好きで
映画を観るたびに幸せな気持ちになります。
勘三郎さんの「高坏」も、一回だけ歌舞伎座で観ることができて
忘れられない思い出です。

いつの日か、タップやってみたいな、と、
実はずーっと思っていたんです。けど、そんなの無理だよ、って
あきらめていました。昨年、熊谷さんのライブを
オーチャードホールに観に行ったた時に、
何回かカーテンコールがあって終わって、観客がみんな
ホールの外に出始めていた時に、また熊谷さんが一人
ステージに戻ってきてタップを始めたんですよ。
その様子も、何だか自由でいいなぁ、って思って。
その時、ホールに熊谷さんの「カズタップスタジオ」のフライヤーが
置いてあったんです。それを見た時に、
ワクワクで胸がいっぱいになって。
熊谷さんは、「KazTapStudioはそこに関わる人たちの夢を
具現化できる場にしていきたい。場は小さくても大きな夢は
もてるということをみんなに感じてもらえるような空間。エネルギー。」
と書いていらして、実際に子供たちから80代の方まで
そこでタップをされていることを知って、思いきってワークショップに参加したんです。

初めて、靴で床を打って、カーンと音が出た時の感動といったら。
全身で嬉しいというか、理屈抜きの幸せ感でいっぱいになりました。

玉三郎さんファンとしては地唄をやってみたいなぁ、というのも
実は、私の夢なんです(無謀な夢)。
玉三郎さんがどんな風に感じて、どんな風に動いているのか
自分でも動いて感じてみたいなぁ、というのと
踊りをやったら母の着物を着れるようになるかな、
というのもあったりして。でも実現しないでしょう。はい。

京にんじんさんは、スケートも、ですね。
4回転は無理だけど(笑)、滑るだけで楽しそう!
タップも、ぜひ!ぜひ!ぜひ!

タップ^^

タップダンス、素敵ですね。
小さい頃、フレッド・アステアを見て、すご~~~~い!と、感動したのですわ。古き良き時代のハリウッド全盛期。

玉三郎さんのタップなんて、想像しただけで、わくわくです。^^
そのうち、おやりになるのでは。
京にんじんさんも、桔梗さんも、ぜひ。

猛うさは長唄三味線で。

玉さんのタップ

まるこさん

八千代座での玉さんのコンサートの時に
玉さんが、曲の合間に、
タラリタッタ~って、軽快にステップを踏んだんですよ。
その時のワンシーンが今も、忘れられません。
すごーくカッコよくて、楽しそうで、
ええ~っ!って、目を全開にしたのを覚えています。
素敵だったなぁ。また観たいなぁ。
歌も聞きたいなぁ~。

猛うささんも、タラリッタッタ~って
三味線でぜひ!

あっ!

そういえば、コンサートで。^^

たけしさんとタップで共演してくださらないかしら。
観たい、観たいです。

「高坏」習おうかしら・・・・

高下駄

まるこさん

まずは、下駄を買いに行きましょう。

私は、玉さんのソロがいいなぁ~。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク