「陶芸二人展」へ

昨日、グランドプリンスホテル高輪の貴賓館で開催された
玉三郎さんと渡辺陶生さんとの「陶芸二人展」に行って参りました。

朝から快晴。桜を眺めながらぶらりぶらり歩いて

20150327+021_convert_20150328191515.jpg

ジャジャーン、会場の貴賓館に到着。
20150327+023_convert_20150328193922.jpg

雰囲気のある建物。旧竹田宮家の邸宅だそうです。
いつも玉三郎さんが記者会見や取材をされる場所ですね。

受付をして、お二人の作品が展示されている「孔雀の間」へ。

玉三郎さんの作品には、「佐渡黒楽茶碗」という札が。
ひとつひとつ手びねりで作られたお抹茶茶碗は
形も大きさも質感もみんな違って、みんないい!
それぞれに表情があって、見ていて飽きません。
玉三郎さんの風情を感じる愛らしくて凛とした造形で
黒の輝きに変化があって艶が素晴らしくて。
この中にお抹茶のグリーンが入ったら
どんなに美しいでしょう、と絵が浮かびました。
陶の風合いを指で楽しみながら、手にとってみると
すっぽり手におさまって軽やか。

渡辺さんの作品は「無名異焼」というそうで、
ろくろで制作された壺や花瓶はとても端正な造形で、
土と釉薬と炎の魔術のような金色の輝きに見入ってしまいました。
佐渡の土は赤土だそうで、焼成のしかたによって
酸化だと赤、還元だと黒になる、と渡辺さんが教えてくださいました。

しばらく進むと、淡いオレンジ色の楽茶碗が。
くちが広くて、おおらかで、のびのびとした形で
一瞬で、ひと目ぼれしてしまいました。
釉薬の透明のところと乳白色のところが絶妙で
オレンジの出方がとっても美しいのです。
面取りしているところも気に入りました。
大きめなのですが手で包みこんだ感じも良くて
お抹茶が入ったらキレイだろうなあ、春の海って感じかな。
お料理を盛っても美味しそうだなあ、と
次々とインスピレーションが湧いてきました。
イカン、まずい、どうしよう、気に入っちゃダメ―、
でも、自分で使ってみたい=欲しいモード全開
瞬間的に、手放せなくなってしまったのです。
そういう時の判断は早いです。後先なく、ゲットだぜい。
高台の横に「玉」と手で彫られたサインを見つけて
またまた嬉しくなりました。味がある文字。いいなぁ。

玉三郎さんも貴賓館にいらしていたので
ちょこっと、お話させていただくことができました。
舞い上がってしまって、変なことを言ってしまった気が(反省)。
「これから箱に入れて送りますからね」と言ってくださり
感動のあまりニマニマしてボーっとしてしまいました。
玉三郎さんのお茶碗が届く日が楽しみでなりません。
きっと、毎日、使いたくなってしまうでしょう。

二階のお部屋ではお茶とケーキ、サンドイッチをいただきました。
窓から桜が見えて、花と団子、春爛漫のひととき。
20150327+043_convert_20150328211840.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

桔梗さん!玉様とお話しになったのですか!

う、うらやましすぎます!
何て夢のような春のお祝い!
私は3時頃に伺いました。玉様はいらっしゃらないんだなあ、と思っていました。が、購入した方だけはお目にかかれたのかな?(私は購入しなかったもので。)それとも、時間でお帰りになられていたのでしょうか。
実は既に購入印がついていましたが、オレンジの楽焼、私もとても素敵だと思いました。まさか、桔梗さんが購入なさっていたなんて!
渡辺さんのお話もとても興味深く楽しかったですね。今は、機械で時間設定をすれば、焼きあがるのを、ほとんど寝ずに焼いているそうです。パチパチいう音で気づいてすぐ起きて、火を足すとおっしゃっていました。やはり玉様とお気持ちの通じる方は、そういう方なのですね。
ところで、貴賓館、本当に綺麗でした。私は天守物語で、玉様が本を読まれていた所、芸術新潮での船曳さんとのお話場所はどこだろうと、ずっと思っていました。(今、改めて芸術新潮を見たら、貴賓館と出ていました。)美しい場所で美しい焼き物と美しい桜のお庭。お茶碗は手が届かず購入できませんでしたが、とても幸せな時間を過ごすことができました。
桔梗さん、お茶碗が横にあれば、いつも玉様と一緒ですね。

???

さらっとお書きになってますけど、ちょこっとお話って・・・
あらま〜、あらあら〜。
あまりの展開に頭がはたらかない。

おめでとうございます!

春のお祝い

すみれさん

夢のような出来事でした。

渡辺さんの奥様がお嬢さんと共に、会場で切り盛りされていて
お客人の対応をしてくださっていたんです。
私が、そのお茶碗を気に入って奥様に告げて、
購入の手続きをしていた時に
「玉三郎さんがいらっしゃるので、お会いになりますか」
とおっしゃってくださいました。
「え、玉さんに会えるのですか!」と超びっくり。
お忙しい玉三郎さんなので、いらっしゃるとも思っていませんでした。
ウォーッ、あの玉さんが目の前に!
玉三郎さんの男前っぷりがハンパなくて
かっこいいの段かいなーでした。夢かうつつか状態。
ピタッとしたジャケットと黒のパンツ姿。
本当に優しく声をかけてくださって
お心遣いに感謝感激でした。
私は、終始とっちらかってました。

そうですよね、貴賓館も憧れの場所というか
いつも、いろんな場面で玉さんが登場する場所なので
おー、これがあの貴賓館かーって感慨ひとしおでした。

>桔梗さん、お茶碗が横にあれば、いつも玉様と一緒ですね。

玉三郎さんの手づくりの器で、お抹茶をいただけるなんて幸せです。
そうですね、玉さんがそこにいるってことで!
毎日、嬉し泣きしながらお抹茶を飲んでるかもしれません。

ありがとうございます。

自分のお誕生日が近いので
(フクギさんのお父様のご命日ですね)
自分へのプレゼントってことにしました。無理やり。
でも、玉さん貯蓄破綻して、
鼻血ブーなんですけどね。あはは。
もう止められない~やめられない~
気に入っちゃうと、あきません。
玉さんにお会いできて、これでいいのだ!
の極地です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

このぉ~、このぉ~

幸せ者~~~~~~。(笑)

男前玉三郎さんとの極上の時間とお茶碗。
桔梗さん、一生の宝物を手にしましたね。^^
ほっぺたつねりましょうか。
大丈夫、夢じゃありません。現実ですぞ。(笑)

桔梗さん、いつかそのお茶碗と「玉」と手で彫られたサインをみせてくださいな。


混んでましたね。

〇〇〇さん

陶芸展にいらしてたんですね。
私は、午前中に行きました。
早めだったので、すぐに入れました。
27日の仕事のスケジュールがどうなるか
ギリギリまでヒヤヒヤしていたのですが
その日は奇跡的に打ち合わせや会議などがなくて
朝からスキップして貴賓館に向かいました(笑)。

午後2時くらいから仕事に行ったのですが、
玉さんにお会いして体温が急上昇したせいか
熱くて暑くて、ずっとノースリーブの洋服で
過ごしてしまいました。

ありがとうございます。
はい、おっしゃる通りです。幸せすぎます。
二日たっても、ボーっとしています。

ううう、うれしい。

まるこはーん。

今も、ボーっとしてます。
時々、むふふ、と不気味な笑みを浮かべて。
当分、使いものにならないと思われます。

生の玉三郎さんは、シュッとして
スッキリ爽やかなハンサムボーイでした。
ちょっとしたところにも気遣いしてくださり
本当に尊敬の念でいっぱいです。
次元の違う素晴らしい方であることが
よーくわかりました。

まるこさん、お抹茶を飲みに
私の家に遊びにいらしてください。
その時は、玉三郎さん作のお茶碗で。
おかわり自由。

一瞬で

ひと目ぼれしてしまった、玉三郎さんのお茶碗ゲットおめでとうございますe-2
素敵なお誕生日プレゼントになりましたねe-144

私も近くで見て、淡いオレンジの色合いがきれいなお茶碗だと思いました。
高台の横の「玉」はしっかり確認させていただきました(笑)

玉三郎さんとお話することはかないませんでしたが、Mさんと私が貴賓館に着いたとき、玉三郎さんのお車が貴賓館の入口にすーっと到着され、にこやかなお顔を拝見することができましたe-266

二階でご一緒していたとき、桔梗さんの目はキラキラしてましたねe-267e-267

桔梗さん、スゴすぎ!

桔梗さん、凄い!
玉三郎様が作られた、お茶碗をいつも側に置くことができる。
あの、あの、何ともいえない、きれいな手で、作られたお茶碗を。
玉三郎様のパアーを、お茶碗に触れる度に感じられる!
本当に凄い!

パアーを感じるだけでなく、玉三郎様と同じ空間で同じ時間を過ごされた。
そして、お話までされた。
本当に凄い!

桔梗さんの、玉三郎様を思う真っすぐな、お気持ちが
こういう形でつながったと思います。
玉三郎様の陶芸展に行く機会に恵まれ
玉三郎様の作品を手に入れられ
玉三郎様のお声を側で聞かれ
本当に凄い!ことです。

私も、あつかましくも、そんな奇跡にめぐりあいたい。
夢でも、いいから、そんなことがみれたら
どんなに素敵なことか!

桔梗さんのブログを読ませていただき、こちらまで、素敵な時間を過ごさせていただくことができました。ありがとうございました。

あまりにも、びっくりしたので、今回のコメントに、凄いと言う言葉と!マークが連発してしまいました。
最後に、ほんまに凄い!

ありがとうございます。

あんずさん

陶芸展では、お会いできて、
一緒にお茶とケーキをいただけて
嬉しかったです。
私は一人で行って、一人で舞い上がっていたので
あんずさんと、Yさんとお喋りできて
とても楽しかったです。

玉三郎さんがちょうど到着された時に
あんずさんたちも到着されたのですね。
それはすごいタイミングですよね。
いついらしたのか、私はわかりませんでした。
笑顔を拝見できて、本当に良かったですね。

目がキラキラしてましたか(笑)。
恥ずかしいですよ。
あんずさんのキラキラがうつったかな。

ありがとうございます!!!!!!!

ちょんぱさん

びっくりマークと「凄い」の大放出に感謝いたします。
思わず笑っちゃいながら、何回も、
コメントを読ませていただきました。嬉しいっす。

>玉三郎様のパアーを、お茶碗に触れる度に感じられる!

そうですよね、あのキレイな長い指で粘土をまるめて
ぐるりぐるりと巻いて、ペタペタと成形されている様子を
思い浮かべて、その器がそばにあるのだと思うと
ジーンとして、うるうるしちゃいます。
作者と同じく、器も存在感大ですね。
手が震えちゃいます。危ない危ない。

お茶碗をゲットされた沢山の方々に
玉三郎さんが直接、ご挨拶してくださいました。
私もその中の一人です。
きっと、また佐渡でお茶碗を制作して
陶芸展を開催してくださるのではないでしょうか。
ちょんぱさんも、次回はぜひぜひ!

玉三郎さんのオーラは凄いスゴイすごいです!!!!!!!!!!!

桔梗さん、ありがとうございます

桔梗さんのおかげで、ひとつの目標が新たにできました。
桔梗さんのように、玉三郎様が作られたものを、自分の側に置けるよう
桔梗さんのように、そういう機会にめぐりあえるよう
これから、頑張っていきます。
どれだけの年月がかかるか、わかりませんが、私の目標です。
ただ、関西在住なので、展覧会がいろんなところで開催されることも願います。

桔梗さん、私に目標をあたえてくださって、ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

こちらこそ、よろしくお願いします!

ちょんぱさん

そんな風に感じてくださって
ありがとうございます。

尊敬する玉三郎さんを近くに感じることは
本当に幸せなことだと思います。
私も、ちょんぱさんと一緒に
また、目標に向かって頑張ろうと思います。
(今回は、発作的衝動買いだったのですが)

そうですね、関西でも機会があるといいですね。

>桔梗さん、私に目標をあたえてくださって、ありがとうございました。

とんでもないです。そんな風に受け止めてくださった、
ちょんぱさんのお心は純粋で、素敵だなと思います。
きっと、夢が叶うと思います。

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします!
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク