花粉症に泣いています。

先日、歩いていたら、突然、右目を開けていられなくなって
涙がボロボロ、目の下がぶおーっと腫れてきて、
あわてて鏡を見たら、目が充血して真っ赤に。
こんなことは初めてなので、驚きました。

今年は、花粉の量が多いのでしょうかね。
それとも、自分の免疫力が低下しているのかな。
みなさんは、いかがですか。
何だかザワザワと落ち着かない季節ですね。
花粉が多い分、桜が盛大に咲くといいですね。関係ないけど。

玉三郎さんの「いつだって波瀾爆笑」をレポートしますよ、と
お伝えしておきながら、なかなか書けずにいて、すみませんです。
どちらかでご覧になられましたでしょうか。タイヤのチューブじゃなくて。。。(笑)

玉三郎さんが「スマホ」を持っていない、と答えられて
私も持っていないので、わーい、同じだー!ノータッチ派だー!と喜び
ロスとオーランドのディズニーランドに行ったことがある、と答えられて
私も行ったことがあります!わーいわーいディズニーランド大好き~
と、いちいち大喜びしていました。

最近、植田いつ子さんの著書「布・ひと・出逢い」を読んでいたら
玉三郎さんが「マクベス夫人」の衣裳を、植田さんに依頼された時のことが
第六章「こころを遊ばせる私的空間」に出てきました。
仮縫いの時の玉三郎さんの気配りや、まだ未完成の布地を纏っただけで
マクベス夫人に成り切られてしまう見事な存在感、着こなしの美しさなどが、
植田さんのきれいな日本語で過不足なく綴られています。
昨年、植田さんが亡くなられた時に、ある番組の中で、
玉三郎さんが追悼の言葉を述べられていました。
植田さんのプロとしての一徹さやこだわりについて
語られていた記憶があります。
玉三郎さんのことを書かれた植田さんの文章からも、
超一流の仕事人であられるお二人に共通する、凛とした揺るぎのない魂を感じました。

表紙には、玉三郎さんの「オセロ」の衣裳が
無題


コメントの投稿

非公開コメント

ものもらい

先日、私も突然の右目痛。空けていられなくなって赤くなって、慌てて眼科医に行きました。
年配の先生が真面目なお顔で、「逆さまつ毛だね。痛かったでしょう。眼球に当たっているまつ毛は抜きますね。それと、貴女は何ももらっていないだろうけど、ものもらいですね。」と。思わずふふふ。^^
免疫力は確実に低下しております。(笑)

玉三郎さんのプロとしての矜持は、見ている方も背筋が伸びます。

え~っ!

まるこさん

まったく同じ症状なんですけど、
私も、まつ毛なのかな。
あんなに突然痛くなるなんて、
初めてのことなので、
花粉症の人をつかまえては、
「突然、目が痛くなったことありますか?」と聞いたら
「痒くて、かいたらなるよ」と言うので
「痒くもないし、かいてもいないのに、なったんですよ」
と言うと、みんな、黙っちゃって。
まるこさんのコメントを見て、
何となく納得しました。
そういえば、目玉の下の方がゴロゴロして異物感があったので
まつ毛が入ってしまったのかもですね。
ものはもらってないので、ものもらいには、
なっていないみたいです(笑)。

でも、花粉も確かにいつもよりひどい気がします。
薬はなるべく飲みたくないけど、
飲まないと出歩けないので飲んでいます。

まるこさんも、お大事になさってくださいませ。

アマテラスのちらし

昨日、南座で歌舞伎観劇をしてきました。
玉様のおかげで現代劇以外の歌舞伎の楽しみを知り、人生が豊かになったこと、玉様にとても感謝しています。
南座にはアマテラスのちらしがあり、他の演目のちらしより微妙厚く重い紙なのです。やはり、ちらしまで玉様は違うんだわ、と、こんなことまで、勝手に玉様へ思いを強くしています。
ところで、桔梗さん、目の具合はいかがでしょうか。私も逆さまつげで眼球が傷ついていますよ、と眼下の先生に若い頃から、何回か言われています。
痛みがぶり返さないと良いですね。
新幹線でアマテラス様にお会いにいきたいですねー。

植田いつ子さん

植田いつ子さんで思い出すのは、向田邦子さん。
向田さんが亡くなられたとき、愛用の遺品などが特集されていて、洋服は植田いつ子さんのデザインで、親しいお友達だったとのことでした。
玉三郎さんの舞台衣装も担当されたことがあったとは知りませんでした。

ディズニーランドは、わたしはあまり好きではないのですが、昔昔、浦安で一度行ったことがあります。
マイケル・ジャクソンの「キャプテンEO」はおもしろかったですが、スペースマウンテンは乗ってみて後悔しました。玉三郎さんが「降りてくる人の顔」をみて乗るのをやめたとおっしゃっているのを聞いて、わたしのそのときの顔を想像しました。

お騒がせしました

花粉、今年は確かに多いみたいですね。
私はそんなにひどくない方なんですが、今の季節は花粉なのかホコリなのか、やはり目の中に異物感があって、朝起きたら洗眼薬で目を洗ってます。気分的にかなりスッキリします。それでも細かい字が読みづらいというのは、季節のせいでもなんでもなく…
そういう理由ではなかったのですが、桔梗さん、私じつは「スマホ」はおろか携帯も持ったことありません! 何ででしょう…大した理由はないのです。なんとなく持つきっかけがなかったというか、今までなくて大丈夫だったので。この先どうしても必要となったら持つのかもしれないけど、なんとなく持たずにいられる自由を今はまだ味わっていたいんですね。ヘンでしょうか? 玉三郎さんは流石に持たれないという訳にはいかないのでしょうねー。でも「スマホ」ではない、という所がなんとなく少し嬉しい気がしました。
ディズニーランド、浦安のしか行ったことないけど、私も大好きですー! なめらかで優雅な動きの昔のプリンセスに惹かれます。
「波乱爆笑」はまだ観れていなくて…桔梗さんにプレッシャーをかけてしまってすみません。実はあの後ふと思い出しました。横浜に兄が住んでいたことを! 録画してディスクに移してくれるようにお願いしました。今度帰ってくる時に持ってきてくれるので、楽しみです。いやー、近くの他人も大事だけど、遠くの親戚もやっぱり大事だなーとしみじみ。
お騒がせして申し訳ありませんでした。

Re: アマテラスのちらし

すみれさん

南座では、いま、何をやっているのでしょう。
玉三郎さん以外の舞台のこと(特に歌舞伎)は把握していなくて、
わかっておりません。

>南座にはアマテラスのちらしがあり、
 他の演目のちらしより微妙厚く重い紙なのです。

アマテラス様降臨前のちらしでしょうかね。
分厚い紙なんですね。パリッといい紙。
歌舞伎座にあったのも、同じかもしれません。

すみれさん、目のことを気にかけてくださって
どうもありがとうございます。
充血も腫れもおさまったので大丈夫です。
でも、あまりに鼻水がひどいので
明日、お医者さんに行ってきます。
ずっと忙しくて行けなくて薬もないので
じっくり診ていただこうと思います。

すみれさんも、逆さまつげなのですね。
眼球に突き刺さっちゃうって~痛そう。

玉三郎さんのまつげは長くて
やっぱり逆さまつげじゃないのかな、と思って見ています。
お馬さんのまつげみたいに、バサバサで可愛いんですよね(笑)。
変化もので、まつげが白粉で真っ白になってるのが好きでね。あはは。
玉三郎さんも、まつげが眼球に突き刺さっていませんように。

向田さんファン

京にんじんさん

私は、大の向田邦子さんファンで、
向田さんの本を読んでいて、植田いつ子さんのことを知りました。
とても仲良しでいらしたようで、植田さんのご本の中にも
向田さんのことが出てきます。
すごく仲が良いのに、相手を思いやる距離感というのが
向田さんは完璧だったと書いていらっしゃいます。
出来そうで、なかなか出来ないことですよね。
植田さんのご本は初めて読んだのですが、
日本語がきれいで、文章が温かくて、本質的で
やっぱり、あんなに素敵なお洋服を創られていらっしゃる方は
一本筋が通っているんだな、と感心することばかりです。
玉三郎さんのことも、仮縫いの時などの時間で
すべて洞察されている感じで、素晴らしい人同志は
瞬時に、わかりあってしまうのだな、と思いました。

ディズニーランドで、私は、最初の頃、
スペースマウンテンに乗った時、
やっぱり青くなってしまって、二度と乗っていません。
スプラッシュマウンテンも一回乗って
それ以来、乗ってません。(一応、一度は試してる)
もっぱら、空いてるイッツァスモールワールドとか
椅子の下からねずみが出てくる3Dのとか(笑)
あと、ピーターパンやピノキオは、乗るたびに怖くて
目をつぶってしまいます。暗い闇のところがゾクッとして。
玉さんがおっしゃっていた魅惑のチキルームも行ってます。
オーランドのディズニーワールドには出張で行ったのですが
ホテルや施設のスケールと種類もがとてつもなくて、
ダンスを踊るエリアなどもあって、広場では、
毎晩、カウントダウンをやっているんです。
アメリカだわーって感じでした。

京にんじんさんの降りてくる時の顔、
拝見したいです!何となく想像できます(笑)。

とんでもございません。

えつこさん

洗眼薬で洗うのですね、やってみようかな。
今は、目薬を持ち歩いているのですが
洗うって、スッキリして気持ち良さそうですね。

>桔梗さん、私じつは「スマホ」はおろか携帯も持ったことありません!

えつこさん、それは凄いです。持たないという潔さが。
でも、そんなつもりもないのですよね、そこがいいなぁ。
私は、しょっちゅう携帯を忘れて出かけてしまって
仕事の連絡がつかなくて怒られるんですが
携帯を家に忘れた日は、かえってストレスがなくて
一日中、清々しいんですよね。
仕事上では、いつでも大きなデータを見られるように
スマホを持つべき、と言われるのですが
そうなるとずっと仕事に縛られてしまうようで
持つ気になれません。
そこまでしなくてもいいでしょう、って。
どんどん追いつめられていくのが辛いですね。
だから、えつこさん、自然です。
私も、玉さんが「スマホ」じゃないと聞いて
何だかいいなぁ、って思いました。

ディズニーランド、やっぱりお好きですか。

>なめらかで優雅な動きの昔のプリンセスに惹かれます。

シンデレラとか白雪姫とか、子供の頃からの憧れですよね。
絵本を何回も何回も読みました。夢の世界でした。
映画もよく観に行きました。「101匹ワンちゃん」が好きでした。

>桔梗さんにプレッシャーをかけてしまってすみません。

まったく、そんなことは無いのですよ。
張り切ってレポ―トしようと本気で思っていたのですがね
今は、それこそ凄い世の中ですね。
あっと言う間に動画にアップされていて、きっと
皆さん、ご覧になられているのだろうな、と思って
何となく書けずにいたのです。
「玉三郎さん 誰だって波瀾爆笑」で検索すると
見られますよ。リンクをはるのは、何となく気が引けて
でも、言っちゃいました。

でも、持つべきものは、横浜のお兄さま。
その前に、検索してみてくださいね。あはは。

アレルギー

桔梗さん、その目、その鼻、アレルギーかもしれません。
わたしもアレルギー持ちで、毎年3月は悲惨な状態になるのですが、今年は1月2月だったみたいなのです。
地球環境の変化か・・・・などと大げさなものではありませんが。^^

向田邦子さん、素敵な方でしたね。
「阿修羅のごとく」好きです。エッセイも面白くて、老眼鏡というと思い出す文章があります。

そうかもしれません。

まるこさん

そうそう、私も、アレルギー持ちなんです。
生の海老を食べると死にそうになるのです。
母の故郷が新潟で、小さい頃、遊びに行くたび
甘海老が美味しくて、もう大好きで食べ過ぎたせいで?
生の海老がアレルギーになってしまいました。
気道が塞がって呼吸困難になってしまうのです。
天麩羅や海老フライは大丈夫なんですよ(聞いてない?)

向田さんの「阿修羅のごとく」は
ビデオを全巻、持っていますよ。
何回も見ています。面白いですよね。
向田さんの本も、全部、持っています(自慢か)
ものを見る目とか、感じ方が、
ナイーブで情があって、ユニークですよね。
いろんなことを気づかせていただけます。
本当に生きていていただきたかったです。

老眼鏡は、銀座の松島眼鏡店のお話しですよね。
あー、また読みたくなってきたー。

まるこさんのアレルギーは、
大気汚染に反応してしまうのですね。
PM2・5の影響もあるでしょうか。
大変な時代になってしまいました。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク