初日の「バラーレ」!

昨日は、「バラーレ」を観るために
赤坂アクトシアターに行って参りました。

劇場に入ると、初日の昂揚感が充満していて
自分のワクワク感もマックスに
すでにロビーの売店は、
玉三郎さんグッズ(扇子やTシャツ、油取り紙など)や
ダズルグッズ(TシャツやDVD)を買い求める人たちでラッシュ状態。
私はパンフレット(千円也)をゲットしました!

ダンスをやっている(であろう)子供たちに若者たち、
玉三郎さんファンかな、というご婦人たち、
ダンサーや日本舞踊家の巨匠など、
男性も女性も、さまざまな世代の方々が観にいらしていました。

これからご覧になられる方ばかりですので
ちょこっとだけ感想を書かせていただきます。

3部構成で、第一部は「春の祭典」。

舞台装置も衣裳もシンプルで、音楽と身体の34分。
生まれては消え、生まれては移ろう、美の連鎖。
止まることなく、秒単位で踊りが変化し続けていくのです
緻密で、なめらかで、激しい9人の動きを目で追いながら
耳では、音楽が立体的に感じられて、そのどちらもが
鮮明に心に入ってくる在り方が実に快感でした。
波のように炎のように展開していく身体の言葉には
物語があって、激しい動きの中、一瞬、とってもチャーミングな振りがあって
グイッと心をつかまれました。あの振り、気になるなぁ、また観たいなぁ。
顔には次第に汗がにじんできて、真剣な眼差しもより輝いて見えて
ダンスに命を燃やしている9人の姿に胸が熱くなりました。

第二部は「交響曲第4番」第3楽章

「春の祭典」の緊迫感が凄かったので、
マーラーの音楽と、ダズルのゆるやかな動きにホッと。
ゆったりと、優雅な気持ちになる、美しい世界。
あんな風にしなやかに動けるって、凄い。
これまで、ダズルの舞台を4回拝見しましたが、
ダズルのひとりひとりがより際立って見えました。

第三部は「タンゴ・アルゼンチーノ」

黒い衣裳のダンサー24名がザザ―ッと椅子に座っている
男性づくしの世界は、迫力です。ニヒルで、カッコいい!
タンゴの踊りはエレガントで、セクシーで、ウィットがあって
すごく洒落ていて、どんどん引き込まれていきました。
手の平のダンスがユニークで、ああいうの初めて観ました。
途中からダズルも加わって、さらにダイナミックで華やかに。
タンゴって、心が動きますね、もっと観ていたかったなぁ。

カーテンコールでの皆さんの笑顔が爽やかで、
心の中で、ブラヴォーッ!と叫びました。

私はダンスのこともわからず、見慣れていないせいもあって、
ただ目の前でおこっている光景を口アングリ眺めるだけで精一杯でした。
もっと観たい!じっくり観たい!当日券もあったぞ!
平日も観に行って来ようっと。

2015030716140001.jpg

2015030713360001_convert_20150308173943.jpg 2015030713360000_convert_20150308174122.jpg 2015030713360002_convert_20150308174409.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

行かない、と言っていた私が真っ先に観に行ってしまいましたー
2日目のバラーレ
もう…もう 凄かった
人間の身体って、こんな形してたんだぁ
と思ったのが私の感想です
例えば、手のひらにもたくさんの表現が出来るんですね。

そして、特に印象に残ってるのは
座ってる人の前から肩に足をかけ、踏み倒して乗り越えていく場面
かなり難しいのでは?

マーラーはとても綺麗、バレエダンサーの様、流れるように柔らかく悲しいけど希望がある、物語がよく分かりました、また涙腺が…

3部それぞれ違った構成で、いったいどのように考えどのように作っていくのかを知りたい

座席にはエアウィーブのクッションが置かれてていい気持ち
しかし高齢のご婦人方早々に退席されてました、ついて行けなかったかなぁ????
確かに、お客さんの感じも歌舞伎公演の時と違いますね、ダンサーっぽい人多かったです、外国の方も。

ただ困ったことに、演技がいつ終わったのかわからない、曲も聴き馴染んでない、まだ初見の人ばかりだから率先して拍手する人も無く、前列の人が幕の閉まるのを見て拍手を始めるのでは?
早く拍手したいのに…これにも驚きました

もう一つ皆さんご存知なのかもしれないけど
Web松竹での購入はACTシアターの発券機では発券されません、窓口へ行って下さいね

やっぱり、行って良かった

当日券ありますよー

初日!

行って参りました。

初日は2階からの拝見でしたので、フォーメーションがよくわかり流れのあるしなやかなダンスだなと思いました。
指先から肘までの手のしぐさに美しさを感じました。

照明による衣装の色の変化は、舞台装置が変わったようにも思えよかったです。

千穐楽は1階ですので、輝いてる姿を拝見できるの楽しみにしてます。

桔梗さん、休憩時間のお喋り楽しかったです♪

おもしろかったですね。

ムジコさん

ダズルは、ひとつになって見えるのに、
みんながスゴイです。ひとりひとりが凄かった。

手のひらの踊り、たのしかったな。
自分でもやりたくなっちゃいました。できないけど。
今回、ブルートーキョーさんは、
バク転みたいな激しい動きはなかったですけど
ムズカシそうな動きがありましたね。
やっぱり、凄い。みんながスゴイ。

3部の構成が変化があって楽しめました。
ストラヴィンスキーは、激しすぎるぅ。びっくりです。
息つかせない動きに圧倒されました。

座席に敷いてあったのは、エアウィーヴの四季布団を
小さく座布団サイズにカットしたものなんですね。
思わずねっこりがりたくなっちゃった(笑)。
エアウィーヴの社長さんからの大きなお花が飾ってありましたね。
玉三郎さんのご出身校の同窓会のお花もあって
なんかいいなぁーっと写真を撮ってしまいました。

初日は、わりとスッと拍手が起こりました。
第一部だけ、とまどいが感じられましたが。
チケットウエブ松竹に電話して、今日、チケットを取ろうとしたら
歌舞伎座か新橋演舞場でしかチケット引き換えられない、と言われて
チケットスペースで取りました。ここはアクトシアターの窓口で
受け取れるそうなのです。
松竹ウエブでも、窓口で大丈夫でしたか?

行って良かった!です。
味わい深くて、後になってからも
ジワジワと感動が湧いてきました。

2階からもね。

あんずさん

先日は、お会いできて楽しかったです。
上からの景色も、素晴らしいでしょうね。
私も、千穐楽は、2階から観ます!

>指先から肘までの手のしぐさに美しさを感じました。

生々流転でしたっけ、玉三郎さんがご指導されている
手のしぐさの美しさについての動きがありましたね。
あんな風に、しぐさの美しさって、生まれてくるんですね。

照明も衣裳も、素敵でした。
シンプルなほどに、色気が冴えわたっていて。
パンフレットの北村さんのコメントを読んで、
唸ってしまいました。さすがですね。

実は、明日のチケットが取れて
また、バラーレを観に行ってきます。
仕事場が近いもんで、行かない理由がない(笑)。
一体、あの動きは、どうなってるんだろう、って、
もっと、じっくり観たくて、今度は落ち着いて
目を回転させながら、観てきますよ。
目が回っちゃうかな。
あんずさんもいたりしてね。

松竹チケット

ACTシアターの窓口では 発券機が使えない事に最初戸惑ってたけど、すぐ係りの方が来て松竹チケットでは?とわかり、窓口で松竹予約者の氏名が書かれた別紙で照会して、ささっと座席を手書きで記入してくれました

2日目の出来事だったのでおそらく浸透してるかと、でも例外なのかしら?
そうだったらACTのお姉さんごめんなさい---



ところで、プログラムの最後のページにDAZZLEさんが並んでる楽しそうな写真が載ってるけど
良く見るとメンバーが多い・・・・あれ~?誰だぁ?補色?馴染んでるぅ・・・

良かった。

ムジコさん

チケットが無事に受け取れて良かったですね。
きっと、大丈夫なのかもしれないけど
一応、基本は、ということでアナウンスされているのかもですね。

今日も、観て参りました。
中ほどより少し後ろの席だったので
全体が見渡せて、動きの美しさがよくわかりました。
前は前の良さがありますが、私は、今日の席の方が
よく見えました。

ただ、音楽の音量が、初日より大きく感じられて
席のせいなのかもしれませんが、ちょっと気になりました。
私はけっこう音に反応しちゃうので余計なのかもしれませんが
初日はほどよい音量ですごく心地良かっただけに
個人的に今日は音量が気になりました。
自分の体調もあるのかもしれないですよね。

そうそうプログラムの最後のページ、大受けです!
あら~ダズルが10人だー、ああー、玉さん~~!
表情が最高ですよね。すっかりなじんじゃってるし。
たぶん、玉さんも「春の祭典」とか、一緒に踊れちゃうはずですよね。
観たな、観たいな(笑)。
とにかく、楽しいプログラムですね。

わくわくしました😇

桔梗さん。
私も3/10に拝見致しました。
でも桔梗さんにお会いできませんでした。残念💧

DAZZLEの舞台は今回はじめてでしたが、最初から最後までわくわく&興奮して観ていました😄

特にマーラーの「交響曲 第4番」は知らない曲だったので、まっさらな気持ちで観ることができましたが、私には昇天する人への鎮魂の踊りにみえました。

「タンゴ・アルゼンチンチーノ」は好きな曲も多く興奮しました。
実際にはタンゴを踊っていないですよね。
でも時々タンゴを踊っているような錯覚を覚えました。
本当に、タンゴそのものの情熱と欲望と興奮を味わえた、熱い熱いナンバーでした。

今日も観劇の喜びを感じつつ帰路致しました。🏠

今回観劇できそうな日程は3/10と3/11のみでしたが、やっぱり3/11は無理でした💧怖くて。
私事ですが、我が家のそばを走る常磐道(高速道路)は最近全線開通しましたが、常磐線は今だ全線再開してません。(4年前の今日、最寄り駅で「原ノ町」行きの列車を見たのが今でも忘れられません)
駅のホームで「原ノ町」行きの列車を見る事ができるのが、本当の意味の復興だなぁ、って思えます。

あと、忘れられないのが。

震災のときに茨城に目を向けて下さった、慰問にお越し下さった玉三郎さんには、本当に甚謝いたします。(茨城県は見捨てられてるのか💧と思えてた頃だったので)

すみませんでした。しめっぽい話で。




あ~~

はむぴょんさん

昨日、いらっしゃったんですよね。
私は突発的強行軍突撃隊だったので
お会いできなくて、とても残念です。

マーラーの「交響曲 第4番」の踊りは、私は、一番好きかも。
NEWダズルが感じられて、あの雰囲気というか
とてもアーティスティックで、ゆったり浄化されます。

でも、昨日は落ち着いて観れていたせいか、
最初に観た時より「春の祭典」の中にも、おおらかな動きなど
穏やかな印象も持ち、見え方が、変わりました。
やっぱり踊る方も、観る方も、生ものですね。

タンゴでは、ブルートーキョーの切れの良い動きが
とっても心地よくて、ダズルとは違う味わいで良かったです。
ダズルは曲線で、ブルートーキョーは直線な印象です。

今日は、震災から4年めの日でしたね。
ちょうど仕事先で、その時を迎えて黙とうをしました。
いろんなことが思い返されて、気がふさぎました。
はむぴょんさんは、特に思いも強いと思います。
そうですよね、茨城に慰問にいらした玉三郎さん。
みなさん励まされたのですね。
アンコウ鍋を食べていらっしゃいましたね。
チャリティ公演での寄付を届けてくださって
自分が何もできないていたので、
茨城に届けてくださった玉三郎さんに、
心から感謝したのを覚えています。
公演に行った我々の代わりに、ご自分で
行ってくださったのだという思いで。
笠間神社でしたっけ、での奉納舞いも、そうですよね。
玉三郎さんの舞いで、神社も心も救われますね。

>今日も観劇の喜びを感じつつ帰路致しました。🏠

ほんとうに、そうですよね。今、「バラーレ」を観て、
心震えている自分に、ただただ感謝します。

プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク