万野さんの後ろ姿

今日は、幕見席で、「伊勢音頭恋寝刃」を拝見しました。

お昼過ぎに歌舞伎座に着いて、幕見の列に並びました。
その時点では大行列ではなかったので、ちゃんと座って観ることができました。

歌舞伎座に行けば毎日、玉三郎さんが
出ていらっしゃるんだ!ということが嬉しくって有り難くて。
時間さえあれば、観に行きたいなー、と思ってしまいます。

幕見でも、歌舞伎座に入ると、いきなり非日常の世界へ。
特別な時空間。考えると、屋根の中の不思議な世界ですよね。

今日は、万野さんが背中を向けて、煙管を持ちながら
ジーッと、貢さんとお紺のやりとりを聞いている場面で
万野さんの肩のライン、背筋、襟の抜き具合など
なんて美しいんだろなあ、って見惚れてしまいました。
お隣のお鹿さんと並んでいるからってわけではないのですけどね(笑)
同時に、「ふるあめりか」のお園さんのラストシーンなど
玉三郎さんの後ろ姿あれこれに思いを巡らせました。
お園さんの背中は、むせび泣いているんですよね。
その時の自分の気持ちも、はっきりとよみがえってきます。
杜麗娘の後ろ姿も、鮮やかに思い起こされます。
ふんわりしていて、花と蝶々のイメージ。
万野さんの背中は、色っぽい!ちょっと寂しくて。
顔は見えないけど、背中に表情が見えますね。
玉三郎さんの後ろ姿ばかりの写真集があってもいいなぁ。

今日は、演出が変わっているところもあって、
お―――っ!と思いました。
日々、変化しているのですね

帰り道、銀座通りを東京駅に向かって歩いていたら
ミシンのブラザーのビルの入り口に勘七ブラザーが!
「ここまできたかブラザー!」確かに!でも無理やりこじつけてる感満載。
2014100715540000.jpg







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク