あぁ、おいしい!EC体験 第三日目 〈佐渡の海〉

トリオ・ザ・EC合宿の朝は、城山コンサートの整理券を
木崎神社でゲットすることから始まります。
なーんて言っても、8時半くらいに行くのですが
早い方は、6時前から並ばれていたようです。
鼓童のコンサートは後ろの方から観るのも好きなので
そうそう慌てなかったわけですが、
これ、玉さんの舞台だったら、大変ですよね。
3時起きくらいしちまいますかね~きっとね~うははは

三日目の午前中は、「佐渡の海を楽しもうツアー」を組んで(3人で)周りました。
“日本海”と聞くと、鉛色の空と深緑色の海を連想して、
「肴はあぶった~イカでいい~」と歌いそうになりますが(なんないよ)
夏の佐渡は、だだっぴろい青空と、澄んだブルーの海がとにかく美しくて!
鼓童の「たたこう館」のテラスから激写絶景ポイントです。

20140825+048_convert_20140908204212.jpg

宿根木の海には、ゴツゴツしたユニークな海岸が。
あれ、この風景はどこかで見た覚えが!そうだそうだ!
「打男」のDVDで、玉三郎さんがエア太鼓をしているスポットだ!
「特ダネ」でも紹介されていましたね。嬉しくなって、どんどこ奥地へ。

20140825+084_convert_20140908210555.jpg

海から歩いてすぐの宿根木集落では、吉永小百合さんごっこを(笑)
狭い路地に密集してる家屋が軒並み板張りなのは、潮風から守るためだそうです。

20140825+083_convert_20140908213135.jpg

集落の一角にあるお店「やました」で、サザエの海をいただきました。うめー!
京にんじんさんのワインが進んだことは、言うまでもありません。
お酒は~冷えた~ワインがいい~
思いがけない出逢いもあって、お尻が椅子にくっついてしまいました。

20140825+123_convert_20140908223027.jpg

デザートは、沢崎灯台の香り高い潮風を。絶品でした!

20140825+107_convert_20140908225053.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

トム・クルーズ!

昼食の「やました」、おいしかったですね、パスタもワインも。
運転で飲めない桔梗さんにかわって、ワイン、おかわりさせていただきました。もうしわけない。
マスターがすすめ上手というか、パスタとワインの減り具合を見比べて、いいタイミンで、おかわり? といわれたので、はい!うなずきました。

お客のためのひとことノートが置いてあって、めくっていたら、カタカナメッセージがあって、「トム・クルーズ」? まさか、嘘でしょう、でもトムは日本びいきらしいし、ひょっとしたら、カタカナくらい練習しているかも、サインもあるし、などと言っておりました。あとで調べたら、サインは全然ちがってました。

整理券ゲットに並んだのは、二日目と同じくらいの時間だったと思うのですが、三日目はずいぶん列が長くて、やはり最終日の観客数はいちばん多くて、盛り上がりも最高でした。
でも、三日間ともに、おなじような場所に座れたし、会場がそれほど広くないし、舞台の両脇にはスクリーンもあって、どこからでも楽しめるように設営されていました。
城山公園の芝生はしっかり養生してあって、ふかふかでした。

そうでしたね(笑)

京にんじんさん

ワインをぐびぐび飲んでる京にんじんさんを
眺めているだけで、私も、しゃーわせでしたよ。
遠慮して飲まないなんて言われたら
わたしゃ、一緒に旅をしておりませんよ。これホント。

「やました」のパスタは盛りが良くて、
メニューも、サザエとかカラスミとか、
肴は、あぶらない~イカでもいいーって感じで
ワインが進む陣容でしたね。

ひとことノートありましたね~。
トム・クルーズって名前を見て、
京にんじんさんが真面目に、え~佐渡に来たんやろか、って
おっしゃるので(酔っぱらってないのに)
私は「トム・クルーズは、カタカナでサインは書けないでしょー」と
突っ込んだんですよね。
あとで調べるところがスゴイ!
やっぱりサインは違っていたのですね。
でも、なぜ、誰が、トムクルーズって
サインしたんでしょうね。話題にはなりましたね(笑)
私も今度、レディガガって、カタカナでサインして来よっかな。
レディ我々!とか暴走族風とかね。

同じテーブルにいらした方とたまたまお喋りが弾んだら
鼓童のメンバーのご両親だったんですよね。びっくりでした。
前から演奏する姿を見て、素直そうな好青年だな、と
思っていたので、ご両親にお会いして納得でした。
ほんとにお喋りが楽しくて、2時間近く
お店に居座ってしまいましたよね。

コンサートはやはり三日目が一番混んでいましたね。
日曜日で千穐楽ということもあるのでしょうね。
初日が一番、ゆったりと眺めていられました。
両サイドのスクリーンも、とっても良かったです。
位置によって、まったく見えない方の顔が見れて
ああ、あそこにいるのは彼なんだ、とか、彼女なんだ、とか
正体がわかって、楽しめました。
玉三郎さんのアイデアなんですよね。さすがです。

城山公園の木々が美しかったですね。
満開の桜をいつの日か見てみたいです。


プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク