玉三郎さんと、夢枕獏さん。

本日31日深夜23:00から
BS-TBSの 「みんな子どもだった」と言う番組に
夢枕獏さんがご出演で、歌舞伎の脚本を書かれた時のエピソードを
お話しされるそうです。

リリスさんに教えていただきました。ありがとうございます!

夢枕獏さんの「絢爛たる鷺」という本の中に
玉三郎さんの舞台を観た時の感動が綴られているのですが、
その表現が素晴らしくて、自分でうまく言えなかったことが見事に
文章で表現されていて、そうそう、そうなのそうなのー、って。何回も読み返しました。

リリスさんが書いてくださったように、歌舞伎脚本の原作では近年では
「陰陽師」が有名ですが、玉三郎さんの舞台では舞踊の「楊貴妃」(歌詞)が
最初に上演された作品です。でもその前に、「歌舞伎台本 沙羅姫 晴明 
三国傳來玄象譚」を書き始められていて、その時のエピソードを、著書の中に
細かく書いていらっしゃいます。歌舞伎の脚本を書くのが初めての夢枕さんに、
玉三郎さんが丁寧に助言されている様子が描かれているのですが
その時の玉三郎さんの表現が実に独創的で優しいのです。
ずっと舞台に出っぱなしになっている役者さんについて
「この人、可哀想」と、玉三郎さんがおっしゃって、どこかで引っこめてあげるよう
アドバイスされていたり。歌舞伎の脚本について学ぶことの多い内容で
玉さんと獏さんのやりとりが、心に残っています。

夢枕獏さんは自分は玉三郎さんの追っかけで、国内だけでなく海外へも
お友達数人とツアーを組んで追っかけていくと書いていらっしゃいました。
その様子が、すごく楽しそうなんですよ。わかるわかるーって(おこがましいか)

今回の放送は歌舞伎脚本を執筆された時のエピソードのようですので
必見でございますですね!

番組のサイトです。
http://www.bs-tbs.co.jp/minnakodomo/archive/201408.html

「絢爛たる鷺」について
https://bookrepo.com/book_report/show/246989
無題

コメントの投稿

非公開コメント

ひょっとして

桔梗さん、リリスさん

ご紹介ありがとうございます。
録画予約しました。

夢枕獏さんのお友達のひとりが天野喜孝さんなんですよね。
数年前、京都高島屋で、お二人とあと陶芸家で「楊貴妃」をテーマの展示会があって、ひょっとして、玉三郎さんの影があるかも、と出かけましたが、ありませんでした。

こないだ、桔梗さんに京都の下鴨神社で夢枕獏さんの講演会があると知らせていただいて、ひょっとして、と出かけましたが、言及はなしでした。

佐渡からの帰り、大阪まで行って「千寿の会」に行ったのは、千寿さんは玉三郎さんの舞台でよく見かける役者さんなので、ひょっとして、玉三郎さんについてのエピソードが聞けるかも、とでかけました。これは当たり! おとらさんとご一緒できて、ついでといってはなんですが、おとらさんのブログでご報告させていただきました。

さて、今回は当たりでありますように。

そうですそうです

京にんじんさん

夢枕さんのお友達が天野喜孝さんで
そのご縁もあったのですよね。
天野さんも追っかけだったけかな。

「千寿の会」の様子をお知らせいただきましたよね。
その時のことを、こちらで掲載させていただきますね。

以下、「千寿の会」での千寿さんのコメントから。
京にんじんさんにお知らせいただきました。

「天竺徳兵衛」で銀杏の前を演じたとき、
師匠にも教わっていたが上演のときにはいなくて、
どうしたものかと思っていた。

玉三郎さんが同座しておられたので、ご相談したら、
「いいわよ」と見てくださることになり、
毎日舞台袖から撮ったビデオをチェックして、
いろいろアドバイスしていただいた。
「ここはもっと・・・」とか、ほんとうに細かくみていただいた。

おとらさんによると、「天竺徳兵衛」があったのは、
玉三郎さんが政岡を演じたときではないか、とのこと。
帰って調べたところ、2004年11月、松竹座でした。
昼の部で先代萩、夜の部が「天竺徳兵衛」。
染五郎さんが八汐、徳兵衛でした。

質問 趣味、特技は?

答え 「モノマネ」します。ここでは披露できませんが、
いろんな人の。尺八の音とか。

尺八の音の真似は差し支えないだろうということで、
ちょこっと披露。うまかったです。

モノマネについては、たまさんとのエピソードも。

千寿 玉三郎だんな(こう呼んでおられるようです)に
「おまえさん、モノマネするんだってねえ。聞かせておくれよ」
といわれてやりました。そうしたら、はじめからおわりまで、
クスリともされませんでしたが、
「モノマネは芝居の基本だから、いいんだよ(不正確)」とおっしゃいました。

モノマネといえば、エアウィーヴのフランス版を思い出しますね。

e-69e-69e-69e-69e-69e-69e-69e-69e-69e-69e-69e-69e-69e-69

ありがとうござます。
クスリともされないところが、玉さんですね。
面白いですね。厳しいけど。
芝居にとって、やっぱり勘所というか
モノマネって大事なんですね。

お前さん、という呼び方がいいですよね。
聞かせておくれよ、なーんて、
玉三郎旦那に言われたら、

わたしゃ、都はるみも、中島みゆきも、ピーターも、
美川憲一も、ブルーハーツも、ぜーんぶ、やっちゃいます。

玉三郎旦那、言いいませんけどね。

そうそう

シネマ歌舞伎の二人藤娘と日本振袖始の予告がユーチューブで流れていました。見ましたか?
来年だから見に行けるかなって感じです。
地元は雪が降るから新幹線が動いていれば隣に行けるけど…。

行ける行ける~

葵どんさん

予告編、見ましたよ。何回も。
藤娘の最後のキメの玉さん、いいですね~。
ツボに入っちゃいました。

雪が降って新幹線が止まることもあるのですね。
風に弱いという印象があります。
でも、毎日は止まらないから行けますね。うひひ。

いろんな予告編がこちらで見れます。
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/

歌舞伎話はあったけれど

「みんな子どもだった」、見ましたが、歌舞伎話、もっとたくさん欲しかったです。
倉本聡さん、歌舞伎にはあまり関心がないのか、会話が玉三郎さんのほうに向かいませんでした。残念。

でも、収穫はありました。
お二人共、子供の頃からの宮沢賢治ファンだったということ。お二人ほどではないですが、わたしも賢治は大好きです。

話はそれますが、ちょこっとご紹介。
むかし面白く思った「ことにもアラベスクの飾り文字」という一節はどんな詩だったっけ、と検索したら、異本まで紹介されたデータがありました。さすが世の中には賢治ファンがたくさん。

http://www.ihatov.cc/haru_1/021_d.htm

プレリュード

こんにちは。
プレリュード、観ました。
幕が下りる時、感極まって涙がはらはら・・・。
うまくいえないのですが、観てしまった、という感じです。

あの場に実際にいらしたなんて、今生の記憶に残る
体験ですね。
画面越しであの感覚なのですから、目の前で見てしまったら
しばらく現実には戻れないのではないかと思いました。
桔梗さん、本当に生で観られて良かったですね。羨ましい限りです。
放送を教えて下さったはむぴょんさんにも、お礼を申し上げます。ありがとうございました。

それから、獏さんのこの本、うちの本棚にありました。
読まずに寝かせておりました。
読むきっかけができて嬉しいです。リリスさんありがとうございました。

急に秋の気配が濃くなってきましたね。
気温変化が激しいと、がっくり疲れが出たりします。
この時期は、要注意です!
桔梗さん、みなさま、お体ご自愛下さいませ。

最後の最後に

京にんじんさん

きっと、実際には沢山、お話されているのでしょうね。
時間の都合上、カットされてしまっている気がします。
たぶん夢枕獏さんに歌舞伎や玉さんを語らせたら
止まらないんじゃーないのかなと。
でもって、長すぎて、あれだけになっちった、とか。
勝手な憶測でした。

賢治さんの情報、ありがとうございます。
うちの母も好きで、たまに賢治さんのこと話していました。
もっと一緒に話せていればなー、なんて
今さら、仕方ないですね。
でも思い出して、しみじみしました。
ありがとうございます。

凄い体験でした。

フクギさん

テレビでも涙を流される気持ちわかります。
私は、予告編で、泣きそうでした。

あの日は一日限りの公演でしたが
私は、お友達3人に頼まれてチケットを取ったのです。
そしたら、そのうちの2名の方が急に行けなくなってしまって
急遽、私の友達に声をかけたら、お母さまと一緒に行ってくれることになって
4名で見ていたのですよ。
玉三郎さんが出てきた途端、息を飲むというか
衝撃でクラクラしました。
終わってからは、お互いに顔を見合わせて
はぁ~、って感動の溜息をついたのを覚えています。
言葉はいらないぜって感じでした。
帰り道、友達のお母さまが、
本当にいいものを見せてもらえて嬉しい、って
大喜びしてくださって、美味しいシャンパンご馳走になりました(笑)
私が踊ったわけじゃないんですけどね。あはは。

私も、玉さんライブラリーの書棚から
「絢爛たる鷺」を引っ張りだしてきて
あらためて読みました。
ワー外科室のことも書いてあったっけ、とか
玉三郎さんからのファックスの返信とか
かわいい内容で。脚本の制作過程についても
いろいろ勉強になりました。
玉三郎さんの仕事の進め方が男らしいなあ、って。
発見いろいろでした。
夢枕獏さんって、名前からして面白すぎますが
テレビでこの間、お顔を初めて拝見しました。
思っていたイメージと全然違っていました。
ほんわか~っとした雰囲気の方なんですね。
文章からはとってもシャープなイメージが
伝わってくるのですが。意外でした。

今夜は熱帯夜なのだそうですよ。
身体が、リンダ困っちゃうーって
悲鳴をあげそうですよね。
みんな体調コントロールには気をつけましょうね~!

予告編^^

えへへへへへ^^

お腹をこわしました。子供のころから胃腸が弱いので今更驚きませんが、嬉しくはありませんね。(笑)
でも、もう大丈夫です。

予告編見て元気になりました。^^
みなさんも、夏バテに気をつけてください。

腹巻き!

まるこさん

お腹を出して、寝ていたのではないかいな。
復活されて良かったです。
今日はまた暑くなって、
三寒四温ならぬ、三涼四暑ですよね。
気をつけましょうね。

予告編が楽しいです。
見ていると、元気いっぱーっつ。
藤娘の最後の玉さんの表情が大好きです(聞いてない?)
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク