お正月のシネマ歌舞伎

お盆ですが、お正月の話題です。

来年1月3日(土)から、東銀座の東劇で、
シネマ歌舞伎「二人藤娘」と「日本振袖始」が先行公開されます

flier_m.jpg

今年の3月に歌舞伎座で上演されたばかりの二作品が
早くもスクリーンで拝見できるのですね!
開演直前の幕の中や、美しい姫から大蛇への早替わりシーンなど
ドキュメンタリー映像も加えられているそうです。
うわぁ~楽しみですね。早く来い来いお正月。

各地の上映スケジュールはこちらです。
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/sche/index.html#lineup26

下記、シネマ歌舞伎のサイトより抜粋させていただきます。

みどころ

平成二十六年三月に歌舞伎座新開場杮葺落(こけらおとし)公演で上演され、
満員の観客を魅了した二演目がシネマ歌舞伎に登場。

「二人藤娘」は坂東玉三郎と中村七之助が藤の精を艶やかに演じた演目です。
舞踊の人気演目である「藤娘」を二人で演じるという新たな演出により
平成二十六年一月に大阪松竹座で初演。大きな話題となり、
早くも三月歌舞伎座での再演となりました。

舞台上いっぱいの藤の花や二度三度と変わる衣裳の数々、
そして、何よりも華やかで美しい玉三郎と七之助から目が離せません。

「日本振袖始」は、古事記・日本書紀に記された出雲の
八岐大蛇(やまたのおろち)伝説をベースに近松門左衛門が書き上げた演目です。
玉三郎は妖艶な姫の姿から恐ろしい大蛇へと変貌。
生贄(いけにえ)としてささげられた稲田姫(米吉)を救うため、
大蛇退治にやってきた素盞嗚尊(すさのおのみこと)(勘九郎)と
ダイナミックな大立ち廻りを繰り広げます。

歌舞伎ならではの美しさとエンタテイメントを体感できる
豪華二本立てをどうぞお楽しみください。

今回のシネマ歌舞伎では、一筆一筆に集中して化粧をし舞台へと臨む姿、
開演直前の幕の中の緊迫感、美しい姫から大蛇の姿へと変わる早替わりの様子など、
普段はなかなか目にすることのできない貴重な姿を捉えた舞台裏映像も
本編中に盛り込んで上映致します。


[上演月]2014年(平成26年)3月
[上演劇場]歌舞伎座公演
[シネマ歌舞伎公開日]2015年1月17日(土)全国公開/1月3日(土)東劇先行公開
[上映時間]95分(予定)

コメントの投稿

非公開コメント

ふにふに^^

きれい、きれいが、怖~~~~い変身~~!!!
えへっ。^^
こいつぁ春から、ですね。

お盆が終わると

気が付けば、2014年も残すところ四か月。
先日の立秋の日の美しいいわし雲ですら、
なんだか懐かしいというか。
なんでしょう、夏休みノスタルジー…?

この藤娘のお写真躍動感があってすごくいいなぁって
写真見て「うふうふ」しちゃってました。

今回は舞台裏まで見せて下さるんですか。
わお。

お正月まで日にちがあるけど、
早めにチケット買っておかないと~~~

かっけー。

まるこさん

新春のお楽しみv-457
はっぴーニューイヤーv-315

チケット買っちゃおう。

しんみり

くるりんさん

お盆が過ぎると、感傷的に。。。
なんですかねe-15

くるりんさんのおっしゃる通り
前売り情報、出ましたね。
さっそく準備いたしましょう!

今日は、フライヤー裏面ですよ。
鬼さんたちのお顔を虫めがねで見たい!!!
あー、思い出して、テンションアップです。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク