「心が、あぁ~」@明治大学講演会  第一部

27日(金曜日)の18時から開催された
明治大学の坂東玉三郎講演会ー2014に行って参りました。

今年も二部構成で、第一部は玉三郎さんおひとりの講演、第二部は斉藤教授と
玉三郎さんとの対談形式によるお話でした。

講演会の帰り道、忘れないようにと書きなぐったグチャグチャのメモを元に
印象的だったことをこちらに書かせていただきますね。 なもんで、
内容が正確でないところがあるかもしれません。ご容赦くださいませ。(先に謝っちゃおう)

齊藤教授の簡単なごあいさつのあと、玉三郎さんはグレイ系の麻のスーツに、
お洒落なスタンドカラーの白いシャツで、颯爽と登場!
舞台に向かって右側のソファに腰かけられて、マイクを片手に、お話が始まりました。

「台本がないと話すのは苦手で」とおっしゃいましたが、
何をおっしゃるうさぎ玉さんです。
今回、特に唸ってしまったのは、玉三郎さんのお話には、「えー」とか「あのー」とか
無駄な言葉がほとんど途中に入らず、なめらかにスイスイとお話がつながっていくのです。
すんなりと耳に入ってきて、非常に心地よく、お話がわかりやすかったです。
もうひとつ唸ってしまったのは、言葉ありきではなく、思いありきで、どうすれば
ご自分の思いを正確に伝えられるか!という視点で言葉を吟味して選ばれていらっしゃるので
表現がとても柔らかくてデリケートで、既成概念抜きで思いを実感できました。
また、お話の合間、合間に、「昨年も講演会にいらした方はいらっしゃいますか?」とか
「僕、これ去年も話してましたか?」(笑)など、私たちが手をあげて答えるという双方向での
コミュニケーションが楽しかったです。お客さんのことをまず知ってから、話を選んでくださっていて。
というわけで、「話すということ」についても、しょっぱなから、いろんな発見がありました。

第一部は、新しくなった歌舞伎座について解説してくださいました。

☆楽屋がとても快適になったことについて。
 〇廊下がとても広くなったので大きい衣裳をつけても歩きやすくなった。
 〇今までは洗面所やシャワーに行くにも部屋から出なくてはならなくて、
  女形という立場上、変なかっこもして行けないので大変だったが今度は
  水場が部屋の中にできたので、舞台に出る以外は部屋の中で用が済んでしまう。
 〇楽屋の中にあるいくつかの部屋がをグルッと通り抜けできるようになったので
  出入りがとても楽になった。 
 〇後ろにあるビルの間から外気が入るようになった。

☆せり上がりや回り舞台などの舞台機構が良くなって、規格も大きくなった。
 以前はセリ上がりの場合、背が高い役者さんは少し座って待機していないと3階から頭が
 見えてしまっていたが、今は普通にスタンバイして出て行ける。

☆花道のスッポンの下の構造が驚くほど広々として快適になった。
 ここは、立ち上がって、実演で解説してくださいました。
 昔は通路が狭くて窮屈だったが、今は奈落に柱がなくて、スッポンが下がるとフラットな床に
 なっているので、どこからでも乗れるし、降りるときは自由にどっちにも出て行ける。

☆床が柔らかくなったこと。膝や腰に負担がこない、明るい話しです、と。

いつも歌舞伎座に行っても舞台しか見えないので、楽屋や舞台機構のことなど
玉三郎さんの言葉で、裏側のお話を聞けたことがとても興味深くて、いろいろと
初めて知ることばかり、嬉しかったです。舞台を観る上でも勉強になりました。

歌舞伎座のお話のあと、玉三郎さんが、「ちょっと暗い話を、今日はしたい」、と
おっしゃったので、私は、え~~っ、どういう暗い話しなんだろう~暗いのこわいよーと、
心配になってしまったのですが、
歌舞伎座が閉場している間に、舞台で使う小道具や
浴衣、草履などを作る職人さんがいなくなってしまった、というお話でした。

☆お稽古で着る小紋や縞ものの浴衣が専門店にも、なくなってしまった。
 (買うなら、今のうちですよ!と玉三郎さん)
☆「鷺娘」や「雪」で使う傘の骨のたゆみのカーブを出せる職人さんが
 いなくなってしまった。
 玉三郎さんの傘は、20数年使い続けているもの。
☆裏がフエルトの草履をはいているが、その上の畳の部分を編む職人さんが
 いなくなってしまった。
 これから履く分の草履をまとめて注文されたそうです。
☆ハギをしないで着られる尺一寸、尺二寸の反物がなくなっている。

「これが落ち込む話でございました」と締められましたが、
玉三郎さんたち歌舞伎の世界の方々にとって切実なことばかり、
また日本のいいものがどんどん失われてしまうという意味でも、
憂うべき深刻な問題ですね。

「皆さんに日本に目を向けていただきたいけれど、
「日本の心」という言葉は嫌いなんです、これを出すと
水戸黄門の印籠みたいに、みんな「へへーーー」ってなっちゃうから(笑)」
とおっしゃりながら、「皆さんにも歌舞伎に目を向けていただいて、
心があぁ~っと思える日本というものを続けたい」とおっしゃって
この「心が、あぁ~」の「あぁ~」が、本当に気持ちがこもっていて
とても印象的でした。「あぁ~」(溜息のような、感嘆のヴォイス)

「天守物語」は5年ぶりで、前と同じにできるかしら、と思いますが、みなさま、どうぞ
ご来場くださいますようよろしくお願いします、とも。
もちろん、大拍手でした。行くっきゃない!

終始、右を向いたり、左を向いたり、どちらのお客さんからも見えるように
細やかにお心配りをされていらして、そんなところにも、「心があぁ~!」でした。
お話されている時の優しい表情にも「心があぁ~」。

第二部について、あらためて書きますね。

コメントの投稿

非公開コメント

ぱちぱちぱち!

講師の玉三郎さんと、書き手の桔梗さんに拍手~。^^

初めての素玉さま

桔梗さま

私がこちらのお座敷にお邪魔するようになった頃、
「玉さまオンステージのような、舞台を観てみたい」と言う私に、
桔梗さんが勧めて下さったのが、明治大学の講演会でした。

昨日参加してきました。
もう楽しくて、嬉しくて、「玉さま大好き」のレベルが10段階ほどアップ
しました。

私はずっと後ろの端の方にいたのですが、遠目にも玉さまの
背の高いこと、お顔の小さいこと、とってもお若いことにまずびっくり!

素玉さまは、外見も内面もとてもチャーミングで、空を突き抜ける
青空の様な方でした。

玉さまのおっしゃることは、なるべく多く覚えておきたいと、
メモとペンを握りしめて臨んだのですが、
玉さまばかり眺めていて、手はお留守、、、。

桔梗さんのレポートのおかげで、内容を思い出すことができました。
本当にありがとうございます。

また来年も。

定例会になると、いいなあー。

まるこさんも、来年は一緒に、
ぱちぱちぱちぱちぱち。

清々しい玉さん

文月さん

青空のように、突き抜けた素玉さんに会えて
嬉しかったですよね。

暗いお話を、とおっしゃった時は
正直、ドキッとして、なんだろう、
まだまだ落ち込みが続いているのかな、と
いろいろ思ってしまいました。
でも、違う方面での暗いお話でしたから
少しホッといたしました。でも、勘三郎さんのことを
お話された時は、やっぱり、落ち込んでいるということを
おっしゃっていたので、切なくなってしまいました。

いろいろなお話をしてくださって
私も刺激や感動のシャワーをいっぱい浴びて
帰ってきました。貴重な時間でした。

今日は、父の三回忌の法要をしたので
昨日からパタパタして落ち着かなかったのですが
無事に終わってホッとしました。
朝はかなり雨が降っていましたが
お墓でお経をあげる時にはカラッと晴れたので
きっと太陽と言われていた母が、
エイヤッと青空にしたのかな、なんて(笑)

いま、あらためて講演会のことを思って
しみじみとしています。

写真公開

桔梗さん。こん☆☆は。

講演会ではお疲れ様でした。
アフターも含めて盛り上がり楽しかったですね。

渾身のレポ。お疲れ様です。
明治大学さんのサイトに写真が公開されました。
あの「玉三郎さんの情念の手」です(笑)

https://academy.meiji.jp/

思い返してもホレボレする指先ですよねv-10

楽しかった~!

桔梗さん、こんにちわ。

明治大学での講演からあっという間に四日、未だに頭の中で優しく微笑む玉三郎さんのお顔がポワ~ン、ポワ~ンとシャボン玉のように浮かんでは消えて・・・。幸せです。

私、素の玉三郎さんを拝見するのは今回が初めてで。 登場なさるまではドッキドッキだったのですがお顔を見せてくださった途端ホールの中に爽やかな風が吹く抜けるよう。 う~ん、何てかわいらしくてチャーミング!!! 実技で「情念を込めて手元に引き寄せる」なんて言われてもニマニマすぐに玉三郎さんを見ちゃう。 みなさんもそうでしたよね(笑)
あっという間にお時間がきてしまって。でも退場なさる時、何度も何度も立ち止まってお辞儀してくださって。 本当に貴重な楽しい時間でした。

斉藤先生が「皆さん今日中にご家族にお話ししてくださいね、忘れちゃうから」って仰っていましたが、誰かに話す前にもうボーっとして順番には思い出せない。 桔梗さんのおかげでゆっくり思い出すことができます。 お座敷の皆様にも感謝感謝です。

読売新聞の夕刊に玉三郎さんの記事が載っていましたね。
天守物語、5年前ので最後にするつもりだったなんて。 私これから初見なんですよ~。 なかなかチケットが取れなかったのですが戻りで無事ゲッできしました。 ふーっ、安心安心。
同夕刊記事に「今後の歌舞伎座を考えると活動の中心に歌舞伎を捉えていかないといけないでしょうね」とありました。 という事はもっともっと歌舞伎座にご出演下さるという事ですよね。 やった~! 大好きな「歌舞伎の玉三郎」を少しでも長く拝見できますように。


楽しかったです

去年パスしたところ、とても面白かったらしいので、悔しくて、今年こそはと、でかけました。
行ってよかったです。

主催者側も、去年の経験を活かして、ものすごく早くから並ぶのを厭わない玉三郎さんファン対策はばっちり、臨機応変、こまめに情報公開して、ストレスのないように、気を配っておられるようでした。
若いスタッフがたくさんいて、さすがに人材豊富な首都東京の有名私立大学、と思いました。

さて、玉三郎さんの足元ですが、いつものように、ソックスに、今回は衣装にあわせて黒のカウンターサンダルでした。

「時系列」でお話します、とおっしゃったので、○○月になにをして、そのときは、どう思っていて、というお話が細かくあるのかと期待していたところ、桔梗さんのレポートのような概略のお話で、ちょっとあてはずれ。

新しい歌舞伎座が役者さんたちにとって使い勝手がいいと伺うのは、ととてもうれしいことです。こういう話をなさるときは、とても楽しそうな玉三郎さんでした。

去年の暮れに風邪で傷められたという喉の調子が気になっていたのですが、大変よいお声で、「天守物語」の富姫さまにお目にかかるのが楽しみになりました。

なめらかトーク

玉三郎さんにお会いしてきました♪
今年は、ほぼガン見のような鋭角席でお話を拝聴しました!

お話がとてもわかりやすく引き寄せら、私はつい小さく頷いたり手を口に当てたりしちゃってました(笑)

新しくなった歌舞伎座のスッポンの下の構造のお話の際には、席をお立ちになり、ほんと間近での玉三郎さんの実演付きのお話!
役者さんなどの負担が軽くなられなりよりですね。

7月の歌舞伎座では、スッポン近くの席で拝見する日がありより楽しみになりました。

桔梗さん、第二部も楽しみにしてます♪

ありがとうございます!!

リリスさん

おはようございます!

明治大学の際は、いろいろとお世話になりました。
おかげで、お隣のお席で講演会を堪能させていただけました。
リリスさんの睨み!最強でした。
角が、顔に突き刺さるかと思いましたよ。痛ッ!おほほ。

そして、玉三郎さんの写真、ありがとうございます。
情念の手、かっちょいいー。しみじみ眺めました。
麻のスーツで花子さん、というのもオツですなあ。
目のギラギラ、髪の毛ハラり、ドキッとします。

あの指先も、目線も、とてもマネできまへん。
玉さんの前で演じる、なんてことができるなんて
明治大学の講演会は、貴重の場ですね。
冷や汗かきますが。

本当に楽しかったです!

微笑む玉さん

ぴこさん

今もまだ、頭の中でぽわ~ん、ぽわ~ん状態でしょうか。
素の玉三郎さん、爽やかですよね。涼やか!

>退場なさる時、何度も何度も立ち止まってお辞儀してくださって。 

そうそう、去られる時も、心がこもっていて
あれは、嬉しかったですね。
長い手をスッと伸ばして振ってくださいましたよね。
私も思わず手を振りそうになったのですが、
イカンイカン、とまた手をひっこめました。
笑顔が優しくて、ついつい手を振りたくなってしまいました。

>天守物語、5年前ので最後にするつもりだったなんて。 

私も読売の記事を見て、え~~っ、そうだったの!と
驚いておりました。ヤダヤダそんなのヤダー、って
兵庫県の議員みたいに泣きはしませんでしたが(笑)
とにかく、7月に上演してくださることに心から感謝しています。
たっぷりと、見せていただきやしょう。

講演会では、ぴこさんにご挨拶できて嬉しかったです。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

行って良かった!

京にんじんさん

今年は遠征されたかいがありましたね。

>ものすごく早くから並ぶのを厭わない玉三郎さんファン対策はばっちり

早い方は13時過ぎから並んでいらしたそうなので
みなさん気合い!ですね。明治大学も慣れてきましたね(上から目線)

玉さんの靴、なんだったっけ?と後になって思い
写真で確認したら、サンダル黒バージョンでしたね。
サンダル白バージョンの時、白い綿のソックスをはいていらっしゃると
中学生っぽくて可愛いな、なーんて思ってしまいます。
肌ざわりにうるさい玉三郎さんですから、もしかしたら
シルクの靴下かもしれませんがね。絹の靴下!夏木マリ!
話しが脱線しちゃいました。

玉三郎さんから楽屋のことや、舞台機構のことを
話していただけるのは、とても嬉しいですね。
実際に見られない場所なので、興味津々です。
楽屋がドライブスルー(じゃないけど)みたいに
便利になって良かったですね。
きっと訪問客でごった返しているんでしょうね。

さて、次は「天守物語」!
あと2つ寝ると、富姫様にお会いできますわー。
今日もがんばろーっと。

京にんじんさんも、新幹線とばして
歌舞伎座へゴーゴーですねi-32i-32i-32i-32i-32i-32お気をつけていらしてください!

うなずいちゃう、うなずいちゃう

あんずさん

お話がほんとにわかりやすかったですよね。
なめらかなんて段じゃございません。
えー、とか、あの、とか言わないで話すのって
すごくムズカシと思うのですよ。
玉三郎さんの回転の速さも天下一品ですね。

うなずいちゃうんですよね。わかりますよー。
「去年、この話ししましたっけ」と言われた時
してない、してない、と首を振ってしまったり、
思わず、心と身体が反応してました(笑)

昔のすっぽんも想像できました。
もうスペースがなくてキュウキュウな感じで
準備されてせり上がっていらしたんだな、と。
衣裳も大きいですもんね。大変だったんですね。
ガラガラガラーというローラーの音が懐かしいです。
新歌舞伎座で初めてすっぽんを使ったのは、玉さんの
滝夜叉姫だったんですよね。私は、玉さんが
初すっぽんで異常に喜んでました。なんかめでたい!と。

>7月の歌舞伎座では、スッポン近くの席で
 拝見する日がありより楽しみになりました。

あんずさん、くれぐれも、スッポンのぞかないようにね。

第二部も楽しみにしていてくださいね~(いつになるんだー)



プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク