初日おめでとうございます。

玉三郎さんの特別舞踊公演 後半戦
「地唄三題」が、今日から南座で幕を開けます。
(わー、あと7分で始まりますね)

今回は、「黒髪」を、1995年に日生劇場で踊られて以来
19年ぶりに踊られるのですよね。ヤッタぁ!

私は、「黒髪」を、玉三郎さんの舞踊集DVDで拝見して、
とても好きになり、ことあるごとに見ていました。
黒髪で始まり、白雪で終わる歌詞が切なくて
遊女の淋しさが静かに伝わってくるのですが、
恋人への思いが濃密に感じられて身震いします。

2年前に行われた「萩岡松韻りさいたる」の際、
玉三郎さんが踊られた「夜半の鐘」に、思いがけず
「黒髪」が折り込まれていて、とても感動したのを覚えています。

1984年には、ニューヨークで
『黒髪』と『ゆく春』、『鐘ヶ岬』を踊っていらっしゃるのですね。

『鐘ヶ岬』は14歳の時から、もう50年踊り続けていらっしゃるそうです。
金丸座で拝見した『鉤簾の戸(こすのと)』も、素晴らしくて
こんなにすぐにまた拝見できるなんて大いなる喜びです。

地唄を拝見する時、その凝縮された時間の中に
玉三郎さんが歩んでこられた歴史や、時間の深さを感じます。

地元クィーンの京にんじん様におかれましては
引き続き、南座レポートのほどを、すみから、すみまで、ズズズイットぉー
オン願い申し上げ奉りまする~

「黒髪」の歌詞です。

黒髪の 結ぼおれたる 思いをば
解けて寝た夜の 枕こそ
独り寝(ぬ)る夜の仇枕(あだまくら)
袖は片敷く夫(つま)じゃというて
愚痴な女子(おなご)の心を知らで 
しんと更けたる鐘の声
昨夜(ゆうべ)の夢の今朝覚めて 
ゆかし懐かし遣瀬(やるせ)なや
積もると知らで 積もる白雪

上演時間などの公演情報はこちらに。
http://www.kabuki-bito.jp/news/2014/03/post_1055.html

コメントの投稿

非公開コメント

黒髪

得も言われぬ風情。
玉三郎さんにぴったりです。^^

お江戸で舞って~~~。

南座初日

行ってきました、南座初日。
幕があいてもあいても、そこにいるのは、玉三郎さん、なんとぜいたくな、とつくづく思いました。
ちがう装置、照明の中に、ちがう衣装の玉三郎さんが静止していて、音楽とともにゆっくり動き始めて、頭の先から着物のすそまで、いつものようにコントロールされた美しい形が続いて、動きが小さくなって、そろそろ終わり? というところで、緞帳がすーっと降りてきて、一斉に拍手が起こります。しばらく客席がざわめいているのはいつものとおり。

「鉤簾の戸」は「ひとり」ではない艶っぽいシチュエーションとうらはらに、装置、照明、衣装はシンプルで、屏風は鳥の子。室内のあかりは黒塗りの丸型行灯。

「ひとり寝の切なさを描く」「黒髪」は、張り巡らした金屏風の前に立つのは、豪奢な打掛の傾城姿。照明は明るめで暖かみのある色、本物のロウソクが燭台の上でちらちらゆらめいて、寂しい不安な気持ちをかきたてるようです。「黒髪」の衣装は、パンフレットの梅とは違って、舞踊集のDVDと同じ紅葉模様でした。

手に持つ小道具の扱いもあいかわらずすてきでした。
「鉤簾の戸」はうちわでパンフレットと同じ、「黒髪」は分厚い懐紙、「鐘ヶ岬」は扇。
「鐘ヶ岬」の扇ですが、三原での舞踊公演のときに気になっていて、今回しっかり確かめるつもりだったのを忘れていて、いまぼんやり思い出すに、どうも赤地に牡丹だったような気がします。

カーテンコールは一回ありました。緞帳が降りてきて、拍手が続いているのに客席が少し明るくなったので、カーテンコールはなし? と思いつつ、拍手していると、まもなく緞帳が上がって、そこに正座しておられたのは、玉三郎さん。上手、下手、正面の順に見渡して、ゆっくりと頭を下げておられました。お辞儀したいのはこちらです、と心の中でつぶやきました。

ため息&涙

ご無沙汰をしております。
京にんじんさんの記憶通り、
扇は両面、赤地に牡丹でしたよ- ^0^

ちょっと恥ずかしいですが、
黒髪は途中から泣きそ-になり、
我慢するのが大変でした。
家で一人だったら、100%泣いてます。

それくらい素晴らしかったんですよ!!!

15日にもう一度行きます。

外で開場待ちされる方は、本当に暑いので
気をつけて下さいね。

嬉しいです。

京にんじんさん、アユムさん、素敵なレポート、ありがとうございました。とても嬉しいです。
金丸座での舞台を思い出し、今から南座が楽しみでなりません。
まるこさんの仰る通り、お江戸でも舞っていただきたい!
今回は21日、一度だけ。
まばたきこらえて、アジの干物のような目になろうとも、
じ〜っと、目に焼き付けてきたいと思っております。

桔梗さん、あの晩の月は本当に美しかったですね。
青い月明かりが窓から差し込んで、あ〜、いい晩だな〜と
しみじみとしておりました。
土曜日、楽しみですね。
バカボンパパの面構えに仲間由紀恵の髪型の人を見かけたら、
お声掛け下さいまし。




17日の南座

行ってきました、17日の南座。
初日よりも、しっとりと風情あふれる舞台だったように思いましたが、こちらの気分が落ち着いていたせいかもしれません。
初日は、なにやら、興奮していました。

きれいやったねー、よかったねー、と口々に言い交わす声を聞きながら、幸せな気分で、帰途につきました。

初日の感想で、「黒髪」の照明を「明るめ」と書きましたが、明るいというよりは、赤みが強い感じでした。「鉤簾の戸」は白っぽいのと対照的に、「黒髪」は夜の紅閨の感じにしていました。

今日もほぼ満席のようでした。カーテンコールはしっかりと一回。

今日は入口で「坂東玉三郎 特別舞踊公演」アンケートを渡されました。
抽選で「南座の今後の公演のペアご観劇券をプレゼント!!」だそうです。
次回行った時に投函しておこうと思います。

やっぱり

南座東銀座支店が、必要ですね。まるこはん。

黒髪。。。超楽しみです。

そういえば、玉さん、イケイケの茶髪だった頃が
ありましたね。思い出しちゃいました(笑)

贅沢ぜいたくゼイタクー

京にんじんさん

初日のレポート、ありがとうございます。
拝見していたのですが、遅くなりすみませんです。

>幕があいてもあいても、そこにいるのは、玉三郎さん

至福のときですね。あいてもあいても、玉さん。
永遠に続いていて欲しい~ぎゃ~~(早くも発狂)

>ちがう装置、照明の中に、ちがう衣装の玉三郎さんが静止していて

それぞれのお姿が、浮かんできました。
照明も、微妙に変化があるのですね。
細やかな描写をば、ありがとうごぜーます。

この手にもつ、懐紙や団扇や扇と、
そのしぐさ、に、いつも風情を感じます。
携帯持ってたんじゃ、色気は出ないやねえ、と
すっかり失われてしまった日本の昔の風流を
感じさせていただける、至福のとき。

あんなに味わい深い10分は、ありませんね。


わかりまする。

アユムさん

さっそく、いらっしゃいましたか。

>黒髪は途中から泣きそ-になり、
 我慢するのが大変でした。

この文章を読んだだけで、涙が出かかりました。
泣けますよ、ねーー。うー、切ない。

家で一人で100%泣いてるアユムさんを
想像してしまいました(笑)←なぜ笑う!

二回も行っちゃうなんて、いいなあ。
今度は、120%劇場で泣いていそうな予感。

私も千穐楽に、泣いてきます。

同じ日

フクギさん

思わず、アジの干物の目を
思い浮かべちゃいました。開きっぱなし?
魚って、まぶた閉じましたっけ。
私も、イカの目になって(ちょっと怖い)
舞台をがんみいたします。

あの晩のお月様の輝きは、ハンパなかったです。
八方に光がランランとあふれ出していて
思わず、お~~~っ、と声をあげ、
カメラで激写しちゃいました。
お月様になにがあったのでしょうか。

>バカボンパパの面構えに仲間由紀恵の髪型の人を見かけたら、

てことは、金八先生がタオル巻いてて、顔はバカボン?
どうしよう~そんな人を見かけたら~
迷わず、逃げ出しますー。

マリーアントワネット状の縦ロールのバカボンのママを見かけたら
それは私です(大嘘)

ありがとうございます!

京にんじんさん

地元クィーン魂、炸裂ですね。
今日も、南座に突撃~!いいなあ。

照明を見るのも楽しみです。
蝋燭の灯りで踊る地唄舞、
一度、挑戦してみたいです(できないけど)

アンケートが当りますように!
お祈りしております。

No title

またやってしまいました…。
“15日にもう一度”でなく、21日です。

ハンカチ噛んでヒックヒックしてるのがいたら
きっと私です…。

100%泣いてる私を想像して笑って頂き、イェ~イ!
うれしいO(≧∇≦)oです!

同じ日じゃん(笑)

アユムさん

そうとう、とっちらかっていたのですね。
もう、落ち着かれましたでしょうか。

21日は私も、バスタオルを噛んで
ウぉ~~~~ン、ひっくひっく、と雄叫びを
上げたいと思います。

アユムさん、たぶんハンカチじゃ足りないと思われます。
大き目のバスタオルかタオルケットをご持参ください。

泣いてるアユムさんを想像して笑うってのも
相当、失礼な話しですけど(笑)
やっぱり、笑っちゃいました。

千穐楽は、南座は泣き笑い劇場になるかな?

ならないよ!

楽しみです♫

京にんじんさんとアユムさんのレポートを拝見して、風情溢れる玉三郎さんの舞台が観られる日を指折り数えています。(ボキっ)

はやく観たくて追加で観劇することにしました。20日に。
レジェンド風にいうと、ジャンプ台スタート地点の辺りで観劇するので、玉三郎さんのお姿だけでなく、照明の微妙な色にも感動していきたいです。
元々の観劇予定の21日は、レジェンドのジャンプ着地点辺りでガン見してきます。
あ、顔からの洪水対策もせねば!

桔梗さんをはじめ、同日ご観劇のお座敷の皆様、にたにた顔の怪しい電柱がよたついていたら、危ないのでよけて下さいませ。

桔梗さん。
お月様の写真、本当に綺麗ですね。
アップされたお写真の美しさに感動して、即ワタシもお月見をしたい、と窓を開けたら…
お月様どころか10メートル先も見えない💧 サウナルームも真っ青の濃霧でした💧💧

ボキボキッ

はむぴょんさん

あっしも指折り数え過ぎて、
バキバキボキボキ、指がうるさいうるさい。

20日にいらっしゃれるんですね。いいないいなー。
私は、20日は15時まではどうしても仕事があって無理なのに
松竹のチケットサイトをじーーーーーって見ては、
うううーーー18時開演じゃ、無理だーーー、でも、うーーー
行きてーなーーーでも無理ーうううーーー
って、なってます。やっぱり二回観たいですよね。
上からも、観たい!玉さんの足の動かし方とか
上からの方が見える部分がありますもんね。

>レジェンドのジャンプ着地点辺りでガン見してきます。

くれぐれもジャンプしないようにね。
でも、ジャンプしたくなったらやっちゃえー。
ちゃんと着地はするようにね。玉さんの眼の前に(大迷惑)

お月様、そうだったのですね、
はむぴょんさんの地元では紗がかかってましたか。
がっかりさせちゃってすみません。
でも、濃霧も風情がありますよね(プラス志向)
でも車の運転は気をつけないとですけどね。

今夜は、まだお月様を見上げていません。
どんな顔して、こっちを見ているんでしょうね。
お月様も、南座行きてー、って
指をボキボキならしてるかもー(思いこみ激しい志向)

あと2つ寝たらですねー
あっちで待っていてくだせい。
すっ飛んでって追いかけます。ジャンプしちゃうかも。

19日の南座

行ってきました、19日の南座。
入口がいままでで一番混んでいました。
どんどん熱気を増してきている南座特別舞踊公演です。
最初の演目「鉤簾の戸」が終わったあと、パンフレットのお買い上げが多いように思いました。

舞踊も地唄もますます快調。
舞はなめらか、唄と演奏もぴったり調和していて、快感でした。

毎度の三階からですが、手がだるくなるのを我慢して、今日はほとんどを双眼鏡で見続けました。
舞手は約一名なので、舞姿はしっかり双眼鏡の視野に入ります。
「黒髪」の鏡台のそばに置かれた引き出しの中に、ちゃんと櫛が二つならべてあるのも見えました。

ふっと何かの音に聞き耳を立てる風情、何かを思い出しているような遠い目の瞬間、ひとつひとつ、一瞬一瞬が過ぎていくのが名残惜しかったです。あと一回になってしまいました。

今日もカーテンコールは一回。
清琴さん、清仁さんに手を差し伸べて紹介されたとき、ひときわ拍手が大きくなりました。玉三郎さん、演奏を讃える大きな拍手を喜ばれたのではないかと想像します。

ありがとうございます!

京にんじんさん

19日の南座の盛況ぶりが
目に浮かびました。
パンフレットの売れ行きまでチェックされていて
さすがでございます!!!

>舞はなめらか、唄と演奏もぴったり調和していて、快感でした。

あ~早く、拝見したいです。なめらか!快感!身震いします。

引出しに櫛がちゃんと二つ入っているなんて感動!
細やかな演出ですね。そういうところにも気持ちが込められていて
あの遊女の風情が醸し出されるのですね。

あと、ひとつ寝ると!です。
でもハイテンションで寝れないかもー。
寝ないで、新幹線飛ばして参ります!

一人で涙しています

京にんじんさんとアユムさん、レポートありがとうございます。
レポートを拝見しながら、舞踏集のDVDを見ているだけで、玉さまの美しさに感極まって涙がポロポロ出てきます。

明日、地唄舞を初めて観に行きますが、眼を精一杯見開いて、瞬きも極力減らすつもりですが、生の玉さまを観たとたん、号泣するのではないかと心配です。涙を止める方法ってあるのかしら?

たった一度しか観ることができない公演なので、記憶にしっかり刻みたいです。

すでに

文月さん

もう泣いちゃってるんですか(泣)
今のうちに涙を出しておいて
明日は、ばっちり、目に焼き付けないとですね。

涙を止める方法は。。。
泣きやむしかないかもしれないですね。
止める方法になってないですね。

私も、自信がないです。
あとひとつ寝れば、ですが
やっぱり眠れないかな~
すでに、心は南座へ。

文月さん、いい夢を見て
ぐっすり眠れますように。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク