「玉三郎発 創作舞踊「蓬莱島」練る実演家 」@沖縄タイムス

いよいよ明後日から、沖縄国立劇場において
玉三郎さんが主演される組踊りの公演がスタートしますね!

沖縄の気候は、すでに梅雨入りなんでしょうか。
暑いのかな。カラッとしてるのかな。どんなんかんなー。
今頃は、玉三郎さんと皆さんで、お稽古をされているのでしょうね。
沖縄に飛びたいなー行きたいなー。でも仕事があって行けないのです。
くーっ、泣けるなー。現地で見ると、また違いそうですよね。
お友達のY子さんとKさんはいらっしゃるのだそうです。いいなぁ。
ぜひとも、熱烈レポをお寄せくださいませ!

「沖縄タイムス」の記事をめっけました!
下記、抜粋いたします。

昨年の「聞得大君誕生」(大城立裕作)公演の際、楽屋話がきっかけで誕生したという。
玉三郎の発想に、振り付けの阿嘉と新垣悟、音楽の花城、国立劇場おきなわの
嘉数道彦芸術監督が構想を膨らませていった。

 自然豊かで平和な蓬莱島を大蛇が襲い、島の生き物は息絶えてしまう。
蜂の精から話を聞いたニライカナイの神が島を救うというストーリー。

 阿嘉は「玉三郎さんが琉舞の持っている材料を、いろいろ調理して
盛り合わせるのが楽しみ。自分たちの固定観念にない発想があるので本当に勉強になる」。
花城も「音楽面でも発した音が、どういう効果をあげるのかなど大きな話をする」と話す。

 2人が驚くのは、作品の後半で演奏される「柳節」の上句と下句の間に「揚作田節」と
「伊集早作田節」を挟み込む構成だ。

沖縄タイムスのサイトです。
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=70049

玉三郎さんの発想は、垣根がないから
あっちゃこっちゃはばたいていて、おおらかですね。
沖縄の方が気がついていなかったこといろいろ
どんな風に展開するのでしょうかね、楽しみです。
南座まで、待っています。

コメントの投稿

非公開コメント

いよいよですね!

沖縄で拝見したかったです~
梅雨入りしてもいいんです~
でも、諸事情で飛んで行けなかったので、南座まで待ちます!

桔梗さんがめっけてくださった記事を読んで、ニライカナイ神の玉三郎さんの舞踊とても楽しみになりました♡♡


なぜ?

沖縄タイムスに玉三郎さんの写真が・・・・ない!!!
期待して読んだのに・・・・^^

行きたかったね~(泣)

アンズさん

ほんに飛んでいきたや、沖縄へ~
ハレヒレホレ~。

でも遠征決行したKちゃんが
さっそく写真を送ってくださって
いきなりテンションアーップしちゃいました。
沖縄行った気分!

南座を心待ちにしましょう。
あといくつ寝ればいいかな。

そうなの。

まるこさん

やっぱり写真が欲しかった?
そうですよね~。なんでかなー。
でも、きっと、明日の朝刊には出るかな?
期待しちゃいましょう。

写真アリ

たぶん、もう皆さんチェック済みかと思いますが、本日の沖縄タイムスは写真が入っていました。

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=70422

ありがとうございます!

おとらさん

毎度どうもです!
今日は、お写真入りですね。やった。
うれしくて、何回も拝見しました。

ありがとうございます!
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク