ポポロ突撃レポ by 京にんじんさん

我れが遠征クィーン京にんじんさんが、
広島県三原市で行われた玉三郎さん地唄舞公演の
突撃レポートを送ってくださいました。

こちらでご紹介させていただきます!
京にんじんさん、いつもありがとうございます



タイトル「行きはよいよい帰りは・・・」


お祝いに玉三郎さんが「雪」? びっくりして、うれしくなりました。
「雪」を一般人として最も最近見ることができていた! ということで。

5月10日(土)、広島県は三原市の坂東玉三郎特別舞踊公演に出かけてきたのです。
演目は、「雪」「葵の上」「鐘ヶ岬」。地唄はおなじみ富山清琴、清仁の父子コンビ。

今回の舞踊公演はセンター開館七周年記念の催しだそうで、ホールはまだ新しい建物でした。
ガラス張りのロビーが広々、内部は明るい白木の床で、豪華なホールでした。

「雪」も「葵の上」も「鐘ヶ岬」も、あいかわらず優雅で、微妙な動きとともに
刻々と過ぎていく一瞬を見守りました。

「雪」は、ゆっくりとした動きが連綿と続き、静寂を味わう中で、唯一の音は、
開いた傘を指先でまわす時の、ゴロンという音。悲しいとか寂しいとかの表情を
ことさらに強調しない無表情が美しかったです。「日本橋」のおあねえさまの
お人形さんを思い出しました。

「葵の上」は、照明が今回は割と明るめで、メークも控えめで、
あまりおどろおどろしくなかったですが、開いた扇を3メートルくらい先に飛ばす時の、
バシっという音が怖かったです。

「鐘ヶ岬」は、相変わらず色っぽくて、華やか。後見は功一さんお一人。
扇がはじめてみるもののようでした。金色の地に表(かどうかはわかりませんが)は桜、
裏の端3分の1くらいのところに、ウロコ模様が! あ、清姫風味、と思いました。
帰宅して、金丸座の「鐘ヶ岬」を確かめたら、赤地に牡丹の扇だったので、
新調されたのかもしれません。

カーテンコールが2回。1回目はその場で座ってお辞儀、2回目は立ち上がって
前に進んでご挨拶、それからあとずさりして座って、清琴さん、清仁さんのほうに
手を伸ばして、ご紹介と感謝を表されました。
清琴さんは、ほほえんで、玉三郎さんと目をあわせておられましたが、清仁さんは、
表情を変えず、前方を見据えたまま、玉三郎さん、伸ばした手をおろすきっかけが
つかみかねておられたような。清仁さんの琴、やわらかくてよかったです。

地方公演の場合は、地元の物販も楽しみのひとつ。今回は、お酒のテーブルがあり、
三原市ゆかりの画家、横山大観の愛した酒ということで、「酔心」がたくさん。
いちばん小さいのを選んで購入。桐箱に「祝 坂東玉三郎特別舞踊公演」のラベルつき。
半分は箱代でしょう。甘くもなく、辛くもなく、ちょうどよい加減でおいしかったです。
タコのおつまみでもないかと期待しましたが、タコせんべいとかお菓子ばかりだったのは残念。

でも、タコについては、遠征組のSさんのリサーチのおかげで、帰りに駅前でタコづくしの
お料理をいただくことができて、思い残すことはありません。

一週間前は、曇りとか雨とかだった天気予報でしたが、近づくに従って良くなって、
当日は朝からピーカン。明るい山陽路での舞踊公演を楽しむことができました。

タイトルの「行きはよいよい帰りは・・・」の意味は、京都から三原の行きは、
一回の乗り換えですんなりと行けたのですが、帰りは三原から福山まで山陽本線、
福山から新幹線、新大阪から在来線の新快速と乗り換える度に一本づつ乗り遅れて、
ようやくその日のうちに帰れました、ということで、くたびれました。

コメントの投稿

非公開コメント

帰りが^^

京にんじんさん、お帰りお疲れ様でした。
でも、玉三郎さんのフルコースにタコづくし。
羨ましい限りでございます。

観てみたいです。^^

ありがとうございます。

京にんじんさん、ありがとうございました。
私、とっても行きたかったんです。
日帰りは無理とみて断念。レポートを読ませて頂きながら、
やっぱり行っときゃよかったと手拭い噛んで悔やんでいます。
演目は違いますが、ますます南座が楽しみになりました。

文月さん、先日は嬉しいお言葉、ありがとうございました。
感覚を言葉にするのは難しいですよね、桔梗さんや、お座敷の
みなさんの言葉に、共感したり励まされたり。
こちらにおじゃまするようになって、言葉に少しだけ敏感に
なれたような気がしています。

桔梗さん、明日はけっこう降りそうですよ。
すってんころりんに気をつけて下さいね。
ごきげんよう。




修正

桔梗さん、コメントアップ恐縮です。

まるこさん、ご無沙汰です。いつもこまめなコメント楽しませていただいています。

ムジコさん、日帰りは無理と諦められたとのこと、確かに、鉄道の上りは新大阪からはなかなか厳しいですね。京都でさえ、新幹線ははやばやとなくなり、在来線の新快速が結構混んでいました。

さて、訂正がひとつ。
「鐘ヶ岬」の扇ですが、DVDの舞踊集で復習していたところ、このときの扇の絵柄は、金丸座の牡丹とは違って、今回のと同じようでした。ただ、桜の面は朱色の地で、三原のときは金地だったような・・・ そして、舞踊集ではウロコ模様かどうかはよくわからず、模様の配置も違っていたような・・・
南座で確認したいと思います。

好かんタコ

まるこさん

好かんタコ、って大阪弁でしたかね。
好きだから、言う言葉のような。
でも本気で嫌いな時にも使うのでしょうか。
なんか可愛い言葉ですよね。

玉三郎さんのフルコースは
大好きなタコ。意味がわかんない?

行っときゃよかった

フクギさん

やるっきゃない、の反対語は、
やっときゃよかった、ですかね(笑)
そういう時も、いーっぱいありますよね。
食べときゃよかった、飲んどきゃよかった。
手ぬぐい噛んで、引きちぎれてはいないかと。

>こちらにおじゃまするようになって、言葉に少しだけ敏感に
 なれたような気がしています。

この言葉、すごーく嬉しいです。
言葉と言葉のやりとりが、楽しいですよね。
こちらに来てくださる皆さんの愛あふれる言葉や
ギャグいっぱいの言葉や、魂メラメラの言葉など
私も、とても敏感に反応させていただいております。

ふと、腹巻と春巻って、一字違いなんだな、って
フクギさんを思い出しながら、気がついて嬉しくなりました。

そういうことじゃない?

在来線飛ばして

京にんじんさん

京都からとはいえ、やはり広島となると
ご苦労がおありだったんですね。
新幹線がはやくなくなるというのも、なるほど~。
在来線飛ばして、よくぞいらっしゃいました!
玉さんのためならエンヤコラ―。
たとえ、火の中、水の中、在来線の中~ですね。えらいっ!

扇の模様などについて、ありがとうございます。
扇も動いていますから、動体視力じゃないと
なかなかハッキリと確認できないですよね。
クルリっと、玉さん、翻しちゃいますしねえ。
私も、目を凝らして、南座でガンミしたいと思います。

フルコース

桔梗さん、玉三郎さんのフルコースって、なにも玉三郎さんに噛り付くわけじゃないのよ。タコでもないの。
踊りのフルコースですわよん。(笑)

まぁ、でも、ガブガブもありか。^^

がぶり

まるこさん

踊りのね、フルコースですね。
承知いたしました!

すっかり、タコかなと。

でも、がぶりもアリ。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク