「進藤晶子のBelieve in」 その1

玉三郎さんが2月にご出演になられたラジオ番組
「進藤晶子のBelieve in」は一部地域の放送でしたので
こちらで、一部を抜粋して紹介させていただきますね。
TBSラジオさん、いいですかね(事後承諾申請)

以下、進藤さん 玉さん 

ラジオにご出演になることは?
ラジオは好きで、けっこう出させていただいているんですよ。
お好きですか?
好きですね、僕たちの頃はラジオですからね、ほとんど。
  5,6歳になってからテレビが出てくるわけですから。
いろいろ聞かれた思い出も?
ありますね~。
玉三郎さんがおっしゃった言葉で、「褒められたら耳をふさいで、その場から逃げます」
  というような言葉をおっしゃった記憶があって。覚えていらっしゃいますか?
覚えはありますけど、ま、逃げはしませんけどね。
  あの~父が、とにかく褒められてその気になったらダメだ、ということを
  ずっと言ってましたから。
じゃあ、ずっとそのようになさっていらしたんですね。
そうですね、やっぱり、慢心は敵だって言ってましたから。
私なんか褒められちゃったら、しばらくその言葉にすがって
  生きて行けるっていうタイプなんですが。
でも基本的に人間ってそうだと思います。ですからもちろんその
  慢心は敵だっていうことで生きてますけどー、あのーほんとに落ち込んだ時は
  そばの人にどんなに良かったか褒めてって言って、今日それだけ聞いて
  ホッとして寝るっていう時はあります。
え~~~っ、玉三郎さんでもそういうことはおありになるんですか?
やっぱりお客さまがね、褒めてくださるってのは、普通さあ、どんなに
 良くないと思っても「けっこうでした」って言うのが、普通あいさつでしょう。
 だったら、あの、身近な人が、ほんとに自分の欠点をよく知ってる人が
 どんなに良かったって、悪くても褒めてくれる…あははは。

ご自身のすべてをかけて究めてこられたお仕事を、
 人間国宝として評価されるということはどういう気持ちでいらっしゃいますか?
人間国宝ってのは通称なんですね。国宝っていうと、大げさですけども
 重要無形文化財の役目というのは今まで自分が会得してきたものを
 後世に伝えるってのが第一の役割なんです。ですから、そのまま国宝としていろ、
 ということではなくて、伝えなさいという責任ある仕事を命じられるという風に
 受け取っていますけど。
現役の女形さんでは唯一でいらして、ほかに藤十郎さん田之助さん菊五郎さん吉右衛門さん
 そして玉三郎さんの5人ということで、人間国宝同志の5人の集まりとか?
いや、ないです。うっはは。ないですね。
後進を育てるという大きなお仕事も担っていらっしゃいますけども
 芸も育てなければならないし、人間の厚みもやっぱりこう深めていかなければ、
 それはついてこないものですか?
でも人間の厚みってね、僕、一緒に暮らしていませんから
 それはできませんのでね。そのやっぱり厚みと言うか、持って生まれた心持ちというものも
 左右しますから、その人の資質によるでしょうね。
はぁ~資質ねえ、厳しいですね。
はい、しょうがないです。その人の資質と、努力する分量というものは
 こちらが植えつけるわけにはいきませんね。
自分を高めていくこと。あきらめないことが大事なんでしょうか。
そうですね、それしかないんじゃないでしょうか。
それが形となって人間となっているのが玉三郎さんのような気がいたしますが。

年間のお仕事のスケジュールは決まっているものなんですか?
そうですね、一年はほぼ決まっていますね。
 それで一年半先をどうするかっていう話し合いになりますね。
この2月はちょっとリラックスされている時期ですか?
はい、そうです。
でもやっぱり、舞踊のお稽古をなさったりするんですか?
でもちょっと去年から忙しかったですので2月は休んでいます。
でも、だらーんとソファにごろんとして、テレビ見たりということでもないですものね。
それも大事ですね。あのやっぱりずっと筋肉を動かしていた後は
 ちょっとゆっくり使わずに休まれることが大事です。はい。
最近、楽しかったことはなんですか?
あの、フランスのフィリッ・プジャンティっていう人がいるんですけども
 その人が「動かぬ旅人」っていうパフォーマンスを持ってきたんですね。
 パルコでやったんですけども、素晴らしかったです。それは楽しかった。
やっぱりそういう観ることで、刺激を受けたり何かご自身のお仕事に
 つながるものですか。
僕、昔から観ることが好きでしたので、観るものが素晴らしいと幸せ感があります。

というわけで、まだ途中なのですが、
時間にするとそんなに長くないのですが、
文字にするとこんなに長くなっちゃいました。

(わたし)
褒められて、耳をふさいで逃げている玉三郎さんを想像してしまいました(笑)
お客たちはお世辞じゃなくって、本気の本気の本気の本気で
褒めているんですがねえ。もちろん、それも伝わっていますよね。
でも、落ち込んだ時に身近な人に褒めてもらいたい、っていう玉三郎さんの
謙虚さと可愛らしさあっての、あの素敵な舞台なのですよね。

人間国宝5人が喫茶店でお茶してる図も想像して(笑)
後進の育成については、声や口調からも厳しさが伝わってきました。
玉三郎さんがラジオにご出演の時は、相手のパーソナリティの方によって
お茶目系になったり、突っ込み系になったり、変化するのが楽しいですが
今回は、あまりふざけないで(当たり前か)真面目系でしたね。

このあと、いつも大切にされている言葉についてお答えになっているので
次は、そちらをご紹介しますね。

収録現場での写真がこちらに。
http://www.tbs.co.jp/radio/believe/ps/20140216.html

いま、発見したのですが
玉三郎さんのホームページの写真が
ニュー桜の木になっていますね!
背景から察しますに、佐渡の桜かな。
淡い色合いに春のそよ風が感じられて、ふわふわ気分に。
玉三郎さんは今、佐渡なのでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

人間国宝

桔梗さん
お忙しいところ、文字に起こしてくださって有難うございました。

玉さまはいつものことながら、非常にストイック、真面目に人生を過ごしていらっしゃいます。テキトーに生きている私、恥ずかしくなります。

と言いながら、「人間国宝5人が喫茶店でお茶している図」というのに反応してしまって、ちょっと想像してみました。

一番年長の藤十郎さんがべちゃっとした関西弁で仕切り、菊五郎さんがおやじギャグを言ったら、吉右衛門さんがそれを嗜め、田之助さんはニコニコとして、玉さまはそっと控えめにお紅茶なんぞすすっていらっしゃる、って感じ?




ニュー桜

そうそう、ね、変わってましたよね。
一枚の絵を見ているかのごとく、優しい気持ちになれる素敵ショット。
ほわん♪♪♪

あははは!

おとらさんの想像の図、たのしい~。

べちゃっとした関西弁ってのが
具体的にはわからないのに、
笑えてしまいます。べちゃっと、ですね。

私も、おとらさんに反応しちゃいました。

菊五郎さんはあの笑顔で、喫茶店なのに
ウィスキーをロックで飲んでるわけですよね。
で、おやじギャグ。

玉さんは紅茶をすすりながら
鼓童の演出のことを考えています(笑)
あそこ、もっとあーしてみようかな、って思ってるところに
田之助さんが「ここのシュークリーム美味しいんだよ」と
ニコニコ薦められて。
玉さんは、「そうなんですね」とニコニコ。

菊五郎さんが、「シュークリームじゃ、つまみにもなりゃしない」っと。
藤十郎さんが、べチャッとした関西弁で
「ほな、お好み焼きでも食べにいきまひょか」
玉さんが、「僕、ねぎ焼きが好きなんです」
吉右衛門さんは、コースターの裏に、
もくもくと絵を描いて。

なーんてね。


おとらさん

ほんわり

くるりんさん

荒立て神社のコメントを見てみよう、って
ホームページを見て、おーーーーっ!って
ニュー桜に見入ってしまいました。

佐渡なのでしょうかね。
やさしい桜ですね。
撮っている玉さんの眼が、やさしいのかな。
うほほほ。

ほっとするとき

私の住んでいる地方では、いろいろ奮闘しましたが、この番組を聴くことが出なかったので、とても嬉しかったです。
ありがとうございます。

 ですからもちろんその慢心は敵だっていうことで生きてますけどー、
 あのーほんとに落ち込んだ時はそばの人にどんなに良かったか褒めてって
 言って、今日それだけ聞いてホッとして寝るっていう時はあります。

私はこの言葉に反応してしまいました。とても嬉しかったです。
玉様のそばに、玉様をホッとさせて下さる人がいらっしゃるのですね。
玉様の身の回りのお世話や食事の支度をどなたがなさっているのか、いつも気になってました。
歌舞伎のことは何も知らないので、お弟子さんたちが一緒に暮らしていらっしゃるのかとも思っていましたが、そうではなさそうですね。
玉様の身近に、玉様のことをなんでも知っている方がいらっしゃること、とても安心しました。

1月に喉を痛められた時、「生姜大根はちみつを温かくして飲ませてあげて、首にタオルを巻いて、濡れマスクをさせてあげて、やすませてあげたいなあ・・・」と妄想しながら心配していました。
心配は無用だったようで、ホッとしました。

あと、今まで慢心のかたまりの様に生きてきた私は、玉様の生き方考え方を知ってから、ちょっぴり軌道修正され始めた気がします。

 その人の資質と、努力する分量というものはこちらが植えつけるわけには
 いきませんね。

資質はなくてもせめて努力しようと思っています。
なんて意気込みだけは人一倍あるのですが。

喫茶店^^

べちゃっとした関西弁。
分かります、分かります。(笑)
そして、その喫茶店の名はアラビヤコーヒーですね。

慢心が敵。そうですね。
肝に銘じます。

よかったです。

文月さん

喜んでいただけて、書いたかいがありました。
文字にすると、またニュアンスが違って伝わることもありますが、
玉三郎さんは、一言、一言を真摯に語っていらっしゃいました。

やっぱり、自分の長所も短所もわかってくれている
信頼できる人に褒めてもらえたら、安心しますよね。
ホッとして寝られるっていうところが、可愛いな、なんて
思ってしまいました。誰でも褒められたいですよね。
あの玉さんでさえ、そうなんだって
何だか、そのことでもホッとしちゃったりしてね。

資質と努力のお話の時は、キッパリと、
断言されていました。真実ですよね。
厳しさを感じながら、優しさも感じられて
後進の方々は、そんな玉さんの背中を見て
あとを追っていけることが幸せなんじゃないかな、って
思います。ガンガンあとを追って追って追いかけていって
いただきたいですねー。
私も、追って追って追いかけてー遠征しよーっと(努力しろよ)

さらに妄想が。

まるこさん

アラビヤコーヒーのママさんも、となりの人間国宝なんですよね!
http://banbanzai777.blog76.fc2.com/blog-entry-593.html

ママさんが5人の人間国宝のお客さんと
どんな会話をされるのでしょう。
菊五郎さんのおやじギャグに突っ込み入れるかな。

慢心が敵!
玉三郎さんは凄い方です。

間違えちゃいました

今朝、玉様のラジオ番組を文章におこしていただけたことが嬉しくて、読んで直ぐにコメントしました。
先程、再度ゆっくり記事を読んでいて、文章の意味を取り違えていたことに気がつきました。

慢心とは「驕り高ぶるきもち」と言う意味なのですね。
私は、「怠慢な心、すなわち怠けたい気持ち」と解釈して、「玉様は芸の精進を怠けてはいけないといつも肝に命じていらっしゃるのだ」と感心していました。

そうではなく、玉様は「驕り高ぶってはいけない」と、常に自分を戒めていらっしゃるのですね。
その事に気付くと、ますます玉様のおっしゃることが、心に染み入りました。

慢心の「慢」は仏教の煩悩の一つだそうですね。
これからは、辞書を身近に置いておきます。(汗)

蛇足ですが、『私は慢心のかたまりのようなに生きてきた』・・・なんて書きましたが、『怠惰に生きてきたと書いたつもり』で、決して驕り高ぶって生きてきたわけではありません。と言うか、驕り高ぶれことなんて何もありません。
まず、国語の勉強を始めた方がよさそうです。
またまたとんちんかんなコメントを入れてしまい、本当に申し訳ありませんでした。

普通さあ

ラジオを聴いていたとき、玉三郎さんの口癖?の「○○さあ」に反応してしまいました。
何処かのトークショーでは、「あなたさあ」とお相手の方に話しかけれられてました。

で、私もいつか!?「あなたさあ」とお話しかけられてる夢でも見たいと思います(笑)

桔梗さん、文字に起こしてくださってありがとうございます。

文月さん

そうなんですね、慢心を怠慢心!(笑)
似て非なるものだけど、ちょっと似てる?

私なんて、慢心の文字をじーっと見てたら
鰻重が食べたくなっちゃいました。アホやな。
鰻心!うなぎ食べたい。

玉三郎さんを見ていると
驕り高ぶらないことがいかに人間にとって重要か、
ということがわかります。
舞台人じゃなくても、それは人として大切なことですね。

あのさぁ。

あんずさん

玉三郎さん、よく「〇〇さあ」っておっしゃいますよね。
突然、くるんですよね。
「あなたさあ」の後は、なんだったんでしょう。
いろいろ想像できて、おもしろいです(すぐ遊びたがる)

あんずさんも、話しかけられる夢が見られますように(夢かい)
「あなたさあ、4月生まれなんでしょ」(夢だから知ってるの)
私も、話しかけられたいなー。

「玉さんさあ~」って話しかけてもみたいなー(夢でね)

玉三郎さんへ^^

あのさぁ、あなたってさぁ、ほんとにいい男だねぇ。^^

あのさ、あのさぁ~。

越後はもう雪はさぁ、消えてのですかな、まるこさんさぁ~。
(さあをつければいいってもんじゃないさぁ)
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク