オロチに首ったけ@ 歌舞伎座 夜の部

昨夜、玉三郎さんの「日本振袖始」を拝見してきました。

この演目を生まれて初めて何の予備知識もなく観た時は
芸術的ショック状態になり、終わってもしばらく座りこんだままでした。
玉三郎さんのぶっ飛んだ表現に、魂を呑みこまれちゃったのです。
(その時のことはこちらに)

それから南座でも拝見して、
そして、初日と昨夜と。観るたびに印象が変わって
玉三郎さんのオロチワールド全開です

初日に感じたのは、岩長姫の悲哀と孤独感でした。
甕の酒を飲み続けている間中、心の声が聞こえてくるようで
不気味さよりも、抱え込んできた悲しさや淋しさが感じられて
岩長姫を思いっきり抱きしめてあげたくなっちゃいました。
いいよいいよ、もう稲田姫食べちゃっていいよぉ、と。
逆に応援したくなっちゃうような。

玉三郎さんが抜擢されたという米吉さんの稲田姫は
マシュマロちゃん!といった感じのラブリーな魅力に満ち溢れていて、
あなた、それじゃ食べられても仕方ないわ!と。
「マシュマロ稲田姫」と勝手に命名いたしました。

昨夜は、そんな稲田姫を見つけた時の
岩長姫のニヤリとするほくそ笑みにゾクッと。
眼差しまでもが、舌なめずりしているようで
蛇がとぐろを巻いているような帯も生々しくて
全身から血なまぐささを感じる妖艶な岩長姫でした。

八つの甕は、玉三郎さんがこだわって作られたものだそうで
火色がそれぞれに違って美しくて、本当に焼き上げたものみたい。
岩長姫が甕に顔を突っ込んで酒を飲み干していく姿は、いつ見ても身震いします。
酔っぱらうというより、乱れながら正体が暴かれていくようです。

かんざしをはずし、バサッとさばいた黒髪があまりに色っぽくて!
日本女性の黒髪の魅力にハァ~っとあらためて溜息。
ざんばらの髪で、扇の酒をグビリグビリとあおるときの
眼の輝きとニンマリとした表情が忘れられません。

とうとう稲田姫を追いつめて、口を大きく開けて目をカッと見開いて
呑みこむ時が素晴らしくカッコいい!です。

舞台美術も凝っていますね。松の木が隠し絵のようで
いろいろ潜んでいるので、あちこち見つめてしまいます。
銀色の月と雲が、きれい。

八つの蛇体が揃ってからの情景は、動く絵画のようです。
曲線を描いたり、花道にズラリと並んだり、大蛇フォーメーションは圧巻です。
神話の世界のファンタジー

玉三郎さんはベロを出したり、目をむいたり、恐ろしい形相なのですが
白いまつ毛が可愛くて私は好きなんです(玉三郎さん、まつ毛が長いですよね)。

素戔嗚の勘九郎さんが登場すると空気がピーンと張って
勘九郎さんが見栄を切るたびに、その後ろに
「シャキーン」というカタカナが見えるのです(私には)
とても魅力のある素戔嗚だなぁ、と見惚れてしまいました。
玉三郎さんと同じ舞台に立つ気合いが半端じゃない感じがしました。

素戔嗚と大蛇の闘いはスケールが大きくて
蛇体の動きや表情が見応えがたっぷり、どんどん熱を帯びていくようで。
最後は大いに盛り上がって幕となりました。
私のテンションもマックス!心から感動して、力いっぱい拍手を送りました。

玉三郎さんの野太くて力強い声が聞けて、嬉しかったです。

8つも首があるだけに!
オロチに首ったけの夜
一度は、上からも観オロチてみたいなぁ。

玉三郎さんと勘九郎さんと米吉さんの「日本振袖始」、
絶対に、ずぇ~ったいに、おすすめ!です。

コメントの投稿

非公開コメント

観オロチマチタ

初日は三階席から観オロチマチタ(笑)
翌日は一階席から。

三階からもご覧になったほうがいいです。
岩の合間から見える川の水に下から照明があたっていて、水が光っています。
きれいだなあと思って、翌日一階席からみたら、光の具合が違っていて、三階席からのほうがきれいでした。

ただ、三階席だと、装置の上のほうが見切れてしまい、龍のような形で伸びる松の枝が見えませんでした。

岩長姫パートでいちばん好きなのは、たおれている稲田姫を見つけたときの嬉しがる様子。おおっと、とちょっとのけぞり、すぐにかがんで、なんともいえない笑みを片頬にうかべるとこ、リピートしたいです。

束ねていた髪をさばいて、飾りをはずし、扇を小さい姫扇から黒い模様もまがまがしい大きいものに変えてからの舞も目が離せません。

髪の毛の量の多さが尋常ではなく、しかも直毛ではなく、うねっていて、切りそろえていないところが、不気味さを演出しています。
酒に酔って、がくんとよろけると、その髪がざざっとゆれるとこ、これもリピートしたいです。

玉三郎さんの舞台をみていると、その視線のゆくえを追いたくなります。ほんとになにかが見えているようで。
のぞきこむときの瓶の中、ふりあおぐ時の空中、そうそう、ふりあおいだときの表情も、二階席、三階席からのほうがよく見えるでしょう。

義太夫、三味線も効いていて、太竿三味線のひびきが耳に残ります。

ぞくぞく〜

 観て参りました。凄い殺気でしたね〜。
あんな眼で誰かを見るなんて、普段の生活ではあまりない事。
でも、自分の中にも確かに岩長姫が宿っていることを腕のサブいぼが教えてくれるのです。
ほっかむりを、いつとるのかともう息を殺してまっていました。
濃密で妖しい時間を堪能いたしました。

勘九郎さんのシャキーン、私にも見えましたよ〜。
恨みで澱んだ空気がすっきり清浄になっていくような清々しさ。
素敵でした〜。

藤娘の七之助さんもかわいらしさ5割増しでしたね。
大阪のときよりも、ずっとずっと自然でなよやかで、もう本当にうっとりでした。
玉三郎さんと一緒にお仕事をすると、芝居の先にあるもっと深淵な部分を磨かれるのでしょう。
お二人をみていて、玉三郎さんの影響力の深さにあらためて感じました。
今日は風が強いですね。
遅いかもしれませんが、行ってらっしゃいまし〜。
毎日慌ただしいけれど、暇をみつけて、いざ歌舞伎座〜!

観オロチマチタか!

京にんじんさん

3階からかもしくは幕見で、観オロチたいです。
八岐大蛇の動きは上からですよね。
あと、川の水も気になって眺めていたのですが
上からだと景色が変わるんですね。

ほんとに、リピートしたいところだらけ!
ほくそ笑みも、ふさふさの黒髪も、甕をのぞいてのけぞるところなど
迫力があって、ゾクゾクしちゃいます。

オロチの目線、どこか別世界をにらんでいるような。
こわくなってオロオロチちゃいます。

睨まれたら逃げますか?

フクギさん

あの目で睨まれたら、もう食べられるっきゃない。
どうぞどうぞ、食べてちょーだい!と開き直ります。
マシュマロじゃないから、食べてもらえないか。

>勘九郎さんのシャキーン、私にも見えましたよ〜。

見えました?見えますよね!
太いゴシック体に線が入った「シャキーン」。
劇画チックなんですよね。カッコいい。

>玉三郎さんと一緒にお仕事をすると、
 芝居の先にあるもっと深淵な部分を磨かれるのでしょう。

まさにまさに!役者として人間として
生きる姿勢が変わるように思えますね。
観ている方にも、伝わってきますね。背筋が伸びます。

今日は風がほんと強くて、カバンが吹き飛びそうでした。

実は、今日も「二人藤娘」の幕見に行ったのですが
ちょうど前の人で完売になっちゃって「ガガーン」。
泣きながら風で涙を散らし、髪も顔もボーボーになりながら
戻って参りました。さびしー。
でも、大人気演目ってことですよね。
明日もまた挑戦してみよっかな。

心配・・・・

桔梗さん今日は幕見ができたかしら・・・・・
雪の越後から無事を祈っています。
本当に雪なんですよ。時々吹雪。

勘九郎さんが頼もしくなって嬉しいです。
勘三郎さんの分まで玉三郎さんがお力を注いでいらっしゃいます。
嬉しいです。(涙)

猛ウサも、オロチに首ったけです。^^

それがね、あのね。。。

まるこさん

越後の吹雪の方が心配です。
大丈夫ですか。
春はまだまだ先でしょうか。
こちらも、また寒いんですよ。ぶるぶる。

今日はですね、「二人藤娘」には間に合わなくて
16時からの打ち合わせをすませて歌舞伎座の前を通りかかり
「はて、夜の部の幕見もあるじゃないか!モード」になって
幕見券のところに行ったら、まだ誰も並んでなくて
係りのお兄さんだけがいたので、「日本振袖始」の幕見について
ちょいとお尋ねしてみました。

私:「日本振袖始」は、これから発売ですよね。
お兄さん:はい、18時50分の発売ですよ。
私:うーむ、あと1時間半以上あるんですかあ。。。
お兄さん:今から「勧進帳」を幕見してそのままご覧になってもいいですし。
私:うううう、「勧進帳」からなら座れますか?
お兄さん:はい、でも「日本振袖始」だけ買っても座れますよ。
私:じゃあ、18時50分に来ても、座れるんですか。
お兄さん:座れますね、今のところは。
私:それが、昨日「二人藤娘」がちょうど前で完売になっちゃって。
お兄さん:一番人気ですからね~(ニヤリ)「封印切」か、その前から
     お入りにならないとお立ち見ですね。
私:やっぱり人気なんですね~(ニヤニヤ)
  この前は12時半に来たから入れたんですけどね。
  その前は13時半でも大丈夫で。
お兄さん:無言(内心:何回来とんじゃーわれー)
私:今日はどうしようかな、ちょっと考えてみますね。
(喋るだけ喋って逃げる)

というわけで、開演まで2時間半もあったので
すごく迷いつつ、今日は帰って参りました。
あー、でも見たかったなあ。
今度は20時ちょい前に行って
観オロチてみたいと思います。

>勘九郎さんが頼もしくなって嬉しいです。

本当にカッコよかったですよ。
切れがあって目に力があってシャキーン!
心が感じられました。
勘三郎さんはきっと、喜んでいらっしゃいますね。
父親がわりの玉三郎さんに、ありがとー!!って。

猛ウサさんと一緒に、
オロチに首ったけ。
オロチ蕎麦食べて、オロナミンチー飲んで
念じましょう!
雪よ~とまれ~!!

夢のような時間

終わってもまだぼっーとしてます。ホテルまでぼっーとしてる間に着いてました。

藤娘はますます可愛らしくなられてて、指先のなめらかな動きに釘付けでした。
日本振袖始は圧巻でした。玉三郎さんの世界観、オーラに圧倒されてしまって。
上手の3列目というわたし史上初のかぶり付きで、心臓はバクバクですし、鳥肌はたつしで。(笑)
玉三郎さんに穴が開くくらい観てました、いやいや穴開いたと思います。(笑)
ほんとにすごかった。うまく表現ができないんですけど。
玉三郎さんに出逢えて幸せかみしめてます。

ワタシも観オロチまふ(^-^)/

桔梗さん。

ワタシも明日は観オロチてきます
(^-^)/
先週観オロチてきたときに観落とし💧た岩長姫のニヤリ、をシッカリ目に焼き付けてきます^_^

でも3/11は避けて3/12のチケットにしたのですが、トラウマでしょうか? 遠出するのがコワイですね。
(でも出掛けますっ!打ち勝つのですっ)

明日はまた観劇できるシアワセを噛み締めつつ、東京へGOしますっ!

(スミマセン💧湿っぽくなってしまって)

落ち着きましたか~

こごさん

かぶりつきでのご観劇おめでとうございます!

心臓ばくばくと鳥肌総立ちの興奮は
もう落ち着かれましたでしょうか。まだですね。

玉三郎さんに穴が開くほどご覧になって(笑)
こごさん光線をビシバシ感じながら
踊られていたかもしれませんね。

>玉三郎さんに出逢えて幸せかみしめてます。

この一言につきますですね。
すごい方です!玉さんは!

えへへへ。

はむぴょんさん

今日、観オロチにいらっしゃるのですか。いいなあ。
夜は、しっかり座ってご覧になれそうですよ。
オペラグラスを握りしめて、岩長さんのニヤリを
がんみしてきてくださいね。

トラウマはありますよね。
ここ数日テレビで流されるあの日の映像を
どうしても見られませんでした。
静かにお祈りして、ちゃんと寄付をしなくてはと
あらためて思っています。

今日は母の命日なので朝からお線香をあげて
夜は母の大好物を作ってお供えしようかなと思っています。

はむぴょんさん、
くれぐれもお気をつけて!
法定速度内でとばして
歌舞伎座にいらしてくださいね~!
岩長さんにくれぐれもよろしくお伝えください!

今後

幕見席で二人藤娘や日本振袖始を見られたら良いですね。
仕事が休みなら早めに歌舞伎座に出向いて封印切の販売前後に温かくして寒い中待つしか無いと思います。
私が二人藤娘を見た前後に段々と売り切れになるの凄いことです。
近くに住んでれば幕見席で数回は見てるかな。

わくわくドキドキ

皆様の観劇レポートを拝見し、玉様にお会いできる日を指折り数え、胸を高鳴らせている文月です。

今月も1日だけ昼夜通しで観ようと思っていたのですが、きっと1回だけでは満足できないだろうと、チケットの戻りがないかをチェックしていました。
そしたら、先週、希望の日の昼夜とも戻りがありました。

来月から、プータローのことを忘れ、ポチリ、ポチリとやってしまったのですが、この歳で、2日連続昼夜通しってありなのかしらと、不安になってきました。

朝、始発電車に飛び乗り、4時間かけて歌舞伎座へ行き、座った途端大爆睡なんて、周りの迷惑ですよね。
歌舞伎初見は12月の仮名手本忠臣蔵ですが、覚えているのは玉様がご出演になった場面だけです。
歌舞伎フアンの方々からはひんしゅくをかいそうな観客ですね。

私のような歌舞伎初心者にとって、玉さま以外の演目は、いかがなものでしょうか?きちっと予習しないと、理解できないものでしょうか?

体力のことを考えたら、何幕かを抜けたほうがいいのかしらとも思いますが、それはそれで出演者の方々に失礼なのかと。
また、アドバイスをお願いいたします。

やばいです。

観オロチてきまちた。

結果から。
岩長姫に感情移入したのか、終演後かなりヤバイ状態になっていました。

悲しみと憎しみと嫉妬がないまぜになった感情でイッパイになり、絶対に終演後は笑顔ではなかったハズです。(玉三郎さんの舞台を観終わった後にいつも包まれる幸せな感情とは明らかに違っていたので)

最初は
功一さん、かっK!
マシュマロ稲田姫、かわいーな^_^
玉三郎さん、きれい♥
ニヤリ、の表情、本当ゾクゾクするな♥
など、とウットリしながら観ていたのですが…。

毒酒を飲み干しながら岩長姫の表情が悲しみを増し、踊りがどんどん乱れていくのを観ていくうちに、
なんだかこみ上げてくるものを感じ、
急に稲田姫の若さ、美しさを、憧れ・憎さ・征服したい感情に駆られてしまいました。
シャッキーン素戔嗚尊には、とにかくコノヤロー、でした。
(間違いなくガン見(O_O))

終演後、人を避けるように歩いてたら、ホテルダイエー横の中華料理店の前に酒甕が!(O_O)
数数えたら合計7つ!(うち6つは封付き)
あと1つ多かったらヤバかったです。
因みに平常心に戻るのに約1時間かかりました。(お稲荷様に今日1日無事に過ごせた事は大感謝しました)

あと余談ですが、稲田姫の衣装の色、こないだコメントしたのとじぇんじぇん違ってました。(白と桜色)
ワタシは色盲かい!^_^;

あと最後に
桔梗さん。
今日は安全面を考えて電車と高速バスにしました。
ワタシの暴走🚗💨を止めて下さるコメント、ありがとうございました。m(_ _)m
えへ。σ^_^




数十回?

葵どんさん

今後、ぜひとも幕見に通えますように。
定期があるといいですよね。
ピッと幕見の改札通ったりして。
私も、まだまだこれから幕見したいのですが
来週は出張になりそうで、そうなると
今週また何とか行きたいなあ。と思っています。
でも、早めに行ってチケットを買う時間を考えると
なかなか時間が取れないのですよね。
うーん、どうしたもんでしょうかね。
夜の部なら20時前に行っても観られそうなので
何とか、夜狙いで行ってみます。

葵どんさんもお休みの日には
暖かくして歌舞伎座へお出かけですね。

全然オッケー!

文月さま

さらなる昼夜ゲット、おめでとうございます!
どの歳でも(笑)、2日連続昼夜通しオッケーですよ。
だって、玉さんに会えるんだもーん、でしょ?

と言ってはみたものの、
玉さんにたどり着くまでが長いです。昼も夜も。
一応、気合を入れて見始めるんですが
やはり途中で集中力が失せてきて
「封印切」の頃には、頭の中では
「夜ご飯、なに食べよっかなー。お弁当より
温かいものがいいなー、あれかなこれかな」と考えだしちゃって
封印がチャリーン、と切れちゃったあたりで、我に返り
「梅川も災難だよな」と思いながら
いよいよ「二人藤娘」だぞーっつ!と元気になる。のです。
でも、そうでもしないと持ちません。

かえって予習などしない方がいいかもしれませんよ。
気楽に見て、へえ~ふーん、ほほー、うっそー、とか
感じたまま観る方が楽しいかもとおもちゃいます。
予習すると、寝ちゃいそう(笑)授業じゃないっての。

身体的には昼夜ずっと座ってるのはお尻と足にくるので
幕間に歩きまわって筋肉をほぐしたり
屈伸してむくみを解消したり休み時間を有効に使いましょう!

5月に「二人道成寺」を5回くらい観たのですが
もれなく「石切梶原」がついてくるので
3回目くらいは真面目に取り組んだのですが
あとは記憶に定かでありません。。。

昼夜2連チャンなら抜けないで面白がって観た方がいいですよ!
夜は歌舞伎役者対決!といった感じもあって
幸四郎さん、吉右衛門さん、そして玉三郎さんと
それぞれの演目での珠玉の舞台に
劇場内の空気が熱くなっていくのがわかります。

2回分たっぷり(たまにウトウトしながら)
楽しんでいらしてくださいね。

余談ですが、
南座と歌舞伎座で、アルバイトや派遣社員など募集していました。
次のお仕事が決まるまで、いいかもー。
声だけでも、聞こえてくるかもー。
なんて安易な考えはいけませんね。ハイ、失礼しました。

桔梗さん、ありがとうございます。

桔梗さん。あたたかいお言葉、本当にありがとうございます。
今日は近くの駅まで安全運転でいきました。また安全面を考えて、公共交通機関を利用しました。

昨日はお母様の命日だったのですね。お母様のご冥福をお祈り申し上げます。
あたたかい穏やかな日でよかったですね。
寒暖の差が激しい時期ですので、桔梗さんもお体をご自愛下さいませ。

拙い文面で失礼致します。

もう大丈夫???

はむぴょんさん

かなり岩長姫の気持ちと同化して、どうかしちゃった?
(最近、だじゃればっか)そーとー、ヤバい感じでしたね。

>悲しみと憎しみと嫉妬がないまぜになった感情でイッパイになり
 稲田姫の若さ、美しさを、憧れ・憎さ・征服したい感情に駆られてしまいました。

憎しみと嫉妬に征服まで感情が入っちゃったから、心乱れてしまったのですね。
そりゃ、すごいことです。でも、わかります、その気持ち。
私はマシュマロちゃんがあまりに可愛いので、食べたくなりました。
(変な意味じゃありませんよ。念のため)

まさかホテルの酒の瓶を抱え込んだのではないでしょうね。うふふ。
終演後のそんなヤバい状況も考えると、やっぱり高速バスでよかったですね。
いくら心乱れて目が血走って髪が逆立ってても(逆立ってない?)
乗ってれば着いちゃうからね。安心安全です。

母に祈りを捧げてくださってありがとうございます。
大好物を作るつもりが仕事で遅くなっちゃって
お供えは超手抜き料理になってしまいました(素材だけ大好物のもの)
「そうなると思ってたわよ〜」って笑ってるかな、きっと。

岩長姫と同化して心狂わせたいから、
また何回も何回も、観オロチたいですね!
どうか、また行けますように。

中抜け^^

文月さん、わたしは昼夜通しで観るとき、時々中抜けをしていました。
好きじゃない演目は疲れます。
だから中抜けして築地をウロウロしたり、ちょこっと銀ぶらしたり。^^
体力がないので、コントロールしないとなのです。

そして全力で玉三郎さんに酔いましょう。^^

あっ、勧進帳は見逃さないでね。

歌舞伎座で働くの、いいかも。

腑抜け?

まるこさん

常々思っていることなのですが

一等席の幕見があったらいいなあ、って。
でも、そういうわけもいかないのはわかっているので
自分で創っちゃううんです。
今月の夜の部の場合なら
幸四郎さんファンの友達と、
吉右衛門さんファンの友達と、
玉三郎さんファンの自分とでシェアするわけですね。
演目ごとに入れ替わるわけです。これいいでしょ?
でも、みんなの日程が合うってことが
まずないわけですわね。
だから、やっぱり、仕方ないんですわね。

でも、玉三郎さんのおかげで
いろんな役者さんの舞台を拝見することができて
それはそれで、良かったなあ、って思います。
自分の好きなものとそうでないものもわかったですし。
となると、やっぱり中抜けもいいかもね。

まるこさんは
中抜けのあと、
玉さんに、腑抜けですわねe-349

大蛇の分身

桔梗さん

大蛇の分身に扮していらっしゃる片岡千次郎さんがブログをなさっています。
顔のアップの写真を載せていらっしゃいました。
http://ameblo.jp/senjiro0317/

毎日、ダメだしがあって、終演後もモニターを見ながら研究されています。分身も日々進化しているようです。

玉さまとの御目文字はいよいよ来週末、あと1週間です。明日、仕事の山場を越えるので(たぶん)、そうしたら一気に歌舞伎座モードにチェンジです。明日は「キャッホーv-441ってスキップしながら帰っているかもしれません。

文月さん
せっかくなので、玉さま以外の舞台もとりあえず1回はご覧になられたらいかがでしょうか。今月は杮落しの掉尾を飾る舞台と言うことで、松竹株式会社ががんばって豪華メンバーを選抜しています。これだけの座組みはこういう機会でないと、なかなか見られるものではありませんから。なぁんてエラそうに書いていますが、私も舞台の途中で意識を失うことしばしば、他の役者さんを見ながら「これが仁左さまなら、これが玉さまなら」と思うこともしばしば、とっても失礼な客です。でも、そっと周りを見渡せば、結構そういう方いらっしゃいます。気にせず、自分のペースでお楽しみになったらいいと思います。まるこさんが書いていらっしゃるように「勧進帳」は、特に吉右衛門さんの弁慶は絶品です。ぜひぜひ!

集中力

そうなのです。最近、集中力がとみに退化してきています。
ずっと緊張して観劇したあげく、玉様にたどり着いた頃は力尽きて、
肝心なところを見落とすのではないかと心配でした。

昨年の師走に初めて歌舞伎座に行ったとき、前の方の席だったせいでしょうか?
まわりには和服のとてもお上品で綺麗な方々がいらっしゃいました。
(もしかしてまるこさんもいらしたりして・・・)

そんな中で、場違いなと申しましょうか、残念な感じの私は
緊張して固まっておりました。
玉さまの時だけ、我を忘れ舞台に釘付けでした。(汗)
今回は肩の力を抜いて、桔梗さんに教わった通り、
『へえ~ふーん、ほほー、うっそー』てな感じで観てきますね。
4公演とも、幕間にストレッチをしながら頑張ります。

人生、いつ何が起きるかわかりません。
玉様にお会いできる機会があれば、行けるうちに行こうと、この2週間で
静かに決心した文月です。
南座のアルバイトに6月だけでも行きたいです。何なら、住込みで!

観劇日まで10日を切りました。
もう、今からワクワクしちゃいます。
皆様、沢山のアドバイス有難うございました。

ありがとうございます!

おとらさん

いつもレアレア情報を感謝いたします。

千次郎さんのブログを拝見しました。
大蛇のメイクで登場!迫力ですよね。
大蛇のみなさんの隈取は、あごのあたりに
なにか膜のようなものが見えて、
なにかをかぶっているのかな、と思って見ていたのですが
写真を見ると、そういうわけでもなさそうな。
ロックバンドのKISSは、歌舞伎を観て、
自分たちのメイクにとり入れたそうですが
大蛇を観ると、通じるものがありますね。
こっちが先です!よね。

スイーツクィーンのおとらさんにe-239
赤坂にある「しろたえ」というケーキ屋さん(昭和51年創業)は
どのケーキもとても美味しくておすすめです。
http://www.minato-ala.net/sightseeing/100sen/area/akasaka/3-009.html
http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13002850/dtlrvwlst/
昨日、前を通ったので、食べたくなってお店に入ったら
スーツ姿の殿方でごったがえしておりました。
あれれ?なんで?と思ったら、今日のホワイトデーのためなんですね。
みなさん、ちゃんと予約してあって律儀だなーと、感心いたしました。
「しろたえ」のお菓子は男性にも女性にも人気です。
シュークリームもおいしい。私はペイザンヌという名前のシブストが好きです。
喫茶店になっていて中でも食べられるのでぜひ。
すでにいらしてるかも?

あと8回寝ると!?

文月さん

ワクワクが止まりませんね、もうすぐですね。

>ずっと緊張して観劇したあげく、玉様にたどり着いた頃は力尽きて、

これは避けたい!絶対に!
でも、よく見かけるのは、ずーっとカックンカックン
されていた女性が、玉さんの出番ではシャキーン!
おー、やっぱりね!と眺めています。
この逆はいけません。

>玉さまの時だけ、我を忘れ舞台に釘付けでした。(汗)

こっちで、いきましょう!

本当に人生、いつ何が起きるかわからないのです。
だから、行ける時に行っておく!ですよね。
逆に言えば、いつ宝くじが当たるかもわからないのです(のーテンキ)

ぜひ南座でバイトしてください。
南座の怪人として住み込みで!

とにかく、春の嵐が吹いたりしているの
体調を崩さないように気をつけてください。
感想を楽しみにしています。

私は22日の夜に行くのですが
もしストレッチをしている方を見かけたら
声かえちゃおうかなー。違う日かな。

もう大丈夫でっす(^o^)

桔梗さん。
もう大丈夫でっす(^o^)
お騒がせ致しまして、申し訳ありませんでしたm(_ _)m
いつものへらへらにっかりはむ(してるんですね。特に玉三郎さんの舞台の前後は特に。でへ)に戻りました。

今月はあと2回水よ〜☀に藤娘とオロチみてまいります。(来週は幕見オロチしてきまふ)

文月さん。
朝4時間電車のあと、昼夜観劇はキツイので、健康グッズの出番ですね。
(あれば)竹踏みとか、ゴルフボール持参で幕間にコロコロなんて如何でしょうか?
あと、私は気合い入れ幕の30-60分前あたりにモカドリンクを飲んだりもします。体調によりますが、1-2時間はキンキンに効きますね。(その後の睡魔反動がくるので。飲むタイミング要と空腹時飲用不可ですが)

でもイチバンはやっぱりストレッチ!私もそー思います。
幕間に地下のコインロッカー(あまり人出がなさそうなので)でラジオ体操などをされると、効果あると思います。

まあ、こないだ私は有楽町ルミネでパンケーキ食べて、2幕目から観劇してましたが。昼夜ぶっ通しはキツかったので(^_^;)

水曜日はご乱心の日!

はむぴょんさん

やっと戻りましたか~
あと2回水曜日にですって~ギャ~(すでに私がご乱心)
飛ばしてまんなー。いいですなー。

さらに心乱れて、帰っていらしてください。

昔、仕事でどうしても徹夜しなくてはならない時に
モカドリンクみたいなカフェイン系液体を飲んだことがあります。
でもやっぱり反動が凄くて、ギンギンで眠らない分
どどどどーっと疲労が押し寄せて、あとあと大変でした。
モカドリンクで無理して玉さんの前の演目を観るよりも
グースカ寝ちまった方がいいかと思います(笑)
身体のためには、絶対に。

コインロッカーで、ストレッチ!
を合言葉に頑張りましょう。
そのうちストレッチ部屋に変わっているかもしれません。
そうそう、上体を反らすだけでも眠気がグッと引いて
リフレッシュできますよね。
もうヨガマット持参でコインロッカー行っちゃいますか。

そういうはむぴょんさんが、一幕目ばっくれてんのがオカシイ(笑)
各自、自由行動ってことで、文月さん楽しんでいらしてくださいませ。

初歌舞伎座!!

またお邪魔させて頂きました。
昨年玉三郎さんのファンになったばかりの新参者です。
16日の夜の部に初めて歌舞伎座に参ります。
こちらで皆さんの感想を拝見して、ドキドキしてきました。
たった一度しか観ることができないので、
まばたきする間も惜しんで目を見開いて観ます。
二人藤娘も幕見で観れたらいいなと思ってましたが、
チケットを取るのは至難の技のようですね。
その代わりに月曜日に国立劇場の
視聴覚室に行くことにしました。
「松竹梅雪曙」と「積恋雪関扉」を観てきます。
大阪の国立文楽劇場でも観れるようにしてくれないですかね~
土曜日は仕事なのですが、手につきそうもありません。
とっても楽しみです!!

ビックリ

桔梗さん

歌舞伎座は21日夜→22日昼で見ますが、歌舞伎座の前に国立劇場で時蔵さんの「切られお富」を見る予定にしています。東京駅から国立劇場に行くときは丸の内線の赤坂見附から歩くんですが、「赤坂見附で降りるんやったら、しろたえにも寄らなあかんわなぁ」と思っていたところでした。

「しろたえ」をご紹介くださって、ちょっとビックリしました。以心伝心?、桔梗さんと赤い糸でつながっているのかしらと思ってしまいました。

私はシュークリームとフランボワーズのケーキが好きです。こちらのケーキはかなり小ぶりなので、必ず“2個食べ”になります。

あと、赤坂見附なら、赤坂青野という和菓子屋さんがあって、こちらの「栗一粒」という栗饅頭がオススメです。

皆様ありがとうございます

「歌舞伎座に来ることができるのも最後かしら」
なーんて、ハードな2連ちゃんというスケジュールを立ててしまいましたが、皆様のアドバイスのおかげで、色々楽しみができました。
昼の部は気楽に観て、藤娘に備えます。
夜の部は 勧進帳で吉右衛門さんの弁慶を楽しみにして、後は玉様の舞台に全力投球です。

最近、ちょっと長く座っていると、直ぐに立てなくなりました。
二日目の終演時には、杖が必要かも。
それを防ぐためにも
幕間には足をストレッチし、ロッカールームではラジオ体操。
そうそう、バッグにはカフェイン入りのドリンク剤を入れて。

大切なことを忘れてました。
歌舞伎座に着いたら、まず最初にオペラグラスを買わなくては。

桔梗さん、22日の夜の部の終わりに、よろよろ歩いているおばちゃん
がいたら、私です。
歌舞伎座の怪ばばになりたい文月でした。

いかがでしたか~

ねねさん

16日のご観劇の興奮は
まだまだ続いていることでしょうね。うほほ。
オロチワールドにどっぷり浸った?
まばたきしなかった?

今日は国立劇場視聴覚室で
「松竹梅雪曙」と「積恋雪関扉」ですか!いいですね。
ご存知かもですが。お隣の建物の2階だったかな、図書館があって
昔の演劇界や写真集や台本など、
歌舞伎関係(玉三郎さん関係)の資料がいろいろあって楽しめますよ。
貸出は禁止でコピーのみ可能でした。
コインをいっぱい持ってお出かけください。

また感想を聞かせてくださいね。

ほえ~~~ビックリ!

おとらさん

赤い極太の糸で、つながってますね!
「しろたえ」に行って、ふと、おとらさんに聞いてみよ、て
自然に思い浮かべていたのでした。

22日は私は夜の部なのですれ違いですねー
赤い糸がびよーんって伸びちゃう。

赤坂見附から国立まで歩くのはお散歩がてらですか。
けっこう距離がありませんか!ケーキ散歩、いいですね。
フランボワーズのケーキは未体験なので
こんど、食べてみたいです。

赤坂青野も美味しいですよね。
最近、和菓子にはまりかけているので
行きたくなりました。

あと、四川料理の「同源楼(どうげんろう)」も美味しいです。
仕事で赤坂に行くことが多いので、よくお昼ごはんを食べます。
早めに行かないと必ず少し並んで待つことになるので
11時半くらいに行ってます。ぜひ一度、お試しください。
http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13041758/

21日、22日は玉さん詣でを楽しんでいらしてくださいね!

22日!

文月さん

ストレッチに、カフェインに、ラジオ体操に
大忙しですね。

歌舞伎座のオペラグラスには鳳凰柄が入っています。
お土産みたいに記念になりますね。
松竹座のオペラグラスはシンプルでした。

文月さん
私も、オロチさんに会って腑抜けになって
ヨロヨロ歩いていると思うので
お互い、ヨロヨロおばさんを見つけたら手を振りましょう!

23日!

初日に観劇して以来、やっとこさの2回目です!!

初日は、桔梗さんとお席がお隣でしたので、幕間のおしゃべりができ楽しかったです♪
3階席からも騒いでる?様子が見えたとか・・・

23日の幕間はお弁当に力を入れ?一歩下がった席で、やや上目遣いでオロチを愛でてきたいと思います♡

初日は、さばいた重たげな黒髪で八つの甕から毒酒を飲んで行くさまが妙に印象に残りました。
凄みのある表情にドキリとして、なぜか嬉しかったりして・・・
23日は、どこで特にドキリとなるか楽しみにしてます~

俳優祭、昼の部行きま~す!
3階席なのでオペラグラスしっかり持参したいと思います。





2回目おめでとうございます。

あんずさん

初日は楽しかったです。盛り上がりましたが
騒いでましたっけ?(忘れたふり)
確かに、藤娘見てテンション上がって
オーバーアクションで話してましたね。

さばいた黒髪は重そうですね。
後半、蛇体となってからは黒髪に白髪(というのか)が
混じっていて、それがカッコええんですわよね。
なんかロック歌手(たとえが変か)みたいで。

>凄みのある表情にドキリとして、なぜか嬉しかったりして・・・

素敵な表現ですね。ドキリとして、嬉しいのですよね。

俳優祭、いらっしゃるんですね。
でも昼の部だからお隣じゃないですね。

まずは23日のお弁当を、いえ、玉三郎さんを
満喫していらしてくださいませ。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク