ひと目〜せき笠〜♪

もう3つ寝ると、歌舞伎座3月「鳳凰祭」の初日です!

玉三郎さんの舞踊公演のパンフレットには、いつも長唄の歌詞が掲載されていて
すごくいいんですよね。踊りの意味合いにハッとしたり、言葉遊びに唸ったり。
「藤娘」の歌も、かなり意味深な部分や遊びもあって、いにしえの情緒にしみじみ。
歌舞伎座のパンフレットにはたぶん掲載されないと思いますので
こちらに歌詞を書きますね。

長唄「藤娘」

若紫に十返り(とかえり)の 花を顕す松の藤浪〜

ちょんぱ

人目せき笠塗笠しやんと 振りかかげたる一枝(ひとえだ)は
紫深き水道の水に 染めてうれしき由縁の色の
いとしとかいて 藤の花
エェ しよんがいな 袖もほらほらしどけなく

男心の憎いのは 外の女子に神かけて
あわづと三井の鐘ごとも

かたい誓いの石山に 身は空蝉のから崎や
待つ夜をよそに 比良の雪

溶けて逢瀬の あた妬ましい
ようもの瀬田に わしや乗せられて

文も堅田のかただより 心矢走の かこちごと


(ここから藤音頭です)

藤の花房 いろよく長く
可愛がろとて 酒買うて のませたら
うちの男松(おまつ)に からんでしめて てもさても
十返りという名のにくや かへるという いみ言葉

花ものいわぬ ためしでも
知らぬそぶりは 奈良の京
杉にすがるも 好き好き
松にまとうも 好き好き
好いて好かれて はなれぬ仲は ときわぎに

たちも帰らで 君と我とか
おお嬉し おおうれし

松を植よなら 有馬の里へ 植えさんせ
何時までも 変わらぬ契り かいどり褄(づま)で
よれつもつれつ まだ寝が足らぬ
宵寝(よひね)枕の まだ寝が足らぬ
藤にまかれて 寝とうござる
アァ なんとせうか どせうかいな
わしが子枕 お手枕
空も霞の夕照に 名残を惜しむ帰る雁(かり)がね

もともとの「藤娘」の本名題は
「歌えすがえす余波(おなごり)大津画」だそうです。
大津絵から出てきた娘が踊るという趣向の五変化舞踊のなかの一曲で、
その舞台になっているのは琵琶湖に近い近江国(現在の滋賀県)です。
唄の「くどき」の部分には「近江八景」の8つの地名が読み込まれているんですね。
上の紫色にした歌詞を見てみますと、

◯あわづ(粟津晴嵐 あわづのせいらん)
 →神に誓ってよその女の人と逢わず
◯三井の鐘ごとも(三井晩鐘 みいのばんしょう)
 →見ないという約束の言葉(晩鐘=鐘ごと=予言)
◯かたい誓いの石山に(石山秋月 いしやまのしゅうげつ)
 →石のように堅い誓い
◯身は空蝉のから崎や(唐崎夜雨 からさきのやう)
 →まるで蝉の抜け殻のように空っぽの身
◯待つ夜をよそに 比良の雪(比良暮雪 ひらのぼせつ)
 →夜になり待っていてもよそへ行き(雪)
◯ようもの瀬田に わしや乗せられて(瀬田夕照 せたのせきしょう)
 →よくも私をいい気にさせて、乗せたわね(せた=舌=旨いこと)
◯文も堅田のかただより(堅田落雁 かたたのらくがん)
 →手紙を出しても一方通行の片便り(雁=手紙)
◯心矢走の かこちごと(矢橋帰帆 やばせのきはん)
 →私の心だけが矢のように逸ると愚痴る

歌川広重の「近江八景」はこちらです。
http://matome.naver.jp/odai/2133507064206890901

なるほど〜凝ってますねえ。いろんな風景が見えてきて
振りが歌詞にどんな風に呼応しているのかを見るのも楽しみです。

松竹座で拝見した時、『いとしと書いて〜ふじの花〜』のところで
玉三郎さんの藤の枝と、七之助さんの藤の枝が交差して重なり合うのですが、
たわわに揺れる藤の枝の感じやお二人のしぐさなど、すごく素敵な情景でした。
お二人が左右対称に手を文字をなぞるように「いとし〜と書いて」
シュッとまっすぐ下ろす時の、そのしぐさと俯き加減の表情がいいんです。
藤の花がゆ〜らりゆ〜らりと揺れる感じも、藤娘の心模様が伝わってきて、
見ているこちらも、ゆ〜らりゆ〜らり。

後半、七之助さんが1人で踊るところがあるのですが
歌舞伎座では、ぜひ日替わりで
玉三郎さんにも踊っていただきたいですね。すごく好きなところです。
アァ なんとせうか どせうかいな。

平成18年に玉三郎さんの舞踊公演で「藤娘」と「鷺娘」を上演された時の
パンフレットに、玉三郎さんのコメントがありました。

「藤音頭でそれまで踊っていた人が急にお客様の方を向いてお辞儀するなんて
考えてみたら不思議ですよね(笑)。でも、踊り手とお客様との心が通い合うあの
瞬間に「ああ、来てよかった」と思っていただけたら、やっぱり嬉しいですし。
そこには何か宴にも通じるものがあります。そしてそれがまた歌舞伎的ともいえるの
かもしれませんね。そういった飛躍もまた楽しんでいただきたいと思います」

藤娘と観客の心が通い合う瞬間!
まだ行ってないのに「ああ、チケットとって良かった」と思ってます(笑)
藤娘の長唄が、今から頭の中で、ずーっとグルグル回っていて
かなり気が早いです。初日は雨模様みたいなので塗り笠かぶって行こうかな
おお嬉し おおうれし〜

コメントの投稿

非公開コメント

桔梗さん、風邪はその後いかがでいらっしゃいますか?大事になさってくださいませね。

藤娘の歌詞をあげていただきありがとうございます。
観劇までに少し時間がありますので、しっかり?勉強して出掛けたいと思います。
それにしても歌舞伎座で見られるとは嬉しい事ですね。何回も見たいところですが、さてどうなりますことやら、、。

ちょっと・・・・

風邪気味。
今日は午後から仕事を休んで、長唄のお稽古も休んで、休養中。
すべては玉三郎さんにお逢いするためですわ。

大丈夫。明日には復活。^^

ありがとうございます!

TOMOさん

2日間寝込んだら、風邪は退散しました。
風邪をひく前よりすごく元気になっちゃって。
風邪以来、お酒も飲めなくなっちゃって
その分、身体が楽になりました。
思うに、体内の水分が出ていったことで(ちょっと脱水状態だったのかな)
すごく身体が楽になったように思います。
体内に無駄な水分があると体調も落ちるのだな、という発見が。
私の無駄な水分って、アルコールなのかな。
でもそんなに飲んでなかったのですけどね。
とにかく、もう大丈夫です。
ご心配いただきありがとうございます。

3月歌舞伎座、いよいよですね。
「藤娘」はやっぱりバリバリ名曲ですよね。
玉三郎さんがお小さい頃に「藤娘」を踊られているビデオが
南座の「玉三郎の世界展」の時に2階で上映されていました。
当時から、藤娘になりきっていて、本当に可愛らしくて。
お小さい時は「藤音頭」じゃなくて「潮来出島」を踊られたそうですね。

何回も観たい!聴きたい!感じたい!です。

まるこはーん!

大丈夫ですか!!!
私が、うつしちゃったかな(オロオロ)

仕事も、長唄も、なにもかも休んで
大事にしてくださいね。
何にもかえられない玉三郎さんの舞台が
待っていますからね。

きっと大丈夫です。
玉さんに会えると思うと、
全身の細胞がエネルギーを沸騰させますわ。

明日には完全復活!祈ります。

ぜひ日替わりで!

お願いしたいものですね~
できたら偶数日を玉三郎さんで♡♡

歌詞もわかってくると、しぐさの理解度が増しますよね~
ちょっと勉強しようかなという気になってきました。
桔梗さん、きっかけありがとうございます。

あと3つですねv-290
雪なんて情報も・・・

ほーんとですね(^人^)

桔梗さん。

長唄「藤娘」の歌詞、言葉遊びが洒落てますね。
<唄の「くどき」の部分には「近江八景」の8つの地名が読み込まれているんですね。

なるなる。ほんとだー^o^

でも耳ではけっこー聞き流してたよーなところあり。
…反省…m(_ _)m

確かに松竹座のパンフに記載されてましたね。
(表紙の写真、大好き❤)
私も予習します。

まるこさん。
じつは…💧
私も…唾を飲み込むと耳の奥がイタタ…
今週アタマから地味に風邪をひいてます(*_*)

明日は仕事が休みなので、
ひっさしぶりに映画館で映画をみつつ、「日本橋」のポスター&チラシ&前売り券をチェックしてこよーかなー🎵、って思ってたけど、
家におこもりになるかも…

でも、玉サマ観たいから、
(3/4にほぼ天井桟敷からうっとりします🎵)
気合いっ(浜口家風)で治します。


復活~~~~

昨日、おりこうさんにしていましたので、今日は完全復活です。^^

はむぴょんさん、明日は暖かくして水分とってお薬飲んで、玉三郎さんに備えましょう。ふらふら外に出ちゃいけませんよ。
すべては玉三郎さんのため。(笑)

桔梗さん、体調が戻って良かったですね。わらひも良かったです。^^

ワタシも復活〜〜!

桔梗さん。まるこさん。
ありがとうございました。

今日は大人しくして寝てましたら、ワタシも復活しました。
(「映画」の誘惑に負けず、ガンバってフラフラ出掛けずに体を休めました^_^ ホッントに玉三郎さんのためっですね*\(^o^)/*)
今日は大人しく養命酒飲んで寝ます。(藤娘のように酔っ払うカモ)

寝ながら「藤娘」DVDを観て予習したのですが、桔梗さんが記して下さった歌詞を読みながらだったので、
ワタシなりに理解がすごく深まりました。
それにしても、玉三郎さんの藤娘ってかわいい❤


いよいよ!

あんずさん

もう一つだけ寝ると、初日ですね。
お天気は曇天ですが、心は晴れ晴れピッカピッカです。
楽しみだなー。

でも、玉三郎さんのコメントで、
まだお医者様に通院されているとあって
とても心配になりました。
なかなか完治されないのはお辛いでしょうね。
声を使わない演目で、良かったですよね。

歌詞について、喜んでいただけて?
良かったです。
掛詞って面白いですよね。
日本語は知れば知るほど、おもしれー。

明日は、雪が降りませんように!
劇場で会えるかな?あ、お隣かもね。

よかったです。

はむぴょんさん

映画はグッとこらえて、静養されたかいがありましたね。
回復されて、よかったよかった。

藤娘の歌詞を思いながら、ビデオをご覧になられて
予習もバッチリですね。
女心を、言葉遊びの中で、軽やかに歌っているところが粋!
どろどろしてなくて、いいですよねー。
カラカラと娘たちの笑い声が聞こえてきそう。

今日もまだまだ油断しないで
おとなしくビデオで予習していてくださいね~。
私も、おとなしく予習しています。
大蛇も、ビデオ見てみようっと。

祝~完全ふっかーつ!

まるこさん

おりこうさんにしていたのですね。いいこいいこ(頭スリスリ)
そのかいあって、完全ふっかーっつ。
元気で玉さんを観に行ける幸せに勝る幸なし、です。

すべては舞台上の玉三郎さんのために。

わらひも、まだ無理をしないで静かにしていますね。
まるこはんも、どうか安静にして、
さらなるパワーを育成してください。

いよいよ明日☆

いや~、今日は歩いていても寒くて、
同じ温度でも、湿度が違うから春らしさを感じますが
そういえば3月になったんだよね…2月ってあっという間ですね。
明日の方が寒いらしいです。

歌詞を文面で見ると、うきうきしちゃう。
桔梗さんありがとうございます。

わくわく…。
今月は初めて今の歌舞伎座の3階の西側に座るんです。
昼の部だから、
花道の玉さま藤の精ちゃんは見えないかもしれないけど…。
最後の引っ込みは寂しい気持ちになっちゃうかもしれないけど…。
運良く取れた席なので、ありがたく座りたいと思っています。

いっそのこと幕見の方が楽しめるんじゃない?バカだな、と、
うじうじまだ悩んでいますが、
今まで観たことのない角度で麗しいお姿を観ることに
それはそれで楽しみなのであります。

どうやら、舞台美術がニューバージョンv-344なのだそう。
2月27日朝日新聞夕刊のインタビューで、玉三郎さんそのようにお答えされていましたよ。
も~、玉三郎さんってば♪

玉三郎さんの舞踊を初めて観たのが南座での『藤娘』で。
あまりの可愛さにガツン…。
桔梗さんが挙げてらっしゃるご挨拶シーンも、
突然何事かと、嬉しいサプライズでした。

今回の『二人藤娘』でもきっと嬉しい何かがあるんだろうな。
寒くっても、玉さま、七之助さんの娘っぷりに、
胸いっぱい春を感じに参りたい!

わくわくドキドキ

くるりんさん

いよいよ明日ですね。
小学生の頃の遠足の前の晩よりも
胸が高鳴って、ワクワクしています。
いい年して、こんな高鳴りはなかなかありません。
これだから、やめられねー、ですわ。

明日は雪マークもついていますね。
また降るのかな。もうコリゴリ。
まだ雨の方がいいですね。

新しい歌舞伎座になって、
西側は、一回だけ座りました。
玉さんの夕霧さんを上から拝見。
ちょうど、上を見つめる夕霧さんの目線が西側にきて、
吉田屋は西側で観るに限る~ってメモしましたよ。
藤娘も西側からの角度で観るのはグーなんじゃないでしょうか。
お二人の配置が美しい。
花道も乗り出してちょっと見ちゃったり。
花道を見ているお客さんの顔を見て
花道の役者さんを想像するのも面白いです。

27日の朝日夕刊、読みました。
舞台装置について、おっしゃってましたね。
おーっ!と思ったので、記事でご紹介しますね。
明日の朝にはアップいたしますんで。
玉さん、いろいろ考えていらっしゃいますね。

くるりんさんの初玉さん舞踊が「藤娘」だなんて、
そりゃまたハッピーですね。ハマらないワケない。
まあ、どの演目でも、ハマっちゃうけどねー。
可愛いんですよね。真似できません。
ちょこちょこ走りもやってみたいけど
絶対につっかかってころぶでしょう。

うー、また盛り上がってきちゃいました。
今日は、眠れるかな。ハイテンションで無理かも。

たとえ雪でも、明日は春になるでしょう!
同じ空間で、満喫いたしましょう。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク