「神秘」でした☆☆☆

21日に文京シビックホールで
玉三郎さん演出の「鼓童ワン・アース・ツアー~神秘」を
観て参りました

5月からも全国ツアーがあるので
これからご覧になる方が沢山いらっしゃいますから
ひとことだけ感想を申し上げますと。

観る前に、大蛇となまはげと聞いて、日本古来の土着的な芸能を
私はイメージしていたのですが、美しく裏切られました。

闇の中で煌めく灯りが泣きたくなる綺麗さで、蛇もキラキラしていて、
ロマンティックで、洗練されていて、それなのに懐かしくて、
闇の中でうごめく命を感じる怖さがあって、なまはげや獅子舞と
鼓童の方たちとのやりとりが楽しくて、そのおかしみがカラッとお洒落で…
結局、ひとことじゃ済まないんですわ。

まず、会場で配られたプログラムを見て、
鼓童の若手のみなさんの新曲がずらっと並んでいて
それを見ただけでワクワク感が沸騰!
夢のような美しさと、太鼓や笛、声たちのパワーがひとつになった舞台は
新しくて、素晴らしくて、ハッとすることばかりでした。

プログラムには、演出だけではなく
振付にも衣裳デザインにも玉三郎さんのお名前がありました。
衣裳が素敵なんですよ。
女性たちはフレアスカートで(これまでの鼓童では想像できないでしょ)
太鼓を打ちながらふわり~んって広がる
そのドレープが可憐で、胸がキュンとなってしまいました。
男性陣もキラキラした衣裳なんですが、襟ぐりのラインがキレイで
どこかの星からやってきた鼓童星人という雰囲気でした。

蛇の動きが凄いです。なぜ、あんなふうに動けるのだろう、と
目が離せませんでした。グルグルグル~~~~~
ちなみに蛇役は、草洋介さんと小松崎正吾さん。

玉三郎さんのファンであられます皆さま
これは絶対にぜったいぜったいずえーったい、
観に行くべきです。玉三郎さんのキラキラした感受性を感じます。
玉三郎さんの代表的な芸術作品(全部だけど)になると思います。

5月からの公演日程はこちらです。
http://www.kodo.or.jp/news/20140510oet_ja.html

そしてビッグニュースを、マイブラザーに教えてもらいました。
鼓童のみなさんが日本レコード大賞と紅白歌合戦にご出演です
さて、歌っちゃうのでしょうか!詳細はこちらをば。
http://www.kodo.or.jp/news/bangumi_ja.html

http://www.kodo.or.jp/blog/staff/20131228_216.html

会場で販売されていた「神秘」Tシャツをゲットしました。
フロントには蛇ちゃんの鱗柄が。
20131228+006_convert_20131228212423.jpg

背面左すそには鼓童の墨文字が。
20131228+013_convert_20131228212824.jpg

これは買いっ!です。蛇パワーで怖いものが無くなりそうです(ほんとか)

コメントの投稿

非公開コメント

またまた有り難い

 年の瀬の慌ただしい時期に、有り難い情報、ありがとうございます。
玉三郎さん出ないし、どうしようっかな?って思っていたのですけれど、心が騒ぎました。行きますよ〜。(鼻息荒い)
来年早々大阪もありますし、華やかな年の幕開けになりますね。
とても嬉しいんですけれど、玉三郎さんの体調も少し心配です。
長丁場が続きますしね。痒くなるほどの拍手で、応援したいと思っています。
 歌舞伎座の山田君、私も発見しました。なんだか同級生に再会したような、不思議な気持ち。
 やだ〜山田君、今日は出張なの〜?
 いやいや、俺もうこっちに住んでんの。一口食べてってよ〜。
なんちゃって。(桔梗さんのマネしちゃいました)
はい、有り難く試食だけ戴きました。
連日大賑わいでしたね。楽しみにしていた鯛焼きが売り切れそうになっていたので
眼光鋭く睨みをきかせてしまいました。
しかし、玉三郎様と海老蔵さんの華やかすぎる道行きだというのに、海老蔵さんの記憶がさっぱり。
私は玉三郎さんしか見ていないのでした。もう可愛くて艶っぽくて儚げで。
三日間くらいでいいから、あんな女になってみたい。
でも三日ももつかな〜。やってらんね〜とちゃぶ台ひっくり返しちゃうかも。こらえる姿に色気が宿るんでしょうね。リンダ困っちゃう〜、じゃ素敵な女性は勤まりませんな。
    
桔梗さん、ちなみにわたくし、戦後2○年に誕生いたしました。
日露戦争じゃないですよ。
丸かぶりですよね、おそらく。


 

一回目

12月7日(土)、大阪のNHKホール公演を見ました。
「神秘」としては三回目の公演になります。

いろんな仕掛けがつぎつぎに繰り出されて、わくわくしました。
照明の使い方もおもしろくて、どんな劇場でも対応できるようにと工夫されたのかと思いました。
なんでも自力でやってしまおうという精神ですね。

阿部研三さんのステップ(?)、片足を前に高く90度にあげて進むやつ、好きなんです。顔は、にこりともしないで客席に向けたまま。
「アマテラス」でも少しありましたが、今回は長くて、舞台を横切ります。

内田依利さんの曲と振り付け、面白かったです。
振り付けが、ピナ・バウシュのドキュメンタリー映画でみたダンスに似ていると思いました。ダンスの世界は知らないのですが、ヴィム・ヴェンダース監督作品というのでみた映画「pina:ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」をみて、いっぺんにピナに惹きつけられました。ちょっと手を伸ばしてみせるだけで、「表現」になるのです。

さて、「神秘」は、5月の南座公演で、また拝見できるので、楽しみです。

見留さんがおられないのが、ファンとしてはすこし残念。

行ってください!

フクギさん

もう迷うことはありません。
「神秘」の世界に、迷い込んでいらしてください。
会場で浅草公会堂の先行予約があって
私は即決で、ゲットしてきました。
また絶対に観たい、と思いました。
先行予約には行列ができていました。
感動された方、多数です。

玉三郎さんほどタフな方は知りませんが
でも、体調が気になりますよね。
私も、ミッキーマウスの手で拍手してきます。

山田君を試食だけとは!きっと山田君
「おいおい、高松空港で買ってくれたじゃんかよー
なんでここでは試食だけ?やまだ困っちゃうー」
って、言ってないと思います。

フクギさん、ちなみにわたくし
応仁の乱の約500年後に誕生いたしました。
リンダの歌を真似して歌うと
なぜか母に叱られて、
なんで母が叱るのか、不思議で仕方ありませんでした。
今、歌詞を見ると、うん、なるほどね。
ほんとは母も、影で踊ってたりして(なわけないか)

見留さん

京にんじんさん

私よりもとっくに早くに
ご覧になられていたのですね。

それが、会場に着いたら見留さんが
ホールの入り口に立っていらして
鼓童代表として、お客様にご挨拶されていらっしゃるようでした。
あー、見留さん!と思いながら
遠くて見ていました。
いつものようにキリッとした表情で
お洒落な革靴を履いておられました。
心の中で、「おー見留さんー見留さんだー」と
大向こう?かけてました。

そうそう、「神秘」の照明が面白いですよね。
とってもユニークで、キレイで、世界に引き込まれます。
阿部さんはポーカーフェイスですね。
お若いのに、昭和の人間ぽいですよね。骨っぽい。
内田依利さんの桶胴太鼓も圧巻ですが
今回、作曲もされていて才能炸裂してます。
ほかの女性の方たちもみんな素敵です。

「pina:ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」を見ました。
そうなんですか、振付を連想するのですね。
女性たちのユーモアのある掛け合いが楽しくて
会場中に笑い声が起きていて、私も声出して笑っちゃいました。

5月にまたいらっしゃるのですね!
きっとまた進化していそうですね。
でも進化しなくて今のままのも
もう一度、見たいです。

神秘

5月から全国ツアーされるんですね。
情報ありがとうございます。
12月の文京シビックホールには行けなかったので、6月はぜひ行きたいなあ~と思ってます。
衣装も注目なんですよね!

6月は、玉様の公演もあるとか・・・
いつ頃詳細が発表になるのかな~v-361
日程が気になります。

っていうか、その前に3月ですね。
いやいや1月ですわ~
私も今回の遠征はご一緒の方々がいるので、開演前と終演後も楽しみがありますv-290



ぜひぜひぜひ!

あんずさん

浅草公会堂で、またお隣かも。
絶対に観に行って後悔しませんよ。
素晴らしい舞台でした。
衣裳が、素敵ですよ。玉三郎さんのセンスが炸裂。

1月はお友達のみなさんとご一緒なんですね。
楽しんでいらしてください。
また感想をお知らせくださいね。
待ってます。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク