「オ~こわ、オ~こわぁ~」

おかるさんが梯子をそろーりそろりと降りる時の
艶のある、色のある、澄んだ声が今も耳元で聞こえています。
道行していた可愛いおかるちゃんが洗練されてレディになって
すぐそこで生きているのですが、脱皮して発光している感じで
生身の人間とは思えないほど美しすぎて、艶っぽすぎて、
こっちの方が「オーこわ、オーこわぁ~」なのであります。

昨日は歌舞伎座に討ち入りの結果、
おかるさんに完全降伏です。参りましたっ!
夜の部の感想から書きたいと思います。

障子がス―ッと開いて、おかるの細く白い指先が見えた瞬間
ゾクゾクっと背筋にロマンが走り抜けました。
指先を見ただけでこんな風に心がとけていくなんて。

すぐに正面の障子が開いて、ふわ~りふわりと丸団扇で酔いを冷ましている
おかるの姿が見えると、ふぇ~っと場内がどよめきます。
しっとりとした、そのうるおいぶりがハンパないのですよ。
全身からほとばしりでている、女心の泉を感じました。なんなんだーこの気品は。
今度酔っぱらったら、丸団扇であーやって、ふわ~りふわ~りって
酔いを冷まそうっと(誰も見てないし、てか出来ないし)

平右衛門に斬られそうになって、手を合わせて拝むところからの
おかるのチャーミングなやりとりは、いつも笑って声が出てしまいます。
なんて可愛くて、茶目っ気があって、楽しいんでしょう。
声が艶っぽくて、弾んでいて、何でも言うこと聞きたくなっちゃいます。
玉三郎さんの間合いが、絶品なんですよね。

その後、平右衛門に真実を告げられて、勘平の死を嘆き悲しむおかるが
両親にあてて書いた手紙をひきちぎって、くわえて泣く姿が、たまらないです。
いろんな思いがこみあげてきて、切なくて悲しくて涙が溢れてしまいました。
さっきまで笑っていたのに、ゴソゴソと鞄の中のハンカチを探すことに。

粋で、情緒的なエッセンスやユニークなアイデアが散りばめられていて
七段目の脚本を考えた人は凄いな、面白いなーと、つくづく感じながら、
おかるさんが醸し出す雰囲気や、ゆったりとした“間”で
スイスイと物語が運んでいって、そのすべてが心地よいのです。
玉三郎さんのすべてのお芝居に通じている心地良いテンポを感じます。

五段目、六段目でも実感したのですが、数年前には淡々と見れていた場面で
今回、涙が出てきて止まらないところが沢山ありました。
その間に両親が亡くなったことや、自分の人生崖っぷち体験を経て
お芝居の感じ方がこんなにも変わるものなのかという発見がひとしおでした。
なるほど、だから歌舞伎は面白いのか、と今さらながら、
年を重ねていくことの深みと歌舞伎を観続けることの楽しさを感じたのでした。
演じている役者さんの人生も、同じように重ねて感じられることも
また、歌舞伎の醍醐味なんですね。しみじみ。

今回、「七段目」のおかるさんを観ていて、心の底から
「アー、生きていて良かった」と思いました。じわーっと心がうるおいました。
このところ忙しくて心がガサガサになっていたのですが
疲労がどっかへ吹き飛びました。歌舞伎座に討ち入りして本当に良かったです。

「落人」のおかるちゃんと勘平のやりとりにも、色の変化を感じました。
それはまたあらためて書かせてください。

コメントの投稿

非公開コメント

すてきでしたね。

 本当に疲れがふっとぶすてきな舞台でしたね。
私は、一昨日遊女のおかるさんに逢ってきました。
三階席でしたので、細かい仕草までは見えなかったのですが、驚いたのは玉三郎さんの声の張りと艶とかわいらしさ。
今週末にかぶりつきで拝見してきます。
あ〜、楽しみです。

歌舞伎座に討ち入り!

私も昨日討ち入りして魅入られてきました!

二階の障子にうっすらとおかるさんの影が映ると、
私はオペラグラスでガン観?しまくりました。
でもって、酔いを醒ましているときの風情にうっとり、鏡を使って覗く姿にうっとり、梯子の降り方にうっとり、平右衛門に褒められたときの恥ずかしがり方がかわゆいとうっとりしっぱなしです!

何回でも拝見したいところですが、そんなことは違わず・・・
でもでも、イブとクリスマス観に行ってきます!!
(来年からは節約せねば・・・)

イブあたり?桔梗さんとお席が近いような予感がします。
よろしくお願いします!

イブの日に

フクギさん

おととい行ってらしたのですね。
疲れが吹っ飛びましたよ。
玉さん見ると、すっぽんエキスはいりませんね(笑)

声が艶々していて、しびれちゃいました。
昼の部で、玉さんの声をぴこさんが心配していらっしゃいましたが
お風邪ではないようで安心しました。

今週末はかぶりついちゃいますか。
楽しんできてくださいねー。
私は毎週末行きたかったのですが
今週末は仕事でいけないんです。
3連休だっちゅーに。すっぽん必要かも。

フクギさん、今日、何気にコメントがおとなしめ?
いつもの勢いが感じられず、心配です(ふつうなだけですよね)
やっぱりスッポン飲んだ方がいいかも~余計なお世話。

うっとり三昧ですな。

あんずさん

昨日、あんずさん目撃しましたよ。
眼と眼があって、手を振り合って、
でも、じゃらつかなかったですね(笑)

何回でも拝見してるじゃないすかー。
ひーふーみーよー、イブもクリスマスもでしょー充分ですよー。
私に言われたかないですよね。

イブの日ですね!お席が近い予感。
平日なんですよね。
もう、仕事が終わらなかったら、どうやってフェイドアウトしようかと
今から落ち着きません。どーしょー。
なんちゃってインフルエンザしかないか!
今週から咳しとく?まだ早い?

まだちょっと

早いかな(笑)
うーん、20日頃から・・・
何を言ってるんでしょうか・・・
お仕事ウルトラがんばってね!!
イブは玉さんと、いや、おかるさんと♪

昨日は、桔梗さんの出待ち?に出遅れてしまいました。
次は遅れないようにしなくちゃ!

まだ咳はだめね。

あんずさん

了解しました。咳は20日からですね。

お仕事も楽しいんですけど
玉さんがある月は、ヒヤヒヤしちゃいます。
だって、なんたって、
ウルトラ玉さん大事なんですからね。
イブはあんずさんと、じゃらついたりして。

私の出待ちですか!飲みモード?
言ってくれれば、あんずさんを出待ちしたのに。
昨日はひとりでとぼとぼ、
どなたとも飲まずに帰りましたよ。
ラクには私は行けないので淋しいです。
みんなで年末しめくくりの大乾杯になりそうじゃないですか?
あんずさん、私の分まで飲っちゃってくだせい。

おーっと

ぴこさん

まるぽんものけぞる、俳句攻撃!
この句の肝は、ポチリ、ですね。
この語感が現代をあらわしつつ、
なんとなく風情があって乙な感じ?
評論家ぶろうとしても言葉が出てきまへん。

もうポチってなんぼ!
あとは野となれ、大和屋大好きなんですから。
こればっかり。

千穐楽のチケットが取れたのですか。
良かったですね!
私はラクは仕事の修羅場で、行けないのです。
25日から27日まで超修羅場で(泣)
でも諸先輩方はきっと大集合されますから
同じ空間で、大和屋さんにエールを送ってきてくださいね。
エイエイオーっ!

ばれちゃいました?

ええ、そうなんです。すっぽんで血行良くなりすぎてくたびれたんですきっと。
文面でばれちゃいましたか。
隙あらば歌舞伎座、と鼻息荒い日々。
夕べの全力山本リンダも響いています。
忘年会シーズンですね。
お体御自愛下さいませ。

バレバレ

フクギさん

なんかお疲れな感じですもん。
それじゃ、すっぽんの意味ないじゃん。
すっぽんのせいにしてもダメ。
山本リンダのりのりで歌ってる
フクギさんの姿が浮かびました(会ったことないけど)
単なる二日酔いじゃんか。

ちなみに、私もリンダはいけますぜ。振り付きですぜ。
あと、みやっこ!も、そうとうですぜ。
あんこ~つばきぃは~あんこっ、つばきっはe-343
こんな時間に歌いたくなってしまったじゃないですか。

やはり

桔梗さん、やはりそうとうな引き出しをお持ちのようで。
あんこつばきを全力で唄っている桔梗さんが目にうかびます。(あったことないけど笑)

唸ります(私がね)

フクギさん

私のひきだしの「あ」行には

☆あんこ椿は恋の花(笑いとる自信あり)
☆愛燦々
☆I LOVE YOU
☆仰げば尊し
☆あんたがたどこさ

なんてね(笑)。昭和の唱和ばかり。
フクギさんの「あ」行はもうちょっと新しいでしょ?
(会ったことないけど)
でもリンダだから、同じか。

ポチリ^^

ポチリする 夢にうなされ クリスマス^^

土曜日は もうすぐ もうすぐ 玉の夢^^


パチパチパチ

まるこさん

珠玉の二句を、ありがとうございます。

うなされちゃうんですか、クリスマス。
ポチリのせいで。。。。(笑)

土曜日まであと4つ寝ると!
目の前に、珠玉の玉さんが~。
いいないいな。

このために頑張ってきた

先日おかるちゃんにお会いした時。運針をするおかるちゃんを見ていたら、あー、私はこのために頑張ってきたのだ、とつくづく思いました。まさに、舞台を見て「生きてて良かった」と感じる瞬間ですね。桔梗さんもご苦労のお有りな日々。私もあまりに忙しく。なんだか感受する力がすっかり鈍くなってしまっていたのです。

玉様のDVDが着き、待ち望んでいた良い知らせの電話が同時にあって。輝くほど嬉しいはずが、何にも感じない。忙しすぎるって怖いですね。

それが、あの晴れやかな舞台の天女が舞うような運針の場面。夢のような美しさですね。

あーこれで、また、頑張れる!そんな気持ちで帰路に着いたら、忠臣蔵恐るべし。正直、玉様以外の歌舞伎に心動かされない私が忠臣蔵後編が見たくて見たくてたまらないのです。歌舞伎好きな方達には申し訳ないのですが、忠臣蔵の内容って、実は日本の心は侘び寂びより、ヤンキー心よって、感じに思ってて。でも、面白い。で、なぜだか戻りが出ていて、高いよー、と言いつつ、私もポチってしまいました。

美しい美しいおかるちゃんに又、会えてとっても嬉しかったです。

玉様、どうかこのまま、舞台をお見せ下さい

心の余裕

すみれさん

おかるちゃんの針仕事の様子は絶品ですよね。
拍手が起こりますもんね。
ほんとスイスイスイ~っと手縫いのしぐさが見事です。
きっと実際もお上手にこなしてしまわれそうですよね。

忙しすぎはいけませんよね。
でもほどほどの仕事ってないですね。
やるっきゃないけど、疲れます。
でも、玉さんを観ると、じわーっと心がうるおって
元気の泉がぴゅーぴゅーと湧いてきます。
この間もつくづく生きてることの素晴らしさを感じました。
心がガビガビの時は余計にしみますね。

忠臣蔵を見ていると、いつの時代も
人間のねたみ、ひがみ、そねみといった負の感情が
人間の尊厳を傷つけて、そこから事件が勃発するのだな、と。
歴史的な抗争も、火種は意外とそういうところにあったり。
ねたみ、ひがみ、そねみは、永遠の敵ですね。
玉三郎さんのバレエの方との対談での解説で
忠臣蔵は外伝が多いとおっしゃっているのを読んで
外伝にさまざまな人間模様が描かれていて、
その面白さに今回、初めて気がつきました(遅いよ!)

すみれさん
戻りをポチリ!
おめでとうございます。また感想聞かせてくださいね。

ありがとうございます!

「昨日は歌舞伎座に討ち入りの結果、
おかるさんに完全降伏です。参りましたっ!」素晴らしい文章で感激です!
例の辛口の方も「玉三郎は年取らない」と前と真逆の御意見で(苦笑)
私もごたごたで落ち込み寝られなく体もあちこち痛くなってしまいましたが昼夜通しで観ました。新幹線最終、地下鉄最終で帰宅しました。松竹座楽はゲットしました。
無事に鑑賞できることを祈るばかりです。
基本的に一回しか観劇出来ません。唯一の例外は昆劇南座初演初日と楽鑑賞です。
いつも情報ありがとうございます。玉様ファンの友人とともに感謝しています。コメントがなかなか入れられなくともいつも読ませていただいてます。

千秋楽まであと二日

千秋楽まであと二日になってしまいました。
初めて玉様の歌舞伎を観て大感動してから、2週間が経ちました。
毎日、夢でいいからおかるちゃんに会いたいと願うものの、思いはかなわず、、、。
お好み焼を玉様に焼いてもらった桔梗さんが羨ましくって!!

そんな時、皆様のコメントを読むたびに、おかるちゃんを思い出し、ワクワクドキドキしている文月です。♡♡♡

千秋楽のコメントが楽しみです。

歌舞伎や玉様のことを色々知りたいと、玉様のHPと桔梗さんのブログを少しずつですが、読み進めています。

玉様の文章は、読みやすいエッセイから、学術論文と言っていいものまで、本当に幅が広いのですね。

玉様が、私たちに伝えようとなさっていることを読み解くことが、私にとってなかなか大変で、時間がかかります。(汗)

玉様の文章を読んでいると、玉様の舞台を観て、『美しい』『素晴らしい』と感動するだけでなく、もっとその奥にあるものも、感じられるようになりたいと、つくづく思います。

昨年、母を亡くしました。
玉様の舞台中継をいつもテレビで見ていたそうです。
一度でも、歌舞伎座に連れて行ってあげたかったと、今になって思います。

私も、もっと早くに玉様に会いたかったなぁ~。



こちらこそです

hitomiさん

いつも読んでくださって
ありがとうございます。

身体は大丈夫ですか。
新幹線最終、地下鉄最終の気合いが、素晴らしい~です。
松竹座もゲットおめでとうございます。

お正月早々、楽しみですね。
私も、鑑賞できるようにお祈りしています。

これからもよろしくお願いします。
お友達にもくれぐれもよろしくお伝えください。

夢で会いましょう~。

文月さん

玉さんに撃沈して2週間が経ったのですね。
ますます底なし海にズボズボいってるでしょ?

夢で会いたいと思い続けていると叶います。
私は、何回か、夢に玉さん登場してくださいました。
その日の朝は、ぼわわわーんとして
ずっと夢心地です。ずうずうしいですよね。
玉さんに、もんじゃを焼いてもらってください(笑)

>玉様の文章を読んでいると、玉様の舞台を観て、
『美しい』『素晴らしい』と感動するだけでなく、もっとその奥にあるものも、
感じられるようになりたいと、つくづく思います。

そうなんですよね。精いっぱい頑張って、玉さんワールドを
ちゃんと理解できるようになりたいです。
大きくて奥が深くて、玉さんが底なし海なんですよね。

お母さまを亡くされた悲しみは
まだまだ癒されないことと思います。
4年経っても、私もまだダメなんです。
母のことを考えないようにして生きているんです。

玉さんの中継をいつもご覧になられていたお母さまの後を継いで
文月さまが今、こうして玉さんにハマっている姿を
きっと天国からお母さまが見て、喜んでいらっしゃると思います。
歌舞伎座の席のお隣に舞い降りてきて
きっと一緒にご覧になれているのではないかな。
だって、娘にだけ玉さんを独占させるのはズルい!と
お母さまが許さないと思うんですよ。

もっと早くに会いたかったですね。でも、
今、会えてるから、それで良しとしましょう!(笑)

23日のおかる

行ってきました、23日の歌舞伎座。
昼の部のおかる勘平も、夜の部のおかる平右衛門も、すばらしかったです。三階からですが、美しさと華やかさと哀感が伝わってきました。

海老蔵さんとのコンビネーションもよく、花道のツーショット写真を記念に買いました。
二人で富士山を見ながら、山の形をつくるところ、写真があれば買いたいところでした。

玉三郎さん、声の調子もよくて、細いちいさな声でもしっかり届いていました。
客席の反応もよく、玉三郎おかるのせりふ、動きに一喜一憂、笑ったり、泣いたり、絶品おかるでした。

シャンパンも3階ドリンクコーナーで見つけて、おいしくいただき、写真入り筋書も購入して、あとは楽日をのこすばかり。ありがたい公演でした。

フワフワ

母ばかりでなく、私も気持は歌舞伎座にフワフワ飛んでいます。
毎日、おかるちゃんの出番の時間になると、仕事をしながらソワソワ。
一人で思い出し笑いなんかをして、気持悪いおばさんになってます。(汗)
今日も、おかるちゃんパワー全開でしょうね。

おかるちゃんを1日観ただけで、ずっと幸せ気分でいられ、仕事や介護のつらさを、忘れさせてくれます。
たぶん、私の大変さなんて、大したことではないと思えるようになりました。
玉様パワーはすごいですね。

話変わりますが、1月の仕事の予定が立たず、松竹座のチケットを買わずにいたら、ほとんどの日が3等席Bしか残っていません。
高いところが苦手で、古い宝塚大劇場の3階席で怖くて観劇できなかった思い出があります。 

玉様の大阪の公演は、もうチケットは出てこないものなのでしょうか?
あと、松竹座にいったことがないのですが、3階B席はかなり高い場所でしょうか?

すみません、このようなところで変な質問をしてしまいまして。
もし、不適切なコメントでしたら、非公開にしてくださいね。

よろしくお願いいたします。


素晴らしい!

京にんじんさん

23日のレポートをありがとうございます。
美しさと華やかさと哀感!まさにです。
今日も、素晴らしい舞台でした。

オーマイガー!
写真を買うのを忘れてしまいました。
七段目ギリギリに行ったので
買おうと思っていたのに、すっ飛んでました。
前に下見をしていたのですが
道行のおかるちゃんが両手を重ねあわせて上に上げているショットがあって
おー、これ欲しい、と思ってました。
旅先のお土産ものと同じで、
思ったその時に買わないといかんですね。
ま、いっか。生のおかるちゃんを脳内に焼き増し?しておきましょう。

オーマイガー!
シャンパンも飲もうと思って、忘れてました。
というか、時間がありませんでした。
次回の楽しみにいたしましょう。

明日、いらっしゃるんですね。
感想を、大きな樅の木のクビでお待ちしております。

飛びます飛びます

文月さん

お母さまと一緒に、飛びます飛びますですね。
それもまた楽しそう~。

私も、今日、16時頃の打ち合わせで
きっとソワソワしていたんでしょうね。
歌舞伎座に行く(つもり)なんてことは何も言ってないのに
「今日は、いい時間に出たいって感じなの?」と聞かれて
「えっ?いい時間!そう、いい時間に出たいですねー」と言うと
「連絡だけはつくようにしといてね」と言われて
「それは大丈夫ですよ、もちろんですよ」と言いつつ
内心、歌舞伎座は連絡つかないだろーよ、と。
でも、仕事も、神様が味方してくれて
何とかなりました。
歌舞伎座の座席に着いて、ホッとして
嬉しさがジワジワ湧いてきました。
おかるちゃんに逢えて、幸せでした。

松竹座は3等席Bだけなんですか。
普通、安い方の席から売れていくのに
凄いですね。一等はもう売れ売れなんですね。
私もよくわからないのですが
戻りというシステム(戻り鰹を連想)もあるみたいですし
まだ希望を捨ててはいけません。

3階の席については、
地元クィーンの京にんじんさんと、おとらさんに
お尋ねいたしましょう!
お二人さま、ご覧になってますか~?
お答えお待ちしております。

ちなみに、文月さん、幕見はやっぱりダメ?
高くて転がり落ちそうな傾斜ですよね。

松竹座に行けることを祈ってます!

松竹座の3階席

松竹座の座席については、おとらさんがお詳しいでしょう。
おとらさーーーん!

1月の松竹座は、1等席で1回、3等A席で数回、拝見の予定です。
B席の経験はないですが、A席の後ろになり、かなりキビシイ席だとおもわれます。

チケットはこまめにチェックしていると思いがけない良席が出ることがあるようです。

ありがとうございました

ご無沙汰しております。クリスです。
先月は桔梗様を始め皆様から温かいお言葉を頂、本当にありがとうございました。
すぐにお礼を、と思いながら、メールを書く気力が無くて失礼致しました。
その間玉様の今月のコメントを読んで、玉様もお辛い中過ごしていらしたことを知りました。
また、こちらのお座敷の皆様もお辛い中、前を向いて進んでいらっしゃるご様子。
私も皆様のお力をいただいて、少しずつですが前進したいと思います。

今日は思わずポチリで、7段目のおかるちゃんに会いに行きます。
15日に通しで観ましたが、ただただうっとりするばかりで、皆様のように細かいところまではとてもとても。
皆様の頭にはビデオカメラが入っているのでしょうか?
今日は私も玉様の美しいおかるを脳裏に焼き付けてきたいと思います。

俳句は作れませんでしたが、改名するなら、
玉様ポチ子かな?

松竹座の3階

では、ご指名によりコメントさせていただきます。

松竹座の3階の座席って5列しかなくて、通常は3階全部が三等席なんですが、特別な時だけ(つまり、松竹が儲けられる!と踏んだ時だけ)、AとBに分かれます。3階席の一列目がAで、二列目から五列目がBとなります。

ただ、松竹座の一列目って、手すりが他の劇場より高いのか、ちょうど目線のところに“線”が入るので、ちょっとストレスを感じます。なんで、私はいつも一列目と二列目でどちらを取るか迷います。今回は、玉さまということでBでは悪いかと思い(って誰に?)、Aを取りましたが・・・。

文月さんがどれくらいの高さがお苦手なのかわからないのですが、劇場の規模としては歌舞伎座の三分の二程度なので、歌舞伎座よりは間口もコンパクト、舞台が近いと思います。(松竹座の三階の一列の席数は34席、歌舞伎座は46席あります) 文月さんは京都の南座はご存じでしょうか。南座の三階は文字通り“断崖絶壁”なんですが、それよりはずっと緩やかです。

松竹座には公演によって「幕見」というのがあって、3階の最後列(五列目)で見るのですが、後ろに人がいないので、前かがみになろうが、後ろにベターッともたれようが注意されないので、私は気楽に見られるという点では案外好きなんです。

ご期待に沿うような回答になっていないかもしれませんが、松竹座の三階ってこんなところです。

良席の戻りチケットが出るよう祈っています。

頑張ります

おとら さま

松竹座に関する沢山のコメント、ありがとうございます。
やはり、今からチケットを探すようでは、玉様のフアンとは言えないですね。
まず、チケットのとり方から、学ばねばとおもっています。

今回は、皆様に教えていただいた”もどり”をこまめにチェックし、
、3階でも頑張って観てみます。
松竹座は断崖絶壁ではないそうですので、みえなくても、声だけでも聞こえれば十分かしらと。

私は関西が大好きです。
以前あった”三都物語”のCM、懐かしいです。
大阪行きがとても楽しみです。
(チケットもないのに、もう行く気満々の文月です)

いろいろくわしく教えていただきましてありがとうございます。






キビシイ!

京にんじんさん

ありがとうございます。
松竹座には、一回だけ昨年の9月に行っただけなので
何となくコジンマリした劇場だった覚えはあるのですが
B席はかなりキビシイのですね。

となると、良席が出るといいですね。

玉様ポチ子さま

クリスさん

しばらくでございます。
どうされているかな、と思っていたんですよ。
お礼なんて、とんでもないっす。
メールを書く気力がない、というのがちょいと気になりますが
でもお元気そうで何より。
少しずつ前進も、無理しないでいいですよ。
ジッとしていたっていいですよ。
私も、ところどころジッとしたままです。

>今日は思わずポチリで、7段目のおかるちゃんに会いに行きます。

思いっきり前進してるじゃないですかー(笑)
玉様ポチ子の気力があれば、もう大丈夫ですね。

頭の中にビデオカメラ入れられたらいいですね。
でも、きっと玉様ポチ子さんも、
今頃、脳内再生で玉さんをがんみされていることでしょうね。

おとらさんご指名でーす。

おとらさん

さっそくのお返事をありがとうございます。
さすがでございまする。

>松竹が儲けられる!と踏んだ時だけ

マーケティング女王のおとら女史ならではの分析に
笑っちゃいました。
B席でも二列目なら、まあいいんですかね。
でも律儀に一列目をとられたんですね。えらい!

「神秘」を観た文京シビックホールも
二階席の一列目だったのですが、目の前のてすりが
ちょうど目隠しの位置にあって、皆さんくちぐちに
あの手すりがねえ~とおっしゃってました。
設計者の計算ミスなのですかね。
新歌舞伎座の三階席東でも、そういうご意見がありましたね。
手すりは取り外せるんじゃないでしょうかね。
高さ調節をのこぎりでギーコギーコして
ちょいと低くしてくださればいいんですよね。
そんな簡単じゃないですね。

文月さんが、どこまでの傾斜が許せるかですね。
松竹座の幕見は魅力ですね。
後ろに気兼ねしないでいいってのがいいんですよね。
赤坂アクトシアターで二階最後列で見た時も
すごく気が楽で、カーテンコールでは飛び上がるは
両手は上げるは、やりたい邦題でした。
いつか行ってみたいです。

充分すぎるほどご期待に添えるお答えを
ありがとうございます。

がんばれー

文月さん

3階席で目をつぶって声だけ聴くって
渋すぎます。ぜひやってみてください。
絶対、目、あけると思います。
玉さんの声を聞いて、目をあけないで帰ってこれますかっ。
玉さんのおかげで高所恐怖症を克服できるかも。

待てば戻りの日和あり、であってほしいです。
お祈りしております。

頑張ります!

松竹座にも幕見があるのですね。知りませんでした。
情報、ありがとうございます。
HPで見てみましたが、1月公演に関してまだ載ってないようです。
早くに行って、並べばいいのでしょうね。頑張ります。
大阪はキタの方しか分からなくて、ミナミは初めてです。
迷子にならないように、気をつけなくては、、、。

あっと言う間にお正月公演ですね。
皆様は、初日にいらっしゃるのですか?

チケットも大変厳しいようで、教えていただいたヤ○ーオー○○ョンも、
希望の日のチケットがあり、頑張りましたが、途中で断念しました。
どこまで上がるのかとドキドキして、悩んでいるうちに、タイムアップでした。

話変わりますが、第27回京都賞記念講演会の玉様の公演を、You Tubeで見ました。
玉様の生き方、考え方等を知り、深く考えさせられました。

玉様はやはり普通の方ではないのですね。
初めてアマテラスで舞台を拝見し、とんでもないオーラを感じたのは必然だったのだと納得しました。

おかるも、玉様がおかるを演じているのではなく、おかるになってしまっていらっしゃるのかな、、、と思いました。
平右衛門に勘平のことを尋ねるときの逡巡の様子が可愛くて、そして父親や勘平の死を知ったときの、おかるの悲しみ、たぶん勘平の悲しさを思っての悲しみだったように思うのですが、観ている私が涙がボロボロでした。
歌舞伎のイロハも知らない私に、これだけ沢山の感動をくださる玉様って、どれだけのパワーをおもちなのか。
きっと、高所恐怖症も治してくださる気がします。

坂東玉三郎様と同じ時代に生きていられることの幸せを感じる文月でした。

私も知りませんでした。

文月さん

幕見を観られるといいですね。
ほんとにあっという間にお正月公演で
玉三郎さんはお休みする暇もないですよね。
大変なお仕事ですよね。
私なんかがヒーヒー言ってるのとは
わけが違うなあ、とつくづく思います。

>第27回京都賞記念講演会の玉様の公演

行きましたよ!素晴らしいスピーチでした。
生き方、考え方に、私も深く感動するのです。
ひとりの人として、心底、尊敬しています。
二日目のワークショップも思い出深いです。
こちらもたぶんユーチューブであると思います。

歌舞伎のイロハは、私もまったくわかりません。
でも、たぶん関係ないのだと思うのです。
感じることがすべてだー(言い訳)

松竹座を楽しみに
風邪をひかないように年を越しましょうね。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク