師走は「おかる」@東京新聞

あと2週間で、師走です。ぶるぶる冷え込むわけです。
でも、心はホット歌舞伎座で玉さんのおかるさんを拝見できますからね。

東京新聞のニュース記事に、12月歌舞伎座公演に関する
玉三郎さんのインタビューが掲載されています。

インターネットの記事が消えてしまうといけないのでこちらに引用させていただきます。

玉三郎、師走は「おかる」 華やか「道行」哀愁「遊女」を

 今月の吉例顔見世(かおみせ)大歌舞伎に続き、十二月も東京・歌舞伎座で
通し狂言「仮名手本忠臣蔵」が配役を一新、同一演目で上演される。
昼の部の「道行(みちゆき)」、夜の七段目「祇園一力茶屋の場」に
それぞれ腰元、遊女のおかるを演じるのが坂東玉三郎。歌舞伎座でのおかるは六年ぶりだ。

「『道行』は華やかさ、『茶屋場』では酔いざましする風情の見えるおかるに」と語り、
若手花形たちとの共演を楽しみにしている。(森洋三)

 義太夫三大名作のうち『義経千本桜』や『菅原伝授手習鑑
(すがわらでんじゅてならいかがみ)』に比べると、「『忠臣蔵』は比較的に
女形が活躍できるお芝居で、華やかな役としておかるがある。
『お軽勘平』は踊りの会にも出るし、大きな役ですね」と玉三郎。

 初めておかるを演じたのは一九七〇年七月の国立大劇場。
尾上菊五郎(当時・四代目菊之助)の早野勘平、三代目尾上松緑(当時・初代辰之助)の
斧(おの)定九郎で六段目「勘平腹切(はらきり)」に勘平女房おかるを勤めた。

 「その五年前に『九段目(山科閑居)』を父(十四代目守田勘弥)の
(加古川本蔵の妻)戸無瀬(となせ)で娘・小浪(こなみ)を、一年前に
(塩冶判官(えんやはんがん)奥方)顔世(かおよ)御前をやってからのおかるでした。
もう十回くらいになるでしょう」

 「落人(おちうど)」の通称で知られる「道行旅路の花聟(はなむこ)」は
デート中に殿様の大事件に遭遇、面目を失って駆け落ちするおかる勘平の所作事(踊り)。
「人目を忍ぶはずの二人が派手にやっているのだけれど、もともと華やかな場面として作られた。
おかるって“翔(と)んでる役”で、だけどその華やかさの中に
どこか哀愁がなければいけないと思いますよ」

 七段目「茶屋場」は遊女に身売りしたおかるが登場する。
大星由良之助は松本幸四郎、おかるの兄・寺岡平右衛門は「道行」を
玉三郎と踊る市川海老蔵が演じる。

 遊女おかるには「世話女房の心で演じる」という口伝もあるが、
「それはあまり考えません。リアルなことを言えばおかるはお客を取っている遊女で、
それも主人のためにしていることなんだということが芝居で見えたらどうなりますか。
ここは二階で酔いざまししている遊郭の風情というものが見えてこないといけないと思います。
そんな中で勘平のことがふと頭に浮かぶ」

 塩冶判官の尾上菊之助、桃井若狭之助に市川染五郎、顔世御前・
六段目おかるが中村七之助、そして海老蔵と若手花形が主要な役を占める。
「世代交代というと言葉は悪いけど、舞台も交代していかなければ。
新しいメンバーともどんどんやっていきたいと思うんです」

 坂東三津五郎の休演で大序・三段目(喧嘩(けんか)場)の高師直
(こうのもろのお)を海老蔵が演じることになったが、「意外に師直が合うかもしれない。
海老蔵がダメなら『皆コケた』ってことになるかもしれませんが…」と笑顔でプレッシャーをかける。

 一~二十五日。二万~四千円。チケットホン松竹=(電)0570・000・489。

↑すでにチケットは完売とのことですが、
戻りチケットも出るかもしれませんし幕見があります!
2013年のフィナーレは歌舞伎座で、ですね

コメントの投稿

非公開コメント

やるなぁ~

笑顔でプレッシャー、

なんか凄い… (^^;

でも待ち遠しい!

ねっ!

待ち遠しいですね。^^

お久しぶりです

日ごろ「玉ちゃ~んe-51」とe-51マークをつけているにもかかわらず、11月は金丸座ではなく、出石の永楽館へらぶりんを見に行き(関西の人間としては「チーム上方」を応援したいもので・・・)、何となくこちらのお座敷にも入りづらかったのですが、12月は大丈夫ですe-68。当初は行く予定はなかったのですが、松竹歌舞伎会のゴールド会員発売日にチラッとサイトを見たら、ポチッと切符を取っておりましたe-319。3階席からですが、皆さんと感動を分かち合いたいと思います。20日と21日なので、まだまだ先ですが、こちらのお座敷で十分予習して臨みたいと思います。皆様のレポ、楽しみにしております。

ドキッっつ(バイ海老蔵さん)

アユムさん

玉さんの顔が浮かびますね。
笑顔で、目がギラリ。なーんてね。

プレッシャーかけられた方が
海老蔵さん、がんばりそうですよね。
(適当に言ってます。失礼をば)

とにかく、楽しみです。

ヨッ!

まるこさんも、登場ですね。

いらっしゃ~い!

おとらさん

チーム上方を応援しているおとらさんを応援していますので
どうか、こっちのお座敷へもジャカジャカ上がってくださいよ。

12月の歌舞伎座、いらっしゃるんですね。やったー。
チケットをポチッとできて良かったです。
たのしみですね。

ところで、私もおとらさんに聞きたいことがありましてね。
玉三郎さんの松竹座のお正月公演にいっちょ新年早々出かけようかなーと
企んでおるのですが、大阪の美味しいものにお詳しいおとらさんに
あらためてご指南いただきたくて。
大阪での晩御飯ならここがおすすめ!となると
何がいいんでしょうかね。串揚げって食べたことないのですが
行ってみるべきでしょうか。それか、大阪のイタリアンならここっ!
とか、やっぱりいろいろあるんでしょうねえ。
いろいろあるのに、しかも好みもあって、
ここっ教えて、って言われても困ると思うのですが
おとらさんだったら!大阪での晩餐に何を召上りますか?
すみません、こちらからおとらさんちのブログに
出かけていかなくてはいけないのに、この場で失礼いたします。
東京でのあらたなココッ!も
来月20日までに考えておきますねe-257

21日^^

うふふふふ。

来月歌舞伎座は21日(土)夜の部です。
ご一緒の方、ご連絡を。^^

むふふふ

まるこさん

21日のお昼は、文京シビックホールへ
玉さん演出、鼓童の「神秘」を観に行くんです。
こちらも、たのしみでたのしみで。

じゃ、夜は歌舞伎座で幕見しよっかなー。

幕見、幕見^^

そう、そう、幕見しましょう。^^

玉三郎さんは佐渡かぁ・・・・
アラレにみぞれに大雨大風。
とても佐渡へは渡れません。(泣)

しましょう、しまほー。

まるこさん

越後全域が大荒れなんでしょうか。
お大事にしてください。
心配ですね。

あぁ~行きたいです。

12月か1月の公演に行きたいです。(>_<)
12月の歌舞伎座の公演は夜の部を予定してて
戻りチケットで見て高速バスで地元に帰るか
1月の松竹座の公演は秋田から大阪へ行く飛行機が出てるから
割安な値段で飛行機で行って松竹座で行って有名な甲賀流のたこ焼きを食べて帰る感じになるかもしれません。(>_<)
1月は雪が降ってるし吹雪があるから飛行機で行けるかまだ分かりません。(>_<)
行けたらこちらに感想を書いて
行けなかったら皆さんのリポートを拝見しますね!

行きましょうよ~


葵どんさん

行かなくちゃ!甲賀流のたこやきを食べに!

じゃなくてー、玉さんを観に!
高速バスも飛行機もジャンジャンかっ飛ばして
歌舞伎座と松竹座へ行きましょう。
今観ないでいつ観るの!ですよ。(永遠にそう)

雪が降っても、飛びますよ飛行機は。
甲賀流のたこ焼きめがけて~。じゃないよ。

行けない時は、レポはお任せください。
甲賀流も食べられたら食べてきますんで。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク