神戸ドキュメンタリー映画祭

明日、神戸映画資料館で、午前11時から
玉三郎さんの映画「書かれた顔」が上映されます。

コレは、行かないとー!ですよ。
スクリーンで拝見できるなんて、なかなかありません。
うぉーん、関西の方々が羨ましい。行きたかった。

明日は、11時から「書かれた顔」
    14時半から「アマテラス」千穐楽

で決まりですね。大忙し

「書かれた顔」
Das geschriebene Gesicht
(1995/100分/35mm/日本=スイス)

製作:ユーロスペース
監督:ダニエル・シュミット
撮影:レナート・ベルタ
出演:坂東玉三郎、武原はん、杉村春子、大野一雄

特異な美学で知られるスイスの映画作家ダニエル・シュミットが、
「女形」の坂東玉三郎に密着し、日本の舞踏、とりわけ歌舞伎を描いた
ドキュメンタリーともフィクションとも区別の付かない夢幻的作品。
男と女の、舞台と楽屋の、大地と水の、光と影の間のトワイライトゾーンを、
その移ろいゆく薄明の時間のなかを、玉三郎が狂乱のクライマックスを踊り、
大野一雄が夕闇の埠頭で幻想的に舞う。優雅な所作を見せつつ映画について
語る杉村春子。そこに不意に成瀬巳喜男の『晩菊』の一場面が挿入される。
黄昏についての映画であると同時に、映画の黄昏をも捉えた希有の作品。
「書かれた顔」というタイトルはロラン・バルトの日本論『表徴の帝国』より取られた。



神戸ドキュメンタリー映画祭のサイトに詳細があります。
http://www.kobe-eiga.net/kdff/2013/12/2013.php

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク