『月イチ歌舞伎』は、今日から玉さん。

今日9月21日(土)から27日(金)までの1週間、
シネマ歌舞伎の≪月イチ歌舞伎≫は、玉三郎さんの舞踊特集です。

北は「札幌シネマフロンティア」から、南は「福岡中洲大洋」まで
日本全国の映画館で上映されます。 日本全国、とは言えませんでした。すみません。
“玉三郎さんがあなたの街にやってくる”ですよ。こりゃ行かなくちゃ。
ただ東京の東劇では上映してないんですね(泣)うーざんねん。

鷺娘も日高川も二人道成寺も、観ない理由が見つからない。
絶品中の絶品です。大きなスクリーンで観られる幸せ

上映作品は、下記です。

▼ 坂東玉三郎-鷺娘- 同時上映 日高川入相花王 
 (さぎむすめ/ひだかがわいりあいざくら)
その圧倒的な美しさと完成度は、ロンドン、ベルリン、ウイーンなど、
海外でも高い評価を受ける。 玉三郎の代表作の一つ。

▼ 京鹿子娘二人道成寺 
(きょうかのこむすめににんどうじょうじ)
歌舞伎の女方舞踊の最高峰『娘道成寺』の歴史に
新たな一ページを加えた名舞台。玉三郎と菊之助が美しく舞います。

シネマ歌舞伎のサイトの「作品詳細はこちら」
をクリックすると、予告編動画があります。
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/news/130906.html

コメントの投稿

非公開コメント

越後は?

ない!ない!ない!!!!!

ほんとだ

まるこさん

北陸エリアがすっとんでますね。
あ、東北も宮城だけで、四国もない。
九州も福岡だけだ。。。失礼をば。
日本全国とは言えなかったですね。
東劇もないし。。。でも亀有がある。

12月に思いを馳せて
耐えましょうぞ。

シネマ歌舞伎

25日は仕事休みなので、日帰りで仙台の映画館まで行ってシネマ歌舞伎を見たいです。

見たらここに感想を書かせて下さいね。

葵どんさん!!!

ぜひ!ぜひ!感想を書いてくださいね。

まぁ、日帰りで?
泊まっちゃえば。^^
で、桔梗さんは亀有で?福岡で?

ぜひぜひ!

葵どんさん

初白塗りデビューですね。
(葵どんさんが白塗りして映画館に行くわけではありません)

玉三郎さんの鷺娘と日高川、
どちらも絶品中の絶品中の絶品中の…果てしなく続く…

感想をたのしみにしています。
気をつけて行ってきてくださいね。
帰りに牛タン食べてきてください。

遅くなりました。(>_<)

玉三郎さんのシネマ歌舞伎を見に仙台まで行って来ました。
まず日高川入相花王と鷺娘を見た感想を書きます。
日高川は玉三郎さんの動きは人形のように表現されててムダのないように見えました。
川に流されたシーンはリアルに見えました。

鷺娘は舞踊系ですが舞踊は全然詳しくありませんが
セリフがないから踊りで喜怒哀楽を表現しているんだろうと感じました。
最初、見た時に着物が白かったから花嫁姿っぽい感じに見え
次から次へと着物が変わりまるで着せ替え人形に見えました。
最後に体をバレリーナのように反る部分は凄いですね。
バレエもやられているから体が柔らかいようです。

京鹿子娘二人道成寺は一休さんのような所化の話が面白くて笑えました。
玉三郎さんと菊之助さんの息のピッタリさは
まるで双子みたいな感覚です。ビックリしました。
スポーツと言えばシンクロみたいな感じですね。
ベテラン玉三郎ファンからすれば稚拙な感想に見えると思いますが
初めて見る作品だからざっとこんな感じです。
12月か1月はチケット取れたら白塗りの玉三郎さんに会いに行くから。

ありがとうございます!!

葵どんさん

お待ちしておりました!
仙台まで出かけていらしたかいがアリアリでしたね。
鷺娘に日高川、そして二人道成寺をご覧になられた
感動や驚きが伝わってきました。
ぜんぜん稚拙な感想だなんて思いません。
葵どんさんの白塗りデビューを祝福したい気持ちで
いっぱいです。どうもありがとうございました。

次回は12月か1月の
ナマ白塗りデビューですね。
どんどん進化している葵どんさん、素晴らしい!です。
また、ぜひ感想聞かせてください。
待ってますよー。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク