明日、見なくちゃ! (見れないんだけど)

明日、関西エリアのМBSで放送される特別番組
坂東玉三郎×鼓童「アマテラス スペシャル」
の内容が、わかりましたよ。

TBSで放送されたスペシャル番組とは
まったく違う内容なのです。

こりゃ、見なあきまへんわ。(東京じゃ、見れしまへんねけど)

演出と監督さんは、鼓童や「牡丹亭」のドキュメンタリーなど
これまで玉三郎さんの映像を数々、撮影していらっしゃる
十河壮吉さんです。見応えありそうですね。

番組内容

10月に京都南座で開催される「アマテラス」の出演者、坂東玉三郎、
小田洋介(鼓童)、愛音羽麗(元宝塚トップスター)の三人が8月に京都を訪れ、
舞台の成功祈願をし、京都長楽館で山中真アナウンサーを聞き手にトークを収録。 

完売した東京公演の舞台映像と佐渡での稽古の密着映像を織り交ぜ、
話題の舞台の魅力に迫る。

出演者

坂東玉三郎
小田洋介(鼓童)
愛音羽麗(元宝塚トップスター)
山中真(MBSアナウンサー)

監督・演出【監督】
十河壮吉

制作MBS

お知らせ「アマテラススペシャル」特別電話予約 
チケットホン松竹 0570−000−489(10時〜19時)
9月11日(水) 10:25-10:54
オペレーター対応で承ります。

コメントの投稿

非公開コメント

関西エリア^^

越後もにわか関西ということでいかがかしら?(笑)

師走は、総勢6名で玉三郎さんに逢いに行く予定です。
内訳は、元お嬢様5名、現役お嬢様1名です。
猛ウサは・・・・想像にお任せしますわ。^^

関西甲信越?

まるこさん

越後は関西にも近いんですよね。
富山を抜けて大阪へ~特急飛ばして
番組を見にいらしたでしょうか。

12月は総勢6名ですか。たのしみですね。

私も、「玉さん見たい!」という友達に
いま、声をかけているところです。
「玉さん見たい!」人は、いっぱいいて
総勢100名くらいになるかも。。。うへへへ。
元姐御50名、現姐御50名。

わたくしはもちろん永遠のお嬢様ですわ~おほほほ~。
(言ってて、むなしい)

玉さんが遠いところにいると、毎日、つまらないなぁ。
早く10月3日にならないかな~。(つぶやいてみました)

タイムふろしき^^

どこでもドアも欲しいけど、タイムふろしきも欲しい。^^
桔梗さんとこは姉御軍団かぁ・・・

見ました

ご案内のとおり、MBS制作の番組でした。
適当にまとめたりはしょったりしながらのレポートです。

進行は、MBSアナウンサーの山中真。赤坂での舞台を観劇して、熱気におどろき、引きこまれたそうです。
赤坂ACTでの舞台映像、満員の観客席、カーテンコール、観客のインタビューなど、新しい映像も盛りこまれていました。
8月3日、京都は八坂神社に成功祈願に訪れたときに収録したものでしょう。玉三郎さんの柏手が神社に響き渡る映像もありました。

「歌舞伎美人」でも、紹介記事がありました。
三人揃っての写真は、八坂神社のなかの「悪王子社」(素戔嗚尊の荒魂を祀っている)の鳥居の前と思われます。インタビューのときのファッション(サンダルも含む)も同じです。愛音さんはワンピース姿。

http://www.kabuki-bito.jp/news/2013/08/post_873.html

〇にんにく注射
 小田さん、にんにく注射をされたのだそうです。1回だけですが。
玉三郎さん、ハードな稽古をしている小田さんに、「舞台にでると三倍くらい力がいるからね」と予告していたところ、実際に舞台にあがると、三倍どころではなくて、小田さんいわく、「楽日には、力が入りすぎて、ふらふらになって、ビデオみたら目がまわってた」。でも「チーンと鳴ったらあそこを見る、と言われてたので、見ました」

山中アナに、にんにく注射なんかは? と問われて玉三郎さん、「そんなのはしないで、ペース配分はうまくいって、みんながベストの状態でできるかなと気づかってました」
玉三郎さんの「今月のコメント」にもありましたが、赤坂公演で立ち見が続いたのは、とてもうれしかったのだそうです。3か月もの公演なので心配されていたとのこと。

〇初参加の愛音さん
玉三郎さん評「いつも元気で、いい意味で変わらなくていられる女性って、めずらしいんです。いまどういう位置にいたらいいか、本能的に知っている、そうでないとやっていけないんです」
愛音さん「はじめはどきどきしたけれど、歌舞伎、鼓童、宝塚とは修行を経るという意味で共通点もあり、早くお稽古したいと思いました。(公演では)気の入った音で踊れて、心が震えました、はじめての経験です」

小田さんも、玉三郎さんに「いい意味で変わらない」といわれて、山中アナに「いい意味、がついていて、よかったですね」とちょこっといじられていました。

〇「イントレ」
初演のときとの違いを問われて、玉三郎さん、「初演のときは神話だからって、重く重くはじめました。「あかつき」(小田さん作曲)を聴いたとき、これが始まりでいいと気づいて、使いました。初演のときよりも、軽い感じになりました」
 「イントレをやめて、やらかい感じにしようと布で表現しました。意外とそれが、布で迫力がでたと言ってくださいました」

 「イントレ」がわからなかったので、調べてみました。「鉄製パイプを使った組み立て式の足場」とありましたが、語源がアメリカ映画「イントレランス」とは知りませんでした。映画の撮影現場で使ったのを、映画のタイトルで呼ぶようになったのだそうです。
 
http://www.moon-light.ne.jp/termi-nology/meaning/intore.htm

〇職人・玉三郎
山中アナの「玉三郎さんのお立場は、役者、演出家、芸術家、職人・・・どれが」に対して、玉三郎さん、「職人がいちばん大きいです」と即答。
 上からモノを言っているだけでは、自分の成長がないという玉三郎さんに、「まだ成長をお考えですか」と驚く山中アナ、「まだちょっとしたいかなって」と玉三郎さん。
 
愛音さんが、振付のKAZUMI-BOYさんに「もっとないですか、もっとおっしゃってください」と意見を求める謙虚な玉三郎さんのエピソードを紹介していました。動くKAZUMIさんを見ることができました。

〇セリフを削る勇気
最初の段階ではセリフがあったのだそうで、「だんだんなくなっていった」とのこと。山中アナが「削るのに勇気がいったんじゃないですか」。答えは、「勇気はいらなかったんです。これしかできなかったんです(一同笑)」
「どれくらい、太鼓と打ち手で物語がわかるか、光と水が戦うところも布で視覚的に見えれば、言葉で言う必要はないんです」と玉三郎さん。

「神話って、読んでもわからない」と玉三郎さん。「古事記」で、現代語訳の武田恒泰先生は、「神様の名前はおぼえなくてもよい」と書いておられましたが、たしかに、ややこしくて、とてもおぼえていられません。

〇神様失格!?
山中アナが「神様を演じるのはどういう気持ちでしょう」に、玉三郎さん「神様然としてるとつまらない、神様っていっても、人間臭いところがあるように描かれていて、欠けてるところがある、滑稽なところを持っている神様たちでないといけない、だいたい、アマテラスだって、気に入らないからといって怒って、この世から光を失せますっていって、ウズメが踊ったからといって、のぞいてるわけでしょ、神様としてはちょっとね」、小田さん「失格よ」とつぶやき、玉三郎さんも「失格よね」。山中アナ「そういう見方をすると、親近感もわく、ということですね」

〇不思議な経験
 山中アナの「とても不思議な経験をさせていただきました」に対して、玉三郎さん「自分がどんなものをつくったのかよくわかりませんが、(愛音さん、小田さんをみて)不思議な世界よねえ」

〇南座の公演
 山中アナの「南座の公演が最後になりますが、さらに完成度の高い舞台を期待していいでしょうか」に、玉三郎さん「ハイ、6年前の南座公演でも太鼓の音にお客様がとてもノッてくださいました」

 南座公演のチケットをお持ちの方はご承知のとおり、座席表をみると、今回の公演では、花道がなくて、座席も中央ブロックは3列から始まっています。
 迫力が増すことでしょう。楽しみに待ちたいと思います。

空飛ぶエアウィーヴ

まるこさん

姐御軍団は、空飛ぶエアウィーヴで
北へ南へ、すっ飛びます。
空の上での寝返りもOK。

ありがとうございまする。

京にんじんさん

詳細のレポートを送ってくださり
感謝感謝でありまする。
関西のスペシャル番組は、
これまた内容が濃いですね。

>「玉三郎さんのお立場は、役者、演出家、芸術家、職人・・・どれが」に対して、
玉三郎さん、「職人がいちばん大きいです」と即答。

すべてが大きいと思えるのですが、でも
職人がいちばん大きい、というお答えもよくわかります。
考え方とか創りこみ方が丁寧で念入りで実直で、
役者の時も演出家の時も妥協のない職人魂が
すべてに一貫しているように感じます。

台詞を削る勇気の答えの

>「勇気はいらなかったんです。これしかできなかったんです」

あははは。たのしい答え。
でも、その通りなんでしょうね。
台詞がないからこそのシンプルなメッセージが
実に動きや音にぴったりと合っていて
なんのストレスも不可解もありませんでした。
台詞が無い方がいいと思います。

イントレランス!勉強になりました。
業界用語なわけですね。
大工さんが、「今日はイントレだぞ」とは
言わないわけですね。

南座の空間で、太鼓の音色がひと際高らかに響きそうです。
まだ南座で太鼓を聞いたことがないんですけど
最初に公演された時に鼓童の方がその響きの良さを
語っていらっしゃったのを聞いて、行きたかったなと思いました。
京にんじんさんの本番のレポートも
楽しみにさせていただきます!
よろしくお願いいたしまする。

何だか

玉三郎さんが恋しくなり
急きょ21日から始まるシネマ歌舞伎が舞踊特集で玉三郎さんが出るから

仙台に近いから行くかもしれません。(^_^;)

12月には歌舞伎座に行けるように調整出来たらと思います。

関東に住まれてる玉三郎ファンの皆さん台風と大雨に気をつけて欲しいと思います!

恋しい

葵どんさん

ロマンティックなメッセージに
ドキッとしました。

「玉三郎さんが恋しくなり」

いいフレーズですねえ。

玉三郎さんがいないと淋しい。
玉三郎さんに会いたい。
玉三郎さんをいつも思っている。

そのどんな言葉より

「玉三郎さんが恋しくなり」

ですね。(何回もしつこい?)

シネマ歌舞伎も12月も、白塗りの玉さん!
葵どんさん、どんどん行っちゃってください~。

台風お見舞いもありがとうございます。
葵どんさんも、気をつけてくださいね。
雨の量がハンパじゃないようで恐いですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

〇〇〇さま

ご心配くださっているように
私も、やっぱりわからないので
公開は控えさせていただきますね。

お心遣いありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク