NHK宮崎インタビュー

玉三郎さんが6月上旬に「アマテラス」の成功祈願で
高千穂・天岩戸神社を訪れた際に、NHK宮崎で放送されたインタビューを、
宮崎に住む友人が録画をして送ってくれました。

その内容を書きますね。アナウンサー玉三郎さん、です。

「アマテラス」の公演を前に、物語の舞台のモチーフとなっている神社を訪れた坂東さんに、
 宮崎の魅力や舞台の見どころなどを伺いました。
 天岩戸神社は、初めてですか?

(ニコニコ顔で)そうなんですよ~初めてなんです。
 聖地に来るんじゃないかな、って山々とか、凄く良かったですね。ですから、
 昔の人がここを天照さまがそういう物語としていた、そういう神話にふさわしい地だと
 いうことを見つけたんじゃないか、とそれを感じました。

ここで、神話を描いた高千穂の神楽を、真剣な表情で見つめる坂東さんの映像。

これから神楽を見て勉強させていただきたいと思います。
 こちらの方々がね、その豊作とか自分の健康とかを身を持ってお祈りしたのが
 神楽になっていったんじゃないかと思いますね。
 歌舞伎の世界は仏教のことも、ずいぶんと出てきますけども
 やっぱりそういう説法であるとか神々の話であるとか
 そういうことを本当に感じますね。

「アマテラス」の演出も主演も担当している坂東さん。この題材に
 どんな魅力を感じているのでしょうか。

ほんとは演出と主演を(同時に)しない方がいいと、僕は思っているんですね。
 それは主演してる人間が演出すると自分が見えなくなってしまいます。
 できる限り振付のKAZUMI-BOYさんとか、鼓童の音楽監督とかに客観的に見てもらって
 舞台を整理していかなくてはいけないと思いますね。
 「アマテラス」というもの自体が、光をもたらすという神聖な神であったということは
 確かなんですけども、それ以外は抽象的な存在だと思うんですよ。ですから、スサノオに
 乱暴にされて怒ったとしてもね、その怒った形相がはっきりわかるんじゃなくて
 いなくなってしまう。そこに、アマテラスを呼び出そうという神々の思いが一番大事なんで
 あって、出てきてしまったら終わりなんですね。ですから抽象的な存在としていて、
 出て行ったら、何をするかというと、岩戸を開いてくれてありがとう、じゃ、みんなでお祝い
 しましょう、みんな仲間でしたね、っていう風に創ってある。

抽象的な存在を演じるっていうのは、私たちには(わからないよーっていう顔で)
 どうやって表現していくんだろうって?

あのー(淡々と)表現しないことですね。やっぱり、悲しいとか嬉しいとか
 あんまり表現しないで、ある種シンボルとしているだけです。で、周りが、神楽的なもので
 あったりとか、ウズメが私を呼び出すために派手に踊ったりとか、で、出てきてしまったら
 あまり表現しない人間がそこにスッといる、という感じなんです。

天岩戸神社の前で記念撮影している玉三郎さん、愛音さん、見留さんの映像が。
見留さんは鉢巻と法被姿です。

2006年の時には、神話をやるということで、こちらも構えてしまって
 なかなか始まらなくて、始まる前の序曲が長くなってしまったところがあるんですけども
 今度は、「暁」という曲でスカッと始まって行こうと思っていますし、愛音さんも来てくださって
 いるのでウズメのところを非常にふくらませて楽しくやりたいと思っています。
 
天岩戸を訪れたご経験も生かされる、とういことですね。

これからお稽古ですけど、(ここに来たことで)見留君もそれを感じて
 いらっしゃいますし、愛音さんも感じ、僕も思っていますから、お稽古で
 どんなものが出てくるか、楽しみにお稽古したいと思います。

というわけで、玉三郎さんは、終始、微笑みながら、ゆったりと答えていらっしゃい
ましたが、「スカッと始まる」の「スカッと」がとても勢いのあるキッパリとした口調で
すでに、イメージはしっかりと出来上がっていらっしゃるんだな、とワクワクしてきました

表現をしない、のに、まぶしいほどの存在感を醸し出す
玉三郎さんのアマテラスに、あと8つ寝たら会えますね

「天神サイト」に大きな写真が掲載されていました。坂東さんの眼が真剣です。
http://tenjinsite.jp/sp/photo.php?hid=35700

コメントの投稿

非公開コメント

真剣!

坂東さんを見つめるまるこの眼も真剣です。^^

新聞一面広告

素晴らしい宮崎の玉様の情報ありがとうございました。

写真も大きく内容も詳しく嬉しくてたまりません。

ところで、余りの多忙で、こんな時間に26水曜の朝刊を広げたら、玉様と真央ちゃんの対談広告がでていました。

ネットにも載ると良いですね。

ありがとうございます。

ウエークアッププラス、宮崎の情報、有り難うございました。
玉三郎さんの記事を拝見すると、心なしか、周りの空気が清浄になってゆく気がします。
後ろ姿も、やっぱり素敵です。

マジ!

坂東さんを見つめるまるこさんを見つめる私の眼も、マジ真剣。

こちらこそ

すみれさん

朝刊のお知らせ、ありがとうございます。

おととい、電車の中で疲れてボーっとしていて
ふと窓ガラスを見たら、なんと玉さんと真央ちゃんが
そこにいる(広告)ではあーりませんか。
いきなり目が冴えちゃちゃって、ガンミしちゃいました。

あのマットを試せたらいいですね。使ってみたいですが、
超トップアスリート仕様かと思うと躊躇しちゃいますね。

浄化!

フクギさん

高千穂の空気もきれいになったみたいですよ、
すごいですよねーe-420

後ろ姿に出ますよね。

明治大学の講演会のときに、後ろを向くようにいわれて
後ろ姿は恥ずかしいなと思ちゃいましたね(誰も見ちゃいないっての)

その時も、玉三郎さんの後ろ姿、最高に素敵でした。

坂東さんの視線の先

詳しいインタビュー記事と大きな写真、ありがとうございます。

写真の一枚目、「坂東さん」(という呼び方、流行ってます?)の視線のゆくえが気になりますね。
他のみなさんと違って、ひとりだけ、上のほうを見ておられるような。
天岩戸から「気」が立ちのぼっていたのか、なにかが降りてきていたのか・・・

佐渡でのおけいこも無事に仕上がったようで、楽しみです。
KAZUMI BOYさんのブログで進行状況がわかって、ありがたかったです。
それにしても、佐渡の空の青いこと。梅雨空の続く京都では、しばらくお目にかかっていない青空でした。

たしかに!

目のつけどころが、京にんじんさん。

坂東さん(流行ってます)の視線、たしかに上~の方です。
どこ見てんだおいって感じですかね(おいおい)
きっと天のアマテラスさまと交信中なんですね。

KAZUMI BOYさん、熱い方ですね。
ブログを拝見しました。
玉さんが「KAZUMI BOYさんとはチャンネルが一緒」
とおっしゃったことなど、うなずけます。
チャンネルという言い方が玉さんらしいですよね。

KAZUMI BOYさんの振付はどんなんでしょうね。
アマテラスの初日がどんどこ楽しみになってます。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク