甘い宝石

庭にあるスズメの額ほどの畑で、父は野菜を育てていました。

私も、この春、野菜を1苗ずつ植えて、農薬を与えずに
勇気を出して有機栽培をやってみました。(座布団とれー)

自家製サラダが食べられたらいいな、と
トマト、キュウリ、レタス、空豆、バジルなど。

そんなに手をかけていないのに、今、
ちゃんと実ってくれて、感動しています。

トマトは普通サイズを選んだつもりが、
できてみたらプチトマトでした。
でも、宝石みたいに輝いていて、とにかく甘い!
やっぱりトマトはフルーツですね。
食べちゃいたいほど可愛い~(食べるんだけど)。
20130606+008_convert_20130618202158.jpg

空豆は虫くんにやられてしまって。
でも、たった2粒とれたので、大切に味わいました。
20130606+045_convert_20130618202830_convert_20130618202933_convert_20130618203335.jpg

レタスとキャベツは、いつ食べていいのかわからず。
どこまで待てばいいのでしょうかね。
20130425+014_convert_20130618211553.jpg

20130606+040_convert_20130618211738.jpg

スティックブロッコリーは、いつ食べたらいいのか迷っているうちに
花が満開になってしまいました。きれいな黄色い花なので、
仏壇に飾ったのですが、きっと両親とも、
「お前も、相変わらずだねー」と、あきれていたでしょうね。

父は、川柳が趣味で、「蛇足」という柳号だったので、
「蛇足菜園」と命名しました。虫くんも寄りつかないかな。

私が、このブログを書いていると、「お前もよくやるねー」と
いつも笑っていた父。来月、一周忌がやってきます。




コメントの投稿

非公開コメント

おいしそぅ!

きっとお父様が耕した土の力でしょう。
レタスのベッドにプチトマトと新玉ネギスライス、レモン・アチェトバルサミコ・ハニー少々・エクストラヴァージンオリーブオイルで。
めっちゃ美味しそぅ!

テラスで有機栽培していますが、去年のリコピーナ赤・オレンジとレモンはボーボーに。チビちゃんばかりで鳥も見向きせず。。
脇芽を摘まなかったからと最近知りました。。
今年はこぼれ種で芽吹き、今実り中です。何色に色づくのか楽しみ♪

幼稚園園長先生のお話、子供に大切なのは「土・太陽・水」ー庭を見ると時折思い出します。
人も植物もその3つが大切♪

五月千穐楽で素敵に年輪を重ねていらっしゃる方々にお会いしました。
玉三郎さんは人生のビタミンU(Ultra)なんだなって。
四季の移ろいと玉三郎さんのビタミンお裾分け~幸せです。

蛇足菜園^^

素敵!
名前もいいけど、身体にやさしくって美味しそう。
我が家も庭の隅っこで家庭菜園やってます。
わたしは全然手かけてないけど(主人だけ)、キュウリ、トマト、ピーマン、茄子などなど、感謝、感謝の恵みです。
玉三郎さんにも召し上がっていただきたいですね。

少し元気になった桔梗さんをご覧になって、お父様も安心なさっていらっしゃることでしょう。^^






ご両親様

きっと、あちらでお二人幸せにいらしてくださっています。

去年の天女様の雲や、美しい瀬戸内の海、私も忘れません。

そして毎日、亡くなった父のこと、思い出しますね。

桔梗さんのお宅の枇杷、今年はいかがでしたか。我が家の庭の、亡き父のからもらった枇杷は残念ながら今年はだめでした。

心を込めた有機の野菜、玉様もきっと、このような身体に優しいお野菜召し上がっているのですよね。

野菜とフルーツ

ゆの字さま

父も無農薬で育てていましたが、私と違って
毎日、毎日、マメに手入れしていたので実りも多く
トマトやキュウリやナスやとうもろこしなど
夏の食卓に欠かせない楽しみになっていました。

私は忙しくなるとほったらかして
手塩にかけてあげてないのに、それでも
あんなに実ってくれて(泣)。
だからトマトが宝石に見えちゃうんですね。

バルサミコのレシピ、美味しそう。
どうしてもサラダが、マンネリになっちゃうので
今、新宿タカノ(フルーツ屋さん)のサラダ本を見ながら
ドレッシングにフルーツを入れるレシピを試したりしてます。

キウイとパセリとオリーブオイルのドレッシングを作ってみたら
すりおろしたキウイが爽やかにいい味出してて美味しかったです。
栄養的にもパセリの鉄分がキウイによって吸収が高められるのだそうで
思わずパセリも苗を買ってきて植えてみました。
子供の頃、パセリを食べて「革靴の味がするからキライ」と言ったら
姉がすかさず「ねえ、革靴を食べたことあるの?」と突っ込んできて。。
パセリって添え物的ですが栄養の宝庫なんですよね。

「TAKANOのごちそうサラダ」こちらで立ち読みできます。
http://e-hon.cloudpages.jp/viewer/asp/9784_522_431870

土をいじると落ち着きますよね。
昔から砂浜でぐちゃぐちゃやったり大好きでした。
今も大好き。庭でぐちゃぐちゃやってます。

>玉三郎さんは人生のビタミンU(Ultra)なんだなって。

そうですね、人生の栄養たっぷりいただいてます。
玉三郎さんは歩くビタミンとミネラルとタンパク質とアミノ酸といろいろ。

自然の恵みちゃん。

まるこさん

とれたての野菜の味はひとしおですね。
日々の成長を見るのも楽しみで、
「おっ、いいツヤ出してるねー」
なんて、つい声かけてスリスリしちゃったりして。
知らないことばかりで、これから精進(揚げ)せねば。
父は精進揚げが大好きで、よく食べてました。

父は安心しているでしょうか。。。
そんなんじゃダメだよーって絶叫してたりして。

>玉三郎さんにも召し上がっていただきたいですね。

おほほほー、そうですねそうですね。
私のトマトは、野菜界の人間国宝級ですから
きっとお口に合うはずですわ~おほほほ~(あほか)


ありがとうございます。

すみれさん

いろいろ憶えていてくださって
温かいメッセージ、嬉しいです。
ありがとうございます。

思い出しますよね。
あー、あの頃ちょうど、、、って
昨年の今頃のことが余計に思い返されて。

枇杷はやっぱり今年はダメでした。
どうしてなんでしょうね。
その代りというか、杏が頑張っていて
ちょっと楽しみにしています。

玉三郎さんが常々、食事がとても大事、とおっしゃっていますが
ほんとにそう思います。身体も心も、食べたもので、作られるのですもんね。
一回一回の食事を大切にしていきたいと思います。

玉三郎さんは、今は、きっと佐渡で美味しいお魚や野菜やくだものなど
沢山、召し上がってアマテラスに向けて邁進されていることでしょうね。

私たちも美味しいものを沢山食べて、アマテラス(観る方)に備えましょうー。

一周忌なんですね。

ききょうさん
お父様の一周忌を迎えられるのですね。
昨年のききょうさんは本当に辛かった事でしょう。少しはお気持ちが落ち着かれたご様子、安心しました。

蛇足菜園、楽しみですね♪母も無農薬で楽しんでいますが、キャベツはいも虫が大好物。お豆は蝶々。トウモロコシは雉の好物。てな訳で人間は残りをいただいています♪人も動物も昆虫も、玉三郎さんの云われる正しい食事(笑)の摂れる我が家のミニ畑です。
自分の作ったものは、愛しさが増しますね♪

ありがとうございます。

きょうかずきさん

本当に月日が経つのは早いですね。
おかげさまで、悲しい気持ちはそのままでも
落ち着いて元気になれました。
それもこれも、玉三郎さんのおかげですね。

お母さま、お元気で野菜を作られて凄い!
日々、育つのを見るのはなにより元気が出ますね。

虫くんも蝶々さんも鳥ちゃんも、美味しいもの知ってますよね。
食べごろも。空豆はすごく楽しみにしていたのに
あれよあれよと虫くんがくっついて、手ではらったりしたのですが
時すでに遅し、でした。後で聞いたら、お酢をスプレーで吹きかけると
いいみたいですね。野菜作りも奥が深いです。

そうそう、愛しさが増すんですよね。
トマトなんてヘタまで食べちゃいたいほどです。
朝、ぷちっと、もいで食べるのが楽しみです。

ひと苗ずつなので収穫は少ないですが
さらにナス、ししとう、ピーマン、オクラ、サンチュと
種類を増やして、夏は野菜をいっぱい食べる作戦です。

雉って、すごい!迫力ありますね。
とうもろこしも難しいですよね。
昨年、やっぱり虫くんに食べられちゃいました。
豆類って、みんなが狙ってるんですかね。
それだけ滋養豊富ということなのでしょうかね。
梅雨時は、豆類が身体のむくみをとってくれるそうです。

もし玉三郎さんが野菜を作ったら、
きっとマメに手入れをされそうですよね。
しかも研究しつくして、バイオの道も究められちゃったりしてー。

食べものを創るって楽しいですね。

つやつや

うわあ、つやつやしておいしそう。
私も四半世紀前、父が他界してほどなく、母と桜の木を植えました。
大切な人を失うと、何か育ててみたくなるのは、本能なのかもしれませんね。

それにしても、本当においしそう。生命力のかたまりみたい。

うれしい~~

フクギさん

私にだけつやつやに見えるんだろうな、
野菜の親ばかだわ、と思っていたのですが、
ほめていただいてニマニマしちゃってます。

>大切な人を失うと、何か育ててみたくなるのは、
 本能なのかもしれませんね。

確かに、そうですね。父が野菜を作り始めたのも
母が亡くなってからなんです。それまで母が野菜を育てていて
父はいっさいやっていなかったのに。

私も、母の時は、花を植えまくっていました。
何かに思いを託すというか、一瞬でも忘れていたいというか。
本能なのかもしれませんね。

褒めていただいて、また、やる気がメラメラe-269e-436e-269
ありがとうございます。

No title

いつ食べるの? 今でしょ!!(^^)

“自家製サラダ”楽しみですね。

それにしても全部おいしそ~!

身体にも良さそうですし、
優しい気持ちになれそうです。
素敵な菜園ですね!

今ですね!

アユムさん

レタスやキャベツは、どこが正しいサイズなのか
育てて初めて、判断のむずかしさを知りました。(んな、おおげさな)

もっと成長するつもりでいるのか、もうこの辺でいいのか。
売ってるサイズもいろいろですので基準がわからなくて。
そうこうするうちに、葉っぱが固くなっちゃったりするのかなと思うと
焦ってきて、やっとキャベツを食べました。
柔らかい葉っぱを生のままバリバリと、美味しかったです。
お味噌をつけたりして、半分くらいアッと言う間に食べちゃいました。

今!ですね。ありがとうございます。
今夜はレタスも、パリパリいってみましょうかね。

徹子の部屋

今日、テレビをつけたままにしていたら、菊之助さんがお出になっていました。

二人道成寺、四回目までは、玉三郎の兄さんについていくのがやっとだったけれど、と何回かおっしゃっていました。
又、玉三郎の兄さんは、すみずみまで目が届き、向かい合っていると、ぱっと着物をなおしてくれる。とも言っていらっしゃいました

徹子さんが、美意識ねえ、とおっしゃっていました。玉様の美意識が高いという意味で徹子さんはおっしゃっていたようです。

六月に菊之助さんが演じられるお岩さんも、玉三郎の兄さんに教わって、とのことでした。

もっときちんとお伝えしたかったのですが、用事が入って、その話をしながらだったので、これしかお伝えできず、すみません。

土いじり出来るんですね~

ほー、意外でした。虫大丈夫なんだっ!
なかなかの収穫ですね(*^_^*)

そうやって、親が辿ってきた道を自分も同じように辿ってみると、
今さらのようにありがたく、そしてまたいとおしく思えることでしょうね。

来月お父様の一周忌なんですね。
桔梗さんにとって、どんな1年だったでしょうか。

見ました!

すみれさん

ありがとうございます。

菊之助さんが「徹子の部屋」にご出演なのを事前に知って
念のため録画予約をしていたのです。
玉三郎さんのお話が出るかどうかまでは考えていなかったのですが
拝見したら、沢山、出ていましたね。
とても丁寧に教えてくださることや、二人道成寺は、
5回やったうちの4回めまではついていくだけで必至だったけど
今回は、金星を取りにいくつもりでやった、っておっしゃっていましたね。
戦闘態勢になったってことは、自信がついてきているって
ことなんですね。素晴らしいですね。
菊之助さんの表情がとても真剣で、真面目な方なんだな、と思いました。
玉三郎さんが一生懸命丁寧に教えてさしあげるワケが
よくわかりました。教えがいがありますよね。
菊之助さん、阿古屋にも挑戦していただきたいですね。

土は好きなんです。

まつよいぐささん

虫は、ぜんぜん大丈夫なんです。
虫とは前世も仲良くやっていたような気がして(どんなんや)
見ていると面白くて、じーっと観察しちゃいます。
触ったりするのも全然、平気ですよ。
なんか健気ですよね、スタコラ歩いているの見ると。

私の苦手は、剥製なんです。狸とか鳥とか熊とかの剥製。
だから博物館にも行けないし(鉱物は大好きなのに、突然、
剥製が出てきたりするので怖ろしい)
お蕎麦屋さんで雉の剥製とか床の間にあったりすると(今どき珍しいですが)
もう、ギャー―――――って、本当に叫んで外に逃げ出します。
剥製は目が嘘で、魂抜けてるのに、そこにいることが
恐くて怖くてこわくて、私の天敵です。

話がそれちゃいましたが。

まつよいぐささんには
父のことでお世話になりました。
きっかけは、まつよいぐささんが玉三郎さんの舞台をご覧になって
こちらにいらしてくださって、私が、まつよいぐささんのブログを
拝見した時に、在宅ホスピスに関するブログを書いていらしたので
え~っ、って、思って。ちょうど、その頃、父がもう手立てがなくて
先が見えなくなっていた時で、緩和ケアという概念も持っていなかったので
まつよいぐささんがお母さまの時に経験された経過が、そのまま
私のその時の父の不安と重なって、メールさせていただいたんですよね。
その時のメールでの往復書簡を、まつよいぐささんがとっていてくださって、
ブログに掲載される旨を伺って、私も、私のブログでも紹介しますね、
とメールしたまま、それっきりになっていてすみませんでした。
基本的に玉三郎さんのことを書いているブログなので
自分のことを書くのが憚られて、躊躇していました。
でも、私と同じ境遇の方がご覧になって、何かの手立てになればという思いと
まつよいぐささんのデータベースなど、すごく助かったので
こちらで、ひっそりですが、その往復書簡を紹介させていただきますね。
在宅ホスピスや緩和ケアの情報を求めていらっしゃる方が
ご覧になられたらとても励まされるブログだと思います。
http://matuyoi1203.blog.fc2.com/blog-category-29.html

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こちらこそ。

☆☆☆☆☆☆さま

コメントをありがとうございます。
私は、大丈夫ですので
どうかご心配なく!

世の中で一番恐ろしいのが、虫!なんですか。
人によって弱点というのか天敵というのか
いろいろですね。

虫に襲われそうになって
仮面ライダーが助けにきてくれても
どっちもイヤーッ!って感じですね。
仮面ライダーって、確かバッタなんですよね。
「昆虫人間」という企画で生まれたらしいです。
助けにきてくれても寄るなー、ですよね。
そんな状況ありえねーですね。あいすいませんー。

これからは受難の季節になるかと思いますが
どうか、虫は無視して快適にお過ごしください。

南座アマテラスも、楽しみですね!

初めまして

桔梗さま

初めて桔梗さまのブログを拝見させて頂きました。
素敵な菜園ですね。
お父様の後を受け継がれ、その上、菜園に「蛇足菜園」なんて命名までなさるなんて、とても素敵なこと!と感動です。

私も十年程前は家庭菜園をしておりましたが、
今はマンション住まいなもので、少しのハーブ&花をベランダで育てているだけ。
蛇足菜園と文章を拝見し、私も再び家庭菜園が出来たらいいな~って思わせて頂きました。
有難うございます。
土に触れると、心が和みますよねv-238

桔梗さまのブログ、素敵なので、これから拝見させていただきますね。

玉三郎さんのこと、私も素敵な方とは思っておりましたが、
ファンとしてはど素人⁉なので、色々とこれから魅力を教えてくださいね。



はじめまして!

ライチさん

可愛いお名前ですね。
さっき食べたところでした(笑)

ブログを見てくださり、コメントまで
どうもありがとうございます。

「蛇足菜園」を太字にしてくださって(笑)
とても嬉しいです。
命名なんてたいそうなものではなく
ふざけているだけなんですけど。
父といえば蛇足、なのでつい菜園に名づけてしまいました。

>少しのハーブ&花をベランダで育てているだけ。

いいですよね、緑や花がそばにあるだけで
心がやすらぎますよね。土の感触もね。

これからも、ご覧になっていただけたら
とーっても、うれしいです。

>玉三郎さんのこと、私も素敵な方とは思っておりましたが、
 ファンとしてはど素人⁉なので、色々とこれから魅力を教えてくださいね。

私も素人なのですが、玄人さんも多数、
こちらにいらしてくださっているので
玉さんのこと、色々となんでも聞いてくださいね。

ご一緒に、また玉さんのお話や、グリーンのお話など
楽しみましょうねー、ライチさんe-343
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク