鼓童ワンアースツアー@浅草

今日から浅草公会堂で始まった
「鼓童ワンアースツアー~伝説~」に出かけました

久しぶりに浅草に行ったら、すっかり観光客気分に。
まずは雷門へ。浅草の仲見世をふらふらと
浮世絵のお店「酒井好古道」のウインドウを見ていたら
用もないのに吸い込まれて~「芝増上寺」の赤がきれいで
木版画を買ってしまいました。何やってんのー。

浅草寺でお参りをしてパンパン
おみくじは、こわがりなので引かずにおいて

いざ、浅草公会堂へ!鼓童の「伝説」は、
昨年、北区と習志野の公演を二回見ておるのですが
どうしても、また、今年の公演を観たくて
2月にチケットを買って、ずーっと楽しみにしていたのです。

今回は3階の席だったので、1階席とは見え方がまったく異なり、
またまた新発見がいろいろでした。

まずは、大好きな「KADEN」で幕が開きます。
笛の音色とヨットパーカー(これがツボで)に郷愁をそそられて
上から見ていると、音色の強弱で太鼓を叩く位置が違うことや
太鼓の種類の違いがはっきりとわかるので耳も眼も集中しっぱなし。
見事としか言いようのない撥さばきを眺めながら、
岩や山などのきりたった大自然の中を切り開き、突き進み、
冒険しているような気分になっていきました。壮大な曲ですね。
決め込んでいないおおらかさを感じて、いつも心が自由に解放されます。

中込さんは初回は、ギリシャ彫刻、打男では「明日のジョー」の力石に
見えたのですが、今回はスッパリ短髪にされたせいか、
鉄人28号に見えました(例えが古いっ)
皆さんのヘアスタイルが立体というかあらゆる角度から見えるのも3階席ならでは。
おひとりおひとりの個性がヘアに表れていて、皆さんのこだわりが感じられました。

モノクロームも、また印象が変わって、水面のきらめきというか
光が水面に差し込んだときの乱反射を音にしたら、もしや
こうなるのかな、なんて勝手にイメージしながら楽しんでいました。
人間がつくっている音なのに、自然が産み出した音のように感じられて
いつも心がぶるぶる震えてしまいます。

「いぶき」の笛の音を聴いて、金丸座を思い出しました。
笛を吹いているみなさんの立ち姿がとても美しいのです。
柔らかくて、命を感じる、とてもいい曲ですね。

いきなり泣きそうになる笛の曲で始まる第二部は
暗がりの中、金髪のロンゲに上半身裸の後ろ姿が浮き彫りになって
えっ?あれは人魚?と一瞬思ってしまったのですが(たぶん私が変)
実は金髪の鬼、鬼太鼓でした。
途中で歌舞伎でいうと後見の方がきてお面をとって
太鼓に向かうところがいいなあ、とワクワクしました。
あれも撥なのでしょうか、すごく短い道具で叩くのですね。

そして、今回、「月待ち」が、さらに楽しくふくらんでいたように感じました。
衣裳がキラキラ系から、落ち着いた色調の緑、紫、黒、赤、そして金銀になっていて
私は、こっちの方がすごくいいなあ、と思いました。
鼓童のみなさんの雰囲気に似合っていて、とても粋ですね。
女性2名の打ち方がすごくカッコよくて、特に今回、宮崎正美さんに惚れちゃいました。
無駄がなくてシャープで、撥をくるりんと回す手さばきが決まっていて
うー、かっけー、と目が釘付けになりました。毎回、個人的にハッとする打ち手の方が
目に入ってくるのですが、今回は、井上陽介さんが素晴らしいなあ、と思いました。
どこにいても、際立っているんですよね。すごく主張があるというか
インパクトがあるなあ、と思いました。そういえば、この間の「アマテラス」の番組で
研修生時代に遅刻を3、4回はしたと告白していて、そこも親しみがもてました。
あの番組のおかげでみなさんの特徴がわかっていたので、より楽しむことができました。

大太鼓も屋台囃子も、素晴らしくていろいろ書きたいのですが長くなってしまったので。

最後に特筆すべきは!なんと、なななんと、アンコールで
たたたた、玉三郎さんが登場してくださったのですよ
たたたた高千穂にいらっしゃったんではないのですか~~~~!!
びっくりなんて段じゃーござんいませんでした。
やっぱり瞬間移動されたのでしょうか。ウぉ~って声が上がって、
私は呑気に拍手喝采で見ていたのですが、えっ、え~~~~っ!って
いきなり前のめりになって、前にのけぞる感じで、夢中で拍手しちゃいました。
黒いスーツで、めちゃくちゃカッコ良かったです。
なんというご加護をいただいてしまったのでしょうか。浅草寺に厚く御礼申し上げます。

素晴らしい演奏と玉三郎さんの登場に気分が高揚して、帰り道は、
また用もないのに、かわいい鼻緒の下駄なんか買ってしまいました。
「いつ履くの?今、履かないでしょ!」なにやってんのー。
私ってこんなに日本が好きだったけ?と思うほどいろいろ和物を買ってしまって
浅草には恐るべき魔力が潜んでいることを今日、実感いたしました。

明日から3日間続く「鼓童ワンアースツアー~伝説~」。
浅草に鼓童を観に行く!最高に楽しいツアーを満喫させていただきました。
どうもありがとうございました

浅草寺の木もいろいろご苦労が多いのですね。
おみくじ売場にも、「凶のみお結びください、あとはお持ち帰りください」、
と書いてありました。
20130606+059_convert_20130606224536.jpg

なにか視線を感じるな、と思ったら。標識と衣裳の色、合わせたのでしょうかね。
20130606+065_convert_20130606224805.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

ななななななんと!!!

玉三郎さんからのご褒美です!

ううううううううう羨ましい・・・・・

ぬぬぬんわんと!

まるこさん

ご褒美ですか??なんの???
いんですかーいただいちゃってー
って、もう、見ちゃったからね。
おー嬉し、おー嬉しでございました。

そして、今日は、、、受講生となって潜伏してきましょう。

明治大学

桔梗さんお久しぶりです。辰馬です。今日の明治大学リバティアカデミー行かれるのですね。良いなぁ~(;_;)私は行けないので、行かれる方が羨ましい!レポート待っていますね!よろしくです。

実技も!

辰馬さん

お久しぶりです。
昨日、明治大学の公開講座に行って参りました。

「演じること」を、あらゆる角度から
玉三郎さんがお話してくださり、
また、実際に、受講者全員が立って、
玉三郎さんのご指導のもとに、
心を入れて演じてみる、という実技もあり、
ほんとに貴重な体験をすることができました。

斉藤さんの流暢な司会進行も素晴らしく
玉三郎さんが長年かけて培われてきた
「演じること」のエッセンスが
つぎつぎに引き出されていって、
玉三郎さんの舞台人生の重みを感じる
いろんな貴重なお話が伺えました。

その一言一言から、
玉三郎さんってやっぱり本当に
凄い方だなあと、感じることばかりでした。

うまくお伝えできるかどうかわかりませんが
詳細を追ってレポートいたしますね。


プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク