大入り続きで千穐楽おめでとうございます!

五月大歌舞伎公演の千穐楽に行って参りました。

大きな舞台がフィナーレを迎える日ならではの強烈なテンションが
舞台からも客席からもびしびし伝わってきました。

二部の「吉田屋」は、幕見席の立ち見にて拝見。

最初の楽しみは、守若さんをオペラグラスで見ることです。
台詞をおっしゃる時、心の中で「いよっ、チェリーさん!(屋号を勝手に変えてます)」と
小向こうをかけてしまいました。大和屋ファミリーの守若さんの笑顔を見ると、
ほんわかと心が和みます。表情がとても自然なんですよね。

吉田屋の女将さんの
「大入り続きで千穐楽おめでとうございます~」のご挨拶に拍手喝采。
秀太郎さんは、夜はどっかのお店で絶対に女将さんやってるでしょう、って
思っちゃうほど、女将さんですね。絶品です!

あほボンの伊左衛門さんは、メロメロの合間の思案顔がまた良くて
そこに色気を感じたりしました。やっぱり色男ですね。

そして、そして、夕霧さんの登場です。
「わしゃ、患ろうてなあ」の声が、とても澄んでいて
幕見席の後ろの壁までまっすぐに届いて
あ~~なんて綺麗な声なんだろうと。
眼をつぶって声だけ聞いていても、絶対、夕霧さんに惚れちゃうなー。
声は人を表す、ですね。声も美形でした。

最後に打掛をサッと羽織って決める瞬間がアッと言う間なので
まだ見たいよ~もうちょっとそのままでいてくださいー、と思うものの
あのほんの瞬間だから、いいんでしょうねえ。気持ちまでキラキラしました。
南座の「美の世界展」でガラス越しに見せていただけて
本当に良かったです。舞台の照明を浴びると、また一段と華やかで
展示されている時と印象が変わるものですね。

第三部の「京鹿子娘二人道成寺」は、一階のかぶりつきで拝見。
劇場に入る前に、お稲荷さんにお参りしました。
お願いごとは、「玉さんの手ぬぐいが飛んできますように(パンパン)」
なんて俗で欲深なお願いなのでしょうか。お稲荷さんもあきれたことでしょう

花子さんの「気」が、激しく、真っ直ぐに感じられました。
一瞬も見逃すまいと息継ぎも瞬きも忘れるくらい見入っていたのですが
あとでお隣にいらしたお友達に「ねえ、口をぽかんと開けて見てたね」
なんて言われてしまいました。口呼吸していたのでしょうか。

何がどうだからいい、とか理屈じゃなくて、
本当にほんとうにホントウに素晴らしい舞台でした。
三味線の音色にも、鼓の音にも、ひたすら熱がこめられていて
どんどん気持ちが高揚して、涙が溢れてしまいました。
舞踊を見て涙を流すことは、そうそうありません。
今日で千穐楽なんだ、終わっちゃうんだ、と思うと
感極まってしまいました。

思えば、初日の玉さん花子さんのスッポンの登場に感極まって、
千穐楽の鐘入りで、さらに感極まって。こんなに心がときめく舞台は
生きているうちにそんなに体験できることではないなあ、と。
私は、幸せ者だなあ、ってしみじみ思った夜でした。

そして終演後、普通なら、一人でしんみりと帰っているところですが、
玉三郎さんのファンの方たちと打ち上げをしたのです
みんなの思いはひとつ。「玉三郎さんと千穐楽に乾杯!!」と元気に
グラスを傾けることができて、とても楽しかったです。
ご一緒させていただいたみなさま、ありがとうございました。

玉三郎さんのおかげで、楽しい世界が広がっています。
千穐楽の熱い思いと、なんとも言えない淋しさと、かけがえのない歓喜。
毎日、毎日、素晴らしい舞台を見せてくださった玉三郎さんに
何とお礼を申し上げていいのかわかりません。
サンキューベリベリベリーマッチであります。
どうもありがとうございました。

また、自分もがんばろーっと。
アマテラスをめざしてね


コメントの投稿

非公開コメント

本当にありがとうございます!

ききょうさん
本当に素晴らしい千穐楽でした!三階東から、客席の皆様も拝見してました(笑)
7年前の初演から、常に深化し続ける玉三郎さん。これほど永く拝見出来た幸せをかみしめています。新しい歌舞伎座で、道成寺の花子の姿を観られたのは、ひとえに玉三郎さんの精進のおかげ。ありがとうございます!本当にありがとうございます~(感涙)

運を使い果たしました(笑)

桔梗さん。皆さん。そして玉三郎さん。
千穐楽おめでとうございます&お疲れ様でした。

素晴らしい夕霧さん、花子さんが目に焼き付いています。
暫くはこれをオカズにご飯を頂きます(笑)

さてさて、神のご加護で「手拭い」をゲット致しましたが、あの時に言ったように
「うわ~~~ これで運を使い果たしたかも!?」
その通りになりましたorzorzorz
皆さんと楽しく乾杯して、さて田舎もんは早く帰らねばとお先に失礼させて頂いて、上野に行けば、
なな、なんと帰るべき路線が人身事故の影響で遅延!
駅員さんに尋ねても、回復する時間は不明との事。
oh my God!
仕方なく私鉄に迂回して、なんたらかんたら苦労して、やっと地元に帰り着きました・・・゜・(ノд`)・゜・。

ま、玉三郎さんからの贈りものを頂いたと思って、これくらいの事にはメゲナイ強い子なのでありました(笑)

そうそう。一箇所だけ訂正。
玉三郎さんファン35年じゃないですよ~~~
玉三郎さんの花子さんを初めて見させて頂いたのが、35年前と言う事ですよん。
思えば、1978年(昭和53年)12月のサンシャイン劇場のこけら落とし公演で、菊五郎さんとの「男女道成寺」で初めて直に花子さんを拝見したのでした。
その時に玉三郎さんが投げた手拭いをゲットして(この時は小さな劇場で予算がなかったのか、所化さんの手拭い撒きはありませんでした)
そして、新・歌舞伎座のこけら落としで、菊之助さんとの「二人道成寺」で、手拭いをゲット。
なんか偶然の暗合にしては出来すぎていて、自分の中では道成寺が完結しちゃったような。
   ↑嘘!嘘!
また華麗な花子さんと、どこかで出会える事を夢見て、取りあえず「新・歌舞伎座新開場」は「これきり」と致します(笑)

感謝感謝☆☆☆

きょうかずきさん

ひとえに玉三郎さんの精進のおかげ!
まさに、ですね。
日々、修練を積まれていても
なかなかあのような夢の舞台を創りだすことは
できることではないと思います。

そんな現場にいさせていただけることが
至福の上の上の、しあわせですね。

はぁ~、今なお溜息。

ですよね。

リリスさん

私も、しばらくは夢を食べて
生きて参ります。
綿菓子のようなふわふわの夢を。
心の栄養はこれでばっちりですね。

ファン歴35年、じゃないですよね。
私もうすうす気づきつつ(笑)書いちゃいました。
プラスウン十年?

初見のときも手ぬぐいをゲットされたんですか。すっごーい。
白い手ぬぐいで結ばれたご縁ですね、いいなあ。

私もさよなら公演のときに一度だけ、玉さん花子さんの
良い香りの手ぬぐいをゲットさせていただきました。
大事に大事にしまってありますよ。お茶碗は拭いてません。
思えばあのとき、運を使いきってしまいました。

華麗な花子さん、またぜひどこかで
手ぬぐいを撒いていただきたいですね(そうじゃなくてー)

えもいわれぬ深い感動☆

桔梗さん 

千穐楽の臨場感たっぷりの素敵な記事、ありがとうございまする。

玉花子さまの指先、つま先、踵、絶妙な動き、射るような視線、抑制された内面、恥じらい、恋に弾む心、自由に飛翔する思い、そして……
瞬間瞬間v-352が今もくっきり目に浮かびます。夢かうつつか。。
そして、時折鐘を見上げる凛とした視線v-41にゾクッ!堪りませぬ!

一瞬一瞬がどれもこの世に一つしかない奇跡の瞬間でした。
ある時は青い水面の下、阿古屋貝に宿る真珠、ある時は真紅のルビー、ある時はどこまでも透明なアクアマリン、ある時は妖しく煌めくオパール、又ある時は大きな原石に奇跡のようにキラリと光るダイアモンド…

出から息を呑み、深いその向こうの情景をかいま見、果てなく広がる無垢な恋心にたゆたい、一瞬の鐘への視線の鋭さに震え…この時間が永遠に続いて欲しいと願わずにはいられませんでした。
そして鈴太鼓~情念と怨念が焔のようにクレッシェンドに高く激しく燃え上がっていく様…鐘入り…
いつしか充血した怨念の表情!見事な見得!

子供の頃から道成寺を見てきましたが、玉三郎さんの道成寺はとびっきりです。これ程引き入れられ深く感動したことはありません。
花子の恋、思い、人生全てを共に追体験している、共有している、そして魅了され続け…余りに深い感銘にふさわしい言葉が見つかりません。

「これも何より玉三郎」 (南北様、失礼をば)
いかなる時も元気や喜びをいただいております。
比類なき舞台を体感させてくださる玉三郎丈に心より感謝申し上げます。
そして、その歓喜・幸福を分かち合えるのも桔梗さんと皆様のお蔭!感謝いたしております。

これからもお健やかにかけがえのない舞台を拝見させてくださいますように!歌舞伎稲荷大明神にお参りしました。


大丈夫ですよ。

リリスさん

再び、失礼いたします。

先ほど、書き忘れちゃったのですが
まさか電車が遅延になっていたとは。
びっくりです。ご無事に帰られて良かったです。

でも、でもですよ、もし、早く、地元に着いていたら
何かほかの事故に巻き込まれていたかもしれないですし(無理やりか)
でも、ものは考えようですよね。
きっと、運はまだまだたっぷり残っていることでしょう。
なーんて、私に言われても、何の説得力もないですよね。
手ぬぐいゲットならずだったのにねえ。

こちらこそ

ゆの字さま

玉さん花子さまの詩的かつ細やかな描写を
ありがとうございます。

読みながら、舞台をもう一度、
思い返していました。

>玉三郎さんの道成寺はとびっきりです。
 これ程引き入れられ深く感動したことはありません。

感動の深さというか度合いというか
心の震え方が違うんですよね。
人間の感動って底知れないのだなあ、と
玉三郎さんに出会ってから知りました。
ここまで、を、すべて覆されるというか
まだまだ、この先の感動があるわよ、って
いっつも見せていただいています。

みなさんと、その歓喜・幸福を分かち合える!
これも大きな喜びですね、この間、実感しました。
初めてお会いしてもワイワイがやがや、思いはひとつ。
玉さんのことを話していると時がアッと言う間ですね。
いつになく楽しい夜になりました。

楽日

25日の土曜日と26日で5月はおしまい、のつもりだったのですが、えいやと楽日の2部、3部を追加してしまいました。2階の2等席ですが。仁左衛門さんとの「吉田屋」も、誰とであれ玉三郎さんの「道成寺」も、いつまた見ることができるかわかりませんからね。
そして、そのおかげで、終演後の打ち上げにも参加させていただいて、楽しい時間をすごすことができました。桔梗さん、みなさん、ありがとうございました。

「吉田屋」の楽日のラストでは、夕霧の手が伊左衛門さんの衣装に触れていたような。
いつもは衣裳を汚さないために、触る格好はしていても、すこし離しているのに、です。「お疲れさまでした」と、そっと仁左衛門さんに伝えておられるように思えました。
わたしが観た日に、一度、正月飾りが一枝、バサッと落ちて、そうでなくとも用事のたくさんある松之助さんがついでに片づけておられました。その前にも落ちた日があったようで、すくなくとも、二度は落ちたことになります。楽日はそんなことはなく、何も落ちてきませんでした。めでたしめでたし。

「道成寺」の玉三郎花子が、つつつと距離を詰めていたり、離れていくのを見て、玉三郎さんは、自分がどう踊るかというよりは、舞台全体をどう見せるか、計算しておられたように思いました。いつも、鳥の目というか、舞台を俯瞰したイメージを持って演じておられるのでしょう。
客席の静まり具合は毎回格別です。幕が引かれはじめると、拍手が徐々に大きくなり、強く響き渡って、なんともいえない解放感、充実感がひろがります。見ず知らずのお隣さんと、「よかったですね」「そうですね」と笑顔で挨拶したりして、感動の共有をしたくなります。
鐘に登る花子ばかりをみているので、倒れていた所化さんたちが、いつのまにか起き上がってるところを見るのは、鐘が幕の陰に隠れてから。きれいに整列して同じ角度で見上げる姿勢のいい所化さんたちにも、手を合わせたい気持ち。ありがたやありがたや。

2部の前に、歌舞伎座ギャラリーに行って、雪姫様にお目にかかり、ガラス越しに舞台の様子を1分間だけみてきました。「三人吉三」の上演中で、仁左衛門さんのお坊吉三が見えて、セリフがブース内のスピーカーから聞こえていました。チケット買う人には関係ない仕組みですが、幕見席のうしろから1分間みて、興味を持つ人もいるかもしれません。
ドリンクコーナーにはあいかわらずシャンペンはありませんでした。残念。

たのしかったですね。

京にんじんさん

千穐楽を追加されて、本当によかったです。
やはり、特別な劇場の空気とか
舞台のテンションとか、
あの一日にしか感じることのできない宝物を
たくさんいただいて帰って参りました。

打ち上げも楽しかったですね。
いつか、こちらのお座敷に来て下さっている方々と
あんな風に、ご一緒に乾杯したりお話したりできたら
楽しいだろうなあ、と思いました。
玉三郎さんで通じ合える仲良しって、最高ですね。
なに話すわけでもなくバカっぱなし(失礼)してるだけで
満足なんですよね。もちろん真面目にお話してもね。

あの後見の方は、松之助さんっておっしゃるんですね。
あの方を見るのも、おもしろかったです。
段取りがいろいろあって、でも無駄なく、見事に片づけたり準備したり。
あんなだだっぴろい広間で後見されるなんて、珍しいですよね。
後見というよりも、登場人物ですね。
目障りでなく、スッと、役割を果たされることは
とっても難しいことだと思います。

>倒れていた所化さんたちが、いつのまにか
 起き上がってるところを見るのは、鐘が幕の陰に隠れてから。

へえ~~~倒れっぱなしじゃないんですか。
その後の所化さんを観たことはありませんでした。

花子さんたちが幕が閉まって見えなくなってからも
拍手が続いていて、本当はアンコールないかな、なんて
思いながら、しばらく拍手していました。
道成寺でまた幕が開いたことはないですけど
でも、あんなに素晴らしい舞台を一ヵ月もやってくださって
それはそれはスタンディングオベーション必至の舞台ですよね。
杮落しはまだまだ続きますが、
とにかく満足満足大満足の4月と5月でした。

>ドリンクコーナーにはあいかわらずシャンペンはありませんでした。残念。

そうですか、残念ですね。
でも、お上に声がシュパッと届くように、何とかしたいですね。

絶賛の嵐

公演は終了していまいましたが、まだまだ余韻は覚めやらず。
WEBでも皆さん、色々な声で玉三郎さんを賞賛していますね。

http://d.hatena.ne.jp/art-alien/20130531/1369950296

個人的に(笑)こちら主さまの意見がほぼわたくし目の感想と合致していまして、
歌舞伎以外の他の古美術等への愛好も似ていて、同じような感性の方がいらして、
玉三郎さんへの私の評価も正しかったかとチョイと納得して嬉しやのうと喜んでいますv^^v

魂奪われた証し

ゆの字さま

千穐楽へいらっしゃれなかった方に、
二人道成寺の感動をお伝えしたい、という
その熱い思いや、魂を奪われちゃってる様子、など
よーく伝わっていますんで、削除は却下です(笑)

宝石について、この間の「いのちを語る」でも
宮司さんと語っていらっしゃいましたよね。
宝石は、宇宙そのものという、
玉三郎さんのお話は、凄くよく理解できました。
石には、途方もない月日をかけて、宇宙によって
産み出されてきた奇跡的な美が宿っていますよね。
海辺に落ちている石や貝殻にも、
同じような美しさを感じます。
庭園の石の見立てにも、宇宙を感じます。

石と言えば、第三部「石切り梶原」を、今回、
一生分、拝見させていただきました(笑)
5分で済む話を延々1時間も。。。なんて思いながら
5回拝見しているうちに、面白さも理解できました。
張り切り梶原として頑張っていらした
播磨屋さんあってのお芝居なんだなあ、と。
いつも笑いが起きる(盛り上がる)のは、囚人剣菱呑助の酒尽くしの台詞や
胴がまっぷたつになっちゃうギャグ的な部分でしたね。
なもんで、最後に見た時、もっと面白くするには、
いっそ手水鉢ではなくて鳥居を
ジャンプしてぶった斬っちゃったらどう?
なんてこと考えながら見てました。(こらこら)
梶原さん、宙乗りになりますね。

台詞では、「辞退するはかえって迷惑」という言葉が
面白いなあ、と。あと、「あれモシ父さん」「刀も刀」
「切り手も切り手」に合わせて「役者も役者」と大向うが
かかった時に、拍手喝采でした。お決まりなんですかね。

宝石の話が、石切梶原の話になっちゃって
あいすいません~。ゆの字どの~
これからも気楽にコメントをお寄せくださいませ。
よろしくお願いいたしまする。

玉三郎さんの眼

リリスさん

玉さん花子さんの眼!
この方も、そこんところを特に絶賛して
いらっしゃいますですね。

私も、同感です。以前、玉さんの揚巻を拝見した時の記事で
玉さんの眼は、生きている玉眼だなあ、と
記したのを思い出しました。
http://banbanzai777.blog76.fc2.com/blog-entry-47.html

リリスさんの評価が正しいかどうか気にするなんて
リリスさんらしくないですよー。
でも、おっしゃってる意味はよくわかります。
ご紹介いただきありがとうございました。

打ち上げ

桔梗さん

千穐楽のご様子、詳しくレポートしてくださって有難うございます。演目が発表された半年前から指折り数えて待った五月公演も終わっちゃいました。次の仁左玉コンビの公演はいつになるんでしょうかねぇ~。

打ち上げ、私も参加したかったです。玉さまの話だけしていたらいい会(できればちょっとだけ仁左さまも混ぜてください)、理想です。盛り上がって盛り上がって、帰れなくなりそうですが。始発まで開いているお店を予約しないといけませんね。

やりましょう~

おとらさん

指折り数えて、黒木瞳仕様のワンピも買って(しつこくてスミマセン)
私も、ずーっと待ちに待っていた公演が、終わってしまって
腑抜け状態です。今度は、いつ仁左玉さんでしょうかね。
12月は、ないかな?

次回は、ぜひ、一緒に打ちあがりましょう。
玉さんのお話でも仁左さんのお話でもOKですよー。
終演後の一抹の淋しさが、みなさんといると吹っとんで
すごーく楽しくなっちゃって、
ついつい飲んじゃったりなんかしちゃったりなんか。。。

おとらさんと飲みたいですわ、あ、お話したいですわ。
次回はぜひぜひぜひ!よろしくお願いします。

こんばんは。(^_^)

玉三郎ファンの皆さんなら
知っているかと思いますが
玉三郎さんとスケートの浅田真央ちゃんと一緒にマットレスのCMに出るみたいです。(^_^)
多分、布団のマットレスだと思います。(汗)
私は布団のマットレスに凝っていないから詳しくありませんけど…。
CMのオンエアは3日からです。
記事のソースはスポーツ新聞からです。

No title

まあ、素敵な打ち上げも羨ましいです。記事UPありがとうございます♪

ありがとうございます。

葵どんさん

玉三郎さんと真央さんのCМ情報、
サンキューでございます。

前に通販生活で玉さんが紹介されていた
マットレスなんでしょうねえ。きっとね。

アスリートじゃないけど、使ってみたいですね。
熟睡できる幸せを毎日味わえたら、最高ですね。
なんて、けっこう寝こけている方なんですが。

ぜひ

hitomiさんも、ご一緒に打ち上げいたしましょう~。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク