坂東玉三郎さんが歩く 京都非公開文化財特別公開。

今日22日付の朝日新聞朝刊に
玉三郎さんの記事が掲載されています

タイトルは、

珠玉の遺産「気」もらう 
歌舞伎俳優・坂東玉三郎さんが歩く 
京都非公開文化財特別公開


玉三郎さんが京都非公開文化財を訪ねて
仁和寺と伏見稲荷大社にいらした時の写真とメッセージが。

柔らかい日差しを浴びた、柔らかいお顔が素敵です。
輪蔵を回されている少年のような表情がいいですね~。
ぬははは(ひとりニマニマ)

上着を脱ぎかけているところの写真など
ラフなところがこれまた色っぽい(男の色気)です。

昨日の「いのちを語る」でも思いましたが
玉三郎さんの二礼二拍手一礼は、格別美しいです。

私もマネして昨日からは
神棚にパンパンだけじゃなく
ちゃんと二礼二拍手一礼することにしました。
朝晩やってれば少しは良くなるかな?無理?

こちらで写真がご覧になれます。
写真の右上の1/6のをクリックしましょう!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130422-00000014-asahik-soci
記事の方は会員になってどうぞー。
(無料体験があるはずです。)

今日は晴れてよかったです。
ちょうど熊谷陣屋の時間ですね。うぅうう~(思い出し泣き)

コメントの投稿

非公開コメント

“いつもの”神社

桔梗さん

ヤホーニュースでこの記事はチェックしていましたが、記事全文を読むためには会員にならないといけないのであきらめておりましたが、写真だけは拝見できるんですね。教えてくださって有難うございました。

ここ10年以上、私の初詣は石清水八幡宮→伏見稲荷→八坂神社を巡るのが定番(というかワンパターン)で、“ちょっとマンネリ?”と思っていましたが、いつもの3社のうち2社に玉さまが参拝されたとなれば、話は変わります。何だか誇らしく思えてくるから不思議です。(もちろん、もとから石清水さんも伏見さんも由緒ある格式の高い神社ですが)

来年からは玉さまのように美しく「二礼ニ拍手一礼」と思いますが、どちらの神社もお正月はすごい人出で社殿の前まで行くのがやっと、という感じで、とてもではないですが優雅に「二礼ニ拍手一礼」はできないんですよね。

行きつけの~

おとらさん

行きつけの神社が
石清水八幡宮→伏見稲荷→八坂神社なんて
ゴールデンコースですよ。
「神社界の国宝トライアスロンや~~~」(バイ彦摩呂)ですね。

私も、小学校の遠足でも石清水八幡宮に行ったのを
想いだしました。あのケーブルカーを見て。
あの辺、いいところですね。
小さい頃はなんもわかってなかったけど。

昨日の番組の中で「神仏習合」というお話がありましたが
私は、なんの信者でもないですが(あえて言うなら玉さん教かe-349
両親がいなくなってから、仏壇と神棚にお水やご飯をあげるたびに
仏様を先にするか神様を先にするか、でけっこう悩むんです(笑)
仏を立てれば神様がムッとするかな、なーんて考えちゃって。
毎日順番を交互にして上げることにしたんですけど
そんな器のちっちゃい神や仏はいませんよね。
仏壇の写真が祖父母だけだったのが伯父伯母、両親と
どんどん増えてきちゃってご飯を上げる時も
「さあ、みんなご飯だよー」って大家族みたいになっちゃってるのがどうも。。。
すみません、話がそれにそれました。

お正月は、大混みで、お賽銭が前の人のコートのフードに
入っちゃったりとか聞きますもんね。

すいてるときの神社で
二礼二拍手一礼!めざせ玉さん!
お互いに頑張りましょう。

あぁ~

神社は神聖な場所ですね。
参拝すれば心が清々しい気持ちになるかと思います。
高校の修学旅行は京都ではなく韓国だったから行けませんでした。(>_<)
京都は親せきに連れられて二条城に行った程度です。
南座や松竹座の歌舞伎観劇がてら
機会があれば京都に玉三郎さんが参拝されている神社やお寺、その他飲食店に行ってみたいです。
余談ですが、朝日新聞の写真を見たら
気のせいだけど玉三郎さんが歴史上の人物っぽく見えました。
玉三郎さんは体格が男っぽく惚れ惚れしますね!
桔梗さんは京都に何度か行かれているでしょうね。
関西に住んでいれば京都や大阪、奈良に行ってみたいですね。

間違いなし

葵どんさん

玉三郎さんは歴史上の人物ですね。
神社に負けない人間国宝!
品格・風格・人格すべて勢揃いです。

修学旅行といえば京都ですが
韓国だったんですね。
それはそれでいいですよ。

私は小学校の頃、父の転勤で
京都と大阪のちょうど真ん中あたりに
4年くらい住んでいたので週末は
親に連れられて宇治だ四条だ伏見だ石清水だと
見物に歩いてました。宇治平等院の藤棚が
素晴らしかったのを今も覚えています。
ちょうど今頃、咲いているのかな。
修学旅行でも行きました。
大人になってからも、玉さんのおかげで
南座詣でが習慣になりましたね。はい。

いいですよね、京都、大阪、奈良。。。
また住んでみたいです。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク