滝夜叉姫っっーーーー!!!

いきなり雄叫びを上げたくなるほど素晴らしい舞台でした。
昨日の「将門」。花道のすぐそばから拝見いたしました。

非常灯もすべて消された闇の中、スーッと細い煙があがって
伏し目の傾城如月が現れると、ヒンヤリぞくぞく
神秘の冷気がたちこめるよう

如月は、妖しいけど、ロマンティックですねぇ。
紗の傘越しに見える面差しの色っぽさ、吸い込まれて目が離せません。

蜘蛛の巣文様が刺繍されている打掛の立派なこと。
「ふき」の綿の厚みが凄いのですね。実は、相当重たいのではないでしょうか。
その裾さばきの見事さ、ザサっという音にも只者じゃない風情があって
線の細い如月の芯に、底知れない力強さを感じました。

如月と光圀の踊りは、遠目に見ても絶品でしたが、
近くで見るとさらに色濃い、ふたりの“気”が伝わってきて。

滝夜叉姫が印を結ぶ瞬間が大好きなんですよ。
あのスーッとした指の動き、妖術というか催眠術みたいにクラクラきます。

バッタバッタと敵を倒していく滝夜叉姫は、エネルギーの火柱のような存在感
どこから見ても、心底、惚れ惚れ。カッコいいです。私が一番最初に全面降伏でした。

幸せな時間はアッという間に過ぎてしまいますね。
あーあ、終わっちゃった。しばらく座ったまんま放心してました。

昨日はリリスさんもいらしていて幕間にお会いした時に
いろいろ教えていただきました。

私:滝夜叉姫が、大和屋の手ぬぐいを持ってるでしょ、あれ見ると
  何だか、可愛くって、親しみがわいちゃうんだけど。
  蛇の鱗柄の手ぬぐいじゃないんだ、とか。

リリスさん:あのね~。歌舞伎はそうなのよ、
      たとえば「源氏店」のときは
      お富さんがお風呂上りに持ってる手ぬぐいは
      その時の与三郎の役者さんの家紋の手ぬぐいなんだよ。

私:へえ~、なるほどね、そっか、白拍子花子さんもそうだもんね。

リリスさん:桔梗さんが博多座や南座で「将門」を観た時、
      如月がせり上がって来るとき隣に子蝦蟇ちゃんがいなかった?

私:え~っ、いないよ。なんで?

リリス:玉三郎さんがもっと前に演じられた時は
    スッポンからせり上がるとき隣に子蝦蟇ちゃんがいたんだよ。

私:そうなの!小さい蝦蟇ちゃんが!!!
  それもいいね。見てみたいなあ。
  その時々で、演出も変わっているんだね。

リリス:熊谷陣屋の相模も、玉三郎さんは、
    その昔、通しでやってらっしゃるから。

私:へえ~~、観たかったなあ。いいなあ。

すると、開演5分前のブザーが。
リリスさんは玉三郎さんのことも歌舞伎のことも
本当に何でもご存知で、記憶力も素晴らしくて丁寧に説明してくださるので
いちいち驚いてばかりの私でした。あーたのしかった。

そうそう、歌舞伎座の赤い絨毯のふかふかが、
2日目よりちょっとだけペタンとして幾分歩きやすくなりました。
この10日間で凄い数のお客さんに踏みしめられたのですね。
千穐楽にはペチャンコになっちゃいそうですね。








コメントの投稿

非公開コメント

滝夜叉姫っっーーーー!!!

思わず、越後の寒空から雄叫びを上げちゃいました。^^

はぁ~~~、観たい、観たい病が・・・・・
リリスさん、わたしにもご教授を。^^

ふかふか絨緞

桔梗さん。昨日はお疲れ様でした。

あまり誉められると恥ずかしい。
どこぞに穴はないかしらんて(笑)

やっぱり歌舞伎座はいいですね。
特にふかふかの絨緞に感動しました。
最初一歩で「おおっ!セレブだ!」
と感動ですv-10

こ蝦蟇ちゃん。
そうなんですよ。前回團十郎さんとなさった時には、スッポンの出のお供にこ蝦蟇ちゃん(と言っても大型犬くらいはある)が付いていたんですよ。
だから振り付けも、スッポンからセリ上がるとまず花道付け際まで進まれて、こ蝦蟇ちゃんを振り返ると、ドロドロでこ蝦蟇ちゃんがセリ下がったんです。
チョット記憶が曖昧なんですが、振り付けの先生が藤間藤子さん(ゴメンなさい。曖昧です)だと、お供のこ蝦蟇ちゃんが付くそうなんです。
ずっと昔に菊五郎さんがなさった時も、こ蝦蟇ちゃん付きでした。
これは写真を持っているので間違いはないです。

こ蝦蟇ちゃんって結構ラブリーでカワイかったですv-10

聞こえましたよ。

まるこさんの雄叫び、
届きましたっ。

滝夜叉姫ッっつーーーー!
今日も歌舞伎座にあわれるんですねえ。
会いたい会いたい病です。

リリスさんと話してたら
幕間がアッというまで。。。

玉さん合宿やらなくちゃですね。
佐渡で5泊6日でやりますかね。
まるこさん越後のガイド、よろしく!

ありがとうございました。

リリスさん

楽しかったですね~e-68
玉さん最高、歌舞伎座最高、絨毯ふかふか!

こ蝦蟇ちゃんのこと、知れてよかったです。
想像するだけで楽しいですよ。
愛犬じゃなくて愛蝦蟇を連れて歩く滝夜叉姫。うほほ。
愛蝦蟇が途中で虫を食べたり寄り道すると
滝夜叉姫は傍らでジッと待っている。のでしょうか。

セリ下がるこ蝦蟇ちゃん、最高にキュートですね。
観たいですねえ。このバージョンも。
藤間藤子先生、ナイスです。

いま、歌舞伎座にご登場の蝦蟇ちゃんも
ゆるキャラっぽくて、愛すべき蝦蟇ちゃん。
怖くないんですよね。

最後、蝦蟇ちゃんが先頭で後ろに滝夜叉姫がついて
一緒に前に進んで出てくるときの様子が二人とも可愛くて
仲良しな感じで思わずニコニコしちゃいます。
その後、蝦蟇ちゃんが欄干に左手をついて
自分の身体を支えるんですけど、けっこう必死な感じが
これまた可愛くて、それ見るのも楽しみになってます。
幕見からも最後、蝦蟇ちゃんだけはバッチリ見られるので。

歌舞伎って面白いですね。しみじみ。

深夜に

失礼します。

少し前に話題になった
「いのちを語る」BS朝日〈日曜日〉午前11時~11時半
の次回放送(21日分)が玉三郎さんです。

「いのちを語る」坂東玉三郎が石清水八幡宮を尋ねる。

放送は来週ですが、予告編が流れるでしょう。
チョイとお知らせまで。

早朝に

コメント拝見いたしました。

リリスさん、ありがとうございます。

11時からだっ!と
さっそく記事の方でもお知らせさせていただきました。
予告編が楽しみ~。
朝からボーっとしてたんですけど
パキッとスイッチが入りましたぞ。

石清水八幡宮は、小学生の頃にわりと近くに
住んでいたことがあって、親と何回か行きました。
名前を聞いて、あー懐かしい~っと。
そういう意味でも楽しみです!
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク