玉三郎さんトークショー〈その2〉@新阪急ホテル

玉三郎さんのホームページが更新されていますね。
玉三郎さんが撮影された「佐渡の桜」は、
パーッと、空も花びらも明るくて、東京の桜とは、
また違った風情に映ります。気のせいかな。

コメントでは、すでに歌舞伎座の初日を迎えられていますが
今日って、エイプリルフールでしたね。へへへうははは。

では、引き続き、京にんじんさんのレポートをご紹介させていただきます。
〈その2〉は、海外での公演やご覧になられた舞台についてです。

                

3.パリ公演の感想

パリで舞った地唄の演目が「雪」「葵上」「鐘ケ岬」に、
真山さん「あー、いいですね、渋くて」
玉三郎さん「割とね、割とっていうか、すごくいいと言ってくださって、
しーんと見ることをとても気に入ってくださって」
昆劇も、「説明するのは大変だったけれど、幕が開いて、あの音楽が聞こえて、
納得していただいたかなと」演目の選定理由は、「日本と言うよりも、
東洋のいいものを持っていけたらな、と思って。パリでは歌舞伎公演は
たびたびやっているので、ぼくが素敵な音楽だなと思うものを持っていくのも
自分の公演のひとつ」ということでした。

〇イタリアが好き
真山さんの「パリはお好きな街なんですか」に玉三郎さん「芸術を見てもらう
お客様がいるという意味では好きな街です」。続けて、聞かれてもいないのに、
「しかし、暮らすとか、観るとかいう点では、イタリアが好きですねえ」

イタリアの話になると満面笑顔になる玉三郎さん。
イカ墨パスタを思い出されるのでしょうか。

「やっぱり、食べ物もいいし、人間も明るいし、そのかわり、ほとんど歌舞伎は呼ばれない、
猿之助さん、いまの猿翁さん、がイタリアまわってらっしゃいますけど、イタリアは、
自分の国の文化だけで充分満足しているんです。ひとのうちの文化はあまりいらない」

〇「それはともかく」
玉三郎さん、「おもしろかったのはね」につづけて、「20数年まえ、パリ公演のあとに
イタリア回って、ベローナに行って、アリーナでオペラみて、「アンドレア・シェニエ」、
カバリエが出てたんですけど、友達と、こんな野外でカバリエの声聞こえるのかしら、って
言ってたんですけど、やっぱり、名プリマドンナの声って、歌ったら大きい声というより
、金の糸のような、すーっと」
真山「はぁーーー」
玉「それはともかく」
真山「それはともかく! こっからなんですね、本題は(大笑い)」

いろんなことを同時に思い出してしまう玉三郎さん。全部話したい玉三郎さんです。

〇おもしろかったのは
「おもしろかったのはね」の話は、そのオペラの開演までに、街をぶらぶらしていたときに
会ったイタリアの若者たちとの会話で、彼らに、一番好きな国はどこかと聞かれて、
「残念ながら、日本が一番好きで、次がイタリア、次が中国」と答えたら、
「おれたちは、一がイタリア、二がイタリア、三がイタリア」と言ったのだそうで。

続いて、もうひとつの「おもしろかった」話にたどりつくまでが大変で、
「篠山さんとはじめて写真集つくったときに」と話し始めたところで、
「去年のパリの帰りに」と移動、「ちょっと話が飛びますけど」とお断り。
真山さん「大丈夫、ついて行ってます」、玉三郎さん「ついていけなかったら、
翻訳を」、真山さん「つとめます、つとめます」。

このへん、気心の知れたお二人らしい、テンポの良い、ほほえましいやりとりです。

〇イタリアはすごい
飛んだ話の先は、27歳の時に行ったベネチアのハリーズバー。
支配人が来て、「うちの料理はどうですか」と聞くので、「すごくおいしい」と話していて、
その頃からすでにイタリアの経済はむつかしかったけれど、政治、経済の話になっても、
5分くらいで、「とにかく、うちの料理はおいしいだろ、それでいいだろ」となって、
政治がだめでも、経済がだめでも、ウチの料理の味は変えない、すごい国だと
玉三郎さんは思われたのだそうです。

〇玉三郎さんもすごい
去年もそのハリーズバーに寄られたときのいきさつがあらためて詳しく語られました。
すごいです。今食べたい、二階で食べたい、明日も食べたい、全部実現してしまう
玉三郎さんなのでした。チップ云々ではなくて、ほんとうにおいしいと思っている、
ほんとうに食べたい、という気持ちが通じるのでしょう。
玉三郎さんは「僕が27歳のときだから36年前に来て、彼は30年前から支配人。
僕のほうが先輩だよ、客として」と主張、最後には、サービスだ、食べてくれと、
ポテトにチーズとクリームをどーん、どーん、となったそうです。
「ポテトにチーズにクリームをどーん、どーん」ははじめて伺う話のような。
シェフ自慢の料理をしっかり味わえる舌を持ったお客と認識されたからこそのサービスなのでしょう。

〇イタリアの職人気質
映画「アマデウス」にも出てくる仮面をつくっているところに行くと、
「なんでもつくるよ」、「色を変えてくれ」というと、「変えるよ」、
ベネチアングラスはほんものとかにせものとか、むつかしいとか言われてるけど、
「どのくらいのものを買うかによって査定するんだよね」。
ここでも、ほんものをしっかり見極めるお客、と認識されたのだと思われます。
玉三郎さん「ほんとうにコミュニケーションしたら、なんでもOKになる国なんです」

「ほんとうにコミュニケーションができれば」、の話ですね。
ベネチアングラスも、仮面も、お部屋に飾られるんでしょうかね。
仮面はなにかお芝居に使われるのでしょうか。

〇やっぱり日本が好き
真山さんの「やっぱり日本が好きと思うこともあるんですか」に対して、
玉三郎さん「究極、日本好きです。やっぱり日本でよかったと思いますし、
ここまで生きてきちゃったから(笑)」
若かったら、イタリア人になってもよかった、とでも言いたげなおっしゃり方です。
「やっぱり、語らずして察しる、ってとこ好きです」地唄なんかで、
「流れていたメロディーの中で、僕が思っていることがあり、歌ってないのに、
お客様が思っていることと一致することがあります、そこを楽しむ人たちだってことが、
日本人でよかったと思う」
「まれに、アメリカのマンハッタンでもヨーロッパでも、いますけど、
でもそういう法則をほとんどの方が持っている、ということにおいて、よかった」

〇テレビの話
真山さんの「だんだん欧米っぽい若いひとたちが増えてきて、説明ばかりされて、
なに説明されてるか、よくわからないことがある」に、
玉三郎さん「テレビにテロップが出るのは耐えられないので、消しちゃうんです」
玉三郎さんが子供の頃見ていたテレビ番組は、「ディズニーアワー」「ちろりん村」。

「ディズニーアワー」、調べてみたら、「三菱ダイヤモンドアワー」の「ディズニーランド」でした。
「ディズニーアワー」の記憶はこの二つが合体したもののようです。

4.海外の舞台を見る理由、感想

真山さん「これだけ歌舞伎で確固たる地位をお持ちの方が、なぜ、わざわざ、
外国のエンターテインメントをみようとされるのか、
すごいおどろいたんですけど、どうしてですか」

すごい、すごいを連発する真山さんに対する答えは、「歌舞伎座の開場を控えて、
12か月何が開くだろうと思っていたことが根底にあります。いま世界が、何を見て、
何をいらなくて、何が欲しいと思っているのか、現地に行って知りたいと思ったんです」

去年のロンドン、パリ、イタリアは、25本、3月のベガスは12本、ご覧になったそうです。
ラスベガスは5泊で12本!
全部を見るには時間がないので、レベルはどの程度かを当地の人に訊いて、半分ずつ見たり、
知り合いが調べて下見をして案内してくれたそうで、
信頼できるお友達をたくさんお持ちの玉三郎さんです。

〇なにを面白いと思ったか
いまは観るべきものがあまりないといわれているけれど、ロンドンの「レミゼ」と、
「ビリー・エリオット」はよかったそうで、「ビリー・エリオット」には、
4人くらいダブルキャストがいて、ビリー・エリオット学校というのがあり、バレーが踊れて、
代役として訓練されて、学校教育もされて、どのキャストにあたっても、
あたりはずれがないくらいのクオリティーで、メインの俳優は、
レミゼもビリーエリオットもどちらも、ロイヤルシェイクスピアからきてる俳優で、
その俳優さんたちが、「芝居していないみたい」「全然媚びないの。
お客様に役をやっていることを表現しないの」だそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

チロリン村

「チロリン村とクルミの木」
みなさんお若いから、ご存知ないでしょうね。

わたしも大好きでした。人形劇の走りです。
ピーナツのピー子ちゃん、トウモロコシの村長さんとかがいました。
その後が「ひょうたん島」だったかなl・・・・

懐かしい~~~~~。^^

かわいい

まるこさん

若ぶってるわけじゃないけど、知りません。

ピーナツのピー子ちゃん、見てみたい。
チロリン村の名前自体も、
あまりにかわいくて脱力します。

玉さんも、見てたんですね~。
シンボーの頃ねえ。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク