玉三郎さんの瞳@「室井東志生展」

日本橋髙島屋で開催されておりました
「室井東志生展」の最終日に行って参りました。

美術サロン入り口横のウィンドウディスプレイには
鏡台の前でお化粧をしている玉三郎さんの絵が。
鏡に映る真っ直ぐな眼差しと、柔らかな背中。
ふわぁ~っと白粉の香りがしてくるようです。

お隣には、揚巻の牡丹の打掛と、獅子と牡丹の楽屋暖簾。
こんなに間近で拝見できるなんて。艶やかで、華やかで
吸い込まれるように、しばしジーーーーッ

「鶴の巣ごもり」「楊貴妃」「ナスターシャ」「鏡獅子」など

作品の中の玉三郎さんの瞳の強さ、優しさが、玉三郎さんそのもので
それぞれの役のいのちが感じられて、そこに室井さんの思いも
映り込んでいるようでした。

どの絵からも、淡くて、澄みきった光が放たれていました。

完成することのなかった「鷺娘」の絵と、
「阿古屋」の下絵4点が小さな色づきのものから線画だけの大きなものまで、
その過程がわかるように展示されていました。ふつうは拝見することの
できない下絵を飾ってみては、と提案されたのは玉三郎さんなのだそうです。

大変な時間を費やして、大きな作品を描き上げられていた室井さんの
意志が伝わってきて、束の間、仕事場にいさせてもらえたような気持ちになりました。

また、室井さんが玉三郎さんに宛てて書かれた手紙の下書きも
展示されていたのです。"いま"、思っていることが率直に綴られていて
とても慎み深いお人柄が感じられて、やっぱり一流の方は違うのだなあ、と
比較するのもおこがましいでのですが、小さな自分が恥ずかしく
なってしまいました。何回も何回も読み返しました。

追悼文の中で玉三郎さんが綴られていらっしゃる
「この展覧会をご覧いただければ、先生と私との、何か言葉に
尽くし難いご縁というものを感じていただけるのではないかと思います」

という、その言葉の通りの温かく密な時間を
過ごさせていただきました。その空間が心地よくて、帰りがたくて。
一緒に行った幼馴染ちゃんも、
「描く人と描かれる人の静かな〝気〟のやりとりみたいなものが
作品から伝わってくるよね」と感動していました。

図録を拝見していたら、高島屋の方が「室井先生は、
私たちスタッフのこともいつも気づかってくださって
とても優しくて気さくな方でした」と話してくださいました。

私は孔雀の絵にもいたく感動しました。
そういえば、室井さんが描かれた阿古屋の俎板帯も孔雀でしたね!
素晴らしい~私は孔雀フェチなので(聞いてないよ)

おとらさん情報によりますと、
これから巡回展があるそうです!

髙島屋京都店:3月20~26日
髙島屋大阪店:4月10~16日
髙島屋横浜店:5月1~7日

横浜のときに、また行きたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

横浜・・・・

桔梗さん、豊かな時をお過ごしでしたね。

行かれたら行ってみたいです。^^

帰りたくなかった。

まるこさん

ぜひともいらしてください。

普通の展示会とは空気が違いました。
室井さんと玉三郎さんは
お二人とも謙虚で才能豊かで優しい芸術家で
似ていらっしゃる気がしました。
玉三郎さんの絵のある空間が非常に心地よくて
ずっといたい気分で。かなりの時間、いついてました。
お客さんもたくさん。次から次からいらしてて。
大盛況でした。

横浜か大阪か京都へ、ぜひ。

京都!

梅の便りがやっと聞かれるようになりました。
京都に巡回の頃は、桜のつぼみもそろそろふくらんでいるでしょうか。しだれ桜は例年3月末には咲くのですが。
そわそわしてきます。

京にんじんさん

そうですか、そうですか、梅の花がe-235
熊本は梅が満開でしたので、もうそこまで来てますね。
楽しみですね~春爛漫ですね、巡回展。

室井さんのことを親しい方が書いていらしたのですが
舞妓さんの絵を書いていらしたから京都にはもちろん
精通されていて、お友達の展示会のお祝いに
「お花を贈るのもいいけれど、それよりも」って
舞妓さんを沢山連れて会場にいらしたそうです。それはそれは華やかに
なった、とお友達は喜ばれていて。で、最後に、
だからと言って、お座敷遊びなどは、ただの一度もしたことがないのが、
室井さんだった。とありました。粋ですねえ。

京都の桜もいつか見に(飲みに)行きたいなー。

初めまして

こんにちは 初めまして

9月にアマテレスが有ると聞いて行きたいけど チケットの値段より

太鼓の音が耳に響くのではと疑問が色々です

動画も上がってましたがせっかくなら見ないでおこうと思いつつ

色々なブログで迷っていたのがウソみたいと絶賛の嵐でしたが

もし行かれた方がいらっしゃれば1Fか2Fどちらの方が良いでしょうか

チケット取るのは数ヶ月先になりますけど

6月に猿之助さんの襲名披露がありどちらに行こうか迷っています

玉三郎さんの舞台は2度拝見してとても感動しました



ではお邪魔しましたm(__)m

はじめまして!

リナさん

ようこそおいでくださいました。

アマテラスに、行ったもんかどーしたもんか、
迷っていらっしゃるのですね。

>太鼓の音が耳に響くのではと疑問が色々です

もちろん耳にも全身に響きますよー心地よくe-343
耳に響く、ということについて、どの程度を心配されているのか
よくわからないのですが、大きい音に弱いとか?でしょうか。

歌舞伎座で上演したときに、私は両方から拝見しましたが
1階も2階も見え方が違いますから
2回行くことをおすすめします(笑)

1階は、玉三郎さんや鼓童のみなさんの表情や
踊り、太鼓の打ち方などをより細やかに拝見できますし
音も、近い分、迫力がありました。
2階は、動きの連携といいますか、舞台全体が見渡せますから
ダイナミックな動きの美しさを堪能しました。
真面目に2回楽しめると思います。けど、
そんなには行かないっつー話ですよね。

>玉三郎さんの舞台は2度拝見してとても感動しました

なら、迷うことはございません。感動必至。
3度目の感動が押し寄せるでしょうー。

アマテラスの世界は、歌舞伎とはまた違って
玉三郎さんと鼓童、舞踊と太鼓というユニークな融合による
原始の調べにのって、半分動物になりながら
夢の世界へと飛んで行きました。
そういう意味でも貴重な体験だと思います。

猿之助さんもアマテラスも
どっちも行っちゃいましょう。
(あくまでも個人の感想と推薦です(笑))

早速有難うございます

こんばんは

早速のアドバイス有難う御座います 背中も押していただいて♪

猿之助さんの舞台と2つ行けるかどうかは神頼みですけど

せっかく同じ値段なら1F 2Fで見た時の世界観も捨てがたい

一度太鼓のコンサートに行って居てあまりの音の響きに驚き

耳がキーンとなったのでお伺いしました

交通費はほとんどなしで行けるので 100%行くこと決定しました

有難うございました

景色が見える^^

”ふわぁ~っと白粉の香りがしてくるようです。”
桔梗さんの言葉は魔法です。景色が見えます。素敵ですね。^^

玉三郎さんの豊かさは、人と人との繋がりの豊かさでしょうか。
人とのめぐり逢いは財産です。宝です。玉三郎さんは宝物がいっぱい。

わたしたちも宝物をいただいています。

ぜひぜひ!

リナさん

こちらこそ、潔いご決断を
ありがとうございます。

背中押すとなったら、もう、
助走つけて思いっきり押しまっせー。

感動てんこ盛りのはずです(くどい)
楽しんでいらしてくださいね。
まだ先の7月ですけどね。また感想教えてください。
耳がキーンとならないことを祈っています。
(たぶんしないと思うのですが)

うーありがとうごぜいます。

まるこさん

そんな、そんな嬉しいこと言ってくれちゃって
涙がちょちょぎれちゃってます。
いつも書いては消し、書いては消し、
こーかな、あーかな、これじゃダメかと
迷ってばかりなので、そんな風に言ってくださって
とてもとても嬉しいです。

玉三郎さんの人と人との繋がりは
素晴らしいですよね。
国内で海外で、いろいろな方々との交流を大切に育まれていて
そのおかげで、宝物をいっぱいいただいていますね。
感謝感謝感謝…(永遠につづく)です。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク