玉三郎さんのエレガンス

今日は、あっちこっちで玉三郎さんの授章式の報道がされていて
朝から仕事が手につきません

最高位の勲章コマンドゥールを、直接、
玉三郎さんに手渡されたフランス文化・通信相の
オレリー フィリペティさんのスピーチも素晴らしいと思いました。

「あなたは、男 女 どちらの性にも属すことのない
 誰にも到達できない ある種の理想像を演じています。
 そこには規格外で 魅惑的な美があります」

まさに!芸術の都パリースの文化相は、さすがに、いいこと言わはりますなあ。
日本語訳なのでちょっと硬い言い回しですが、きっと
フランス語ではもっと微妙なニュアンスの柔らかい言葉なのでしょうね。

そうそうその通り!と。わかっちゃいるけど、なかなか短い言葉でこういうことを
表現するのは難しいことだと思うのです。とても繊細ですよね。

日本国の政治家の方から授章式などの公の場でこのようなメッセージを
聞いたことは、いまだかつてありませんのです。(たぶん)

玉三郎さんは、京都賞の外国人記者クラブの会見の時に、おっしゃいました。

「究極的に言うならば、女をやるのではないのではないかという感覚が
 自分の中にわいてきています。という意味でエレガンスのことを簡単に話せないんですね。
 動物としての本能と、人間としての理想との間のバランスが美しいことが、
 エレガンスなんじゃないでしょうか。それと人間が理性をもって理想を
 描いているところの、その幅の間に出てくるものが、その人のエレガンスだと思います」

すごいなあ、と思いました。とても印象に残る言葉だったので書き記しました。

玉三郎さんご自身も授章式で「真に美しいものは万国共通」とおっしゃっていますが

玉三郎さんのエレガンスは、パリだけでなく世界中の人々を夢の世界へ誘いますね。
オレリーさんの言葉を聞いて、あらためて感動しています。

玉三郎さんがスピーチの最後に、
「オレリー フィリペティさん、どうもありがとうございました」とお名前を
呼ばれたのも、よかったですねえ。温かいものを感じました。

今日は、開店もしてないのに店じまいして、
お昼から極上シャンパンを飲みたい気分です。あはは。

コメントの投稿

非公開コメント

店仕舞^^

桔梗さん、自発的に店仕舞して祝杯あげてます?
ちょっとお仕事も思い出しましょう。(笑)
改めて思いましたけど、おフランスは美しさに対して公平です。そして、とっても素敵なお国です。^^
でも、玉三郎さんを独占しないでね。

ところで、明日早朝我が家恒例の京都旅行に出発いたします。土曜日の夜帰ってまいります。富士山が見たいから、いつも東海道経由です。
この時期、越後は大雪。帰ったら、玄関に入られないかも・・・・と心配しながら、行ってきます。


お気をつけて~

まるこさん

今日は何だかねえ落ち着かなくて
わたしがソワソワしてどうすんだよ、なんですけど。

明日から出張で、やることいっぱいなのに
あーそれなのにそれなのに、
心は、生クリームたっぷりのコマンドゥールに。

まるこさん、京都なんですね。恒例ですね。
いいですねえ。美味しいものたくさん固体と液体、
召上っていらしてくださいね。

私も明日から、熊本に行ってきます。
またハードなスケジュールが待っていてゾゾゾです。
遠征じゃありませんわよ、もちろんね。

お気をつけていってきてくださいね~。
お土産は気にしないでね~いいですから~
ほんとにね~ぜったいね~

ただいま~^^

京都から帰ってまいりました。
毎年この寒い時期、京都に行っています。寒いけど、観光客が少ないからゆっくり歩かれるし、じっくり見学もできるし、結構いいんですよ。少し雪がハラハラ舞ったけど、越後と違ってそれも雅。(笑)
長年の憧れでなかなか訪れる機会がなかった「大河内山荘」に行ってきました。素晴らしかった!!とにかく素晴らしい!!です。

玉三郎さんもきっと何度も訪れていらっしゃると思います。^^

帰ったら、越後はまたまた大雪です。本日は暴風雪なり~。
あっ、お土産はありません。(笑)

おきゃーりー。

まるこさん

京都の旅を満喫されたようで
何よりでございます。
観光シーズンをはずすというのは
アリですね。ゆっくり見れますもんね。

「大河内山荘」には行ったことがありません。
大河内傳次郎さんのお名前は知っていましたが
素晴らしい日本庭園をお持ちだったのですね。
玉三郎さんも日本庭園を造ってくださったらいいですねえ。
(って、すぐそっちに話が飛んじゃうの)

私も熊本出張から帰ってきました。
空港から乗ったタクシーの運転手さんに
気になっていた花粉の状況を尋ねると
花粉はまだそうでもないけど大気汚染のPМ2.5,の方が
深刻という話をされていました。
熊本にはよく来るのですか、と聞かれて
(ここで急にニヤけて)「あ、仕事で、でも、
山鹿にある八千代座に玉三郎さんを何回か見に来ました」というと
運転手さんがすぐに「玉三郎さん、フランスの勲章を
とられましたねえ」とおっしゃるので、「そうなんですよね~
そうそう」と盛り上がっちゃって(私が)。
日本中が玉さんを祝福しております。

熊本は梅が可愛い花を咲かせていました。
(朝晩はすごーく寒かったですけど。)
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク