初雪

昨日までの激務で、朝からボーっとしていたら
雨がたちまちボタボタとした雪に変わって、窓の外は銀世界に。
一石橋にも、積もっていますね。桜田門にも。

20130124-2+020_convert_20130114135721.jpg

雪の日は、もうジタバタしないで映画三昧だ~、と。
最近、ハマっている花柳界を舞台にした日本映画の中でも
特に気に入っている『流れる』を見ました。

大川端に程近い東京の花街、芸者置屋「つたの家」を舞台に
時代と共に移ろっていく芸者の世界を描いた幸田文の原作を
映画化した作品です(1956年公開)。

監督は成瀬巳喜男さんで、女優さんたちの顔ぶれが凄いのです。
芸者つた奴に山田五十鈴さん、お手伝いさん梨花に田中絹代さん、
つた奴の娘に高峰秀子さん、そして杉村春子さん、岡田茉莉子さん、中北千枝子さん、
賀原夏子さん、栗島すみ子さんとみなさんのキャラが濃いのなんのって。

つた奴が可愛がっている猫の名前は「ポンコ」なんてヘンテコなのに
そのつた奴が、新しくきた女中の梨花に
「ねえ、梨花さんての呼びにくいから、お春さんにするわ、ね」と言うと
梨花は「はい、何とでもお呼びください」と、答えます。
それ以降、ずっとみんなから「お春さん」と呼ばれる梨花の言葉づかいが
終始、品が良くて、立ち居振る舞いがとても美しくて。

好きな男のために借金まみれになっている芸者たちの
ちょっとした言葉の端々に、おかしみが込められていて
そこに古き良き女の情感がにじんでいて、うーん、と唸っちゃう。
女の可愛さ、強さ、脆さ、欲深さ、恐ろしさが見事に伝わってきて
日本の女は昔の方がずっと多感に生きていたんじゃないのかな、
と思っちゃいました。

素晴らしいのは着物や帯の柄がすべて夢二の絵に出てくるような
草花や幾何学のシンプルな模様に統一されていて、粋で、色っぽくて、
この上なくお洒落。白黒映画なだけに、色気が感じられます。

晩年しか知らなかった山田五十鈴さんのキレイさ、杉村春子さんの
人間味、栗島すみ子さんの怖ろしいほどのかっこよさ、など
見応えたっぷりです。
Nagareru_poster_convert_20130114154424.jpg

初雪にちょっとワクワクして、雪見酒の準備を
してしまいました。地球のワインクーラーでヒエヒエ
夜は玉三郎さん推奨の映画、淡島千景さんの「日本橋」を見ようかな。
20130124-2+023_convert_20130114135756.jpg



コメントの投稿

非公開コメント

越後の酒^^

桜田門も雪かぁ・・・・
わたしは井伊直弼が大好きなんです。多分、昔松緑さんがそのお役を演じたからではないかと思っています。^^

「流れる」の衣装の素晴らしさについては、以前何かで読みました。衿の抜き方、帯の位置なども含めて、その女優さんに雰囲気がピッタリだそうですね。最近はそういう女優さんが少なくなったような気がします。
さりげない杉村春子さんの着物姿が大好きでした。^^

桔梗さん、今夜は越後のお酒も仲間に入れてくださいな。
雪見酒には雪国のお酒が似合うのよ。^^


雪中梅

まるこさん

実は、父が秘蔵していた
越後の名酒「雪中梅」と「吹田川」と「真」の一升瓶が
在庫としてあるんですが、さすがに
それをドーンと雪中で冷やしたら
岩長姫になっちゃいますから控えました。

でもいいですよね、熱燗で雪見酒もねえ。
追加しちゃおうっかなー。

「流れる」はとても素晴らしい映画ですね。
ああいう着物を着てみたくなりました。
女優さんの存在感が凄いです。
後ろで流れる三味線の音色とか
隅田川のきらめきとか路地とか

こういう日本の風景は
人の心を落ち着かせてくれますですね。
女は怖いんだけどー。

芥川賞^^

芥川賞の黒田長子さんは玉三郎さんのファンとか。
思いがけないところにお仲間が。^^

今日も越後は降り積もっています。
あっ、桔梗さん、岩長姫になってません?(笑)

へぇ~!

まるこさん

そうなんですか~
黒田さん、骨っぽい感じの方ですよね。
さすがです、玉さんファンなんですか。

一昨日、新年会で岩長姫と化しました。
なーんてね、嘘ですよー。

雪で冷やしたビールとワイン、
めちゃくちゃ美味しかったですわ。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク