日本橋のたもとで

仕事の待ち合わせの連絡で
「日本橋のたもとに、13時に来てください」とメールがきました。

日本橋のたもとに、って、なんだか決闘みたいだな、と思いながら、
久しぶりにザ・日本橋へ向かいました。

普段は素通りして見向きもしなかった日本橋ですが
なにしろ来月から玉三郎さんのお芝居「日本橋」が始まりますからね~
もう、写真まで撮っちゃいました。

第19代目の「日本橋」は石造二連アーチ式。
下を流れているのが「日本橋川」ということも初めて知りました。
20121026+027_convert_20121124093644.jpg

あらためて眺めると、石垣がきれいですね。中央には守り神の獅子が。
20121026+029_convert_20121124093908.jpg

いろんな角度から、熱い眼差しで日本橋を眺めていたら(変な人ですよね)
20121026+015_convert_20121124095801.jpg

決闘相手が、遅れてやってきました。
いかんいかん仕事だった。

朝日デジタル新聞に、玉さんのインタビューが出ています。
「和歌のように、詩のように。異常だけど、美しい」と語る。
http://digital.asahi.com/articles/TKY201211210811.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201211210811

日生劇場「日本橋」のHPにもテレビご出演情報が出ています
http://www.tamasaburo-nihonbashi.com/news.html

コメントの投稿

非公開コメント

日本橋^^

日本橋は素敵な橋です。
お江戸の頃は魚河岸もあったんですね。あの雰囲気が大好きです。

あの橋には、決闘よりもそっと粋なこと・・・そう、そう、十手を持って突っ走るとか・・・・が似合いますわ。^^

一石橋は見えました?

決闘!

まるこさん

よくよく見ると、お洒落な橋ですよね。

仕事相手だと、どうしても決闘モード?
もっと色っぽいことで待ち合わせたいですわ。
十手ってのも、どーなの?って感じじゃないすか。
あははは。

一石橋の名前の由来って
北橋詰の後藤庄三郎さんと、南橋詰の後藤縫殿助さんが、
橋が破損した際に再建したことから、後藤の読み「五斗」が
「五斗+五斗=一石」をもじって、一石橋と名付けられた
そうです。洒落でつけちゃたったんだー。いい時代ですね。

まっつぐ!

佐伯泰英「鎌倉河岸捕物控」原作の「まっつぐ!」
これが日本橋と十手のイメージです。(笑)

色っぽくないけど、今度みんなで日本橋で待ち合わせしてみますか?
まったく色っぽくないけど・・・・^^

なーるほど

まるこさん

まっつぐ!の心は、大好きですよ。
色っぽくなくっても、いっか。

待ち合わせ、しましょう。
そうそう、日本橋のたもとのすぐ近くに
榮太楼のたぶん本店がありましたよ。

玉さん特製栄太楼飴は
地元日本橋の郷土品?ですね。

あれ?

わたし、非公開コメントにチェックしました?
ガハハハハハハ。。。。。
失礼しました。(m..m)

公開です。(笑)

ごめんなさい~

まるこさん

わたくしのミスでございます。
ミス桔梗と呼んで~(反省なし)

コメントを開くのを忘れて
お返事だけ書いちゃって
最近、ボケボケのミス桔梗でございます。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク