26日は「萩岡松韻りさいたる」@国立小劇場

来週26日(火曜日)の「萩岡松韻りさいたる」で
玉三郎さんは、「夜半の鐘」を踊られます。

どんな曲なのかなどんな踊りかな
想像しておりましたところ、18日付東京新聞のウエブサイトに
ご紹介記事がありました。

それによりますと、記事を抜粋いたします

山田流箏曲萩岡派宗家で東京芸大教授の萩岡松韻(55)が
二十六日午後六時から、東京・国立小劇場で芸道五十年を記念した
「第五回りさいたる」を開く。

歌舞伎俳優の坂東玉三郎らが出演し、彩りを添える。
萩岡は「私の節目のリサイタルということで、
玉三郎さんから声を掛けていただきました。
とてもうれしい」と喜びをかみしめる。 

記念リサイタルでは、自ら作曲、旋律の美しい「千歳の松」を
一門六十人で演奏して序開き、山田検校作曲の「長恨歌曲」、
その後日談に当たる「連理の枝」と続き、
本体のメロディーに即興でかぶせるシャレ弾きの「東獅子」、
キリは萩岡作曲の「夜半の鐘」の演奏で玉三郎が自らの振り付けで踊る。

「玉三郎さんのご養父の守田勘弥さんと私の父が親しかったことから、
いまも交流が続いています。
大川端の料亭で男を待つ女の風情を描いた色っぽい曲だけに踊りが楽しみです

というわけで、
松岡さんの作曲で玉三郎さんの振付なんですね
どんどんイメージがふくらんで、ますます楽しみです。
お琴の調べに浸りつつ、玉三郎さんの踊りを堪能して参りたいと思います。
観てからの感想を、またお知らせしますね。

料亭で男を待つ女になってみたいー
(先にビール飲んじゃいそう。待つ資格なし)

東京新聞のサイトはこちらです。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/tradition/CK2012111802000155.html
チケットは七千円。オフィス・萩岡=(電)03・3749・4908。

コメントの投稿

非公開コメント

国立文楽劇場でも!

大阪の国立文楽劇場でも玉さまの公演があります。

「三十周年記念上方花舞台」

日時:2013年1月30日(水)14時開演
           31日(木)12時開演 16時開演(2回公演)

場所:国立文楽劇場

出演者:
坂東玉三郎・大空祐飛・榛名由梨・瀬戸内美八・山村流、OSK日本歌劇団

入場料:8,000円(全席指定)

チケット: <販売日> 2012年11月22日(木)より販売開始
      <販売先> 国立文楽劇場 TEL:06-6212-2531
              財団法人 上方文化芸能協会 TEL:06-6947-1300

詳細は↓
http://osaka21-blog.cocolog-nifty.com/bunkaryokunews/2012/11/13031-d0d2.html

宝塚やOSKの方、上方舞の山村流の方とごいっしょされるようです。

こんにちは

桔梗さん、こんにちは。

こんぴら歌舞伎の丁寧な記事、楽しく読ませていただきました。
私は、一般販売でチケットを買えなかったので行くことができず、
とても残念だったのですが、レポを読ませていただいて
あれこれ妄想して、ちょっと雰囲気を感じられたかな~、
なんて思ってます。
なんせ新米ふぁんなもので、みなさまのコメントの内容で
よく理解できないところも多いのですよ・・・(>_<)
でも、和やかな雰囲気が好きで、そっと読ませていただいています。

おとらさんの情報によると、大阪でも公演があるのですね。
わ~い! 平日ですが、もしかしたらなんとか無理をしたら行けるかも。
ちょっとワクワクしています。

〈おとらさん、はじめまして。
この場をお借りしてご挨拶を・・・(*^_^*)
私も関西在住です。どうぞよろしくお願いいたします。〉

先日、六波羅密寺に行ってまいりました。
12月5日までの間、ご本尊の国宝・十一面観音立像が
12年に一度の御開帳なのです。
阿古屋塚のところの玉三郎さんのお名前を見て、
喜んで帰りました~ (*^_^*)

ありがとうございます。

おとらさん

地元大阪での公演ですね。
行くっきゃないですね。

玉さんは「雪」と「海士」を踊られるそうです。

宝塚の大空さんは舞踊を、榛名さん瀬戸内さんはラストの
「お祭り」というお芝居の入ったショーをやられるとのこと。

賑やかな舞台になりそうですね。

よかったです。

ひよっこさま

いつも読んでくださり
ありがとうございます。
金丸座のレポを喜んでいただき
いろいろ妄想してくださったようで
とっても嬉しいです。

>なんせ新米ふぁんなもので、みなさまのコメントの内容で
 よく理解できないところも多いのですよ・・・(>_<)

理解できないところはジャンジャン質問してください。
みなさんに盛り上げていただいて、話がどんどんふくらんで
話が飛んじゃったりもしてますので(笑)
ちょっと待ったーそれ、なに?ってね、言ってくださいね。

六波羅密寺に私も、一度、行きました。
まだ玉さんのお名前が無い頃でしたけど
ユニークな形の阿古屋塚ですよね。

12月5日まで、ご本尊の国宝・十一面観音立像なんですね。
拝見したいなーでも行けないなーでも行きたいー。

これからもよろしくお願いします!

あれ?

嬉しい、嬉しい。
またお仲間が増えましたね。^^

そっと読んでいないで、どんどん参加してくださいね。


うれしいうれしい

まるこさん

ひよっこさん、以前にもコメントくださっていますが
ずっと、そっと、読んでくださって
さらにまたコメントくださって、うれしいです。

玉さんのお仲間がいっぱい。

この舞台の当日券って出るんですかね。忙しくて忘れてました。

私も知りたい。

この舞台は当日行っても見られるんでしょうか・・?

なんだか敷居が高そうで躊躇していたんですが見られるものなら是非見たいです・・・

「日本橋」ももうすぐですね。

昨日高崎での言の葉コンサートに行ってきたのですが、人間国宝におなりになられたからか?更にパワーアップされた印象で、自分がこれまでに聴いた朗読会の中で一番素晴らしかったです。
本当にお歳が信じられないくらいタフな方ですね。

昨日はコンサートもライヴだからということで、鏡花三部作のはずが急きょ予定になかった「日本橋」も朗読して下さいました。

お孝さんが日本橋で葛木を見染める場面と、赤熊を追い出す場面、夏の文学教室でも朗読された臨終の場面でした。

「大事な作品の台本にはこうしてカバーをかけているんでございます」とおっしゃって紺色の「日本橋」の台本を見せて下さったのですが、このカバーは銀座の伊東屋さんというお店で買われたそうです。
桔梗さんはこのお店ご存じでしたか?


来月は菊之助さんの「籠釣瓶」もありますし、ワンアースツアーもありますしまだまだ玉様関連で楽しめそうですね♪♪

出るといいですよね。

辰馬さん

当日券について、私もわからないのですが
お問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

今日は当日なので忙しくされているかもしれませんが
もしいらしたら、わかるかもしれません。

オフィス・萩岡=(電)03・3749・4908。

敷居

すこっぺさん

この前の舞踊界で敷居をまたげなかったので
今回は、脚立を持ってって、敷居をまたいできます。
当日券、ぜひ、お問い合わせしてみてください。

オフィス・萩岡=(電)03・3749・4908。
もしくは国立小劇場ですね。

昨日の言の葉コンサートへいらしたんですね。
私も行きたかったなあ。仕事があって行けませんでした。

「日本橋」も朗読してくださっただなんて
大ラッキーでしたね。夏の文学教室も行けなかったので
とっても聞いてみたいです。

伊東屋は、銀座の老舗文房具店って感じですね。
私も大好きなお店で、前を通ると吸い込まれて
いつも入ってしまいます。母も大好きなお店でした。
ノートとかペンとかいろいろ種類が豊富で
ブックカバーも玉さんのお気に入りがあるほどですから
きっといろいろあるんでしょうね。

フォトブックの表紙に、自分の入れたい文字を印字してくれる
オリジナルのアルバムを創るサービスなどもあります。
銀座には東急ハンズもできましたが
なぜか伊東屋さんに、心惹かれるものがあります。

そうですね、菊之助さんの八ッ橋も拝見したいですね。
ワンアースツアーもねえe-343
すでに二回、行っちゃいましたが、また行きたいです。


伊東屋さん^^

紙と文房具大好き人間ですので、伊東屋とか鳩居堂とか大好き。^^
以前はクロサワというお店もありましたが、今はありません。

伊東屋の上に、催事場と軽食のお店があります。けっこう行きます。
なんかいいんですよね、伊東屋さん。^^

玉三郎さんの踊りは絶品です。お時間があれば、ぜひいらしてください。朗読会も行きたかったなぁ・・・・

クロサワ

まるこさん

中学の頃、学校帰りにクロサワへ
友達と行くのが楽しみでした。

可愛い文具がたくさんあったんですよね。
カードとか、ノートとか、いろいろと。
今は、ドコモショップになっちゃいましたね。
でも、この間、携帯が充電切れちゃって
そこのドコモショップで充電することができて
助かりました。元はクロサワだったんだなーって
しみじみしちゃいました。

伊東屋の上の喫茶店で、よく仕事の打ち合わせをします。
落ち着くし、お店の人も知らん顔していてくれるので
居心地がいいんですよね。

すこっぺさん

銀座中央通りを京橋に向かって右側を歩いて
松屋を過ぎてしばらくすると真っ赤なクリップが
見えるのですが、そこが伊東屋さんです。
ぜひ、日生劇場にいらした時に
行ってみてください。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク