行ってきました金丸座⑤瀬戸内海で

「こんぴらさん」に初めて行ったのは、4歳の時でした。
高松に伯父が住んでいたため、祖父母と家族で出かけたのですが
祖父母が駕籠に乗ったことや、必死になって階段を登ったことなどよく覚えています。

今回は、ザ・金丸座がゴールだったので「こんぴらさん」には登りませんでしたが
とても懐かしい思いで、ちょっと挑戦してみたかった気もしています。

金丸座の翌日は、従兄の哲さんのボートに乗せてもらって屋島や小豆島を眺めながら
瀬戸内海を周りました。今回は、瀬戸内海が好きだった父を偲ぶツアーということで、
ずいぶん遠くまで連れていってもらいました。瀬戸内海も11月になると強風で
海に出られない日も多いそうで、「こんなに穏やかな日は珍しいよ」とのこと。
父のことを話しながら、哲さんの奥さんと私は、涙、涙、涙。
哲さんご夫婦の温かい気持ちに心が安らぎました。

スッキリと心も晴れて、とてもいい旅になりました。
玉三郎さんと鼓童さんと哲さんご夫婦に大感謝です。
20121103+119_convert_20121115173712sono2.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

海はいいなぁ

金丸座の様子 皆様のコメント楽しく読ませていただきました
有難うございます
なんだか玉さん都会より地方の方がお好き?のような気がします
もっとも熱烈歓迎のお客様が詰め掛けてるんだものね♪熱くなるのも当然ですね

瀬戸内海は穏やかで良いですね、厳しい季節があるなんて知らなかったです

今年5月に夫の実家から広島へ行き、船で瀬戸内~松山道後温泉まで行きました とてものんびりした旅になりました

海風に吹かれて

ムジコさん

瀬戸内海は穏やかですよね。
今までは春に出かけることが多かったので
晩秋の瀬戸内海は初めてでした。
湾を出ると波ががぜん高くなって
どんぶらこーどんぶらこーって揺れながら
海風に吹かれて、なんとも言えず
清々しい気持ちになりました。

玉三郎さんが地方がお好きな気持ちは
とてもよくわかります。
空気も違えば、景色も、食事も
新鮮ですもんねえ。
健やかに過ごすには最高ですね。

従兄はタコも釣るそうで、
新鮮な地蛸の美味しさはこたえられないと
「モーリタニアの蛸なんて食べちゃいけないよー」
なんて言っていて、いいなーと。
都会では、そうも言っておれんのですよね。
地蛸や鯛や鱸やいろんなお魚のピチピチ度に
私も瀬戸内海に住みたいなあ、なんて
思っちゃいました。いいですよねえ。

瀬戸内海から松山道後温泉の旅、のどかですね。
まだ道後温泉には行ったことがないので
いつか行ってみたいです。

おっと!

うず潮注意!!

な~~~んてネ (^^)

それにしても、穏やかな瀬戸ですね。

ほんと、海はいいですね
(玉さんがいれば、どこでも。) ^^;

うず潮^^

うず潮が面白かった。
淡路島がきれいだった。
えっ?いつの話?
うふふふふふ、ン十年前の話です。(笑)

瀬戸もいいけど、玉さんがいればどこでも天上界ですよね。^^

おおぉーーーっ!うず潮注意報が出た

なんてネ (~_~) 

夫の実家へ行った時ごちそうになったのもやっぱり新鮮コリコリ生き生き(ピクピクはしてないけど)お刺身 でした
畑でのんびり自給自足な義兄の作ったおいしい野菜をたっぷり食べて

「いーーなぁーこんな生活」と夫が言うので 「まぁまぁ都会で我慢しようよ」と心の中で必死に抵抗しつつ  いいなぁこんな生活も と私もちょいなびきました

そうそう

アユムさん

玉三郎さんがいれば、どこでもねえ。
海でも山でも、谷でも沼でも。ははは。

やっぱり海がいいですねえ。

おだやかな瀬戸内海は気持ちよかったです。

ぐるぐるぐる~

ムジコさん

ご主人はそっち系のエリアのご出身なんですね。
新鮮なお魚があると、住みたくなる気持ちはわかります。
お魚大好き!(聞いてないよ)

でも故郷があってたまに帰るだけでも
ハッピーですね。
ムジコさんは必死に抵抗して
たまの里帰りってこって。

淡路島

まるこさん

うふふふ、というのが気になりますが。。。
昔の色っぽいお話ってことで(勝手に決めてます)

淡路島にはまだ上陸したことがありません。

いつか行ってみたいですなあ。
むふふふふふ。

そうそう、玉さんのいるところが天上界ですわ。
ありがたや、ありがたや。

うふふふふ。。。。

独身の頃、母と二人旅をしました。二人っきりで県外までゆっくりと旅行したのは、あの時だけだったと思います。大切な思い出です。

昔から、色気にだけはご縁のないまるこです。
桔梗さんの想像に感謝。^^


お母様と!

まるこさん

素敵な思い出ですね。
お母様と二人で、というのは
できそうで、なかなかねえ。

私は今思うと、母と二人きりでの旅は
していなかったかなあ。。
でも父と母と三人では旅しました。
今となっては大切な思い出ですね。

私も色気にだけはご縁のない体質で
飲み気と食い気には自信があるのですがねえ。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク