「赤坂は、ここ岩亀楼ぉ~」

「ふるあめりかに袖はぬらさじ」の初日に行って参りました。

幕が5㎝くらい上がったところで、びっくりしたんです。
そこに畳が見えたからなのです。「えっ、畳っ!」
行燈部屋の、あまりの近さに。

お園さんが登場して、亀遊さんの隣に座ったとき
私は前から2列目だったのですが、お二人との距離が、
八千代座くらいの近さに感じられました。ちちちかい。
お園さんの息づかいが伝わるようでした。

そういえば、玉三郎さんがインタビューで
Actシアターはその特徴から、なるべくお客様に近いところで
お芝居ができるような舞台創りにしたい、
と語っていらっしゃったのを思い出しました。
なるほど、こういうことなのかー!新しいですね。

行燈部屋で寝込んでいる檀れい亀遊さんは、
見るからに「具合が悪そう」なんですよ。
儚いとかいうのではなくて、
かなり弱っているんだな、と感じられて
それが、自然でいいんですよね。

そのせいからなのか、二人の対話を聞いていて
私自身、お園さんの優しさが身に沁みちゃって。

「病気になると運の悪さが骨の髄までしみこむような気がするものよ」
と嘆く亀遊さんに、お園さんが、
「そんな気の滅入るようなことを言っちゃいけませんよ、おいらん。
私に出会ったじゃありませんか」と言うんですよね。
この「私に出会ったじゃありませんか」の一言が
もう、ハートにズキューンときちゃって
思いもかけず涙が出てきてしまったんです。
何ともシンプルで、優しい言葉ですよね。
今まで、第一幕で笑ったことはあっても
泣いたことはなかったのに。なぜなんでしょう。
私の中の初めての出来事でした。

お園さんのこの優しさ、
「私は、あなたのこと、わかってるんだから」という
亀遊さんへの愛情が根底にあるからこそ、
話がどんどん膨らんでいって亀遊さんのあることないことを
お園さんがでっちあげても、けっして嫌な感じはなくて
笑いや涙になっていくのだなあとあらためて思えました。

人間の情って、何とも言えず繊細で深いものですね。

お座敷でも、お園さんのおしゃべりは全開でした。
お園さんを見ていると、人間は苦労をした方が
魅力的になれるのかな、と。
まあ、その苦労を、栄養とするか、負い目とするか
それもその人次第なんですね。
玉三郎さんがおっしゃっていましたね。

海も、きれいでした。夕景も。
照明の位置が前の方にあるので、陽のあたり方が
また違うように感じられました。

あと、亀遊さんは
お座敷で藤吉どんに逢わなければ、
きっと死んではいなかったのでしょう、と思いました。
単に恋が叶わないから死んだ、のではなくて、
花魁の姿でイリウスに乞われているところを恋しい人に見られてしまって
あまりにやるせなくて、その衝動だけで死んでしまったのではないか、
ということも、感じました。
お園さんが言うように、なんで駆け落ちしなかったんだい、って
思っちゃいましたね。

今回はパンフレットも赤坂版で新しくなっています。
面白いな、と思ったのは、出演者の方全員に
「今、いちばん行ってみたい国はどこですか?」という質問が
されており、みなさん、答えていらっしゃるんですけど
その答えに、その役者さんの一面が感じられて楽しいです。
なぜ、この質問になったのかな。藤吉どんみたいに
海外に行くとしたら、ってことですかね。関係ないか。
でも、その唐突な質問が面白いです。

あと、玉三郎さんおすすめのすぐれもの
佐渡の椿油「SADO」が、劇場内で販売されていました。
はるばる佐渡から、やってきてくれたんですね。
私も使っていますけど、すごく気に入っています。
こちらで詳細を
http://banbanzai777.blog76.fc2.com/blog-date-20110509.html

舞台写真はポストカード5枚セットで
2タイプありましたよ。

当日券も出ていたように思います。
赤坂の岩亀楼に、ぜひとも行ってみてください。

コメントの投稿

非公開コメント

酸いも甘いも噛み分けた人だから

桔梗さん


こんばんは♪

早速の赤坂レポ、ありがとうございます。
桔梗さんはどんな感じ方されるのかな~って楽しみにしました~。

お園さんの温かさが一言にこもってて、からりと明るくて。
とっても近い舞台で二人のやり取りを感じられるんですね。

若いうちは買ってでも苦労しろ。
辛いことを経験した人間は
物事も人間もいろんな角度から見られて厚みがありますもの。
まったく次元の浅い話ですけど、
会社で前の上司と馬が合わなくて、嫌なこと言われたときとか、
落ち込んだときとか、「やった、ラッキー」って思うようにしてました。

囲み取材見逃しちゃって(ぽか)。
でも、お写真見る限りでは、玉三郎さん始めお三方充実した表情でいらして。
本当に楽しみです。早く行かんと。
「えっ?僕?」のお顔も見てみたかったな。
檀ちゃんともうまくいっている(?)ようで良かった。

先日、藤間会の舞踊のお話をさせてください。
楽しみにしていたこの公演。すごかったです。
衝撃が強くて、幕が下がってからも、放心状態で席を立てませんでしたよ。
美しすぎて。
桔梗さん、もしも機会があったら、この衝撃を味わっていただきたいです。

ザ・芸術品、玉三郎さんです。

東明の、女性の繊細な歌声と三味線、小鼓、笛とシンプルな音楽の中、どこを切っても美しい佇まい、ふと見せる表情も美しく。
ゆったりとした舞をたっぷりと、途切れることのない美しさで見せてくださいました。

玉三郎さんが少しでも動くたび、塵が払われていくようで清らかな空気が広がって。
もー、ぐんぐん惹きつけられ、玉三郎さんに吸着(笑)。
会場全体が息を飲むように玉三郎さんを見つめてました。
雑味が削ぎ落とされ、洗練された舞台。素晴らしかったです。

となりの方は、幕が下りすぐに「美しい!!!!!」と満足気でしたし、
後ろからは「やっぱり玉三郎はすごい。すごいね」と連呼するご夫婦のお声も。

竹を君子と呼ぶ謂れがあるそうなんです。それで『此の君』なのかしら。
竹を取り上げた踊りということで、金のお扇子には竹が描かれ、
淡いグリーンのお着物、白地に金が織り込まれた帯でした。
最初の正座からたまらなく美しいのですが、
立った姿が、まー、美しい。

松は声(音)、竹は姿、梅は香りを褒めるのに使われるとか。
それはそれは、玉三郎さんこそ竹にふさわしい!

最後は、行く末久しく繁栄を願うといった歌詞があって、
敬服の気持ちを込めるような、ちょっと浅めのお辞儀があって、幕。

確か12分くらいだったかと思うのですが、異次元に連れて行かれて。
そのまま放り出されて。しばし戻れず…でした。

変わって、
今月17・18日と行ってきた勘九郎さんのご襲名披露、松竹座公演。
昼夜、とっても楽しい歌舞伎公演でしたね。
なんか、ほんとによかったな~~~ってしみじみしちゃって。
久々の玉三郎さんがいる座組、
歌舞伎役者に囲まれている玉三郎さん、良い、やっぱり良い♪

瞼の母。みなさんが良いとおっしゃっていた舞台、これか~っと。
しっかりお芝居を見せてもらってご満悦でした。
すごく切なくなって、芝居の良さを噛みしめました。

あと、久々に観る女暫にわくわくしたこととか、口上もほんわかアットホームで、大阪まで観に行って心から良かったなって思いました。

勘九郎さんが、なんだか一皮むけたっていうか。
前は勘三郎さんそっくりなお声とかに、どうしても、
真似はしてないんだろうけど真似してるように感じてしまったり、
一枚壁があった感じが、なくなって。
ばん!っと前に出てきて、芝居を楽しんでるというか、いきいきとお芝居の中で自由に呼吸してるというか。
そんな勘九郎さんと玉三郎さんのやりとりがすごく嬉しい公演でした。

あと、勘九郎さんのおふくがめちゃくちゃかわいくて、テンション上がってしまいました(笑)。お面つけてから、ガンガン踊って団子売スペシャルだわ~って感動しちゃったり。
雨乞狐も、勘九郎さんの上手さに圧倒されてきました。

長くなってしまいました(汗)
10月も玉三郎さんにはお元気に過ごしていただきたいものです♪

No title

ちょっと涙もろくなってる?!

「私に出会ったじゃありませんか」

いいセリフですね~(しみじみ)

初日レポありがとうございます

桔梗さん

初日レポ、ありがとうございます。
暗い行燈部屋に、行燈を置きにくる人々の足音を思い出します。
遠征は来週になりますが、楽しみです。

椿油、SADOも販売中とは、ありがたいです。

くるりんさん

藤間会レポ、ありがとうございます。
「ザ・芸術品 玉三郎」を堪能されて、よかったですね。
舞踊会というのはしきいが高いように思えて、躊躇するところがありますが、次にこういう機会があったら、「おめずおくせず」、まいりたいと思います。

ザ・芸術品!

くるりんさん

「此の君」をご覧になられたのですね。
いいですねー羨ましいですわーん。

私も行きたくて行きたくて行きたかったんですけど
大阪行き(松竹座)で持ち点使い切っちゃって、
もう仕事うっちゃれなくなっちゃって(28日もあるし)
泣く泣くあきらめまひた。うぉーんe-444

でも、くるりんさんのおかげで
玉三郎さんの素晴らしい舞い姿が浮かびました。
それはそれは優雅で、洗練されていて、ザ・芸術品だったのですね。
わかりますわかりますともーうぉーん。

玉三郎さんは竹のイメージがありますよね。
スパッとしていて、まっすぐで、みずみずしくて。
玉三郎さんの舞踊を見るだけで
芸術という名の滝に打たれて、心が洗われますよね。

松竹座へもいらしたんですね。当然ですね。
しかも二連チャン!良かったですね~。
仕事もあるけど、行ってナンボです。うははは。

瞼の母、良かったでしょう~。
って、私が自慢してどうするって感じですけど
また拝見したいです。

勘九郎さんは、これから楽しみですね。
久しぶりに拝見したのですが
前よりも太く(肝が)、大きく(心が)
なられているように感じて
いい役者だなーってしみじみ思いました。
玉三郎さんといろいろ共演していただきたいですね。

「ふるあめりか」のくるりんさんの感想を
楽しみにしていますよー。

いいセリフですよね~

まつよいぐささん

まいど、どーもーe-257

涙もろく、なってるなってるー、ですね。
何だかその台詞にスパーンって反応しちゃって
泣き始めました、わたし。自分でもびっくりです。

お芝居ってのは、そのときの自分の心模様で
感じ方も変わってきますよね。
それだから、また面白いんですね。

「私に出会ったじゃありませんか」で思い出したんですけど

私がある時、ひとに誤解されて落ち込んでいたら
親友が、ぽそっと「私がわかってれば、いいでしょ」って
言ってくれたんですよね。それを聞いたら、その時も
何だか泣けてきちゃって。うれしくて。(もともと涙もろい?)
自分を引き受けてもらったというか、救ってもらったというか。
サラッと言ってくれた言葉に
とても力強いメッセージが込められていて。
思いから出てきた言葉は、いのちがありますね。

その友達も、お園さんみたいに呑兵衛なんですけどね。
ダブって見えてきちゃいます。

まつよいぐささんにも
いろいろと救っていただきました(しみじみ)

お待ちしております~

京にんじんさん

お園さんがすぐそばにいらっしゃるので
ちょっとドキドキ緊張しちゃいますが
一緒にお酒を飲みたい気分にもなっちゃいます。
お園さんの飲みっぷり、気持ちがいいです。
玉三郎さんもお酒が好きなんじゃないのかな
なんて思っちゃうほど、丼で美味しそうに飲まれます。
お酌したくなっちゃいますよ。

佐渡の椿油「SADO」は一度使うと、やめられまへん。
手作りの手間を思うと、けっして高くはありません。
京にんじんさん、劇場にてゲットですね。

来週の遠征でございますね。
私も楽しみにしていますe-343

土曜日の岩亀楼♪

桔梗さま
土曜日に行って来ました♪
お園さん、舌好調で楽しかったです(  ̄▽ ̄)!!
南座よりも主人役の若松さんもお園さんとのやり取りがパワーアップしていて、役者さん達が進化しているように思いました♪
お園さんは最後、酒を煽りながら小さな声で「畜生、畜生…」と呟いていました。
実は、上演中にちょっとハプニングもあって、客席がざわざわしたのですが!?行灯部屋からの舞台転換中に作業が終わっていないのに緞帳があがってしまったのです。大道具さんが、びっくりしていました!
会場には古舘伊知郎さんがいました。

土曜日の岩亀楼も、大盛り上がりでした♪

舌好調!

えりやまさん

うまいっ、座布団10枚(冬用の縮緬で)、進呈~。

昨日、いらしたんですね。
いろんな意味で、大盛り上がりで
熱気がムンムンだったんですね。

そうそう、みなさん、進化していましたよね。

私、藤吉どんが瓦版をもってきて
お座敷でみんなで顔をのぞきこんで見る場面が好きなんですけど
みなさんいろんな表情をしていて、楽しいんですよね。
芸者さんたちの裏の顔というかお化粧しない顔で。

玉三郎さんは、(お園さんじゃなくて)
そんなみなさんの様子をしっかりとガンミされていて
それもまた楽しくてねえ。

和気藹々で、雰囲気がいいですね。

ハプニングがあると担当されている方は
気にされるかもしれませんが
観ている方は、意外と楽しんじゃったりしてますよね。
それもこれも、生身の出来事ってことですね。

またお園さんに会いたくなっちゃいましたよ。
どうもありがとうございました!

近い?^^

玉三郎さんが近い?近い?近い?
ザ・芸術品 玉三郎がお近くに・・・・・
がぶっ!がぶがぶがぶっ!!^^

ザ・芸術品

まるこさん

お園さんが斬られそうになったとき
お園さんの身体が小刻みに震えていて
ゾクッとしました。

まるこさん、かぶりつかないようにね。

うぉ~ん

京にんじんさんも、桔梗さんも、ぜひぜひ次の機会には。
日舞の会の玉三郎さんに会いに行かれてくださいな。
国立劇場が、そのときだけ異空間に。
玉三郎さんが連れて行ってくださるんですよ~

確かに日舞の会は敷居が高く感じられるかもしれませんが。
日舞の会も、別段、習っている方だけのものじゃありませんし、観客があってこそです。
入ってしまえばそんなに堅苦しい感じはしないと思うんだけど…。

玉三郎さんも昨年の今頃は舞踊公演を日生劇場でうってらっしゃいましたね~。
敷居を少しでも低く感じていただけるようにっておっしゃっていたのが印象的でした。

お園さ~ん。

ご出演情報

桔梗さん。こん☆☆は。
早速のレポをありがとうございますv-10
皆さんのレポもぞくぞくと入りそうですね。

さてさて、またまたBoot!です。
TBS Boot!
2日 3:40~3:47 (もう間に合いませんが(汗))
3日 3:50~3:57
4日 3:25~3:32

また、「衛星劇場」のデジカメ☆ニュースが玉三郎さんの八千代座公演の記者会見でした。
もちろん無料放送です。
8日 17:45~18:00
10日 18:00~18:15

玉三郎さんのどっきり発言もあります。必見ですよv-10

大評判

くるりんさん

藤間会にいらした方々が
口をそろえて「玉三郎さん、凄すぎっ!」って
感動されていますね。

場内の空気が変わって、玉三郎さんの吸引力に
みんなスー――ッと、魂抜かれちゃったのですね。

おーノー、魂抜かれたかったー。

次の機会は、どんなに敷居が高くても
脚立を持って、出かけますわよー。
梯子を持って、出かけますわよーん。

お園さんにも、また明日、逢いに参ります。
二階から、海を眺めに行って参りますわーe-255←南国じゃないから
オペラグラスで、お園さんもガンミしてきますわぉーん。

さっそく予約

リリスさん

またまた、お知らせをありがとうございます。

今日の(明日早朝の)BOOTを予約いたしました。

さらに、デジカメニュースも!!

八千代座とリリスさん書いていらっしゃるのは
金丸座ですかね(汗)きっと、そうですよね。
こちらも楽しみにさせていただきます!

ありがたや、ありがたや。

oh my God!

桔梗さん。そうです。そうです。
「金丸座」です。大変失礼致しました(平伏)

気を取り直して(汗!汗!)
記者会見の玉三郎さん。大変お元気そうでした。
東奔西走。あんなにお忙しいのに、全くお疲れを感じさせないお元気さで。
こちらもニコニコしてしまいますよv-10

バリアフリー^^

玉三郎さんの踊りが観たかったわ・・・・(泣)

桔梗さん、舞踊の会も長唄の会も、梯子も脚立もいりません。
バリアフリーでございます。
機会がありましたら、ぜひ。^^

早くお園さんに逢いたいなぁ。

敷居フリー

まるこさん

舞踊の会も長唄の会も
カッモーン!エブリバデー!って
呼んでくださってるわけですね。

高下駄履く必要もないんですね。(しつこい)

お園さん、待ってますよー。
ハローハローって迎えてくださいますよ。

了解です。

リリスさん

一瞬、えっ、八千代座もあるの!って
思っちゃったんです。
玉さんがあまりにパワフルだから。
ははは、ありえねーですよね。

金丸座、楽しみです。

記者会見の玉三郎さん
早く拝見したいですわ。
ほんとに、こちらもニコニコですe-68e-68e-68

健康の源ですね、玉さん。

ランチ情報^^

赤坂の岩亀楼ではランチは頂けないので、どこか美味しいところをご紹介くださいませ。
でも、玉三郎さんにお逢いする前はあまり食べられないのよね。^^

ゆっくりランチ

まるこさん

赤坂アクトシアターにお出かけになるときのランチですが
いろいろ考えたんですけど、やっぱり劇場のすぐお隣にある
赤坂BizTowerの中のレストランがいいのではないでしょうか。

それは、なぜか!

一 開演ギリギリまで玉さん話で盛り上がれる
  劇場まで歩いて3分走って1分なので安心です。

二 その日が降る雨=雨降りでも濡れないで歩ける

三 そして、ここが一番のポイントかな。
  チケットの半券提示でサービスがあるんです。
  たとえばドリンク一杯サービスなど、これ嬉しいでしょー。

いろんなお店がありますから好みに合わせて選べるところもいいところですね。

「銀座west」のお菓子も5%引きになるみたいです。
シュークリーム食べたいな。

紀伊国屋も入っていて、昨日は帰りにワインを買ってしまいました。
これは割引適用ならず。でも、オーガニックのワインがいろいろあって
見始めたら、飲んでみたくなっちゃって。2本買いそうになりましたが
1本にしておきました。お園さんじゃないけど、5日酔いにならないように。

サイトを見てみてくださいね。こちらに詳しく説明がありますんで。
http://mi-mo.jp/pc/special/akasaka/act1210/index.php

プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク