打たれました!! 

玉三郎さんの芸術監督としての初作品
「鼓童 ワンアースツアー2012 ~伝説~」を観るために
昨日、王子の北とぴあへ行って参りました。

ツアーはスタートしたばかりなので
これからご覧になられる方たちのお楽しみのためにも
多くは語れません多くは語れませんがー
でも言いたい~伝えたい~絶叫したい~
胸いっぱいの感動!驚き!

なるべく控えめに語らせていただきます(できるかな)

まず、幕が上がって、すぐに
あー玉三郎さんだー、と思いました。
懐かしさというのか、なぜか子供の頃の気持ちが
よみがえってくるような郷愁を感じて。

しかも、笛で奏でられた曲は、「コンドルは飛んでいく」。
私は、この曲が大好きでケーナを買ってしまったほどで
篠笛での演奏に、さっそく鳥肌が(コンドル級の)立ってしまいました。

この1曲目の「Kaden カデン」という曲、
のっけから玉三郎さんの作曲なんですね。

いく種類もの太鼓をドラムスティックや細撥、中撥で叩く、
その小刻みで力のある重奏が、次々とたたみ掛けてきて

壮大な空から、雹の固い粒が降りそそいできて
あっちこっちで音を出しているような
とっても心地よいパワーを感じました。
心のすき間に、音が打ち込まれていく快感というか。

衣裳も、凝っていますね。キラキラの黒いブレスレットや
黒いジーンズにベルト、黒いシューズ。
ランニングも背面がお洒落で、
ひとつひとつに玉さんを感じました。
あと、太鼓を木の切株に置いていたり。

この曲のラストは、
「コンドルは飛んでいく」を唄いながら太鼓を叩くのです。
その歌もいいんですよね。遠いところに行きたい~♪
鼓童の歌声はまっすぐで、ペルーではなく日本の歌になっていました。
歌詞が太鼓の音でところどころ消されてしまうので
歌詞カードが欲しいなと思いました。
岩谷時子さんの訳詞なんですね。

玉三郎さんの「モノクローム」も、楽しみにしていました。
これまでは締太鼓だけの演奏でしたが
太鼓がいろいろで動きや打ち方がまるで違っていて
唸ってしまいました。その絶妙さに。
浮いて沈んで、呼応していく、人。
手の速さと、緻密な音。目と耳で感じる驚異でした

大太鼓も圧巻でした
見留さんの、真ん中を打って打って打ちまくる音。
後ろ姿、腰の下の筋肉が
ピクリ、ピクリと上下して
まるで単体の生き物のように動いていて
目を見張りました。

中込健太さんの筋肉美にも息をのみました。
ギリシャ彫刻が美術館を抜け出して
太鼓を叩きに北とぴあに来てしまったのではないか、と。
もちろん音も、凄いです。

もう一人は若手の住吉さんだと思います。
しなやかな腕の動き。すんなりと長い脚。
筋肉がこの先、どんどんついていくのだろうなあ、と
その変化を見るのも楽しみです。
(筋肉の話ばかりですみません)

玉三郎さんが作曲した、もうひとつの新曲は
タイトルもすごくいいです。イメージが湧きあがって
あれこれ楽しめる言葉なのです。
まだ秘密にしておきます。

最後の「屋台囃子」で、雪がチラチラと。
秩父のお祭りは毎年、12月なんですよね。
雪の舞い方が、美しかったー。
太鼓と雪、芸術的ですね。

いつも思いますが、玉三郎さんの演出は
曲と曲のつなぎ目も、とてもアーティスティック。
今回も、素晴らしいと思いました。

迫力が凄くて、緻密に構成されていて、
実に多彩な響きの玉三郎さんの~伝説~。

楽しくて、とてもパワフルなんですが、
最後に胸に残ったのは、根源的なやさしさであり
いろいろなものをそぎ落とした
日本人の情緒のように感じました。

たっぷり濃厚な2時間。
心打たれて、ナイーブな気持ちになりました。

控えめと言いつつ、長々と書いちゃいました。すみません。
ぜひとも、見て、聴いて、体感!してみてください。
鼓童のツアー、今後のスケジュールです
http://www.kodo.or.jp/oet/oet2012d_ja.html

コメントの投稿

非公開コメント

うん、うん^^

桔梗さん、いいもの観てきましたね。

玉三郎さんの~伝説~
懐かしい日本人の響きですね。

あぁ~、思い出すなぁ、12月の舞台。^^
今年も越後の舞台に行きましょう。

なんていうか

まるこさん

いいもの観て聴いてきましたe-272

それが、うまく感想を表現できないのですが
とってもモダンなんですよ、演奏そのものは。
ハッとするほど刺激的なんですけど
その芯にあるものが、とても情緒的というか
玉三郎さんらしいというか。
ミックスされているところも、
これまた「伝説」なんでしょうねえ。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク