初日オープニングセレモニー@南座

松竹さんのプレスリリースに、
「玉三郎“美”の世界展」の詳しいお知らせが掲載されていますね。

ひとつめのビックリは。

初日のオープニングセレモニーとして
玉三郎さん御自ら、テープカットにいらっしゃるのですね。


初日といえば、5月3日。といえば、御園座の初日でもありますよね。
そそそ、その日に、いらっしゃるのですね。気合ですね。凄い。

ふたつめのビックリは。

南座の舞台体験ツアーが期間限定であるんですね。
下記、抜粋いたしますと。

舞台体験ツアー:5月3日(木・祝)~5月8日(火)
①「花道を歩く」②「廻り舞台」③「奈落からセリ上がる」

貴重な体験が出来る期間限定ツアー!
当日、場内で受付。料金は500 円(入場料と別途)で
1 日1~2 回(11:00~、14:30~)実施。
所要時間は約15 分。1 回あたり定員20 名。

ごごごご、五百円でよろしいんですかー。花道歩きたいー。

いいないいなー京都の方はマメに行けていいなー。

テープカットをされる玉三郎さんが一番、お忙しいですよね(冷汗)
東京→名古屋→京都→名古屋 行ったり来たり。お園さ~ん!

詳細はこちらです
http://www.shochiku.co.jp/docs/120426_3.pdf

ポスターも登場。
ポスターpl_mi1205-06_l_convert_20120429110728

コメントの投稿

非公開コメント

びびび、びっくり

お知らせありがとうございます。

テープカットされるとは、びっくりです。
拝見できそうにないですが、ローカルニュースもしっかりチェックしておかねば、と思っています。

「玉三郎”美”の世界展」(「回廊」が「世界」にひろがりました)のチェックに来られて、詳細なダメだしなど、されるのではないでしょうかね。

「美の世界展」いったいどういう形で運営されるのか、よくわかりませんが、とにかく何度か通う予定です。
またご報告いたします。

5月6月の京都では、いつどこで、玉三郎さんに遭遇するかわかりません。びっくりして硬直して、「嫌われてる」と誤解されないように、にっと笑顔にできる準備をしておこうと思います。

ですよね、びっくり。

京にんじんさん

テープカットにいらっしゃるのかな、と
思っていましたが、やはり御園座ですもんね。
私も御園座なので、、、
でも、玉さんも御園座。しかも主役。
新幹線の中を走りそうですよねe-218e-282

テープカットも拝見したいですね。
金色に輝くハサミで、パッチン。
前に、昆劇のイベントでも、玉さんが
テープカットをされていましたね。
やはりイベントを盛り上げるには必要なんでしょうかね。
玉さん、忙しいのに大変ですね。
生中継で御園座でテープ切るわけに、いきませんもんね。

「玉三郎”美”の世界展」のタイトル、
短くなりましたね。回廊とかなんとか付いて
かなり長かったのでスッキリしてよくなりましたね。

>とにかく何度か通う予定です。
 またご報告いたします。

ぜひぜひ、お願いいたします。

>びっくりして硬直して、「嫌われてる」と誤解されないように、
にっと笑顔にできる準備をしておこうと思います。

あはは、そうですよね~嫌いなわけないのにねー。
好き好き大好きe-266って顔に書いておかないと。

でもイザとなったらやっぱり恥ずかしいから、
常に白い桔梗を一輪、持ち歩いて
何かの時はサッと渡そうかと思います
(変なおばはん。引っ張られるより怖いかも)

京都に近ければ

2、3回はミュージアムに行きたいです!

遠方のファンの為に、どこでもドアがあったら良いのになぁ~と…。

給料が良くてお金が沢山あれば

ミュージアムや阿古屋の演目を見に京都に出向きたいけどなかなか厳しいかもしれないです。(-_-;)

コンサートなら行けるかもしれないけど…。

少しでも見に行けるファンがいたら精一杯、玉三郎様を見て満喫して欲しいと思います。

びっくり

公演当日に、近いとは言え、京都にテープカットに来られるなんて!
南座入口前でなさるのかしら。
往来がてんやわんやしそうですね!
行かれる方、お気をつけて、です。

それにしても。それだけ想いがこもっていらっしゃるのだな、と。
プレスリリースや歌舞伎美人で今回の展示の概要が公開されパースカットを初めて見たときから、

こりゃ、本格的なのね…すごい…

と、思いました。
展示ケースがポコポコっとできるくらいを想像してたから(汗)。

お衣裳の公開も、展示替えがあるんですね。
何度も通いたい欲求がむくむくと湧きあがってましたが
残念だけど図録でガマン。
30着?お衣裳をそろえるだけでも、想像するだけで腰がくたびれそうです。

あ~、早く行ってみたい。
南座体験ツアーも参加してみたいな~。

行きた~~い!!!

御園座初日にテープカットしに来られるなんてすごい気合い入ってますね!!

さすが天女様でアトムです(笑)

京都の方は何回も行けていいですねぇ~♪♪

私も大学が京都だったんですけれど、そのまま向こうに住んでればどこかで遭遇できたかも(笑)

葵どんさんのおっしゃるようにどこでもドアがあったらなぁ・・・
ミュージアムだけでなく、楽屋にもご自宅にもモルディブにもお邪魔できるのになぁ(妄想暴走)

行きたいですよね。

葵どんさん

どこでもドアを発明した人に
京都賞をあげたいですね(誰が?)

ほんとに欲しいですね。
5月6月は、京都限定ドアでもいい。
要は、玉さんドアで、いいんですよね。へへへ

玉さんの美の世界展は、一回は絶対に行きたいです。
何回も行きたいけど、5月は厳しそうで。。。
6月には絶対に、行くぞー。うりゃー。

新しい歌舞伎座ができたら
ぜひ、「玉三郎、美の世界展」を巡回して
二か月くらい、やっていただきたいです。

南座正面玄関

くるりんさん

確か正面入り口と書いてったような。
テープカットって、関係者各位様たちが
数人並ばれますよね。面白い風習ですね。
ヨーロッパからきたものなんでしょうね。
玉さんがやったら絵になるでしょうねえ。
羽織袴で正装されるのでしょうか。
縁起物なんですね。

>何度も通いたい欲求がむくむくと湧きあがってましたが
 残念だけど図録でガマン。

同感です。何度見ても、もっと見たいですよね。
図録を作ってくださってよかった。

花道や舞台で、グイーンって
せりあがってみたいですねえ。
ヒュードロドロなら素顔でまったく問題ありません。
(化けてないのに)化けて出たな~~~~~ドロドロドロ~。



超人お園

すこっぺさん

そのまま京都に住んでいれば、ねえ。
私も、京都の学校に行きたいと思っていたのですが
あのとき、行ってれば、ねえ。

それだけ行きたいミュージアム、ですね。

>楽屋にもご自宅にもモルディブにもお邪魔できるのになぁ(妄想暴走)

おー、かなり妄想暴走中ですね。モルディブも!
じゃあ、私はロタホールにしようかな。溺れるの覚悟で。

やはり、玉さんドアを開発するっきゃないですね。
忙しくなりますよー。

雲?羽衣?翼?

玉三郎さんはどれを使うのかなぁ。
駕籠に乗って雲?ふんわり羽衣?それとも大きな翼?

京にんじんさん、観にいらっしゃるのね。羨やましい。
笑顔ですわよ、笑顔。^^

長唄の師匠が平成中村座のチケットを送ってくださいます。
突然ですが、4日に隅田公園に行って参ります。

でも、玉三郎さんはいないのよねぇ・・・・(涙)

竹コプター

まるこさん

玉さんが、ドラえもんなわけじゃないですね。

4日に隅田公演ですか。

玉さん、いらしゃいますよ。
東劇に、美女、嬢様、富姫様で♪
ぜひとも三味線のときのリベンジを。
一日で、3演目見られますよー。
朝から晩まで玉さん三昧。
隅田もいいけど東銀座もね。

テープカット

ディリースポーツのサイトで南座のミュージアムのテープカット見ました。

凄い機嫌が良かったみたいですね。

何だか行きたくなりそうです。

そうそう、どこでもドアだけどファンの皆さんの間で炸裂してましたね。

あと竹コプターもあれば日本中飛べるし景色が眺めることも出来て

あちこちの歌舞伎公演に行けるから楽しそう。(^_^;)

そうですか。

葵どんさん

記事がアップされていたのですね。

現地にいらした京にんじんさんに、
御園座でお話を聞かせていただきました。
玉三郎さん、ベージュ(クリーム色?)のスーツで
こんがりと日焼けされていたようですね。
ご挨拶もあって、とてもお元気だったようで
私も、行った気分になりました。

どこでもドアと竹コプターがあれば
「世界の旅」ジャパンツアーも制覇できますね。
欲しいなあ、欲しいなあ。

”美”の世界展

オープニングセレモニー、行ってきました。
9時20分頃開始ということなので、長い間ならばなくてもいいようにと9時ころ到着すると、南座前は人だかり。スタッフが、東側に「空きがあります」と誘導していて、チケット売り場の前あたりで、なんとか見ることができました。
十重二十重というほどのスペースはない場所ですが、わたしで5列目くらいでしたから、1列20人としても100人にはなります。けっこうな人垣で、スタッフは通行人の通路を確保するのにいそがしそうでした。報道カメラが数台。

最初に、迫本社長のあいさつ、つぎに玉三郎さん。南座の左のドアから登場すると、「やまとやぁ」と大向こうがかかりましたよ。かっこいい!

「みなさん、こんにちは。なんとか雨もあがって、こんなにたくさんお越しいただいて、ありがとうございます」

「なんとか雨もあがって」、確かに。前日は一日雨が降り、風も吹いていて大荒れでした。よかったよかった。

5月と6月の演目紹介があり、「私は劇場の中にいまして、ロビーには私の品物がありまして、それぞれみなさまをお出迎えいたします。どうぞお越しくださいませ」

まいります、まいります。

1分くらいのご挨拶のあと、テープカット。テープカットは、社長とお二人でした。

3日はそのあとすぐに御園座に向かったので、展示会自体は4日に出かけました。
見ごたえありますよ。展示も、図録も、映像も。

去年の猿之助展示のときは、客席の3階を展示につぶしていましたが、今回は公演があるので、客席は使っていません。
ロビーと廊下をフルに使っています。なので、椅子はあまりありません。

表東側のチケット売り場で、「シネマ歌舞伎」チケット、または「”美”の世界展」チケットのどちらかを購入して、入場します。

公演期間中は、公演チケットで入場することになるのでしょう。

まず、案内所で、図録購入。サイズは小型ですが、フルカラーで美しいです。ただし、重い。いまはかったら725gあります。

順路指示は右回り。一階から二階、三階と要所要所にスタッフが立っていて、案内してくれます。

11時からの「舞台機構案内ツアー」(500円)に参加しました。

チケットは、1階東廊下のいつもはプログラムを販売している机で10分(15分だったか?)前から販売。11時になると、その反対側の花道左の客席に通じるドアから入場。チケットの半券を渡されるチケットホールダーに入れます。

客席にスリッパが用意されていて、ツアーガイドさんの指示に従って、靴をはきかえて、いったん外にでて、いつもは開かずの扉からはいると、そこは鳥屋! 
チャリーンと音をたてて、揚幕がひかれて、花道をあるいて舞台へ。
花道は、思ったよりも狭いです。役者さんが「狭くて、平均台のように感じる」というのを聞いたことがありますが、このうえでトンボきったりするのはすごい。

そのあと、舞台で回り舞台とセリ体験。
「歌舞伎鑑賞教室」で九雀さん、歌舞伎衣装体験のお客さんが、セリに乗ったりしているのをみて、うらやましかったので、体験できて、うれしかったです。

まず、盆をうごかして、ひとまわり。
それから、二種類の大きなセリを同時に動かして、片方は上に、片方は下に、交代して、どちらも体験させてくれます。
下に降りたとき、ガイドさん「下にはなにもありません」

舞台からは客席はほんとによくみえます。
ガイドさんが「笑っている顔も泣いている顔も、いねむりしているところもみえますので、お気をつけて」と言ってましたが、納得です。

このツアーは人気らしく、11時からのは1回きりのところ、2回あったようで、舞台から、次のグループが客席に案内されているのがみえました。

終わると、「”美”の世界展 割引優待券」がいただけました。1000円のところ800円。
世界展だけみるとき、ありがたいです。

きのうは、シネマ歌舞伎「天守物語」もみました。
チケットは、入場するときに買ったのですが、場内でも上映30分前に販売しています。1日3本上映しているので、買い足してもいいわけです。
シネマ歌舞伎チケットのみ、途中出場ができるとのこと。

展示もみごたえあります。
衣装はもちろん、すばらしいです。見飽きません。
写真パネルも、ベニスでイカ墨パスタを左手のフォークにからめてもちあげ、うれしそうにほほえむ玉三郎さん、サン・ディエゴで素顔・素頭(かつらなしの意味)で打掛をまとってみせている、やはりほほえむ玉三郎さんなど、できるだけ新しいものを、という玉三郎さんの心配りが感じられました。

映像は、2台のモニターで、「海の玉三郎」と6歳のときの舞踊が流されています。。テレビ番組などでは抜粋をすこしだけしか見られないので、小さい画面と立ってみるのを辛抱しさえすれば、楽しめます。

ふだん甘いものはあまり食べないほうなのですが、くたびれたので、1階ロビーで特製パフェをいただきました。展示にあわせて企画されたものが2種類。今回は”美”の世界展パフェにしました。次はもうひとつのをいただこうと思っています。

割引券もいただいたことだし、12日からは公演もはじまることだし、何度か通いたいと思います。

世界展追加情報

たびたび、おじゃまします。
昨日も行ってきました。劇場の大画面で「鷺娘」「日高川」「道成寺」をみたかったので。

追加情報ふたつ。
・場内でシネマ券を購入する場合は、追加料金のみでよい。
 「鷺娘」「日高川」の1,500円で入場して、場内で「道成寺」を追加したら、500円でした。

・舞台機構体験ツアーは、回数を増やしたもよう。
 チケット販売は、3回とありました。いちばん早いのは、9時50分から。
 予告では1日2回。11時からと14時からとなっていましたが、10時からも追加になったのかもしれません。詳細は、劇場にご確認ください。

京都新聞には「舞台機構体験ツアー」写真がありました。

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20120504000034

NHKニュースではインタビューもありました。

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=jLl7jHxd_ecJ&p=NHK+%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%B1%95&u=www.nhk.or.jp%2Flnews%2Fosaka%2F2004838301.html

デイリースポーツの「”美”の世界展」テープカットの写真

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120503-00000024-dal-ent

ながなが失礼しました。

ありがとうございます!!

地元クィーンの京にんじんさん!

さっそく、オープニングセレモニーと世界展のレポを
ありがとうございます。

南座前のテープカットは大盛況だったのですね。
生玉三郎さんを拝めるのですからね、
京都界隈のみなさん駆けつけますよね。
イベントが盛り上がって何よりです。

玉三郎さんもご挨拶をされたのですね。

>「私は劇場の中にいまして、ロビーには私の品物がありまして、
  それぞれみなさまをお出迎えいたします。どうぞお越しくださいませ」

まいります、まいります、です。
玉さんの私物にお出迎えしていただけるなんて嬉しいですね。

新聞掲載の写真情報もありがとうございます。
玉三郎さんの髪の毛の感じが、いいですね。
このくらいの長さ、色っぽい。むふふ

京にんじんさん、舞台機構案内ツアーにもいらしたのですね。やること早いっ!
鳥屋から揚幕が開いて花道へ~いいないいな~。
そんなことをさせていただけるんですね。
もう気分は千両役者。
片足でトットットって「勧進帳」の弁慶みたいにやりたいなー。

セリ上がりも下がりもできるなんて~(いちいち驚く)

>舞台からは客席はほんとによくみえます。

ほー、そうなんですかあ。
玉さんの舞台で寝ることはけっしてありませんが
姿勢よくしなくちゃとか、緊張しちゃいますね。

玉三郎展も、みごたえたっぷりですね。
映像も、最近の写真も、早く拝見したいです。

地元クィーンの京にんじんさんは、
5月6月はどっぷりと、玉さん漬けでございますね。
大安の玉さん漬け(そんなのない)
羨ましいなーどこでもドア欲しいなー。
割引券やシネマ歌舞伎の詳細情報もありがとうございます。

舞台に乗った気分、玉三郎展を見た気分に
させていただきましたよー。

どうもありがとうございます!
ひきつづき、またいらしたら、レポのほどを
よろしくお願いいたします!
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク