Venezia!!!

玉三郎さんのコメントが昨日、更新されましたね。
ロンドンやパリ、ヴェネツィアでご覧になったお芝居のことや、
何十年ぶりに再会されたお友達のことなどなど、とっても
興味深い内容で、ヨーロッパの演劇など現在の状況もわかり
ふむふむ、なるほどーと、読ませていただきました。

で、今日、発見したのですが
(ブラウザによって更新されるタイミングが違うんですよね。
PCによってなのかな。IEPではダメでOperaだと見られました)

トップページの写真が、更新されていました。

Venezia!!! ヴェネツィア!!!

目にしたとたん、うわぁ~~!!!
って声を上げてしまいました。
やさしい光、澄んだ空と雲、水のきらめき。
なんて、素敵な写真なのでしょうか。
春色のような水色のような
何ともいえない淡い気分になりました。

ロンドン、そしてヴェネツィア。
玉三郎さんの目を通して切り取られたヨーロッパの風景に
すっかりハマってしまっています。
玉三郎さんのきらきらしたセンスとやさしさが
一枚に写り込んでいますよね。
これからも、もっともっともーっともっともっと
見せていただきたいです

そういえば、「ベニスに死す」のニュープリント版が
今、神奈川県の川崎市アートセンターアルテリオ映像館
上映されているんですよね、3月9日まで。
やっぱり観に行こうかなあ。観たくなっちゃった。

でも、今日は、玉三郎さんのヴェネツィアを眺めて
幸せ気分に浸りましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

益々 今後に期待です!

桔梗さん、たま様のコメントなどお知らせ有難うございました。ヴェネティアの水面燦めく美しい写真 素敵ですね!公演の前後に 数々の演劇を見て俳優として演出家として これからの活動をなさる上で大変素晴らしい経験をなさったようですね。共演された方の中には もう再び お会い出来ない方もいるのですね。だからこそ 再会が叶った場合の喜びは とても大きいものであることでしょう。皆様が再び たま様の「舞台を見たい」と熱望してくださっていること嬉しいですね!益々これからの ご活躍に期待いたしたいと思います。

ヴェネツィアの光

はなろんさん

画面を見たとたん、ふわぁ~っと
春風が吹いたような空気を感じて
思わず声を上げてしまいました。

人との繋がりを大切に、海外の方々とも
丁寧に時間をかけて仕事をしてこられた
玉三郎さんならではの貴重な旅の経験を
コメントに書いてくださって嬉しいですね。

TVで拝見したワイダ監督の笑顔が浮かびました。
玉三郎さんに逢えて、それはそれは喜ばれたことでしょうね。

>皆様が再び たま様の「舞台を見たい」と
 熱望してくださっていること嬉しいですね!

本当にそうですよね。絶対、見たいでしょうね。
この先も大変な時代が続くかもしれませんが
玉三郎さんにしかできない舞台芸術を
また海外で披露してくださる日がくることを
心から祈りたいです。期待していましょうねー。

新カテゴリー誕生ですね♪「玉三郎さんの写真」

うふふ。
桔梗さん、こんばんは。
このカテゴリーが1カウントから、もっともっと増えるといいなぁ~って、期待しちゃってます。

いっときのお休みの、嬉しいおすそ分け。
水面のきらめき、空の青、光が柔らかくって、癒されるぅ。
水上バス(?)で行く光の中のお散歩。風がほほをなでて。…と、すっかり妄想です!
写真で見て、これだけ癒しと解放感を感じるのだから、実際は如何ほどだったのでしょう。

2月の旅は大充実の日々だったこと、コメントを拝見して感じました。
過去にお世話になった方々、ブルックさん、ワイダさんといった巨匠の方々に再会された玉三郎さん…。本当に良かった。
また再びヨーロッパの地で、玉三郎さんの舞台公演が叶うと良いですよね。ほんと、桔梗さんと一緒に心からお祈りしております。

同感です!

桔梗さんの仰ること、とても同感いたします。久しぶりに親しい友人、知人の方に お会いして多くの劇を見て 世界の情勢をも肌で感じ 実り多い時間であったことでしょう。この経験は きっと これから進んでいかれる途の上に多くの影響を及ぼすことでありましょうね。そうですね!本当に そういう日が いつか訪れることを願って止みません。歌舞伎関係者の力を結集して そういう舞台が実現されるといいですよねぇ!

見れましたー!!!

桔梗さんありがとうございます!!

fire foxでダメでoperaをインストールしたら表紙が見れました♪

きらきらした光でいっぱいのお写真ですね。

きっとこの場所にいらした玉三郎さんも幸せな気持ちだったのでしょう^^

ヴェネツィアに飛んでいきたいな~♪♪

追伸。

輸入車ディーラーYANASEの会員誌「ヤナセライフ プレジール」2012/3+4月号に福田さんのお撮りになった玉三郎さんの写真が載っています。
(阿古屋・雛鳥・鏡獅子・藤娘など)

プレジールポートレートというタイトルのところです。
全6ページで福田さんのお話つきです。

会員でなくても発行元の(株)ウィブックス(03-5804-5415)にお願いすれば450円で買えるようです^^

ショールームにも置いてあるみたいなので、車買うフリして行ったらタダでもらえるかもしれません(笑)

へへ~気づいてくださいましたかー

くるりんさん

そうなんですよ、思わず作っちゃいました。
新カテゴリー!玉三郎さんの写真。
これからも、もっともーともっと
拝見したいとの願いを込めて。
くるりんさんも、同じ思いでいらして嬉しい。

本当にキラキラしていて解放感があって
見るたびに胸がスーッとします。
幻想的でもありますね。
思わずカシャッと、
シャッターを押されたのでしょうね。(表現古いか)
玉三郎さんの目に写るもの心に写るものは
何かが違うんですよね、ひいき目じゃなくってね。

これからも期待いたしましょう!

実り多い時

はなろんさん

私も、はなろんさんに同感です。
玉三郎さんは、何でもすごーく考えて
考えて、考えぬいていらっしゃるように感じるのですが
(あの学生フォーラムでもおっしゃってましたよね。
とことん突き詰めないと結論は出ないってね)
今回の旅で、またいろいろな考えや閃きや思いが
たくさん溢れだされたのではないでしょうかねえ。
それが舞台に結実して、
私たちに届けてくださるころでしょうね。

よかったー。

すこっぺさん

やっぱりOPERAはオーッケーなんですよね。
昨日、いろいろ試したら、インターネットエクスプローラーも
最新のパソコンではダメなんですよ、なぜかな。
古いMacだと大丈夫なんです。
互換性がいろいろとあるようで。
でも、とにかくご覧になられてめでたしです。

ヤナセの冊子のお知らせもありがとうございます。
ベンツ買うフリして(おいおい)
もらいに行ってこよーっと。写真も見たいし
福田さんのメッセージを読みたいです。

ありがとうございました。

ヨーロッパ^^

洋行をしたことがありませんので、想像だけの世界です。
東欧、北欧、イギリス、イタリア、叶うことなら行ってみたいです。

行かれない理由
①胃腸が弱いので、食べ物ですぐお腹に・・・・
②鉄の塊が空を飛ぶことに対する疑問・・・小さい頃より理数系が苦手
などなど。(笑)

玉三郎さんを日本だけに閉じ込めてしまっては申し訳ないのですが、
でも歌舞伎観たいし、踊り観たいし、お声も聴きたいし・・・・
グローバルになれない猛ウサ。理数系弱いし。(?)




日本の宝

まるこさん

玉三郎さんの写真を見ていたら
私も、イタリアにもロンドンにもあっちゃこっちゃ
世界の国へと出かけていきたくなりました。
光が違いますね。

鉄の塊は怖いけれど
空に向かうときのあの飛行角度は
美しいなあ、と思います。
理数系じゃないから理屈はわかりませんけど。

本当は玉三郎さんには日本にいつも
いていただきたいですが、でも日本の宝は
世界の宝、宇宙の宝ですから
やはりそういうわけにもいきませんよね。

追伸追加。

「月刊茶の間 2012/3月号」というお茶の雑誌(田丸麻紀さんの表紙)に、シネマ歌舞伎「高野聖」の紹介と玉三郎さんのお話が載っています。

この雑誌どうやら市販されておらず、宇治田原製茶場の「月刊茶の間」のサイトから申し込むと、先着3000名にプレゼントしてもらえるそうです。

無料ですので、玉さまファンの皆さまお急ぎくださいませ。

すごい

すこっぺさん

またまた嬉しい情報をありがとうございます。
しかし、またまたマニアックな情報誌での掲載、
よくぞめっけましたねえ。素晴らしい~。

ありがたく、無料申し込みをさせていただきます。

ベンツに緑茶に、玉さん情報のためなら
全部、買わなくっちゃー(嘘)
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク