”とても楽しいSpectacle”

18日に、打男のパリ公演は、とうとうフィナーレを飾りましたね

パリに住んでいらっしゃるCHIEKOさんが
その日の様子を、ブログで綴っていらっしゃいます。

とても楽しいSpectacle!

感想を読みながら、バリの打楽器「グランタン」の
やさしい音色を、思い出しました♪

パリのみなさんの歓声と拍手と「ブラヴォ―ッ!」の声が
シャトレー劇場内で、渦巻いていたことでしょうね。

打男の公演は大成功
素晴らしいですね~♪

CHIEKOさんのブログです
http://chiemiko.exblog.jp/17217184/

こちらboncoinさんのブログにも!
やっぱり、ブラヴォーの嵐だったようです。
http://boncoin.exblog.jp/17507083/

コメントの投稿

非公開コメント

嬉しいですね!

シャトレー劇場での公演 「フランスの方にも大好評!」ということで とても嬉しいですね!聴かれた方の感想を読ませて頂き どうも有り難うございました。「グランタン」の音色とのコントラストなど想像してイメージを膨らませています!たま様の演出で鼓童の公演が 更にバージョンアップされていくことでしょうね。私は今日 初めて「鏡花パビリオン」に行ってきました。シネマ歌舞伎「海神別荘」を。たま様の解説が初めにあり「あ~、なるほど。」と思いつつドキドキして見ました。素晴らしいものでした!!感動の波が ひたひた、ひたひたと 胸に押し寄せてきました。シネマ歌舞伎にして下さったお陰で こんなに素敵な作品を見られて とても感謝しています。鏡花先生が この舞台をご覧になったら  どんなに お喜びになることでしょうね。来月の「高野聖」も すごく楽しみです♪ 

今後ますます♪

はなろんさん

本当にパリでも大好評だったのは
よくわかりますよね。
きっと、フランスの皆さんは
びっくりされたのではないでしょうかね。

今後、ますます玉三郎さんの演出で
バージョンアップ必至ですよね。楽しみですね。
日本で早く、拝見したいです。

「海神別荘」ご覧になられたのですね。
ひたひたと、ひたひたと~ゆらゆら。

いいですね~私も早く浸りにいきたいです。
のんびりしてると、アッという間に過ぎて
いってしまいますもんね。

鏡花さんに、玉さんの舞台を観ていただきたいですね。
天の上から、きっとご覧でしょうかね。
釣り糸をたらしながら~。面白いこと言いながら~。

私も「高野聖」も、すっごーーーく楽しみです。

玉さんは日本不在ですが、素晴らしき三連作を
上映してくださっているおかげで、
玉さん漬けできてうれしいです。(漬物かっ)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私なりの発見。

前に「特ダネ!」に出た折 自宅の部屋が公開されましたよね。
番組で8時32分くらいのところで。壁にかかっている額の絵が 
娘道成寺の「恋の手習い」のところなのでしょうね。

玉三郎さんのHPのエッセイの「土牛先生のこと」という中で
「素描は淡く色づけされ、額のなかにおさめられています。」とあり 
あ~、あの絵が・・・と思ったのでした。

たま様のエッセイから 深い思いが感じとれるようです。
あ~、どこまでも 素敵な たま様。のめりこみますね~~!

そうですね、きっと。

はなろんさん

あの絵、とても印象的ですよね。
一目で、玉さんだ、ってわかります。
何とも言えない柔らかな雰囲気というか

玉三郎さんのエッセイは
いつもハッとさせられるんですよね。
感受性の鋭さと、視点のみずみずしさと
忘れていたとても繊細で大切なことを
呼び覚ませてくださる気がします。

はなろんさんにエッセイのこと
送っていただいて、またまた新鮮な気持ちに
なりました。ありがとうございます。

玉さんちの、お風呂の貝殻も、キレイでしたね。
もっとじっくりと拝見したいです。
色合いが、美しくて、けっこう大きい貝でしたね。

玉さんパビリオンにも、行ってみたいですね。あはは。

素敵ですね!

桔梗さんは すぐ あの絵は たま様だと思ったのですね!私は あのエッセイを読んで 改めて気づいた次第です。「特ダネ!」に感謝です。また こういう番組にも 出演してほしいですね!

土牛先生、ウィキには「現代日本画壇の最高峰に位置した代表的な日本画家の一人。刷毛で胡粉などを100回とも200回ともいわれる塗り重ねをし、非常に微妙な色加減に成功した作品が特徴とされる。」とありました。たま様が仰る「努力しないで成功するということは ありません」という言葉が思い出されます。

たま様 公演演出を終え どんな お気持ちでしょうね。毎日 桔梗さんのブログを拝見し たま様の ご様子を知ることができ、感謝しています。有り難うございます!

色加減

はなろんさん

土牛先生も玉三郎さんも
色加減に対する審美眼でも共通していますね。
そういうところもで年齢は違っても
天才同志、引きあう何かがあったのでしょうね。

パリ公演が大成功のうちに終わって
きっと喜びと安堵と、でしょうね。
大きな仕事を終えられて
あとはゆっくり、美術館とか舞台とか
いろいろご覧になられるのでしょうかね。
最高のひとときですね。

こちらこそ、コメントを書いてくださって
ありがとうございますです!




プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク