泉鏡花・幻想の世界@行徳

玉三郎さんの朗読公演「泉鏡花・幻想の世界」に
昨夜、行ってまいりました。

地下鉄東西線が、行徳の駅に着くころ
オレンジの夕焼け雲が、もくもくと
とても幻想的に空を彩っていたのです。

おー、まさに、鏡花さん日和と
車窓から、見入ってしまいました。

玉三郎さんは、颯爽と!白のスーツでご登場でした。
サテン地のような光沢のあるクリームホワイトのスーツに
白いワイシャツに白いネクタイに白い靴下に白い靴。
そして、インカムマイクも白!オシャレです。

私の脳が、一瞬、シアターコンサートにスイッチしてしまいました。
歌って~やさし~く~♪とメロディが聴こえてきそうでしたが
ちがうちがう~今日は、朗読ですよー。

最初に、玉三郎さんから鏡花さんの作品に対する解説がありまして
そこで、「鏡花先生の作品は魔界とか異界とか霊界などと
言われますが、魔界ということはありませんね、異界ですね。
人間とは違った場所にいて人間のことを話す」とおっしゃいました。
私は、魔界だと思っていたので、うーむ、そっかあー
魔界ではないのか、異界なのか、と新たな発見がありました。

シネマ歌舞伎が今、上映されているということもおっしゃり
その時に、「鏡花三部作」とおっしゃったあと、「三連作」、
と言い直しておられました。三つが繋がりのある作品なのですね。

玉三郎さんが演じられているお役はもちろんですが
「夜叉が池」の姥、「海神別荘」の公子、「天守物語」の図書之助と桃六が
これまた素晴らしくて、凄いなあと聞き入ってしまいました。
声がいいんですよね。低音にしびれちゃいました。音域が広いですね、やっぱり。

「夜叉が池」の子守歌、よかったです♪
「恋しい人と別れているときは、歌を歌えばまぎれるものかえ」ってのも
いい台詞ですよね(涙)

あと、台詞と台詞の間が、たたみかけるように次々進むので
よくもまあ、あんなスピードで、公子→美女→公子→美女などと
一人で掛け合いできるものだなあ、というのも恐れ入りました。

三作ともまったく雰囲気の異なる、鏡花さんの幻想世界へと誘われました。

特に、「海神別荘」の公子は、舞台でほかの役者さん(海老蔵さんと獅童さん)が
やられているときと、まったくイメージが変わり、公子が好きになりました(笑)

明るくて、おおらかで、やさしくて、ああ、この人となら結婚したいなー
楽しそう~、と(あはは)
これまで、私は、公子はあまり好きじゃなかったんですね、なぜか。
玉三郎さんご自身も、笑顔で楽しそうに語っていらして
とっても楽しんでいらっしゃるように感じました。

ハープの演奏も、素敵でしたねえ。朝川さんの涼やかなメロディ。
演奏のないときは、朝川さん、瞑想されているように目をつぶっていらっしゃいました。
休憩時間が終わるころ、朝川さんだけ舞台に出ていらして
調弦されたのです。私はハープの調弦を初めて拝見したので
へ~弦の上に調整のねじがあるのか、あーやるのか~、と
いちいち感心しながら、見せていただきました。

第二部の冒頭で、玉三郎さんが
「みなさん、もう「天守物語」については、ご存じだと思いますので」
とおっしゃったのですが、玉さんファンはそうかもしれないですけど
会場にいる全員は、たぶん、知らないと思いますーっ(笑)

富姫様は、先日、シネマ歌舞伎で拝見したばかりでしたので
声を聴くと、その場面の映像がふわーっと浮かんでくるのですが、
目の前には素顔の玉三郎さんが座っていて、不思議な気持ちになりました。

鏡花さんの作品は味わい深く、これから先、玉三郎さんの朗読を
何回も聞いて感じて、また聞いていきたいなあ、と思いました。

玉三郎さんは、鏡花先生の作品世界を本当に深く理解して、
愛おしみ、慈しんで、朗読されているのだな、ということが
じんわりと伝わってくる2時間でした。

コメントの投稿

非公開コメント

益々磨きが…

桔梗さん、昨日は休憩時間に慌てて投稿したので中途半端なコメントになってしまって失礼いたしました(汗)


昨日の玉様全身白ずくめで王子様みたいでほんと素敵でしたね♪♪

「天守物語」と「海神別荘」は2009年と2010年にもそれのみの朗読会で聴いたことがあります。

長丁場にも関わらず、水一滴すらお飲みにならずに役の声音をお一人で演じ分けていらっしゃるのにとても驚きましたが、今回はそのときよりも男の声、若い女の声、老女の声…とそれぞれ更に絶妙に表現されておられて本当に素晴らしいと思いました。


あーもっと聴いていたかった(笑)


あ、そういえば皆さま既にご覧になられたかもしれませんが、
「アサヒカメラ 2012年2月号」(1/20発売。ちょっと前ですね…)に「玉三郎 華麗」と題して、福田さんの撮られた玉三郎さんの写真(道成寺、アマテラス、お園さんなど)が10ページほど掲載されていました☆

まだ本屋さんにあるかと思います。

ふわふわ

桔梗さん

いろいろと早速文字に起こしてくださってありがとうございまっす♪

私はまだふわふわしてますー。
素敵でしたよね~。素敵でしたよぉぉぉ。うっとり。

お話(解説)部分では、玉三郎さんが教授に見えてきて、
まるで授業を受けているような錯覚に。
朗読部分では、あの役変わりのスピード・的確さ、お声にお姿にうっとり。。。
充実の2時間でしたよね。

魔界でなく「異界」。私もなるほど…と思いました。

いえいえ

すこっぺさん

休憩時間にコメントをくださって
ありがとうございました。

帰りの電車の中で拝見し
あーもっと早くに会場で見ればよかったー
と後悔。こちらこそ失礼しました。

ほんとに王子様でしたね。
白馬はいなかったけど真っ白な王子様が。

私は、「天守物語」の朗読を聞いてから
だいぶ経っておりましたので
さらなる進化に、しびれちゃいました。
瞬間、瞬間、でその役になりきるってことが
可能なのだなと、もう、びっくりしました。素晴らしいですね。

今回のような三部作バージョン、楽しいですね。

「アサヒカメラ」情報、ありがとうございます。
知りませんでした。今日、見てみようっと。

まだまだ夢の中♪

くるりんさん

それぞれの世界観に身を委ねて~ゆーらゆーら。
浸ってしまいました。たのしかったー。

声ひとつ、言葉だけで、
あれだけの世界を構築されるのですから
玉三郎さんって方は、凄い、凄すぎる。

朗読会も、もっともっと
やっていただけたら嬉しいですね。
お忙しいとは思いますが、
リクエストしたいですね~。
ハマりました☆

玉三郎さんの公子

行きたかった行徳ですが、あきらめました。
三部作の朗読も回を重ねているので、完成度も高くなっていることでしょう。
レポート、ありがとうございました。

玉三郎さんの公子、わたしも好きです。
快活で、純粋で、頼もしい。
またどこかでうかがいたいものです。

桔梗さんのおっしゃるように、「天守物語」、知らないひともたくさんいますね。
こないだシネマ歌舞伎をみたら、終わったところで、「富姫って、妖怪やったんや」という声が聞こえましたから。

完成度高し↑↑↑

京にんじんさん

三部作の朗読会は関東では初めてだったのですが
本当に、素晴らしかったです。
もっと開催していただきたいですね。

>快活で、純粋で、頼もしい。

そうなんですよね、頼もしい。
ちゃんと美女を包み込んで、
心を分かち合おうとしていて、
公子って、こんなに素敵な男なのか、と
はじめて思いました。
きっと鏡花さんの描きたかった公子なんですよね。

>「天守物語」、知らないひともたくさんいますね。

「天守物語」のシネマ歌舞伎は
そういう意味でも、鏡花さんを広く知ってもらう
いい機会になりますね。
また拝見したくなりました。

公子

わたしが観た公子は海老蔵さんだったから、包容力もなく純粋でもなく・・・・
朗読会がいいなぁ。み~んな玉三郎さんだから。^^

顕著に

まるこさん

芸は人なり、ですね。

今回、つくづく感じました。
公子の存在を通して。

玉三郎さんで、公子を舞台でやっていただきたいなあ。
でも、公子と美女の早替わりは無理ー。
やっぱり、朗読会で、ですね。

海老蔵さんの公子は、暗いなあ、と思いました。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク