虹の彼方に、飛んでっちゃったー♪

玉三郎さんのシアターコンサート、
第二部の一曲目は、よっ、待ってました!
オーバーザレインボーです。

玉三郎さんは、スタンドカラーの黒いシャツ姿で颯爽と登場。
いつも玉さんのシャツは襟がお洒落なんですよね。
アユムさんから漏れ伺っていた素肌にシャツ!Oh!!sexy dynamite

中央のスタンドマイクの前に背筋をピシッと伸ばして
立たれました。ボディラインが美しくて男らしい。
女形の時はあんなに華奢に見えるのに、不思議。

オーバーザレインボーは、大大大好きな曲で
私の鼻歌ランキングベスト3に入るので(聞いてない?)
今回、歌ってくださるのを、とーっても楽しみにしていました。

「に~じ~の~♪」と、まっすぐ、天に届くような、
おおらかな歌声で、ゆったりと聴かせてくださいました。
大きな虹が見えました。あ~~なんて心地よい響き。
力強い声に、やさしさが溢れていて泣きそうになりました。
歌詞も素敵で、心は虹の彼方へ~青い鳥と一緒に飛んでっちゃったー。
もう一回、聴きたい♪いや、1万回、聴きたいです♪
また歌ってくださると初日におっしゃっていたそうなので
その日を楽しみに待ちたいと思います。

その後、越路吹雪さんのリサイタルには毎回
出かけていらした、というお話をされて、
お稽古があっても「ちょっと仕事があって」と言って
お出かけになっていたのだそうです。
玉さんでもそういうことをされるんだなあ、と。
私も自信をもって「ちょっと仕事で」と
玉三郎さんの舞台へ行こう、と。(今さら何を)

「枯葉」は、しっとりと、でも寂しくなく
玉三郎さんのオリジナルになっていて、
この歌のイメージが変わりました。
フレッシュな「枯葉」でした。

「妻へ」はハンドマイクで、目をつむり
思い深く、とてもドラマティックに歌われて
これもまた泣きそうになりました(涙腺ゆるゆる)。いい歌ですね。

「セ・シ・ボン」は、表情豊かに、楽しそうに歌われて、
「あなたをなぜ~好きなのでしょか~
それは言えない~~」の言えない~~♪が
声量炸裂のびやかな高音で、すごいです!
「セ・シ・ボン~なにもかもが~いいのだもの~♪
素敵なのよ~みんないいのよ~とてもセ・シ・ボン~♪」
玉三郎さんに向けて、玉三郎部員全員で捧げたい歌ですね(笑)

ボサノバはさらに磨きがかけられていて
今までよりも、ゆっくりとしたテンポで歌われたように感じました。

ジェニーは、演出の方から、これは絶対
歌い続けた方がいいと言われている、と話されていましたが
まさに!ミュージカルスターの玉さん迫真の演技です。
ジェニーが75歳で死んじゃった♪のときは
バタッと倒れ込んですぐ目の前でつっぷしたのです。
今まで、花道で倒れ込む阿国、舞台で倒れる八つ橋を観てきましたが
スーツで倒れ込むのが新鮮でした
ぜひとも続けていただきたいです。
最初の「ウージェニー♪」のあとに「ジェニージェニージェニー」と
連呼するところが最新バージョンでした。

「ムーンライトセレネード」はご自身で訳詞をされたそうです。
やっぱり!と思いました。玉三郎さんの歌詞は
やさしくて、ロマンティックで、はっきりと心に伝わります。

アンコールで「What A Wonderful World」を歌われる前に
「故郷を大事に思う気持ちもわかるけど、新しい土地で、次の人生を
切り開いて前へ進んでいってほしい」といったことを話されたのが
とても印象的でした。あと「食品の添加物などみんな一人一人が意識して
回避していかなくてはならない」といったことを「お説教じゃないけど」
と語られて、玉さんならではだなあと。

最後に「L・O・V・E」♪
手拍子にのって「ラーブ
あちこちから「玉さん、ありがとー!」という声が飛んでいました。

今回のシアターコンサートで、やっぱり、
玉三郎さんの歌は、いいなあ~としみじみ思いました。
楽しくて、心地よくて、温かいひとときに、心から感謝です。

八千代座の前の夢小蔵でゲットしたストラップ。ガラス玉の中に燈籠が。
DSCN0884_convert_20111123162529.jpg

今週は出張で、熊本にいます。
今日はお休みだったので熊本城を散歩しました。
DSCN0899_convert_20111123180926.jpg

熊本城の石垣は素晴らしい。このラインに萌え~
DSCN0908_convert_20111123180547.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

反芻しています

レポートで、牛みたいに、反芻できます。
どうもありがとうございます。

黒いシャツ? 結局白いスーツは2日間だけだったのですね。
3日目は上着はなかったみたいですが、そうすると、毎日、すこしづつ、衣装は変わったのですね。
白いスーツのときは、襟はふつうのシャツ襟で、ネクタイはなし、一番上のボタンをはずしていたのが、新鮮でした。いつも首まできっちり留めておられるのにね。

越路吹雪さんのリサイタルは、28日(か29日)まであって、歌舞伎公演が終わるのが25日か26日なので、行けたのです、とおっしゃってました。稽古中だったのですね。

枯葉は、イヴ・モンターンが「夜の門」で歌った、と紹介されていました。
彼の映画は後半のをわりとみましたが、むかしのはみていません。「夜の門」、1946年とあります。みてみたいです。それにしても、玉三郎さん、グレタ・ガルボといい、生まれる前のことを同時代のように話されますね。おもしろい。

「ジェニー」で、倒れるとき、赤坂では、ドラムかパーカッションが協力して、ガラガラ音たててましたね。あれ、再現していただきたい、そこにくるたびに思います。

最後に大震災についてのお話が毎日、すこしありましたが、前向きですね、いつも、ご発言が。強い方なんだろうな、と思います。

今日、玉三郎さんは京都におられたようです。
阿古屋塚に屋根をとりつけた竣工式のニュースがありました。

http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011112301001697.html

ったく、ここと思えばまたあちら、縦横無尽の玉三郎さんです。

男らしい玉さま

桔梗さん、詳細なレポート有難うございます。“浜村純”みたいです。見てきたような気になりました。

日ごろからトレーニングされている玉さまなので、案外マッチョなんですよね。この前、京都賞のワークショップで「瀕死の白鳥」の映像を見たとき、確かに腕の振りは神業ものでしたが、腕自体はとてもたくましくて、「おっと~」って思ってしまいました。

玉三郎部、私も入部希望です。関西支部の京にんじんさん支部長の後ろからついていきます。(勝手に支部まで作ってしまいましたが )どんどん発展する玉三郎部です。

それにしても玉さま、今日は京都ですか。神出鬼没です。阿古屋塚、また見に行かないといけません。

胃袋が四つ

京にんじんさん

牛と化しましたか。変化もの。
四つの胃袋だから、めいっぱい夢を反芻できますね。
(意味不明)
白いスーツも拝見したかったです。
白いスーツのときは、白いシャツだったのでしょうか。
ボタンをはずしているとは、驚きです。
ぴっちり襟元をしめている玉さんが好きです。
でも、はずしているのもいいかなあ(どっちやねん)

強い方、そうですよね。
きっぱりと、希望をもって前向きに
生きていって欲しい、と語られていました。

玉さん、じっとしてないお方です。
しかしよっぽどタフな方なんですね。
明日はいずこへ~。

アスリートの肉体

おとらさん

浜村純でございますー。

入部届け、即受理しました。判子、ペタ。
関西支部、いいですね~。
副支部長はおとらさんで。

コンサートで拝見して
アスリートの肉体だと思いました。
鍛え方が違いますね。
腕も、細めなんだけどしっかり
具が(筋肉)詰まってましたよね。

阿古屋塚の玉さん、羽織袴で恭しいです。
しかしスーツ着たり袴はいたり
大車輪でございますね。
あんなに忙しかったのに、お元気そうで何よりです。

ぷよぷよ~~^^

アスリートの玉三郎さん。
”男”なんですよね。うふふふふふ、素敵。^^

ボンボンチームの猛ウサは、筋肉ぷよぷよ~。
足上がるかなぁ・・・ギクッといきそう。
仕方ない、口だけの鬼コーチを目指すかな。(笑)

六波羅密寺の修復にもご尽力されたんですね。
玉三郎さんは千手観音かしら・・・

千手マッチョ

まるこさん

口だけ鬼コーチは、ダメダメ~
ちゃんと足も腕もあげて
ご指導お願いしますねー。

玉三郎さんは、千手観音だとしたら
すごいことになりますね。
すべての手が、美しい筋肉で。
あ~拝みたいですわ。

白づくめ

桔梗さん

白いスーツのときは、シャツも白、靴も白、靴下も白でした。

靴はいつものエナメルのサンダルではなくて、シンプルなひも靴。

シャツのボタンをはずしているのは珍しいですよね。わたしも驚きました。
ネクタイのいらないデザインのシャツ以外は、ネクタイをきっちり締めておられますからね。
「自分を緩めて」の一環なのでしょうかね。
襟元はぴちっと首に沿ってたほうが、わたしも好きです。

ですよね

京にんじんさん

コメントありがとうございます。
遅くなってすみません。

白づくめ、拝見したかったです。
靴下の白が気になります。素材は?
コットンでしょうか。マニアックに追求。

シャツのボタンを外すのは
イメージじゃないですよね。
だからいいのかな。
ちょい悪(古い)の玉さん。

自分を緩める=襟元を緩める
おもしろい~。非常にわかる気がします。

プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク