「蓮絲恋慕曼荼羅」鑑賞

国立劇場で文楽を観た帰りに、
せっかくだから玉三郎さんの映像を観てから
帰ろっかなー、と思い、同じ建物内にある
視聴覚室に立ち寄りました。

さて、何を観ようかなぁ~、そうだ!
久しぶりに(というか公演以来初めて)

初瀬と豊寿丸の「蓮絲恋慕曼荼羅」


を観たいな、と、係の方に尋ねると
「はい、ありますよ」とお返事が。おーっ、やった。
「ただ、今日は早くに閉館してしまうので
あと1時間でいいのでしたら」とのこと。

さっそくビデオを借りて、視聴覚室へ。
今日はワンルームではなく、仕切りのある大部屋でした。
(ワンルームでの「曾我綉侠御所染」鑑賞体験はこちらです。)

心優しい初瀬と、わがまま放題の豊寿丸のやりとり、
あー懐かしいなあ、そうだった、そうだった、
こういう照明で、シンプルな仕切りだけで。。。

初瀬が、いじわるな継母の照夜の前に打たれ、
叩かれる場面では、「こんなに激しかったっけ」と
あらためて、驚いてしまいました。

「蓮華糸恋曼荼羅」の思い出に浸りながら、
ふと気がつけば、時間があと15分しかありません。
エーッツ、最後まで観たいなー、と
あわてて早送りで、ジャーッジャーッと後半を
観ていきました。すると、発見が。

早送りにすると、だいたいの役者さん達の動きが
チャカチャカと手足がバラついた動きで思わず
おちゃらけて見えて笑ってしまったのですが

玉三郎さんだけは、動きがぶれないのです。
スーッと1本、身体に芯が通っているというのか。
早送りでも、美しいのですよ。「うぉ~」、唸りました。

早送りだからこそ、より動線がハッキリ明快に
映し出されるのかもしれませんね。発見なり。
時間の無いおかげで、いいものを見せていただきました。

ビデオには、3回のカーテンコールまでしっかりと
収められておりました。ブラヴォー!

国立劇場にいらしたら、視聴覚室での
「蓮絲恋慕曼荼羅」鑑賞(時折、早送り)、ぜひおすすめです!

コメントの投稿

非公開コメント

凄過ぎ!

いつも貴重&楽しい情報をありがとうございます。 (^^)

玉三郎さんを早送りで見る・・・。

凄い発見ですよ!!

とりあえず、帰ってから何かVを選んで
早送りで見てみよっと♪

武道

アユムさん

いえいえ、こちらこそ
いつも楽しくて、温かいコメントを
ありがとうございます!

玉三郎さんの早送りですが
だいぶ昔のトーク番組で司会の女性が、

「玉三郎さんは、出てきたところからして
ほかの人と違う。まったく頭が上下してなくて
スーッとまっすぐで、身体にぶれがない」
といったようなことをおっしゃったんですよね。

そしたら、玉さんが
「そういう訓練をしているんです。
武道に通じる動きです」といったようなことを
返していらして、へえ~~なるほどねえ、と
思って見ていたのですが、早送りも
そこに帰結する気がいたします。

鼓童の方も玉さんのことを
「空気の壁が歩いているみたい」
とおっしゃってましたね。

頭の上下や、体が左右に揺れる、などの
無駄な動きがまったく無く(凄すぎる)、
動きが最も小さくて済むように訓練して
動いていらしゃっるように思いました。

だから早送りでも、スーッとしているんですね。

周りの役者の皆さんは、普通に動いているので
上下も左右もぶれぶれテンコ盛りで(失礼)
その差が、明快でした。
たぶん衣裳も軽めで、動きが軽快だから
余計にわかりやすかったのかもしれません。

ころんでもタダじゃ起きない、と昔から
言われてきましたが(私)、時間切れギリギリの早送りの中
玉さんの素晴らしさに触れられてニンマリでした。

アユムさん、今夜、ぜひお試しください。
どの演目がいいでしょうね。
私もやってみようかな。見るための早送り~♪

スローモーション

ひょうたんからコマというか、アルキメデスのユリイカというべきか、すてきな発見ですね。

舞踊集をみていて、スローモーションのようだと思うことがあります。
まばたきだけが動きらしい動き、どうしてこういう微妙な動きが可能になるのかちょこっとまねてみたり。数秒であきらめますけど。

この秋は国立劇場に行く機会があると思うので、視聴覚室に寄りたいと思います。

能楽

京にんじんさん

ありますあります、お能に通じるテンポ。

あれを生身でやるのは、キッついだろうなあ、
なんて、凡人は考えますが
玉さんには、ヘノカッパなんでしょうねえ。あはは。
でも、やっぱりキッついのかな。

スローと早回しの話から思い出したのですが

小山 観翁さんの本を読んでいて面白いな、と思ったのは
世阿弥は、「超人」を観客に印象づけるには
「非常にはやいか」「非常に遅いか」しかないと考えて
その「相対比」によって解決しようとした、そうで。

「おそい」のは何とかなるとして「超人的な迅速さ」を
どうするか、とう問題に対して
世阿弥は、日常の動作を50%スローダウンさせてみた、と。

世阿弥以降の能楽の上演時間が約二倍になったのは
事実だそうで、それで、あの能のスローモーションなのか、と
妙に納得しつつ感心したのです。

それによって、武道のような無駄のない動きの修練も
必要になってきたのかもしれないな、とか。
お能が、ずっと普通のテンポだったら、
やっぱり面白くないのでしょうね。

ちょっと話がずれちゃいましたね。

そういえば、視聴覚室で文楽の黒衣の方が
私と入れ違いにいらして「「猿回し」のビデオを貸してください」、と
受付で頼んでいたんです。ああ、プロの方も
毎日、研究しながらやってらっしゃるんだなあ、と。

舞台では猿回しの猿の動きが、可愛くて楽しくて
お客さんに大受けしてました。きっと難しいんでしょうね。

ブレない人^^

身体も心もブレない人。
それが玉三郎さんです。^^

無駄な動きがないのが武道に通じるのかな。
お三味線も、名人の指は無駄に動きません。(笑)

もう八つ寝ると・・・・^^

もう八つ!

まるこさん

いよいよ明日からですね~ドキドキ。
あと八つ寝ると、玉三郎さんに逢えるのですね。
私は、あと3つ寝るとです。

ブレない玉さんに逢いに、行きましょう~!
無駄な動きばかりの私ですが。。。

まるこさん、越後は涼しいですか。
風邪ひかないようにしてください~。

ブレない人

玉三郎さんの身体能力の素晴らしさは、改めて感嘆ものですよね。
昔、体育会系の友達に、玉三郎さんの舞台のビデオを見せて、玉オタにしましたが、その感想の中に
「どんな動きでも、重心の位置がまったくずれない。素晴らしい!」
と言うのがありました。
変なところに感心していると、逆に感心したものですが(笑)

視聴覚室ですが、1986年(昭和61年) 1月 松竹梅雪曙 があるはずです。
これは八百屋お七のお芝居で、国立らしく通し上演でした。
吉祥院の場は、俗に「お土砂」と言われて、歌舞伎の演目でも屈指のギャグ場面です。※菊五郎さんの復活狂言は除きます(爆)

http://www005.upp.so-net.ne.jp/soma-kobo/odosya.htm

ここの場の玉三郎さんの八百屋お七の可愛らしさは特筆ものですし、次幕の火の見櫓の場は、もう皆さんご存知、玉三郎さんの“神”の人形振りが見られます。

ズレない人

リリスさん

アスリートから見ても、やっぱり
重心のズレない点、一目瞭然なのですね。
素晴らしいですね~。

>視聴覚室ですが、1986年(昭和61年) 1月
  松竹梅雪曙 があるはずです。

そうなんですか、八百屋お七観たい観たい~。
玉三郎さんの”神”の人形振りは、圧巻ですよね。

最初に拝見した時、
目も口も耳も(当たり前)あいたまま
ポカーンとしてしまいました。
あまりの素晴らしさに。言葉を失いました。

今度、国立に行ったら、迷わずリクエストしてみます。

どうもありがとうございます!

No title

こんなの見つけました。

超合金並みに体が硬い私から見たら、
とても人間業とは・・・。

http://ameblo.jp/vividrun/entry-10707918375.html

玉三郎ストレッチ!

アユムさん

ありがとうございます!

誰ピカの映像ですよね。
めちゃくちゃ柔らかいですよね~

このストレッチのうちの
足を伸ばして座って片足ずつ横に倒すやつなど、柔さかが
あまり関係ないものだけピックアップして
真似っこしてやってますよーん。はは。でも硬いまま。

日々の鍛錬が、ハンパないですよね。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク