京都賞ウィーク!

稲盛財団のサイトに、
玉三郎さんが受賞された京都賞の関連イベント
「第27回京都賞ウィーク」のお知らせがアップされました。

さすがに授賞式は招待者のみですが、
11日の記念講演会と12日のワークショップには
一般の参加者を募集しています。

行きたいな~無理かな~聴きたいな~

稲盛財団サイトより抜粋させていただいます。

記念講演会(公募)

日 時:平成23年11月11日(金) 
    13:00 開会(12:00 受付開始)

場 所:国立京都国際会館 大会議場
 
[入場無料、同時通訳あり]

13:00 開会 司会:町永 俊雄

挨拶 稲盛 和夫(稲盛財団 理事長)
講演 ジョン・ワーナー・カーン博士(先端技術部門 受賞者)
『新しいパラダイムを求めて』
講演 ラシッド・アリエヴィッチ・スニヤエフ博士(基礎科学部門 受賞者)
『宇宙物理学・宇宙論の革命50年 ~一科学者の目を通して~』

講演 五代目 坂東 玉三郎 丈(思想・芸術部門 受賞者)
『私の考える舞台芸術』


16:30 閉会

----------------------------------------------------------------
定員 1,700名(先着順) ※ 定員を超えた場合は、
第2会場(大型スクリーンによる視聴)へのご案内となりますので、
あらかじめご了承ください。
----------------------------------------------------------------

ワークショップ(公募)

11月12日(土)

部門ごとに、受賞者を囲んで、現在第一線で活躍している研究者や
専門家が講演や討論などを行います。

(A) 先端技術部門(カーン博士) 午後1時~5時30分
「多元系材料科学・工学への社会貢献と将来像」
(国立京都国際会館)
(B) 基礎科学部門(スニヤエフ博士) 午後1時~5時30分
「観測的宇宙物理の進展:宇宙背景放射とX線天文学」
(国立京都国際会館)

(C) 思想・芸術部門(玉三郎丈) 午後1時~4時
「玉三郎の美の世界」


(国立京都国際会館)

申込締切日 11月7日(月)

稲盛財団サイト
http://www.inamori-f.or.jp/ja_topics_110926.html

コメントの投稿

非公開コメント

う~~~ん・・・

2日間とも素顔の玉三郎さん。

しかし、翼はないし、雲には乗られない。
京にんじんさんのレポが頼り。

他にもどなたか・・・・^^

行きたい。

まるこさん

無茶だとわかっちゃいるけど
まだ希望は捨てておりませぬ。

念ずれば通ず、るか。

やっぱり玉さんファンとしては
行かなくちゃでしょー(お呼びじゃない?)

とりあえず・・・

12日のワークショップを申し込んでしまいました。この日の午前中は奈良にいるので、ランチをパスしてでも行けないものかと、今から考えます。

念ずれば・・・、うーーーん、通じてほしいです。

じじじつは。。。

おとらさん

私は、両日とも申し込んでしまいました。

行けないはず、なのに、
行っちゃいそうな(行く気満々)自分がキョワイ。

でも、ここは、ひとつ、何としても
行きたいですよね~(お呼びじゃない~?)

申し込みました

記念公演、ワークショップ、両方とも申し込みました。
ワークショップの詳細もありましたので、ご紹介しておきます。

http://www.inamori-f.or.jp/kpweek_workshop_c.html

ーーーー
13:00 開会挨拶 大笹 吉雄

受賞者紹介 大笹 吉雄

第一部: 歌舞伎の女形について
  受賞者レクチャー(実技含む):坂東 玉三郎[思想・芸術部門 受賞者]

第二部: 玉三郎の美の世界

パネル討論 司会: 大笹 吉雄
パネリスト: 坂東 玉三郎
        植草 信和[(専門委員会 委員)元キネマ旬報編集長]
        長野 由紀[(専門委員会 委員)舞踊評論家]
ーーーー

”受賞者レクチャー(実技含む)”の”(実技含む)”が楽しみ。

がんばってレポートいたしますが、桔梗さん、申し込みを無駄にしてはいけません、ぜひお越しください。

ですよねー

京にんじんさん

さすが、迅速なご対応。

私も、<実技含む>に、おーっ!と
反応いたしました。

どんな実技かな、と。
中国の北京大学での講演会を
思い出しました。
中国の女性と日本女性の立ち方の違い、
あれも、みんなとても喜んでいましたね。

会場の、京都国際会館ってどこだっけ、と
地図見ちゃったりしてー。宝が池プリンスのそばなのですね。
玉さんのトークショーで行ったことあるから
わかるなーとか。もう行く気満々なんでしょう。えへへ

授賞式の風景はこちらに
http://www.inamori-f.or.jp/ja_kp_out_out.html

およよ。。。

なに?もう申し込んだ?
京にんじんさんはともかく、おとらさんに桔梗さんも!!

う~ん・・・・みんな行くのかぁ・・・・
そっかぁ・・・・
確か、京都国際会館は地下鉄烏丸線。^^

猛ウサは、行かれませんよ、行かれません。(言い聞かせ)

行きたい・・・

でもでも、今回は無理そうですe-259
次の日は八千代座ですもの~e-343

気合で幽体離脱したいです。想いは会場上空を彷徨ってますね、きっと。
疲れたときはどなたかの肩に乗って一休みしてるかも(笑)

桔梗さん、皆さんお気をつけ下さいませ~

皆様のレポを楽しみに待ってます。

そのとおり

まるこさん

地下鉄烏丸線ですわよ~。
もう乗ったも同然。(この話に)

猛ウサさんは
行けますよ~行けますよ~
アンジにかけましょう。

翌日、八千代座なら

棗さん

あきらめてはいけませんぞ。(私に言われたくない)

ワークショップの後、
玉三郎さんと一緒に八千代座へゴー!
というゴールデンコースが
ございます(かも)よ。

でも、幽体離脱もありですね。
ひと休みは、私の肩にのっかってください。←行く気だよー。

私は、八千代座に行けないので
そっちの方が羨ましいですわー。
幽体離脱で参加しますよん。
疲れたら、棗さんの肩を貸してくださいね。
そっと、乗りますので(脱臼しないように)

行きたいよ~

桔梗さん、こんにちは。
体調は崩されていませんか?
急に秋も深まり、なんだか風邪っぽくて困っております。

それはさておき。京都賞~。記事にしてくださってありがとうございます。
行きたいですね。私も申し込みたい!!!!
記念講演会の日はあいにく会社行事が入っていて無理だし(しょぼん)。
12日は八千代座前だし…。
じゃあ、ってんで、京都から熊本移動の方法を検討してみたり、いろいろしてみた結果。

なんと。京都賞の新しい特別サイトが今年6月に出来ていたのですね!
(もうすでにご存じかもしれません…)

「京都賞eミュージアム」
http://emuseum.kyotoprize.org/future/jp/


稲盛財団サイト トップページには、サイトオープンの左肩のリンクバナーありです。

そこには、歴代の受賞者の方々の思想が凝縮したような『未来へのメッセージ』が、ずらり!
さらに、個人ページの中には映像あり、講演録PDFもあり。
(個人的にはピナ・バウシュの映像とメッセージに胸が熱くなります)

また、稲盛財団トップページから、稲盛財団チャンネルに入って頂くと玉三郎さんの受賞メッセージ動画があったり!
昨年受賞されたウィリアム・ケントリッジさんのワークショップ風景の映像もあったり。

ワークショップの映像は12分と短いので、当日行くのが良いに決まってますが…、少しでも気分が味わえそうだし、
アップにタイムラグが発生しそうですが、eミュージアムを最大限に択の一つにしちゃおうかなと…。

あ、あと、2012年3月20日(火)~22日(木) には、米国サンディエゴで京都賞シンポジウム開催って文字も見付けました。
来年3月は米国でシンポジウムなのですね~。いやー。すごい。

行きたいよね~

くるりんさん

涼しいというより寒くなっちゃって。
お風邪の具合はいかがでしょうか。
どうかお大事になさってくださいね。

ところで!
なるほど八千代座前なのですね。
うーむ、迷いますよね(血迷います)

しかし読み込みましたね、京都賞サイト。
ワークショップ風景の映像は、知りませんでした。
見てみようっと。

今年のワークショップ(玉さん)映像は
ちょい長めの配信にしていただけるよう
稲盛さん(友達じゃないんだから)に頼んでみましょうかね。

京都賞のサイトには、お問い合わせはなんなりと、と
とても丁寧にメールアドレスを教えてくださってますからね。

3月はサンディエゴですか。すごいですね~。
サンディエゴより京都は近いか(またそういうことを)

八千代座行きが羨ましいですわん。
講演会とワークショップはもしも行けたら
バッチリとレポいたしますので。

妄想しちゃいます

>玉三郎さんと一緒に八千代座へゴー!
 というゴールデンコースが

それは一番最初に頭に思い浮かびましたよ~e-266
一緒に八千代座へと思っただけで、顔がほてって、心拍数があがります。
仕事中も思い出しては、二ヘラ~と笑みがもれてしまいました。


桔梗さん、八千代座では私の肩にど~んと掛けててくださいe-348

うひひ

棗さん

なーんだー、もうとっくに妄想してんじゃん。
だろー、って感じですわよー(笑)

心拍数上がりついでに妄想しますと

飛行機の席は玉さんとお隣で、
道中、仲良くお話したご縁で
空港に着いたら、玉さんが、
「あ、棗くん、君もよかったら僕の車で
八千代座へ、一緒にゴーゴー!」
って言うんですよー。

血圧まで上がっちゃいましたかー
なんてね。ひろみゴーじゃないっつーの。
(ひろみゴーも言わんだろう)

肩貸してくださるんですね、ありがとうございます。
棗さんの肩で正座して、
ちんまり休ませていただきます。
落っことさないでねー。

私も行きたい

桔梗さん こんにちは
わたしも行きたいです。玉三郎さんがホールの一番前の舞台に立ってスピーチをしていらっしゃる様子をほんとうに見たいです。残念ながら11月は4日まで日本にしかいないから。もっといると見られるかもしれませんが。
台湾今日もまた真夏日に戻りました。早く秋が来たらいいな。

                                lovelydoris

行きたい見たい

lovelydorisさん

こんにちは。

玉三郎さんの一生に一度の晴れ舞台、
立ち会いたいですよね。

4日まではいらっしゃるのに残年。
でも仕事もありますもんね〜悩ましい。
でも、くるりんさんが書いてくださったように
インターネットでも拝見できそうですし
私も、行ったら(行く気満々)頑張って
詳細をレポしますからね。

日本は急に冷え込んでいますが
天気予報では「まだ夏物はしまわないように」と
メッセージがあったようです。真夏日がまた来るのだろうか。

台湾は暑い毎日なのですね。
日本にいらっしゃるときは、
さて、どんな気候になっているでしょう。
最近のお天気はなかなか読めませんね。

まずは日生劇場に向けて
お互い、体調を整えましょう〜。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク