傾城の衣裳@日生劇場

10月の日生劇場「傾城」で玉三郎さんがお召しになる衣裳は
銀座「泰三」さんで以前、製作されたものだそうです。

「廓文章 吉田屋」の夕霧の内掛けで
玉三郎さんが歌舞伎座で、着ていらっしゃったものですね。

実際に、歌舞伎座で拝見したとき
赤の色調と金糸や刺繍の美しさに目を見張り、息を飲みました。
玉さんはもちろん衣裳も見たくて舞台写真を迷わずゲットしました。

こちらに泰三さん撮影の写真があります
http://www.taizou.jp/blog/2008/02/post-33.php

その「銀座 泰三」さんのブログで
歌舞伎の衣裳について書かれたメッセージを発見。いたく共感しました。
8月26日付の記事「歌舞伎衣装も危ない」です。

玉三郎さんの衣裳へのこだわりや、その芸術性などについても
書かれていらっしゃいます。

玉三郎さんの舞台を拝見するとき
その衣裳の素晴らしさはまさに芸術品(国宝)です。
まるで動く美術館だなあ、と思っていつも見ています。

きっと玉三郎さんは、舞台のためだけでなく
のちのちの後輩たちのため、ひいては日本の伝統文化のために
ご自身で、衣装を創って残されているのだな、と思います。

松竹の衣裳に対する姿勢についても書かれています。
そこにもいたく共鳴しました。

日本の伝統文化を継承していくために、大切なこと。

私は、そんなことは何も考えずに、玉三郎さんを好きになって
それがきっかけで、たくさん歌舞伎を観るようになり、
伝統文化についても興味を抱くようになりました。

やっぱりひとりの役者さんをゾッコン好きになることが
手っ取り早いというか、そういう世界に入っていきやすいですよね。

そういう意味でも、玉三郎さんが果たしていらっしゃる功績は、
とっても偉大だと思います。

松竹さんも商売ですからいろいろおありかと思いますが
お客さんの喜ぶこと(泰三さん曰く”楽しめる舞台を、出し物を”)を
提供してくださることこそ、衣裳にもそして歌舞伎にも
いい循環が生まれて、文化がより活性化するのではないでしょうか。

日生劇場は、夢のような玉三郎さんの舞踊公演です。
松竹さん、ありがとーごぜーます。
せっせと通いまっせー。衣裳も楽しみです。

「銀座 泰三」さんのブログ
http://www.taizou.jp/blog/

コメントの投稿

非公開コメント

玉三郎さんが訪れた台北国家戯劇院

桔梗さん こんにちは

玉三郎さんが台北で公演をされたことを教えていただいてありがとうございます^^(先輩からの温もり、感謝感激)。20年前の私はまだ高校生で日本さえ行ったことがなく完全の田舎娘でした。20年前の玉三郎さんとすれ違いほんとうに残念です。桔梗さんのおしゃっていた「華 坂東玉三郎さんの世界」のビデオも見てみたいですね。玉様ファンの先輩たちはさまざまな玉様の貴重なビデオとか雑誌記事とかたくさん持っていらっしゃってほんとうに羨ましいです(泣)。

実は台北の国家戯劇院は今わたしの住んでいる家の近くにあります。国家戯劇院はその有名の中正記念堂と同じ敷地にあります。朝運動帰りにかならずその国家戯劇院の前を通ります。20年前玉三郎さんも同じのところで鷺娘を踊っていらっしゃったねと考えると不思議な感じがします。あの伝説の鷺娘を20年前に運のよかった一部の台湾人しか見なかったかと思うと羨ましい限りです。

ちなみに、この間国家戯劇院で中国京劇の国宝「梅蘭芳」の息子の「梅葆玖」の京劇特別公演を見に行きました。なぜ見に行ったのか、それは玉三郎さんは梅葆玖さんに牡丹亭と楊貴妃をお習いになったからです。玉三郎さんと長く付き合った上に、玉三郎さんに京劇を教えた方ってどんな方か知りたくて見に行ったのです。

20年前のあの公演を見た人以外は玉三郎さんを知っている台湾人が少ないと思います(50歳以上の方ならすこしわかるかもしれない)。また、インターネットで検索してみたら、玉三郎さんのファンと称する人が私以外一人もいなかったのです。日本は台湾人に対して非常に親しみのある国で、マスコミによると台湾人の一番好きな海外の旅行先は日本だそうです。台湾に観光に来たら、町中に日本語がすこし話せる人も結構いますよ。でも、いくら好きだと言っても海外の国の劇場へパフォーマンスを見に行くのはめったにないことだろうと思います。とっくに歌舞伎のようなものは他のパフォーマンスより敷居が高くて、外国人には難しいと思います。だから、いつもまわりの人に大好きな玉三郎さんか歌舞伎のことなどを言うとみんなすぐ「え?なにそれ」と嫌な表情をしてくれたのです(泣く again)。きょうもつい長く書いてしまってすみません。では^^


最後に写真をすこし用意しておきました。よかったら、ここ
http://blog.xuite.net/tama0425/kabuki/50492513
までどうぞ。

                 台湾人ファン  lovelydoris 

毎朝!

lovelydorisさん

こんにちは。

ですねよ〜20年という歳月。
まだ高校生でいらしたんですね。

その時の客席は、相当盛り上がっていて
みんな二階から落ちそうなくらい身を乗り出して
玉三郎さんに拍手を送っています。
台湾のみなさんの熱い感動が伝わりました。

毎朝、運動をされていて国歌戯劇院の前を通るのですか。
台北のど真ん中にお住まいなんですね。
日本で言うと、皇居や国立劇場のあたりって感じですね。

「梅葆玖」の京劇特別公演をご覧になられたのも
貴重な体験ですね。玉三郎さんが尊敬する梅さんファミリー。
玉さんに関することは何でも知りたい、見たい、という
そのお気持ち、よーくわかります。

日本人にとっても台湾はとても親しみのある
一度、行ってみたい国だと思います。
「女性にやさしい台湾」という広告がありましたが
治安が良くて、美味しいものが沢山あって、
旅したら、とっても楽しそうですよね。

玉三郎さんを通じてこんな風に交流ができることが
とても嬉しいです。

>いつもまわりの人に大好きな玉三郎さんか歌舞伎のことなどを言うと
 みんなすぐ「え?なにそれ」と嫌な表情をしてくれたのです(泣く again)

あーん、嫌な表情をしてくれるんですね〜
これも、わかります。日本にいても
やはり興味の無い人に話しても「またかよ」って感じで
聞いてくれませんからねえ。。。(しょんぼり)

一緒にお喋りできる仲間は貴重です。ありがたや、ありがたや。

写真もありがとうございます。拝見いたしますね!

これからも、どうぞよろしくお願いします!

No title

桔梗様

こんにちは
lovelydorisさんの国家戯劇院etcのお写真みさせていただきました
ちょっと忘れかかってきた台北の旅行の思い出が蘇ってきました
ありがとうございます

なんだか玉三郎さんの台湾公演そのうちありそうな気がしませんか?
食も美にいいものが一杯ありそうですしね(滝汗)


No title

何処も同じですね。

日本人の私でも、周りに歌舞伎(玉三郎さん)の話が
出来る人はいません・・・。(寂)

ここへ来るのがどれだけ楽しいか! (大感謝です)

他には、舞台の後に、たまたま入ったお店で
ファンの方にお会いすると、つい嬉しくて
話が止まらない、なんて事も。

それにしても、南門市場のお惣菜美味しそうですね!
これだけ種類が豊富だと、どんなお酒にもあいそう (^^)

同じ演目ばっかり

「銀座泰三」さんのブログ読みました。

関西にいると、歌舞伎公演自体が少ないので、あまり感じなかったんですが、松竹の歌舞伎会が東西いっしょになって、毎月「ほうおう」が来るので見ていたら、確かに「え、また、これ演るの?」って思うことがよくあります。

歌舞伎って毎月25日間公演があって、次のお稽古が3日間ほどしかないので、どうしても手のうちがわかっている作品に片寄りがちになるんだろうけれど、どこかで打破して、今のお若い方たちに伝えておかないと、先細りになってしまいますよね。特に、歌舞伎は先輩からの口伝でもっているところがあるから、今の大幹部の方達がお元気なうちに、伝えていただかないと、大変なことになると思うんですが。まあ、こんな私が思っているんですから、皆さん感じてはいらっしゃると思いますが、松竹さんも、箱物だけではなく、ソフト面ももっとお金をかけていただきたいものです。

スミマセン、弱輩者がえらそうなことを書いてしまいました。ご容赦を。

台北

としこさん

台北の晴れやかな空に
国家戯劇院の写真、きれいですね。

玉三郎さん、こちらにまたいらして
今度は「牡丹亭」なぞ、
おやりになるかもしれないですよね。

食も、玉三郎さんにもぴったりの
健康的で美容にいいものばかりですね。

私も、行きたいです~(こればっかり)

おっと涎が~

アユムさんも、やっぱりそうですか。

なかなか興味の無い人には話せないですよね。

私の方こそ、ここに来ていただけるのが、
どれほど嬉しいか(こちらこそ大感謝)です。

八千代座の桝席でも、初対面の方たちと
がぜん玉さんのお話で盛り上がっちゃったりして、
ほんと楽しいですね~。お店でもね、よくわかります。

お惣菜をながめて、うーん食べたい~!
カニ肉がドカーンと入っていたりして。
どれもこれも美味しそうですし、
野菜がたっぷりで身体にも良さそうですね。

そしてお酒に合いそう~~!
今夜は写真をながめて一杯、なんてね。

同感です。

おとらさん

「石切梶原」はもういいよ~、ですよね。
え、また、これなの???が
玉さん以外の歌舞伎で、けっこう多くて
そういう意味では、今、歌舞伎座が無いので
ほかの歌舞伎を拝見する機会がパッタリ、
なくなりました。

むずかしい部分は多々、おありなんでしょうけどね
もろもろ切り詰め路線で変わらないのでは、退化しちゃうというか
いい循環が生まれてこないですもんね。

孝太郎さんの新しい歌舞伎座への要望が
すべて松竹さんに却下されたお話を思い出しました。

松竹さんの衣裳に対する考え方なども
やはり、もうちょっと改善していただいた方が
お客さんは楽しめますよね。役者さんも楽しめますよね。

そういう意味でも、自腹で、素晴らしい衣裳を
新調されている玉三郎さんは、すごいなあと思うのです。
今の舞台のために、そして先々の文化継承のために。

口伝についても、そう思います。
率直なご意見をありがとうございます。

わたしのまわり

長唄仲間の数人を除いては、玉三郎さんの話をすることはありません。
わたしのまわりも、みなさんと同じです。(悲)
でも、こういう楽しいところがあるから困りませんの。^^

台湾公演か・・・うん、うん、あるかも。

玉三郎さんのおかげで世界が広がっていますね。衣装や小道具から芸術文化にまで。そして台湾のお仲間まで。いいなぁ、楽しいなぁ。^^



お客様の声

「孝太郎さんのお話」で思い出しました。

3月の震災で途中で公演打ち切りとなった国立劇場の「絵本合法衢」ですが、来年4月に再度上演されることになりました。これは、国立劇場にお客様から「ぜひもう一度演ってほしい」という声が多数寄せられ、それを松竹に伝えて実現したそうです。

案外「お客様の声」は無視できないみたいだと孝太郎さんもおっしゃっていました。こういう「同じのばっかりヤダ。違うのをもっと見たい」という声を届けたいですね。でも、実は、孝太郎さんの話を聞いた瞬間、私が思ったのは「じゃあ、仁左玉コンビのお芝居を増やしてほしいって言ったら、実現させてくれるのかしら」ということだったんですが。

やっぱりねえ

まるこさん

日本国民全員が玉さんファンであっても
おかしくない!と思っている私ですが(思い込み激しい)
なかなかねえ、そうそう話しもできません。

でも、まわりの人(主に父)が
「玉ちゃん、新聞に出てるよ」なんて教えてくれるのも
日頃、玉さん玉さんと騒いでいる効果でしょうかね。
ちなみに、父は、私に
「玉さんと呼ぶのは失礼だ。玉三郎さんと書いた方がいい」と言うのに
自分では「玉ちゃん」と呼ぶのです。なんでやねん。

玉三郎さんのおかげで、世界が広く、深く、果てしなく!
ありがたいことでございます。

届けましょう〜

おとらさん

私も国立劇場の「絵本合法衢」に行くつもりで
チケットとっていたんでした。
震災後でしたので、やはり見られなかったんです。
また、やってくださるんですか。嬉しいニュースです。

お客様の声、こうなったら届けなくちゃですね。

>案外「お客様の声」は無視できないみたいだと
 孝太郎さんもおっしゃっていました。

孝太郎さんの感覚、いいですねえ〜。親近感わいちゃいます。
こっちサイドで考えてくださっているのが
よくわかりますね。頼りになるな〜松島屋っ!

「寿曽我の対面」と「寺子屋」はしばらくやめてくれ、と書こうかな。

でも、やっぱり私もとっさに思ったのは、
「もっと玉三郎さんの舞台を(仁左玉含む)増やして欲しいな』
でした。座組が決まっているのも因習というか
もっとバラして、いろんな組み合わせで
(といっても役者さん同志の相性もあるでしょうが)
見たい演目もありますよね。無理なんでしょうかね。

そういう意味で、平成中村座にニザさんがご出演なのは
とても新鮮ですね。おとらさん、いらっしゃるんでしょーか。
私も、行ってみたいですがチケット大変そうですね。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク