平安神宮 第一夜 速報!

昨日、「京の七夕歌舞伎」に参戦された
地元キャイ〜ンの京にんじんさんが
レポートをコメント欄に送ってくださいました。
こちらでもご紹介させていただきますね。


すてきでした、玉三郎さん。
「船弁慶」「楊貴妃」どちらも、平安神宮という場所にぴったり。
だんだん暮れていく空をからすが飛んでいきました。
すずしい風がときおり客席を吹き抜けて、
玉三郎さんの立つ舞台からは、おぼろな月がご覧になれたはず。

新聞の写真は、朝日も毎日も、亡霊知盛だったのは、時間の都合でしょう。
絵的には、うつくしい楊貴妃が欲しいところ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110806-00000034-kyt-l26

「船弁慶」で、はっとしたのは、玉三郎さん扮する静御前が
義経との別れの前に舞うところがあるのですが、舞い終えたときのしぐさ。
烏帽子の紐をといて、頭から烏帽子をはずして、
ぱたんと床に無造作に落としたのです。
別れたくなくて、でも別れるしかなくて、
ああ、とうとうその瞬間がきた、という絶望的な気持ちが
そのしぐさにあらわれているように思いました。
勝国さんの華麗な三味線、ひさしぶりでした。
唄がわたしの好きな直吉さんでなかったのは、残念。

「楊貴妃」はいうまでもなく、美しくて、しなやかで、
たんのういたしました。なんどもなんどもみたいです。
細い幅の布のすだれみたいなものを垂らしたあずまやみたいなところから、
現われ、また、消えるのですが、かくれる直前に
ふっと首をかたむけるところがかわいらしい。
どこをとっても、きれいにきまっているのですが。

カーテンコールは盛大で、何度目かには、後ろの席の方々が、
通路を駆けて前のほうに詰めかけて、拍手したり、手をふったり。
玉三郎さんは、手はふらないまでも、上手、下手に移動、
ていねいにおじぎ、両手をあわせて小さく拝むしぐさ、すこしほほえんで、
唇の動きからすると、「ありがとうございます」とおっしゃったような。

「船弁慶」と「楊貴妃」の間は、30分間の休憩です。
でも、人数が多いので、トイレはたいへんな混雑だったそうです。

それから、開始前に、舞台に神主さんが登場。お祓いがありました。


京にんじんさん、写真もありがとうございます。

美しい空。そして照明。暮れた後の舞台に思いを巡らせて
あー、今から新幹線に飛び乗って平安神宮へ行きたいです

今日、いらっしゃる方々の感想を、
首をキリンにしてお待ちしております
????????????_convert_20110807115110


コメントの投稿

非公開コメント

亡霊知盛^^

玉三郎さんの亡霊知盛が大好き。^^
あんな気品のある美しい亡霊なら、いつでも出てきて~ですわ。

知盛と楊貴妃に逢えたみなさん、お幸せです。レポよろしくお願いいたします。

ところで、京にんじんさんのレポートには、いつも感服しております。



ただいま帰りました~

身も心も癒される、ほんとに素敵な公演でした。
詳しくは改めて書かせて頂きますね。

私も

まるこさん

知盛の声が、たまらんのですわ。
亡霊にして、セクシー。
何とも言えない色気が、薫ります。

おかえりなさい〜

くるりんさん

たっぷり充電、OKですね。
ぜひぜひ、感想をおきかせくださいね。

よろしくお願いします。

二日目終了

二日目もいいお天気でしたが、入り口でレインコートが配布されました。せっかく準備したのだから、ということでしょうか。
多少の雲はありましがた、初日よりはもっと澄んだ空でした。

休憩のあと、客席を照らしていた照明が消えると、真っ暗な空に星がみえました。ふりかえると、きのうよりもくっきりと月がみえました。

カーテンコールは初日よりは短かったように思いますが、相変わらず、ていねいに、上手下手に足をはこんで、ごあいさつ、やがて、あずまやの中に消えて、あー、これでおしまいか、とちょっとがっかりしていたら、左からひょいととばりをかきわけて、「なにか御用?」とばかりに、もういちど顔をのぞかせる楊貴妃に、観客は、きゃーと大喜び。おちゃめな玉三郎さんでした。

初日よりも「船弁慶」のアンサンブルはもっとよくなっていたように思います。
「船弁慶」は、国立劇場の富十郎さんの録画をみたことあります。玉三郎さんが義経、船頭はなんと仁左衛門さんでしたが、今回の船頭は、玉雪さん。玉雪さんの船頭は、狂言の太郎冠者のようなせりふまわしで、おもしろくみました。
能由来の「船弁慶」にも、いろんな演じ方があるようですが、お能好きで研究熱心な玉三郎さんですから、どういう風に考えられたのか、うかがいたいところです。

今回の「船弁慶」には、附け打ちはありませんでしたから、残念ながら、山崎さんを拝見できませんでした。

「船弁慶」の静御前は、つらくて泣きますが、あの世の楊貴妃は、晴れやかな表情でした。
楊貴妃は、最初は、なにも持たず、指のうごきが繊細、それからひもを使って方士との連れ舞いがすこしなまめかしく、つぎに華麗な二枚扇での舞、それから、止めていた袖をながくのばして、左右を交差させたり、頭上にふりかぶったり、いろいろと変化に富んで、それぞれが、とても美しくて、うっとりです。10月が待ち遠しいです。

No title

桔梗様

本来こちらにコメントするべきでした(汗)
ご免なさい^^

幸せ!!

6日の「京の七夕歌舞伎」へ行ってまいりました。
座席のほうは後ろのちょっとだけ高くなってるところでしたが、
my双眼鏡を使ってじーーーーーっと観てました。

遠征代が惜しくてチケット代ケチるんじゃなかったと思いました。
でも、行けただけでいいんです。同じ空気吸ってたからいいんです。
平安神宮に着いて何回深呼吸したか知れません(笑)

私にとってどちらの演目も初見でしたので、レポは他の皆様にお任せします。
皆様のレポはお勉強になります。

玉三郎さんが作り出す世界にいれただけで、それだけで幸せでした。
静御前、亡霊知盛、そして楊貴妃・・・

あ~もう一回観たいです。

カーテンコールは本当に盛大でした。

でもちょっと気になることが・・・
写真を撮ったらダメなのに私の周りでは携帯出してパチリと撮っている人がちらほら・・・
「あの人もしてあるから、ほら撮らんね」みたいな会話が聞こえてきましたね。
いいのかい?と思いました。

何はともあれ、10月の日生劇場が楽しみになってきました。
その前に和樂と演劇界を要チェックですね。

澄んだ空

京にんじんさん

二日間ともお天気に恵まれて、
何より、よかったです。
玉さんファンと玉さんの日々の精進の成せる技です。(たぶん)

もう終わりかとガックリしている時に
ひょっこり! やりますね、玉さん。拝見したかったです。

附け打ちの山崎さん、ツイッターで
今回は出番がなくなったとおっしゃっていましたね。(あ、つぶやいて)
残念ですね。でも演出上、仕方ないのですね。

「船弁慶」と「楊貴妃」という取り合わせも
大成功でしたね。指先の動きを、想像してみました。

夜空の下で、玉三郎さんの幽玄の美を堪能されて
素晴らしいですね。来年も、ぜひ、ですね。

大丈夫ですよー。

としこさん

どちらでも、オッケーでございます。

さっそくのコメントをいただき
感謝感謝です。
ありがとうございます。

やったー!

棗さん

熱い熱い感動が、伝わって参りました。
感想をありがとうございます。

同じ空気吸ってるだけで、うれしいですよね。
目の前の舞台で、玉三郎さんが踊ってるぅぅぅぅぅううううううう!
というだけで、しあわせですよね。
思いきって遠征されて、本当に良かったですね。
(これが、あとあと。。。。クセになり〜〜〜ま、いっか)

とにかく、その一瞬のしあわせが
ずーーっと、胸に残り続けるところが
玉三郎さんの凄いところです。一生もの。
西へ東へ、参りましょうー。

写真はダメですよね。
野外だと、人間、タガが外れちゃうのでしょうか。
撮影したい気持ちはわかるけど。
でも、節操なくしちゃいかんですよ。
棗さんは、正しいと思います。

10月も、いらっしゃるんですね〜。やった。
(これが、あとあと。。。。クセになり〜〜〜ま、いっか)
玉三郎さんを観て、聞いて、感じるハッピーは
何物にも、代え難いですもんね。
ってことでーシャンシャン。

どうもありがとうございました!

自然界を味方に・・

またまたお邪魔します

7日の公演ですが
1部の船弁慶が始まると まさかスピーカーの問題じゃないと思いますがなんだか雲行きの怪しい音、そして遠くで雷の光るのが見えました

2部の楊貴妃の時は 風もでてきて 玉三郎さんの天女のはごろもを優しく揺らしていました。その揺れ方が絶妙で美しさを際立たせていました
そして空には星がたくさん出ていました

2日とも雨が降らなかっただけで幸運だと思いますが 風、星、雷の光、どれも演目に効果的に働いていたようです
パラオでも船でイルカに触る玉三郎さんの映像見させていただきましたが あんなことって珍しいんでは・・・

うほー

としこさん

そうだったんですか!
自然界も、こぞって参上!ですね。
すごいな~美しい光景が浮かびました(感動)

パラオのイルカもね。

空に、海のに、そして地上に
玉さん、いろんな業界?の友達がたくさんですね。

今さらですけど、平安神宮すごくよかったです!

前の方で観てる人達が羨ましくて、メンバーズクラブへの入会を決心です!入れば良い席がもらえるんですよね?!

カーテンコールの玉さんが愛嬌があって可愛かったです。

前に詰めてった人達がいたので、私もさりげなく前に寄って行ってしまいました。
少し近くで見た玉さんは、汗だくになっていないのが不思議でした。
お客さんへの感謝がにじみでたお顔にこっちまで感激。

カーテンコールで下がる前に、夜空にもありがとうを言ってる(みたいに見えた)玉さん、神様みたいでした。

待ってましたよー。

ちよさん

感想オセーなと、思ってました(嘘)
日帰りの強行軍でお疲れなのに
さっそく送っていだいてありがとうございます!!!

メンバーズは、良い席をとってくださいますよ。
希望も一応、聞いてくださいますから
入って安心、メンバーズです。カレンダーもプレゼントだしね。
年に一度のプレゼントも(今年はまだだなあ~)
あるんですよ。

汗だくになってない玉さんが間近で見られて
良かったですね。貴重ですよー。

>お客さんへの感謝がにじみでたお顔にこっちまで感激。

天にも、お客さんにも
めいっぱい感謝されていたんですね。
夜空にありがとう!いいフレーズですね~。

やっぱり^^

玉三郎さんは天から降りてきた天女さまだったんです。

「船弁慶」では雲と雷が、「楊貴妃」では風も。
雷も雲も星も風も、みんなお友達?、お仲間?。
いえいいえ、きっと自然界のみなさんもファンなんですよ。^^

みなさん、天女さまに逢えたんですね。
わたしは幸せのお裾分けをいただいて、やっぱり幸せです。
ありがとうございます。^^

自然界にも

まるこさん

玉さんのファンクラブがあるんですね、きっと。
たまにトークショーをやると
会場には、雷さん、雲さん、虹さん、海さん、、、
壮大でございます。妄想は果てしなく~

みなさんのレポで
本当に行った気分、観た気分になりました。
感謝感謝です。ありがとうございます!!!

感想を送っていただきました。

和音さんより
平安神宮の素敵な感想が届きましたので
こちらにご紹介させていただきますね~。

e-69e-69e-69

幻想的な世界に身も心も迷い込み、幽玄の美に酔いしれて参りました。
未だ夢見心地。瞼の裏がキラキラしています。

6時30分開演で『船辨慶』が始まった時はまだ明るかったのですが、
静の舞が進み、義経との別れの時が近付くにつれ徐々に薄暗くなってきて、
その悲しみが更に深まっていくのを感じることができました。

壷折りの衣装は新調されたもののようで、印象的な金地に鳳凰のような鳥と
牡丹や菊らしきお花が散りばめられていました。
綺麗な色遣い、配色が上品で、とても綺麗でしたよ。
また披露してくださる機会があると良いですね。

今回の知盛は舞台が狭いせいもあるかと思いますが、以前演じられた時ほど
激しい動きではありませんでしたが、怒り、恨み、悲しみといったものを内から
湧き上がらせているのを感じました。

『楊貴妃』は「美しい!!!」の言葉しか思いつきません。
何とも言えない優雅な舞。
時折吹き抜ける風がさらりと袖を揺らし、その美しさを一層引き立てます。
ライトアップされた大極殿が効果的な背景となり、まさに楊貴妃の住む天界に
迷い込んだような気持ちになりました。

カーテンコールは1日目が4回、2日目は3回でした。
楊貴妃でのカテコは本当に素敵ですよね。
指の先まで神経の行き届いた動きは、玉さまならではのもの。
ずーっと終わらないで欲しい!と願ってしまいました。

e-69e-69e-69

平安神宮の夢からようやく醒めたみなさまの感想を
お待ちしておりますので~よろしくお願いします。

くるりんさん~待ってま~す!

遅くなりました(笑)

ちよです。

感想、ちょっと遅れちゃったなと思ってはいたのですけど、オセーナと思って下さってたなんて感激です(笑)

本当に、楊貴妃のカーテンコールは可愛いかったです。
七色の雲と雲の間に一度引っ込んだかと思ったら、ふざけるみたいにチラッと顔を出しちゃって。
あんな可愛い楊貴妃は玉さんしか出来ないと思いました。
きっと玉さんも野外歌舞伎が大成功して嬉しかったのかなあと思いました。

メンバーズクラブはちょっと高いけれど、プレゼントもあって良い席を下さるなら、入る価値ありそうですね。
寄付とかしなくても大丈夫なんですよね?
試しに一年入ってみようかと思います!
(後援会といわないとこが都会的ですね)
これからもよろしくお願いいたします。

ハヤっ!

ちよさん

早いお返事、ありがとうございます!あはは。
そしてさらなる感想も!

楊貴妃のカーテンコールの様子、
玉さんの愛嬌のある可愛さが
目に浮かぶようですね~よかったですね~
なかなか見られないんじゃないでしょうか。

メンバーズクラブに寄付は不要です。
玉様教の宗教団体ではありません(笑)

ただ入会金があるので、試しに一年、は
もったいないかもですよ。
たぶん、一度味わったら(チケットの良さを)
更新せずにはおれんかもです。

こちらこそ、これからも
よろしくお願いします。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク