インターネット中継で受賞の喜びを

毎日新聞社のサイトに、玉三郎さんがインターネット中継で
会見されている写真が掲載されています


熊本県山鹿市で東日本大震災の復興支援チャリティー公演中の坂東さんは24日、
映像回線経由で会見し、

「役者として好きなことを夢中でやってきただけ。今後は演出や制作もやっていきたい」
と喜びを語った。また、震災について「関東で演劇を続ける私たちがいかに多くのものを
東北に負っていたかが分かった。復興のため尽くしたい」と話した。

烏丸経済新聞のサイトには衣裳展示の情報があります。

発表会場の京都大学「稲盛財団記念館」(左京区川端荒神橋)では、
坂東さんが監督・主演を行った「天守物語」の「富姫」の内掛けも展示。
会見では、八千代座(熊本県山鹿市)で自身が企画したチャリティー公演を終えた
坂東玉三郎さんが中継で登場し、記者からの質問に答えた。

 坂東さんは「自分にやれることをやってきた。こうした形で自分の
行ってきたことを認めていただけるのは喜びととともに驚きでもある。
今後も賞の名に恥じない良い作品を作り、届けていきたい」とコメント。
震災への貢献について聞かれると「今はまだ心情的につらいところもあると思う。
被災地の方々が楽しみになりたい、という気持ちができた時にうかがいたい」と話した。

 内掛けは、7月1日まで同館で公開する。授賞式は11月10日、
京都国際会館(左京区宝ヶ池)で行い、その後関連イベントを予定する。


お顔がはっきりとは見えませんが、でも嬉しいオーラが

http://mainichi.jp/photo/archive/news/2011/06/24/20110625k0000m040051000c.html

烏丸経済新聞にもインターネット会見の写真があります。

http://karasuma.keizai.biz/headline/photo/1419/

コメントの投稿

非公開コメント

またまた

嬉しい新聞記事ですね。

今は、インターネットを通してほぼなんでも可能ですね。
素晴らしいことです。
その場にいなくても、その場面を臨場できるって素晴らしいです。

たぶん、これも受賞理由の中にあると思いますが、玉三郎さんの映像への挑戦は瞠目すべきものがあります。
長年、色々と試行錯誤してこられたでしょうが、デジタル時代になって、「ハイビジョン放送」や「シネマ歌舞伎」等々で、やっとご満足のいく成果が出ているのではないでしょうか?

玉三郎さんは
>「役者として好きなことを夢中でやってきただけ。~」
とおっしゃいますが、玉三郎さんのなさってきた色々な映像への挑戦に、やっと時代が追いついて来たと感じられます。

ワイダ監督。笑顔がカワイイ!←世界的監督になんて事を!ムチ打ち!
監督が「Tamasaburo」とおっしゃる時の嬉しそうなお顔とお声、
完全に玉三郎さんに惚れています(笑)

臨場感

リリスさん

玉三郎さんの映像への挑戦!
確かにそうですね。舞踊集の自費制作にはじまり
BSで放送された鬘、衣裳、文楽、歌舞伎座などの
シリーズや(タイトルど忘れ)、ドキュメンタリーなどなどなど。
デジタル時代になり、そして今後に向けて
さらに挑戦し続けていただきたいです。

昨日の受賞会見でも「控えめに喜びを語った」という記事があり
常に、玉三郎さんの姿勢は一貫しているなあ、とまた感動しました。

インターネットを通して!
リリスさんのコメントを拝見していいことを思いついちゃいました。

玉三郎さんのコンサートを
インターネット回線で全国に(もちろん被災地へも)
映像配信するのはいかがでしょうか。

玉三郎さんの歌から、
いろいろな勇気をいただけるでしょう。
実現しないかなあ。

>監督が「Tamasaburo」とおっしゃる時の嬉しそうなお顔とお声、
 完全に玉三郎さんに惚れています(笑)

聞こえてきます「タマサ〜〜ブロ〜〜〜」のお声。
ホッペがかわいい〜〜←おしおき必須。

ないすあいであ

>玉三郎さんのコンサートを
>インターネット回線で全国に(もちろん被災地へも)
>映像配信するのはいかがでしょうか。
是非実現して頂きたいです。今は簡単に配信出来ますものね。
まったく違うジャンルですが、今は「囲碁・将棋」の大盤解説すら配信されています。とてもよいアイデアです。

>BSで放送された鬘、衣裳、文楽、歌舞伎座などの
>シリーズや(タイトルど忘れ)、ドキュメンタリーなどなどなど。
これは「坂東玉三郎の古典芸能図鑑」です。

NHKはBSプレミアムでアーカイブ放送をしていますが、これなども是非再放送して頂きたいです(声を大にして要望!)

ぜひぜひ

リリスさん

>是非実現して頂きたいです。
 今は簡単に配信出来ますものね。

ご賛同いただきありがとうございます。

被災地の方が落着かれていろいろ楽しめる気持ちになったら
被災地へも行きたいと玉三郎さんがおっしゃっていますが
なかなか時間のかかることかと思いますし
インターネットなら居ながらにして見れますものね。

>これは「坂東玉三郎の古典芸能図鑑」です。

えへへへ、ありがとうございます。
どうも、忘れっぽくて。。そうでしたそうでした。
これもぜいぜひ再放送を熱望ですね。

玉三郎さんならではの受賞

桔梗さん

玉三郎さんだからこその受賞ですね。ええっ!このレベルの人でも賞を貰うの??と
疑いたくなるような最近の歌舞伎界。むしゃくしゃしてたので、本当に嬉しいです。
玉三郎さんにふさわしい国際賞!!
嬉しいニュース写真を紹介して下さってありがとう!!

今朝10時半に山鹿からMちゃんのメールが来ましたよ~。
台風は来てるけど、熊本は晴れ、玉さま日和ですって!!

まさに

みよ吉さん

こういう賞はいいですねえ。

賞によってはフェアじゃないというか
まあ、いろいろありそうですからねー。

京都賞は、その道のスペシャリストというだけでなく
人々への影響力も多大な、人間的にも素晴らしい方々が
受賞されているように思います。(玉さんのことですね)

Mちゃん、玉さま日和でよかったですね。
きっとお祝いの念を飛ばしていることでしょう。

No title

桔梗さん こんにちは
玉三郎さんの受賞の件 本当におめでとうございます☆
所用で今 京都から帰ってきて新聞を見て 桔梗さんの記事を見てビックリ!です
今日の京都は暑いぞすえ~
汗ふきタオル 買いましたぞえ~(たぶん京都弁になっていない)

No title

恥ずかしながら、“京都賞”の存在すら
知りませんでした・・・。

過去にも、すばらしい方々が受賞されてるんですね。

本当におめでとうございます♪
人柄も選考基準のひとつとか・・・、
ここがまた嬉しいです。 (^^)v

No title

受賞とは関係ないんですが、
2012年、新春シネマ歌舞伎は
『高野聖』『海神別荘』『天守物語』
と、映画館のチラシに出てました。

暑いおすか

としこさん

京都に行ってらしたんですね。
それも何かのご縁おす(おすを付ければいいと思っておす)

すごいですよね、我らが玉さん。へへへ。

世界の至宝でございます。

ですよね

アユムさん

京都賞。名前は地味ですが
素晴らしい賞ですよね。

>人柄も選考基準のひとつとか・・・、

やっぱりやっぱり~
そこも大きいですよね。ふむふむ
(*´∀`*)うれしいですね~~


わぁ~お~

アユムさん

最新情報をありがとうございます!

アユムさんが暇つぶしをした(笑)
玉さんのシネマ歌舞伎が、どんどん発展しておりますね。

高野聖、観たかったんですよ。
もちろん海人別荘も天守物語もですが。

楽しみです~~~ありがとうございます!

乾杯!!^^

公明正大の受賞は、本当に嬉しいことです。

玉三郎さんに乾杯!
京都に乾杯!
みなさんに乾杯!
人生に乾杯!

シネマ歌舞伎に「高野聖」?
うふふふふふ、あの時、わたしの目の前を玉三郎さんがお通りになったのよねぇ。うっふん。^^

祝杯!

昨日も、今日も、玉三郎さんに捧げる
祝杯を上げております。
ほんのちょっぴり。

高野聖は、嬉しいですよねえ~。
嬢さまに、また逢えるのですね。
エロスも母性も、楽しいなあ~。
いつ公開なんでしょうね。あ、来春でしたっけね。
もういくつ寝ると~お正月~♪(とうとうキテマス)

本当に

何故かしらと不思議に思う賞などの受賞者が多かった最近の歌舞伎界。

玉さまのお好きな京都から、一番評価して頂きたい内容での受賞、本当に嬉しいですね。

シネマ歌舞伎も、とても楽しみ。松竹さん、NHKさん、ご自身で舞踊集の映像を残されることを企画された玉さまです。是非是非、各種映像化や再放送をお願いしたいですね。

これからも

小紫さん

受賞された後も変わることなく
玉三郎さんの道を、淡々と、歩んでいらっしゃるでしょうね。
コンサートも続けながら♪えへへ

シネマ歌舞伎、泉鏡花シリーズが炸裂!
楽しみですよね〜
でも「高野聖」は歌舞伎座バージョンか
博多座バージョンか、気になっています。
どっちがいいかなあ。演出がかなり違いますからね。
シネマ内でスクリーン映像ってのもナンですから
歌舞伎座バージョンかなあ。
海老蔵さんか始童さんか、さて、どっちでしょうね。

No title

確認してまいりました。
『海神別荘』と『天守物語』は21年7月歌舞伎座、
『高野聖』は博多座です。

暇つぶしには十分注意しましょう!
でないと大変な事に!
あっ、でも何物にも替えがたい素晴らしい“何か”が
もれなく沢山ついて来ます。 (^。^)

ありがとうございます。

アユムさん

確認してくださってうれしー!!です。

「高野聖」は博多座なんですね。
やっぱり進化バージョンですね。
ってことは、獅童さんか。なるほど。
ふぐのお弁当を思い出すなあ。(そっちかよ)

スクリーン映像をスクリーンの中で観るわけですね。
でも、博多座はご覧になっていない方の方が多いでしょうから
そういう意味でも、いいですね。

至宝の暇つぶしをしてきますよー。
どうもありがとうございました!!
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク