人生の説明のつかないこと

歌舞伎俳優や女優、舞踊家、俳優など48名の方を取材した本
「芸談 ~四十八人・生きて演じて~」((読売新聞芸能部編 平成三年発行)
を見つけて、あ、面白そ~、っとパラパラめくっていたら、
ありましたありました~「坂東玉三郎」の文字が、そして芸談が。

タイトルは、「『型』にきらめく即興を」。一部抜粋いたします。

「鷺娘」を踊っても、その時、その時の真実があります。
もちろん、引き継がれてきた型は、大切にしなければなりませんが、
バレリーナがいつものフォーム、いつものターンで舞っても、
その時、その場のきらめきがあるように、即興生があって、また新しい形が
出てくるとも言えるのではないでしょうか。つまるところは、舞台は一期一会。

 結局、芸というのは、人生の説明のつかないことを、言葉や形に表し、
直接的にではなく、間接的に真実を伝えていくことかしら。

 芝居をろうそくの灯りでやってた時代は、目より耳がさきだったそうです
でも、いまでも、そう感じること、あるでしょう。
サラベルナールは、耳もとで鈴をころがすような声だったそうですし、
梅蘭芳も。そうは言っても、サラにしても、ローレンス・オリヴィエにしても
やはり容姿も特別ですね。とりわけ役者は、遠くから見た時の骨相がだいじ。

などなど。
玉三郎さんの芸談は、体感できます。
これまで、
鷺娘を何度見ても、毎回毎回、心が震えました。
その時、その時の真実が、見えました。
真実だからこそ、あんなにも心が動くのですよね。うー、も一度、見たい。

昨日、勘三郎さんのふくらはぎについて書きましたが
この本の筆者が玉三郎さんの足について
「『助六』の揚巻を、花道の脇から見て、息をのんだ。
かかとから足首にかけての美しさ」と書いています。
玉三郎さん曰く「アキレス腱の輪郭がきちんとしていて
中距離ランナーならいい線いくと言われたことがあるわ」と。

玉三郎さんの生足は、写真集にもドアップで掲載されていますが
見るからに、しなやかで、柔らかそうで、とても美しい。
さすがに舞台では新三のように足を出されることはありませんが
「魚屋宗五郎」で、ひっくりかえってふくらはぎが丸見えになった時は
「えっ、いーの?今の、いーの?」って、客席でひとりドキドキしてました。

先代の勘三郎さんの芸談もありました。

「役者は単純だからねえ、持ち上げられりゃ芝居がオーバーになりがち。
調子に乗って、ますますその気になる。褒められたのがほんとかうそか、
見極めが難しいですよ。あたしなどは先輩が思いきり叱ってくれた。
今は人気の若手に注意する人がいない。勝手気ままにやっていては
歌舞伎の先細り。あたしはこれから先、口うるさくなる」

玉三郎さんも先輩方から褒められても必ず最後に、
「でも、いいと思っちゃいけないよ」と言われたとおっしゃっていましたね。
きっと今は後輩におっしゃっているのでしょうね。

文楽人形遣いの吉田簑助さんの言葉も、印象的でした。

「玉男兄さんの徳兵衛で演じた「曾根崎心中」の幕切れ、
お初と徳兵衛が重なって倒れる。幕が下りても心に余韻が後を引いて、
お初の人形を足遣いにすぐ手渡したくなかった。太地喜和子さんも
言ってましたね。男性と抱き合ったまま幕になった時、息の合わない
相手ならパッと離れる。心が通えば、ずっとそのままでいたい、と」

人形遣い冥利って、いうんでしょうかね。グッときました。

扉にある48名の方のお名前です。玉三郎さんがダンゼン若手のような。
お一人だいたい5ページずつ。鍛錬を積んだ方々の言葉が、心に沁みます。
??????097_convert_20110525162317

コメントの投稿

非公開コメント

桔梗さん♪お疲れ様です。
桔梗さんの文章楽しく拝見しています!
読んでいると玉三郎さんの事なんでも知ってるんじゃないかと思ってしまいます 
結構前の資料とかお話とか♪
私も少しずつですが歌舞伎の本を買って読み始めました!
どこから初めていいのやらって感じですが。
周りに歌舞伎や玉三郎さんのファンの方がいないので。
話は変わりますが、今母がはしかにかかってしまい母の心配より自分の旅行目前で私が移らないか心配で(笑)。母になんでかかるのってぷりぷりしてたんです[悪い娘ですが]。でも、桔梗さんがお母さんとの思い出のお話を読んで生きてるときに大切にしないといけないなと思いました。東京には行きたいですが 

ありゃ~

ひろみんさん 

こんばんは、お疲れ様です。

お母様、大丈夫ですか~。はしかなのですか。
おたふくとかも子供の時の方がラクといいますので
どうか、くれぐれもお大事になさってくださいね。

>自分の旅行目前で私が移らないか心配で(笑)。

確かに、そそそれもわかります。旅も大事。。
でも、ここはひとつ全身全霊で看病をなさってください。
お母様も安心すると早く完治されるでしょう!!

私も、だいぶ前ですが母が寝込んだときに、
あまり心配しなかったようで(笑)
(たぶん仕事で家にいなかった←言い訳)
母のその時の日記を最近、たまたま読んだら
「娘が以外に心配してくれなくてがっかり」みたいな記述があって
どひゃ~~~~っ、汗、汗、汗でした。
ごめんね、と言いたいときには、、、です。反省。

東京は待っていてくれますよー。

玉さんのことは、筋金入りの玉さんファンの先輩の皆さんに
いろいろ教えていただいたことばかりです。
その受け売りで、こちらで紹介させていただき
ひろみんさんにも喜んでいただけたら嬉しいです。

いつも読んでくださってありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

探そうっと^^

この本、面白そう。探してみます。
大好きな人が何人も。

でも、何と言っても、仁左玉さん。^^
この中にお名前が入っていることが、やっぱり凄い!と思います。

みなさん、親は大切にいたしましょう。
ところで、ひろみんさん、子供のころ、はしかにかかっていませんか?

あのぉぉぉ

まるこさん

それがそのあの、
この本の仁左衛門さんは
現・仁左さんのお父様なんですよー。
先代の仁左さんなのであります。
お断りしなくってすみません。

なもんで、やっぱり玉さんが
断トツ若手ただ一人って感じなのです。

でも、この本、面白いです。
蓑助さん、好きになりそう~~。
文楽観たいー。

で、結論は、みなさん
親を大切にいたしましょー。
ですね。

えへへへへへ。。。

とんだ勘違いでした。^^

ってぇことは、この中に玉三郎さんが入っているのは、やっぱり凄いんだわ。だって、みなさん、玉三郎さんの親世代の方達ばかりですものの。そして、みなさん、素晴らしい方たちばかり。^^

桔梗さん、わたし、先代の仁左衛門さんも大好きですよ。

でしょ〜

まるこさん

やっぱり玉三郎さん、スゴイですよね。
当時40歳になるかならないか。

ほかの方々は、60歳以上の方が沢山ですよね。

父ニザさんもお好きなのですね、了解!

書籍発掘名人

桔梗さん

相変わらず、本探しの名人ですね。福岡の友人と、いい勝負ですよ。
「玉三郎ポスター集」の本など探し出したりして・・
私、リアルタイムで買ってるといったら、彼女がっかり。

芸談読むの私、大好き!!仁左衛門他は明治生まれ、歌右衛門他は大正、
あとは昭和でも一桁。そんな中で戦後生まれは玉三郎さんだけ。凄いですね!!
如何に人気者だったか。「玉三郎」だけで、売上倍増しますから。
知ってる人ばかりだから、読んでみたいです。平成3年?
何故知らなかったのかしら?図書館で当ってみますね。お知らせ有難う!!

ありましたよ

桔梗さん

堺市内には図書館15あるんだけど、いつも行きつけの図書館に問い合わせたら、
「南図書館にあるからすぐ取り寄せます」の返事でした。
桔梗さん有難う!!

私も・・・

玉さまもさることながら、杉村春子先生や桂米朝師匠(私は大阪なので、落語デビューは故・桂枝雀さんです)にビビッと反応してしまいました。

ネットで検索したら、古本屋さんにあったので、ソッコー注文しました。楽しみです。

まるこさん☆桔梗さんへ
まるこさん桔梗さん心配してくださってありがとうございます 
子供のころはしかにかかった記憶がなくて母にきいてもわからないっていわれたんです 
予防注射打ったのかもわからなくて 
とにかく発症しないことを祈ります 
あとご存知であれば教えてほしいのですが、玉三郎さんのザ☆スターに出演されていた時の映像ってDVDにならないですか 
プロフェッショナル仕事の流儀のほうは図書館にあったんです 
東京行ったら神保町の古本屋さんで昔の雑誌とか探したいです 

人気者

みよ吉さん

なるほどね、玉さんの名前で
売上倍増↑↑↑なんですね~。

私も、玉さんの名前で、
読んだわけですからね。はい。

本が図書館にあって良かったです。
また感想をお聞かせください。

ビビッと♪

おとらさん

反応していただけて嬉しいですe-454

枝雀さん、面白かったですよね。
英語で落語をやられてましたよね。
もっともっと噺を聞きたかったです。

杉村先生も、ブランチのことなどなど
興味深いお話がいろいろと。

早く本が届くといいですね。

たぶん

ひろみんさん

予防注射は打っているのではないでしょうかね。
定期検診とかで義務付けられているので
やっていますよ~たぶん~。

お母様の体調はいかがでしょうか。
ひろみんさんの免疫力の高さで
はしかに退散してほしい~~~。

ザ・スターは、
これからDVDになるのでしょうか。さて。
ひょっとするとNHKのオンデマンドで
見られるかもしれませんね。

神保町は楽しいですよ~。私も大好きです。
漫画専門の古本屋とか、各種古本どっちゃりで飽きません。
昔からの喫茶店とか名物のお店もいろいろあるので
ぜひぜひ満喫してきてください。

国立劇場の図書館に行くと
歌舞伎関連本や昔のビデオがあって閲覧できるので(要予約)
そちらもおすすめです。玉さんのも沢山あります。
以前に、体験談をブログで書いたことがありますので
よければこちらをご覧ください。
http://banbanzai777.blog76.fc2.com/blog-date-20100610.html
http://banbanzai777.blog76.fc2.com/blog-date-20100612.html

アマゾンで

「芸談」めっけぇ。^^

ひろみんさん、ご自分の母子手帳を探してみてください。多分どこかにあるはずです。それに記録があります。
わたしはまだ子供たち(けっこうな年齢ですが)のものを保管してありますよ。

神保町には美味しいうどん屋さんがあります。
美味しかった。^^

めっかりましたか。

まるこさん

アマゾンでめっけたのはワニじゃなくて
芸談ですね、あはは。カタカナで書くと
ジャングル感満載になりますな。

あって良かったです。ぜひ読んでみてください。
って、私は筆者でも何でもないのですけど。

神保町には昔からの洋菓子屋さんからビアホールまで。
甘党も辛党も楽しめるお店がいっぱい。
ひろみんさんは、どっち党?私は、両党!

両党です 

お疲れ様です 桔梗さん神保町には美味しいお店沢山あるんですね~ 
甘いものと辛いものを交互に食べるといつまででも食べれてしまう両党タイプです 家では三角食べをよくしてしまいます 
玉三郎さんの山鹿の選考会進んでるんですね~ 10代~60代まで幅広い方が一緒に踊りたいと望んでるなんて本当にすごい です 
うらやましい 大阪でもやってほしいな 
あんまり自然ないけど 

三角食べ

ひろみんさん

おせんべい→シュークリーム→牛乳
ですかね。それとも、

するめ→大福→芋焼酎
でしょうか。いひひ。

甘と辛を三角にするのは
けっこう難しいかも。。。(私の場合)

ほんと幅広いですよね、10代から60代!
玉さん60代だから10代の方とは年の差50歳!!
お~~っ、すっご~~~い~~~。

審査会はどうだったんでしょうかね。
何だか緊張しちゃいますね、出てもないのに。

一瞬!

テレビの玉三郎さん、ほんの一瞬だったけど、嬉しかった。^^
綺麗で可愛くて・・・・うっふん、でした。
でも、心の中では、「もっと観せておくれ~~~~!!!」でした。

審査会かぁ・・・いいなぁ・・・・・
何が?って、玉三郎さんにお会いできるだけで、一生の宝物。^^

きれい!

まるこさん

あと引いちゃいましたね〜

一瞬でしたが、きれいっ!
そこだけ、花が咲いてました。

勘三郎さんの足も、見れて喜んでました。

審査会は、全員合格だったようですね。
よかねよかね〜玉さんに逢えてよかね〜。

お熊

お嬢様なのに「お熊」っていう名前だったんですね。

私も見ました。ご自分でも「人間ぢゃない」お役が多いとおっしゃっている玉さまにしては、ごくごくフツーの可愛らしいお嬢様のお役でしたね。そういう意味では貴重なテレビ放映でした。

仁左さまもご出演でしたが、できれば手代忠七で、玉さまとデレデレ・いちゃいちゃして欲しかったわぁとちょっと思ってしまいました。

それと、本届きました。改めてみると、鬼籍に入られた方が多いですね。そんな中に玉さま、やっぱり「人間離れ=人間ぢゃない?」しているんでしょうね。

ほんに

おとらさん、そうですよね〜
熊、といえば、どっちかっつーと
熊五郎とか、熊吉とかのイメージで
いかつ〜い感じですもんね。

あんなに可愛い熊は、そうそういませんわね。

ニザさんもかっこよかったっすね。
デレデレはなかったけど。

本、届きましたか〜。
そうそう鬼籍に入られた方が多いです。
玉さんだけ奇跡の女形です〜(座布団とれいっ)

プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク