幕見録② 「日高川の清姫」

日高川入相花王は、かなり大好き。

2005年10月の歌舞伎座での上演では
幕見とかぶりつきとで、6回は観たように思います。

この月の上演が、シネマ歌舞伎になりました。

最初は、一階の花横で。
菊之助さんと花道に出てきたのを一目見て、驚きました。
菊ちゃんより小さく(見え)て、まさにお人形!

すぐ目の前を通り過ぎた時の、玉さんの瞳が
薄茶色というか、鳶色というか、、、
透き通るように美しい色であることも、
発見でした。

何回か通ううちに
演出が変わっていくのがわかりました。

川っぺりの柳の木の下で、見栄をきるとき
最初は、恐ろしい口の面をさっとあてるだけで
目の表情は変わらず、あっさりとした演出でした。

ところが中日を過ぎると、
口に面をあてるだけでなく、
目をひんむいて、首を振り、
過激に見栄を切るようになっていて
そのthe歌舞伎!ぶりにまたしても仰天。

あんな玉三郎さんの顔を観たのは
始めてだったのです。

シネマ歌舞伎を観たときに、
後半の激しい見栄バージョンになっていたので
公演中にいろいろトライされていたのかな、と。

幕見からの眺めは、川に飛び込んだ後が絶品!

清姫が、浮きつ沈みつ、もんどり打つように
面をつけながら蛇に姿を変えて泳ぐ姿

くねらせた指、ダイナミックな浪布の動きなど。

歌舞伎座の幅広の舞台を存分に生かした
この日高川の光景に
安珍を求めて川を渡る清姫の火を噴くような魂が
炸裂していました。

仇吉の隅田川に、清姫の日高川。
「川もの」は幕見向きですかね。

コメントの投稿

非公開コメント

Time Flies?!

のんびりしてたら、カキコの進行の早いこと速いことv-30
「かまわぬ」のお返事をどこに書こうかと戸惑うことしきり
やっぱり一番新しいところでないと・・かなぁとここへ来ました(笑)

記載して頂いてたHP興味深く拝見
デザインや色使いが全く古くなく素晴らしいものが多いですよね♪


>通勤が、常に悪魔の囁きコースなんです。
天使の誘惑コース?(笑)
なんにしても、もう少ししか観れないので
時間とお酒があったら(?笑)何度でもいいですよねv-219

ちなみに玉様以外のカキコは別の場所??

ここまでのんびり書いてたらまた更新があった、きゃ~はやっ
即UPしま~す(笑)

Time dances like Tamasaburo?!

R子さま
即UPありがとうございまする。
私せっかちなもんで、すみません。(笑)
玉さんのように優雅に時を過ごさないと?!

本当に、江戸時代の柄の方がかえって新しく思えますね。

天使の囁きコース!うまい!座布団15枚。
でも、あと少しだけに、天使に囁かれる前から、
自分で階段昇って行きそう、です。

玉さん以外の書き込みコーナーは
今のところ無いのですが
何でも書いてくださいませー。
遅UPで、よろしいので~。(笑)


幕見の効果

桔梗さん

へえ~え 日高川を天井桟敷から観ると、そうなんだv-405
みよ吉は、一足早いその前年3月、南座舞踊公演で、
紀州道成寺との2本立て拝見。
前から2列目だったので、同行した舞踊家のNさん曰く

「まあ 舞踊の日高川とは随分違うのね、役者の踊りって
派手で華やか!玉さまだから、この方がいいですね」

舞踊専門家の踊りは、地味ですもんね。

桔梗さんの仰る歌舞伎座のも観ました。
夜が 【加賀見山】 の、尾上だったよね。夜は一等席にして
日高川は3階Aの一番前で見たの。

幕見ほ遠くないのかしら?川に飛び込んだ後の 『絶品』が
分からなかったで~す。

それにしても、あれを6回? うわお~~内心この叫び声を連発してたのね、きっと!!
その勢いで、和歌山の日高川に飛び込んだらいかがe-264
ええっ?蛇になるような相手がいない? だよねえ
桔梗さんは、幸せなんだもんv-341

かぶりつきましたね~♪


みよ吉さま
コメントありがとうございます。
幕見は遠いけど、俯瞰に近いので
川の中身、清姫の泳ぎがわりとよく観えましたです。

その勢いで?!
日高川には飛び込みたくないっすよー。
何狙いで??
川の向こう岸で、玉さんが待っていてくれたらv-222
そりゃ、泳ぎますよv-91、クロールでバシャバシャ。
蛇にはなりませんよ、蛇にはね。(笑)


そうそう、尾上も良かったですね~。

田舎では

シネマj歌舞伎も来ないので、歌舞伎チャンネルが頼りです。

この日高川好きです。というか、玉三郎さんの人形ぶりは天下一品だと思っています。^^

玉三郎さんが向こう岸で待っていたなら、鬼でも蛇でも。
あっ、鬼も蛇もダメだ。
浮き袋持って人間のままで泳ぎます。^^

天下無敵

まるこ様
そうですね、
人形振りも!ですよ、も!
天下一品であり
みんなイチころ天下無敵です。

向こう岸に玉さんがいたら

まるこさん
浮き輪なしで
北島こーすけもスイスイ抜かして
即、着いちゃうんじゃないですか。
金メダルです(笑)

私も息つぎなしの潜水で
がんばります~。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク