八千代座レポ

さきほど、今日、八千代座観劇された
ムジコさんから、メールが届きました。
タイトルは、「獅童さん」

「最高っす!
 今、山鹿バス乗り場から送信してます、
 吉野山忠信最高です、
 指導の玉さんあっぱれ!

 これから見に行く皆さん、充分楽しめますよー
 猿弥さんはモチロン、
 花四天の皆さんも大盛り上がりですっ」

とのことです。うーむ、やっぱり、忠信も、ただものじゃ
ないってわけですねー。熱気が日に日に増して言っているような気がします。
ムジコさん~ありがとうございます~。

玉三郎さんについても、ぜひぜひ
帰ってからゆっくりお願いしますね~(笑)

八千代座の大入袋だそうです。

101110_2007_01.jpg

そして、京にんじんさんからは、
獅童さんのお弟子さんのブログを教えていただきました。

八千代座の日々、玉三郎さんの口上についても
書いてくださっています。

中村獅二郎さんのブログです
http://ameblo.jp/shijiro-nakamura/entry-10700340227.html

コメントの投稿

非公開コメント

大入袋だ!

八千代座の賑わいが聞こえてきます。
玉三郎さんの下駄の音も。^^

いつか、きっと行きますよ。(^^ヾ

から~んころ~ん

まるこさん
もう素足じゃ、ちょっと寒いけど
でも、やっぱり下駄のイメージですよね。

いつか、きっとねe-349e-287

帰ってきました

携帯メールをUPしていただきありがとうございます

今回終演時間が遅いようです メールを送った時はもう薄暗くなってて、バス待つちょっとの間に簡単に興奮状態をお伝えしたので  肝心の玉さま情報がまるっきり抜けてました (*^^)v

「羽衣」の最後は飛ぶように天に向かう様子 ひらひらと 天をあおぎながら ひらひら ひらと揚げ幕へ 軽々と 美しかったです

「吉野山」 久しぶりに古典の玉さまにお会いした 上品でした、振付がかなり違い コンパクトで判り易くなってます (以前にもこの形態で上演されたのかもしれませんが)

「口上」 いつもとおなじ と言ったら判りますね?(~_~メ)

獅童さん 力みなぎる忠信 隙のない演技 
「平家の・・・<`ヘ´>」と言って私の方へ扇を差し睨みつけるので 「え・えっわたし?xx!! ち、違いますっ 」  と。 

静さまが引っ込んだ後の忠信さん花道で 素晴らしい

あっ また獅童の話になっちゃった 

獅二郎さんのブログさっそく拝見しました
花四天さんもきりっとして 小ぶりな舞台いっぱい とーーっても華やかです
猿弥さんの藤太が上出来 お人柄が出てる  おほほっ

キーワード 忠信は狐だったんだぁ と再確認 です 

カーテンコールで 玉さまより獅童さんの方が拍手が多かったんです
こんな事初めて でも玉さんもうれしかったんではないかしら? ご自分より育てた若手に拍手がたくさん来るってこと
      

うるうるうる。。。。

ムジコさん、素晴らしい!レポートです。
ありがとうございます。
歌舞伎の子供たちの晴れ姿を見ている玉三郎さんの嬉しそうなお顔が目に浮かびます。
玉三郎さんって、そういう方なんですよね。^^

わたしも嬉しいです。うるうるうる。。。。。
天女が美しいのも、静が上品なのも、口上がカミカミなのも、ぜ~んぶ嬉しいです。うるうるうる。。。。。

おかえりなさい~

ムジコさん

こちらこそ!熱いレポを送っていただき
ありがとうございます。

羽衣のひらひら玉さん、目に浮かびますe-267
上品な古典の玉さん、早くお会いしたいです。
「口上」も、ニコニコはにかみフェイスを想像いたしました。

そしてそして、獅童さんe-343
玉三郎さんの指導のもと、(獅童の指導:敬称略)、
大きくチカラ強い忠信さまが出現したのですね。
ムジコさんのテンション、伝わりました。

>「平家の・・・<`ヘ´>」と言って私の方へ扇を差し睨みつけるので 
 「え・えっわたし?xx!! ち、違いますっ 」  と。 

コレ読んで、爆笑しました。深夜、PCの前で。

花四天と猿弥さんも楽しみでんなあ。

>カーテンコールで 玉さまより獅童さんの方が拍手が多かったんです

えーっ、そそ、そんなことが。
獅童さん後援会九州支部様がいらしたのでしょうか。
でも、そうですね、玉さん、喜ばれたでしょうね。

うーん、ますます八千代座が楽しみにe-349
どうもありがとうございました。

嬉し泣きですね。

うるうるまるこさんe-442

獅童さんのご活躍、あちこちで話題になっています。
それもこれも玉さんのご指導の賜物ですよね。

今日一日,泣いてください~
うるうるうる、、、かみかみかみ、、、。

ありがとうございます

ムジコさん。。。臨場感迫るルポ、ありがとうございます

獅童さん、玉さまの元、熱演されているのですね良かった、良かった

以前、博多座での共演を拝見致しておりますが、その時は、かなりまずく『吉野山』の忠信の舞の時、後ろに控えていらした玉さまの視線が静さまではなく『おっしょさん』の視線だったのが強烈で忘れられませんでした。以前拝見したことがある舞台稽古の時の玉さまと同じ視線
『歌舞伎の子供達』。。。相手役を度々勤めた海老蔵丈は、座頭が張れるようになり、菊之助丈は『二人道成寺』で再共演、勘太郎丈・七之助丈・壱太郎丈・隼人丈にも、ご自身の当たり役等を伝授、そして今年は春から『獅童丈、指導年間』ですね
そりゃあ、マンツーマンですもの、成長して頂かないと困ります

桔梗さんは、明日行かれるのですね
私は、千穐楽と追加公演に参りますので、すれ違いですね。残念です。

おっしょさん

小紫さま

何となくわかります、玉さんのおっしょさん視線。
けっこうビビりそうですね、おっしょさん視線で
見つめられたら。身体がカチンコチンになっちゃいそう。

>そりゃあ、マンツーマンですもの、成長して頂かないと困ります

おーっと、小紫さんも、おっしょさん口調になってますぜー。(笑)

獅童さんが、すこぶる評判がいいので
ますます楽しみになりました。

うふふ

『おっしょさん』口調、移ってしまった~~~博多座の時、初歌舞伎観劇の姪が『獅童さん、この観客全員の視線より、背後の玉さまお一人の視線のほうが怖かったと思う~』って言ってました玉さま、ご自身の静御前の舞は、あくまで華麗で美しくさすがでございました。獅童丈の成長、楽しみですね

20年の八千代座でのハプニングも、色々伺っているので、機会があれば、お伝えしますね

映ってますー

小紫さま

その恐ろしい視線あっての、成長でございますね。
自分をそこまで真剣に見てくださる師匠がいらしゃる
ということが、幸せなことですね。

親以外に、そういう存在があるということが。
親と師匠が一緒になると、これまた大変ですけどね。。。

一体どんなハプニングなんでしょうか。
機会があったら教えてくださいね~
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク