ひっこむ時も、天下一品。

歌舞伎を観るときにも、毎回、感じていることなのですが
玉三郎さんは、舞台から袖にひっこむ時、その姿が見えなくなる瞬間まで
その役の気持ちを見事に表現されるので、最後の最後までしぐさや表情に釘付けになります。

ひっこむ時も、天下一品 とにかく、観ていて心地いい。

一度も、夢を裏切られたことはありません。
今回の「牡丹亭」の杜麗娘でも、やっぱり、ひっこみ方が素晴らしかったです。

「堆花」の最後、春香と共に上手に入りますが、
夢から醒めた杜麗娘の切ない女心やとまどいが
春香と手をとりあって上手に向かうその背中にも想いが溢れていて
アララ~心底、好きになっちゃったんだあ、ということがわかります。

また「驚夢」の途中で柳夢梅と肩を寄せ合い見つめ合って太胡石に向かうとき
スキップしそうなくらい弾んでいる乙女心が伝わります。

だから、もうひっこむと思って、よそ見したり下を向いたりしては、
モッタイナイです。玉さんの場合、そこんとこ見逃してはいけません。

特に、歌舞伎座の横長の舞台でより堪能できた、玉さんの「ひっこみ」、
数あるなかでも、私は「京鹿子娘道成寺」の「恋の手習い」で手ぬぐいを投げた後の
さらさらしっとりと流れるような横への移動、客席に残すようで残さない
色気たっぷりの眼差しが、たまりませんでした。あー、また観たい!

その点、八千代座は、舞台の幅が短いので、ひっこむと思ったらアレッと言うまに
もう玉さんの姿は無いので、それだけは少々残念ではありますが
でも、あの舞台の近さには、それ以上の喜びがあるので、それはそれで

ついつい気持ちを惹き付けられて、目を奪われてしまう、
玉さん流「ひっこみ」の心地よさ、その独自の流儀こそ、
世界の至宝!玉さんの玉さんたる所以だなあ、と思います。

玉さんの「ひっこみ」をいろいろ集めた「ひっこみ大全集」DVDが欲しいなあ。





コメントの投稿

非公開コメント

でも~、でも~

できましたら、玉さん、引っこまんといて~~~~!!^^

モグラ叩きじゃないんだからーーー

まるこさん

ひっこまんといってええ、たってねえ。

ひっこむ姿も絶品!
当たり前のようで、これ、相当むずかしいことだと思います。

ひっこみの魅力

即予約します、「ひっこみ大全集」。
南座初演の牡丹亭、一緒に行った友人は、わたしと同じく、玉三郎さんの舞台をみるのははじめてでした。
フィギュアスケートファンの彼女の感想、「ななめになって引っ込むのがよかったね」

ななめひっこみ

京にんじんさん(今月は東京にんじんさん)

「ひっこみ大全集」リクエストいたしましょう~。誰に?

> フィギュアスケートファンの彼女の感想、
「ななめになって引っ込むのがよかったね」

そうなんですよね、今回も、スーッと二人で肩寄せ合って
斜め後方へ吸い込まれるように、ひっこみますよね。
スケートみたいにスイスイスーッと滑るようにe-75

その時の首の角度も、これまたグーですe-454

ひっこみ大全集応募?

桔梗さん

道成寺の、そう、すぐ思いついてコメントしょうと思ったら、
やっぱり桔梗さん見逃してませんね。特に、やや、顔を下向き加減に
客席に見せて引っ込むでしょ。他優の花子は、ひたすら上手向いて
入りますから。(私の観た知ってる限りの)

何ってったって孝・玉コンビの桜姫。新清水の場の花道引っ込みは
いかにも、大名のお姫様としての楚々とした無表情の玉さま。

稲瀬川の場で清玄に方袖をちぎられたあとの花道の引っ込み。
渡辺保氏は緋縮緬の長襦袢から伸びた左手のしなやかな曲線・・云々と、官能的を強調してます。
私はそれプラス、花道への引っ込みの顔は、新清水の場とは対照的だったのが印象的でした。

中継では、稲瀬川をカットしてますね。因みに、平成の桜姫は
両方とも、花道を使わなかった(体力的を考慮)ので、がっかりでした。
この位にしましょうか。いっぱいありますから。

花道ひっこみ

みよ吉さん

桜姫の花道ひっこみ!ありがとうございます。
玉さんの顔、想像いたしました~。

花道のひっこみで印象深いのは
『加賀美山旧錦絵』の尾上の玉さん!

岩藤にいびり倒された後、義太夫にのっての花道ひっこみ。
青白い顔、、魂はもう消え去っているかのような、、でもキリリ、、
その後の花道の出でも、音も無くスーーッと
気がつくと、花道半ばまで尾上が歩みでていて、、
うー思い出すだに、ゾクゾクッといたしましたです。

みよ吉さん、そんなこと言わずに
もっともっと聞かせておくんなまし。

予約!!

「恋の手習い」うん、うん。
袖をちぎられたあとの花道の引っ込み。うん、うん。

引っこみ大全集を観ていれば、いつまでも玉さんを観ていられる。
予約します。^^

では

まるこさん

約3名の賛成をいただきましたので
自分たちで編集しても、面白いかもしれませんねー。

テレビの録画などなど、みなさまが持っている映像の
ひっこみ部分だけを集めて、
一本にまとめるのでごじゃりまする。

そんなことできんのかいなー。
手間暇たっぷり、とても大変そうですね。

やっぱり松竹さまにお願いいたしましょう!

思い出すままに

桔梗さん

尾上 そうですそうです!引っ込んだ後も凄いですよね。休憩時間5~6分?
次の幕があいて、お初の芝居が12~3分。
その間、玉さまは引っ込んだ状態のまま、鳥屋で待機してるとか。

さて・・と1975年9月、黙阿弥の「網模様灯篭菊桐」 通称小猿七之助
身分の高い奥女中と、ならずものの危な絵図。
これも花道の引っ込み。桜姫なら庵室の場で、雷鳴に悲鳴上げてた
か弱いお姫さまが、「毒食わば~」で、次幕の風鈴お姫を暗示するような
花道七三からの引っ込み。

気品あふれる美しい奥条中・滝川が、須崎堤で小猿七之助にレイブされてから・・・エロチシズムの場面は飛ばして・・とv-15

「屋敷には帰らぬわいなあ」 あたりから花道引っ込みまで
あの玉さまの色っぽさ、今でも、忘れられませんよ~
特に、あの目・・・ああ~思い出すとゾクっとしちゃったあ~
まだ、25歳の玉さまでした。

うへ~~~ぇええ

みよ吉さん

文字で読んだだけで、もう、いけません。

>気品あふれる美しい奥条中・滝川が、須崎堤で小猿七之助にレイブされてから・・・
 エロチシズムの場面は飛ばして・・と

歌舞伎って、ほんとうーに面白いですね~
しかも玉さん25歳の色気ですか。。。うーん

もう、読んだだけで、ぞくぞっくしちゃってます。

どうもありがとうございました~
で、お次は、どんなゾクゾクかな。

プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク